ウクライナ戦況

ウクライナ政府機関へのサイバー攻撃を確認、現段階での影響は限定的

ウクライナ政府機関のwebサイトを標的にしたサイバー攻撃(DDoS攻撃)が確認されており、今のところ一部サイトで読み込みの遅延が発生しているらしい。

本格的なロシア軍の侵攻に合わせたサイバー攻撃?まだ詳細は不明

ウクライナへのサイバー攻撃は午後4時頃(現地時間)に始まり、外務省、国防省、内務省、保安庁、閣僚のwebサイトで読み込みの遅延などの被害が発生しているらしい。

この攻撃は今月15日のものと同じDDoS攻撃で当局が現在対応中。

現時点でこれ以上の情報はないが、本格的なロシア軍の侵攻に合わせたものなら今後攻撃量と攻撃範囲が時間の経過と共に増加していくはずなので直ぐに答えがわかるだろう。

因みに今月15日に発生したウクライナ国防省と銀行2行(PrivatとOshchadbank)へのサイバー攻撃について米国は「ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)かGRUに協力するハッカーによるものだ。15日の限定的な攻撃は情報収集と今後実施される可能性が高い大規模サイバー攻撃の土台作りでウクライナ政府のネットワークを標的にしている」と明かしている。

追記:ウクライナのデジタル・トランスフォーメーション省トップがDDoS攻撃について言及。

追記:現地メディアもDDoS攻撃について報じ始めた。

追加情報があれば追記予定。

関連記事:ウクライナ国防省や銀行に対するサイバー攻撃が始まる、当局はロシア関与を示唆
関連記事:バイデン政権、ウクライナへのサイバー攻撃はロシア軍による犯行と発表

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air Force photo by J.M. Eddins Jr. 攻撃の発信元、種類、標的、攻撃者のIPアドレス、地理的位置、使用されているポートに関する情報を監視する米空軍

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

ウクライナ情報機関が警告、キエフ、ハリコフ、ヘルソンにロシアが侵攻する前のページ

米国、ロシアが48時間以内に侵攻を開始する可能性をウクライナに通知次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    これで5機目、ポーランド人がウクライナにTB2を送る資金集めに成功

    ポーランド人がウクライナにTB2を送るための資金集めに成功、これまで民…

  2. ウクライナ戦況

    衰える気配がないロシア軍のミサイル攻撃、6月の発射数は200発以上

    ロシア軍は5月にShahed-136や各種ミサイルを計593発もウクラ…

  3. ウクライナ戦況

    ヘルソンで確認された異変、ロシア人もウクライナ軍の反撃を警告

    軍事アナリストのロブ・リー氏は3日、情報が錯綜しているヘルソン州の戦況…

  4. ウクライナ戦況

    フィンランド、まもなく動員から逃れるロシア人の入国を事実上禁止

    フィンランドは「ロシア人に対する観光ビザの発給を原則的に中止する方針」…

  5. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍の機械化大隊がロシア軍の攻撃で壊滅、戦車や歩兵戦闘車を失う

    ロシア国防省は反撃を試みようとしたウクライナ軍の機械化大隊を2個壊滅さ…

  6. ウクライナ戦況

    英国防省、ウクライナ軍の反撃でセベロドネツク市内のロシア軍は失速

    ウクライナ軍はセベロドネツクから後退してきた部隊の再編に成功して外国人…

コメント

    • 反露派おじゃる丸
    • 2022年 2月 24日

    現代社会が産み出したイヤな攻撃だよね、サイバー攻撃
    正にbloodless attackってやつ、
    殺傷されないってだけで非軍人への攻撃、情報化社会においては民間人に爆弾落とすようなもんだわ

    6
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  2. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  3. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  4. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  5. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
PAGE TOP