米国関連

2021年12月の初飛行は無理? ステルス爆撃機「B-21 レイダー」開発に遅れが発生か

米空軍は、ステルス爆撃機「B-21 レイダー」の開発について順調であることを強調し、初号機は2021年12月に初飛行するだろうと言ってきたが、どうも雲行きが怪しいと報じられている。

参考:B-21 First Flight In 2021 Not Likely

B-21レイダーが2021年12月に初飛行する可能性は低い?

米空軍のアーノルド中将は今年の4月、米議会の上院小委員会で「B-21の開発プログラムは順調に推移しており、次のマイルストーンは初飛行だ」と話し、7月にワシントンDCで開催されたミッチェル研究所のイベントで、スティーブン・ウィルソン空軍副参謀総長はB-21の初飛行について「863日後」だと話した。

この発言内容が正しいとすれば、B-21は2021年12月に初飛行を行うことになる。

しかし、B-21の開発やスケジュールの決定で重要な役割を果たした国防総省の元高官は「もし空軍がスケジュール通りに、コストの超過なくB-21を手に入れることができれば驚く」と話した。

米軍全体の装備取得・維持を担当する国防次官へ報告を行う米空軍「ラピッド・ケイパビリティ・オフィス(RCO)」の担当者は、ウィルソン空軍副参謀総長が話した期日に縛られたくないと話し、2021年12月という期日を守るつもりがないことを示唆、さらにB-21の仕様変更は大幅な開発遅延を招き、コストを増大させる可能性があるとも語り、それを決定できるのは「空軍参謀総長の1人だけ」とも話した。

出典:Public Domain Northrop Grumman B-21 Raider

これまで米空軍はB-21の開発がスケジュール通り進んでおり、当初予定された開発コストを維持していると主張してきたが、今回飛び出した発言は、B-21の開発スケジュールに「遅れ」が出始めていることを示しているとも受け取れ、海外メディアは開発コストの増加にも繋がる初めての「兆候」だと報じている。

補足:下院軍事委員会のロブ・ウィットマン議員は2018年、ステルス性能を高めるための設計で、最も難しい部分とされるのは「エンジンの排気口」と「エアインテーク」で、B-21もこの部分の設計で問題に直面していると話し、B-21搭載機器の統合を容易にするため、飛行できないフルスケールの「Iron Bird」が作られていたことを明かしたことがある。

しかし、B-21開発に関する情報は完全にブロックされているため、具体的にどのような問題に直面しているのか誰も知ることが出来ない。

そのため全ては推測の域を出ないのだが、近年の軍用機開発は軒並みスケジュールが遅延し、開発コストが高騰するというパターンがお決まりなので、B-21の順調すぎる開発をどうしても鵜呑みにできないと言う気持ちも分からなくはない。

B-21の初号機は米空軍の主張通り「2021年12月」に初飛行を迎えるのか、それとも開発が遅れ2022年以降にずれ込むのか、結局は、神のみぞ知るといったところだ。

もちろん、神とは米空軍とノースロップ・グラマン社のことだが・・・

因みに米空軍は、B-21のコンセプトアートを近日中に公開する可能性があると話しており、B-21のロールアウトには報道陣を必ず招待することも約束した。

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air Force photo/Airman 1st Class Jazmin Smith

いよいよ本領発揮か? 米国防総省、F-35ミッション達成率を「73%」まで引き上げに成功前のページ

完全復帰! 米海軍、空母「ジェラルド・R・フォード」海上試験を無事クリア次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米国がウクライナにシースパローを提供、旧ソ連製のBukを改造して運用か

    米POLITICO紙は5日「金曜日に発表されるウクライナ支援パッケージ…

  2. 米国関連

    調達よりも維持する方が大変? 戦闘機「F-22A」は退役にまでに1機約320億円が必要か

    国防総省は20日、空軍が運用中の戦闘機「F-22」のメンテナンスを担当…

  3. 米国関連

    海に戻ってきた世界最大の空母「ジェラルド・R・フォード」、15ヶ月ぶりに大西洋に向け出港

    米海軍は10月25日、空母「ジェラルド・R・フォード」が約15ヶ月ぶり…

  4. 米国関連

    米国防総省がF-35の受け入れ停止を発表、無許可の中国産部品が原因

    F-35のエンジンに中国産のサマリウム磁石合金が無許可で使用されている…

  5. 米国関連

    低コストのドローンキラー、SMASHとRPS-42を搭載したUGVが登場

    イスラエル企業が開発した照準機能付きスコープ「SMASH」は低コストの…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 11月 01日

    仕様変更で高騰が恒例になって来たな

    • 匿名
    • 2019年 11月 01日

    後から空対空ミサイルキャリア任務を持たせるから。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  2. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  3. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  4. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  5. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
PAGE TOP