ウクライナ戦況

ウクライナ軍が再びアントノフスキー橋への攻撃を実施、橋の破壊に成功か

ロシア軍支配下のヘルソン州にあるアントノフスキー橋が再び攻撃を受けたと報告されており、ロシア軍が急いで修復していた橋が破壊された可能性があると報じられている。

参考:Херсонские телеграмм-каналы сообщают об уничтожении Антоновского моста

相次いで攻撃を受ける橋、ロシア軍の増援はドニエプル川西岸地域に移動するのが困難な状況なのかもしれない

ヘルソン州はドニエプル川によって西岸地域と東岸地域に分かれており、両地域を繋ぐ車輌が通行可能なルートはアントノフスキー橋とノーバ・カホフカの水力発電所の2箇所(鉄道橋を入れると3ヶ所)しかないため、ここを攻撃され通行不能になると西岸地域のロシア軍は孤立することになる。

出典:GoogleMap 大まかなヘルソン戦線の状況/管理人加工(クリックで拡大可能)

ここを攻撃する手段をウクライナ軍は持ち合わせていなかったため、ロシア軍は両ルートを使用してドニエプル川西岸地域へ安定的にアクセスすることが出来たが、今月18日~19日にかけてアントノフスキー橋とノーバ・カホフカの水力発電所が攻撃を受けて損傷、20日にも再度攻撃を受けたアントノフスキー橋は攻撃を受けて輸送車輌の通行が不能(自家用車の通行は可能)になり、ロシア軍支配下のヘルソン州当局は急いで修復作業を進めていたものの26日~27日に再び攻撃を受けたらしい。

今のところ損傷具合を示す視覚的な画像や動画はないが、ウクライナメディアは「ロシア軍が撤退に使用する可能性があったアントノフスキー橋を破壊したという報告がある」と報じている。

ロシア軍はウクライナ南部(ヘルソン州とザポリージャ州)での反撃に備えるためマリウポリ方面やクリミア方面から大量の装備を鉄道輸送しているのが確認されているが、ドニエプル川の支流=インガレット川に架かる橋も2回目の攻撃(損傷具合が拡大)を受けた可能性が高く、ノーバ・カホフカの水力発電所付近の道路も破損しているのが確認(ヘルソン州当局が懸命に修復中)されているため、ロシア軍の増援はドニエプル川西岸地域に移動するのが困難な状況なのかもしれない。

因みにクリミアとヘルソン州を結ぶ橋が破壊されているという報告もあるが、どうやって破壊したのか謎だ。

関連記事:HIMARSで再びアントノフスキー橋を攻撃、ロシア軍の輸送遮断に成功
関連記事:ロシア軍の補給路遮断を狙うウクライナ軍、ドニエプル川の支流に架かる橋を攻撃

 

※アイキャッチ画像の出典:Генеральний штаб ЗСУ

ポーランドのブラスザック国防相、韓国製装備の調達理由や内訳を公開前のページ

エルドアン大統領、プーチン大統領がトルコ製UAVの共同生産を提案次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍がドゥチャニ解放に成功、現在もドニエプル川沿いを南下中

    ウクライナ軍がヘンソン州ドゥチャニの解放に成功、ドニエプル川沿いのロシ…

  2. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍がバラクレヤを解放、さらにロシア軍を押し返すため前進中

    ハルキウ州で反撃を開始したウクライナ軍は7日、ロシア軍占領下のバラクレ…

  3. ウクライナ戦況

    ロシアのウクライナ侵攻を予測できなかったフランス、諜報機関のトップを解任

    ロシアがウクライナに侵攻すると予想していなかったフランスでは「諜報機関…

  4. ウクライナ戦況

    数字から見るウクライナ軍とロシア軍の戦い、11月17日以降の戦闘規模は縮小

    ウクライナ軍公式発表を追っていくと11月17日以降のロシア軍戦死者数は…

  5. ウクライナ戦況

    ポーランド人、TB2に続き徘徊型弾薬をウクライナに送るため寄付を募る

    ポーランド人がトルコ製UCAV「バイラクタルTB2」に続き国産の徘徊型…

コメント

    • ido
    • 2022年 7月 27日

    これでロシア軍も撤退してくれればいいんだがなぁ。ヘルソン国際空港を早めに奪還して反撃に移れたらいいんだがなぁ

    1
      • xyz
      • 2022年 7月 27日

      すんなり撤退してもらっては困るなあ。
      ヘルソン西側の露助どもはすり潰さないと後々面倒なんで
      プーチンのメンツ云々で精々足掻いてくたばるのが最高よ。

      18
        • ボリス
        • 2022年 7月 27日

        そうですね、ゴキブリン共を残すと後々に世界平和には宜しくないので…害虫をコンバットで一網打尽する方が良いかもしれませんね。

        3
    • スンダヴ
    • 2022年 7月 27日

    最初は橋を半分壊して無難な撤退を促すと報じられていましたが、人命など国家事業の前にはごみと考えるロシア軍には通用しないだろうし破壊に踏み切ったのかもね。もうそのまま橋全部壊して包囲殲滅したらどうだ。

    16
    • パセリ
    • 2022年 7月 27日

    東部が不利な以上、南部で反抗するしかないからなぁ
    プッチンとしてもクリミアが危険になるのは避けたいだろうし、東部から兵が下がれば良いけど(願わくばそのまま南部で決戦が出来ればどちらが勝とうと終戦は早まるし)

    6
      •    
      • 2022年 7月 27日

      停戦に何か幻想を抱いてるな

      プーチン体制が存続する以上、制裁は終わらない
      プーチンが停戦を守る保証など全くない
      再びロシアが攻撃を仕掛けてくる可能性は高いので、ウクライナへの支援も続く

      てかそもそも停戦があり得ないってのを理解しとけよ
      日本が九州や四国を取られたまんま停戦できるか?
      故郷を奪われた国民や兵士が納得するか?
      ロシアにウクライナを制圧する能力が無い以上、戦い続ければ必ず勝てる

      停戦しろっていうのはその後の国際情勢を無視し、手前の刹那的な都合だけ優先した馬鹿げた考えだな
      世界は繋がってるという事を理解していないお花畑

      13
        • パセリ
        • 2022年 7月 27日

        私の文のどこに停戦なんて一文があるんですか???
        私がお花畑なら貴方は節穴ですね

        35
    • 2022年 7月 27日

    射程が100㎞未満のロケット弾攻撃も阻止出来ないロシア空軍の皆さん・・・

    3
      • k.ziro
      • 2022年 7月 27日

      まあ日本もできそうにないのですが

      18
    • daishi
    • 2022年 7月 27日

    今回の戦争が始まるまでこの手の目標は航空戦力で潰すのが一般的だと考えてましたが、ウクライナ、ロシアとも航空戦力が制限された状況ではアウトレンジ可能なHIMARSやMLRSなどの誘導ロケットシステムが主力となり得るんですね。
    とにかく今回の侵略戦争の知見は「新しい地上戦」として蓄積されるのでしょう。

    12
    • ハガ
    • 2022年 7月 27日

    管理人様、最初の画像が
    (クリックで拡大可能)(←ただしクリックで拡大不可能)
    になってる気がしますw

      • ハガ
      • 2022年 7月 27日

      拡大できるようになった模様。
      ありがとうございます!

      1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  2. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  5. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
PAGE TOP