ウクライナ戦況

ドイツ、チェコが要請していた歩兵戦闘車BMP-1のウクライナ移転を許可

ドイツは31日、旧東ドイツが所有していた歩兵戦闘車「BMP-1」をウクライナに移転する許可をチェコ共和国の企業に通知したと発表した。

参考:Bundesregierung genehmigt Lieferung von Schützenpanzern an die ukrainische Armee
参考:
Германия приняла решение о первых поставках Украины бронетехники от страны НАТО – СМИ

英国の長距離砲、オーストラリアのブッシュマスター、ドイツ(チェコ)のBMP-1、目に見える形で支援内容が変化しているのを実感

旧東ドイツ軍所有の歩兵戦闘車「BMP-1」は統一ドイツ軍に引き継がれ1993年に退役、これを取得したスウェーデンはNATO規格への変更を含むアップグレードを施して運用したのちチェコ企業に売却、この企業が取得したBMP-1(PBV 501)をウクライナに売却することを模索しており、この取引に必要な許可(最終用途条項:第三者への譲渡にはその都度ドイツの同意が必要)をドイツを要請していたらしい。

出典:Mil.ru / CC BY 4.0

ロシア軍によるウクライナ侵攻前、エストニアは旧ソ連製の122mm榴弾砲「D-30」をウクライナに移転したいとドイツに要請していたが、ロシアを刺激することを懸念して移転に必要な許可を与えなかったことがある。ただ侵攻後は方針を転換してウクライナへの武器供与を容認、黙殺していたD-30の移転も許可を与えており、BMP-1(PBV 501)の売却許可も申請から約1週間で処理したため「異例の速さ」と海外メディアが報じられている。

英国の長距離砲、オーストラリアのブッシュマスター、ドイツ(チェコ)のBMP-1、、、支援内容が目に見える形で変化しているのがよく分かる。

追記:フィンランドとスウェーデンを間違えました。

関連記事:ロシアを刺激したくないドイツ、ウクライナへの榴弾砲輸出に必要な許可発行を拒否
関連記事:ドイツがウクライナへの武器供与を発表、対戦車兵器1,000発、スティンガー500発
関連記事:祈りと武器を捧げるオーストラリア、ウクライナにブッシュマスターを提供
関連記事:英国防相、ロシア軍を追い出すためウクライナ軍に長距離砲供給を決定

 

※アイキャッチ画像の出典:Konflikty.pl

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

ウクライナ軍の反攻、撤退するロシア軍を追撃して30拠点の奪還に成功前のページ

ウクライナ、ロシア軍の攻撃による爆発かと思ったら未知のガス田だった次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    Economist紙、反攻作戦の失敗を認めないと同じ結果を繰り返すだけ

    ザルジニー総司令官の記事を掲載したThe Economist紙はウクラ…

  2. ウクライナ戦況

    BAYKARがポーランド人の善意に連帯、3度目のTB2無償提供を発表

    BAYKARがポーランド人の善意に「我々もウクライナ人を助けたいという…

  3. ウクライナ戦況

    ロシア軍がスタロマイオルズキーで反撃、ウクライナ軍の押し戻しに成功か

    ロシア人軍事特派員やロシア側情報源は「スタロマイオルズキー方向にロシア…

  4. ウクライナ戦況

    間違った情報|ウクライナ空軍司令官がマリウポリ方向で撃墜したSu-34の映像を公開

    ウクライナ軍参謀本部は1日「ロシア軍のSu-34を東方向で撃墜した」と…

  5. ウクライナ戦況

    ロシア軍捕虜、ウクライナの民間施設や民間人への発砲は許可されていた

    ウクライナ保安庁(SBU)は9日、ロシア軍捕虜の証言を公開して「モスク…

  6. ウクライナ戦況

    クピャンスク、スバトボ、リマンの戦い、ロシア軍は何も成功を収めていない

    ウクライナのマリャル国防次官は「過去2週間の間にクピャンスク~リマン方…

コメント

    • おわふ
    • 2022年 4月 02日

    勝ち馬に乗って利権をゲット!!
    ウクライナの頑張りのたまもの。

    33
    • tsr
    • 2022年 4月 02日

    最初は重戦力支援に及び腰だった欧米諸国も、戦況の変化のおかげかロシアの脅しがブラフと悟ったのか、大胆になってきた印象。
    この勢いで一度は頓挫したMig-29の移転も復活して欲しい。

    36
      • oo
      • 2022年 4月 02日

      『参戦と見なす!』

      『勝手にしろ』

      になる頃合いそろそろ

      15
    • ダヴー
    • 2022年 4月 02日

    それにしても、東西冷戦で(幸いにも)活躍する機会のなかったこれら旧ソ連系の装備が、ソ連(ロシア)再興の夢を打ち砕く戦争に最後の活躍の機会を与えられるとはなぁ。

    85
    • samo
    • 2022年 4月 02日

    次はポーランドからT-72?
    あれもたしかM-1で置き換えだから提供できるよね
    これで一定の機甲戦力が揃うことに
    となれば、いよいよ棚上げされてたMiG-29やS300の提供に踏み切るか?

    27
      • 戦略眼
      • 2022年 4月 02日

      韓国のT-80やBMP-3も早く供与して!

    • 鳥羽
    • 2022年 4月 02日

    んん?
    PbV-501ってスウェーデンだよなって思ったけど、やっぱりスウェーデンだな
    元記事みても、スウェーデンって書いてあるし…フィンランドってのは管理人さんの誤植か?
    もしかして、自分がどこか見落としてるのか?

    4
      • 鳥羽
      • 2022年 4月 02日

      管理人さん、素早い対応ありがとうございます

      9
    • zerotester
    • 2022年 4月 02日

    ブッシュマスターについては、よくあるやるやる詐欺ではなく「とりあえず数台はすぐにC17で送る」とオーストラリアの首相は言っていて、しかもゼレンスキーの演説の翌日だからフッ軽ですね。スピードが重要なのは間違いありません。

    BMP-1についても、NBC装備があるはずなので化学兵器が使われそうな状況では役に立ちそうです。

    21
    • KNOB CREEK
    • 2022年 4月 02日

    S-300は絶対に供与すべきだとは思うけど現実的にMig-29はウクライナ側にちゃんと飛ばせるパイロットが居ないと厳しいよなぁ
    パイロット(義勇兵)付きならまだ分かるけど

    10
      • バーナーキング
      • 2022年 4月 02日

      F-16やらラファールやらじゃ乗れるパイロットがいないからMiG-29、なんじゃないの?

      11
    • 無無
    • 2022年 4月 02日

    日本への教訓はこれ
    まず自分こそ必死に戦って見せないと本気の支援は無い
    、みな勝ち馬には乗るが負け犬は見棄てる、
    当たり前じゃないか

    78
    • 月虹
    • 2022年 4月 02日

    ウクライナ西部のジトーミルには戦闘車両の修理工場があって退役したBMP-1が大量保管されている。
    ウクライナではドンバス紛争以降、これらの修理や近代化を行い東部での戦闘に投入してきた。BMP-1Uはウクライナの近代化改修型で命中率の悪い73mm低圧砲の砲塔を撤去し、新たにKBK105シュクヴァール型モジュール(30mm機関砲×1、7.62mm機銃×1、30mmグレネードランチャー×1、対戦車ミサイル×2)に換装し、武装を強化している。

    ロシアによるジトーミルへのミサイル攻撃は、おそらくこの工場への攻撃を狙っていたと思われるが、工場に被害が出ていなければ良いのだが。ウクライナが戦車を始めとする装甲戦闘車量の供与を西側諸国へ要求しているのは自軍の走行戦闘車両の損耗が激しく無傷のロシア軍戦車等を一部鹵獲しているとはいえロシア軍と対峙するには十分な数では無いという切実な事情がある。戦車工場は最大規模のものは激戦地であるハルキウ(マールイシェフ工場)にあり、キーウの戦車工場も含めて戦闘によって設備に損傷等が発生または工場の稼働に必要な人員確保が出来ないという事情もありそうだ。

    リンク

    11
    • チェコ以下
    • 2022年 4月 02日

    そんな中、武器は弾丸1発送らない日本
    日本が侵略されたとき日本が武器を必要としても
    自分達がそうしたように、世界から見捨てられるんだろうな

    13
    • 匿名
    • 2022年 4月 02日

    80年代製造のフレームが劣化で小銃耐弾も怪しく砲迫至近弾で内部剥離するかもなのだいぶヤバめだけど一応走れて砲撃てるならそれでいいのかも知れん
    APCとしてでなく自走砲架での運用だが前大戦の2号戦車が魔改造でATG搭載して活躍したみたくウクライナ国内で独自の大火力化されそうな感じもある

    2
    • makumaku
    • 2022年 4月 02日

    昨日のNYTに、”米国政府が旧ソ連製戦車をウクライナへ送る”という記事が出ていました。
    対ドンバス戦のためと記事は伝えています。台数は公表されていません。
    リンク

    2
    • POP
    • 2022年 4月 02日

    見出しを見て野晒しの車両をオーバーホール?と思ったけど近代化改修済とは軽い整備で遅れそうですね
    エストニアのD30もウクライナも使用しているでしょうしいい感じですが、それを補う榴弾砲の調達をどうするのかが気になりますね。

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  2. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  3. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  4. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  5. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
PAGE TOP