ウクライナ戦況

ヘルソン市に留まった現地住民、ロシア人がやったことは民族浄化だった

露国営メディアは「ウクライナ軍が戻ってきたヘルソン州のドニエプル川右岸地域で住民への弾圧を開始した」と報じているが、ヘルソン市に留まった現地住民は「ロシア人がヘルソンでやったことは民族浄化だった」と証言している。

参考:Власти сообщили о репрессиях Киева против жителей Херсона
参考:Russia Tried to Absorb a Ukrainian City. It Didn’t Work.

匙加減を間違えれば国民間の対立に繋がってロシア側に付け込まれるかもしれない

露国営メディアは「ウクライナ軍が戻ってきたヘルソン州のドニエプル川右岸地域で住民への弾圧を開始した。ロシア当局に協力した現地住民を処罰するつもりだ」と報じており、ブチャやイジュームと同じようにロシア軍の残忍な犯罪を捏造して我々を挑発する可能性が高いと予測しているが、左岸への避難を拒否してヘルソン市に留まった現地住民は「ロシア人がヘルソンでやったことは民族浄化だった」と証言している。

出典:Минобороны России

ワシントン・ポスト紙の報道を要約すると、ヘルソン市に留まった現地住民は占領者と解放者の違いについて「街に乗り込んできたロシア軍の銃口は住民に向けられていたが、街に戻ってきたウクライナ軍の銃口は上空に向けられていた。これが全てだ」と明かし、自らを解放者だと名乗ったロシア軍がヘルソンで行ったのは「ロシア人への強制的な同化=民族浄化」だと訴えている。

ヘルソン市や周辺自治体の住民の中には進駐してきたロシア軍の占領政策に協力する者もいたが、これを拒否する住民=親ウクライナ派の住民も多く存在していたため国歌やウクライナ語の禁止、ロシア語による学校教育の強制、ルーブル支払いの強要、親ロシアが制作したニュース番組の放送、ロシア語新聞の発行など文化・経済面からロシアへの同化を迫ったらしい。

出典:PRESIDENT OF UKRAINE

しかし解放者だと自称したロシア軍兵士は住民に不当な暴力を振るい、逆にウクライナ軍はピンポインでロシア軍の兵站を攻撃して街への被害を最小限に抑えたため「親ウクライナ派はロシアになびかず同化の試みは失敗した」とヘルソン市に残った住民は証言しているが、ウクライナ軍の脅威が迫りロシア軍が避難を促すと少なくない住民がドニエプル川左岸に渡ったのも事実だ。

ウクライナでは侵攻初期から裏切り者に関する情報収集が行われており、ヘルソン州は登録された裏切り者が最も多い地域(14日時点で102人/ウクライナ全体では966人)で、ロシア当局の特定組織に参加・協力した者、機密情報をロシア当局に明かした者、破壊活動に手を貸した者、ウクライナの主権を否定してロシアの主張を支持する者、占領行政に加担した者、違法な選挙・住民投票に参加を呼びかけた者、ロシアのプロパガンダを広めるのに手を貸した者、宣誓に違反した者などが裏切り者に該当する。

出典:Кирилл Стремоусов

ロシア当局に進んで協力した人物は仕方ないとしても、生きていくため「ヘルソンは永遠にロシアだ」という主張を現実的に受け入れざるを得なかった人々も一定数いた可能性が高く、匙加減を間違えれば国民間の対立に繋がってロシア側に付け込まれるかもしれない。

かと言って、ロシア当局に協力した者を処罰なく野放しにすればロシア軍と戦い命を落とした兵士が浮かばれないため非常に難しい問題だ。

因みにロシア当局に協力する裏切り者は占領地域だけでなく「国内=ウクライナ軍支配地域」にも潜んでおり、有名どころで言えばモトール・シーチのボフスライェウ総裁と同社の幹部はロシア軍のウクライナ侵攻を手助けするためウクライナ軍保有のヘリを飛行できないよう勝手に解体したり、軍用ヘリに使用されるエンジンを第三国経由でロシアに届けるなどロシア当局に協力した罪で拘束され、ウクライナ保安庁の元将軍も機密情報をロシアに売って侵攻直前に海外へ逃亡(セルビアで拘束)している。

関連記事:ロシア軍の占領政策に協力した裏切り者、反撃が始まると真っ先にロシアへ逃亡

 

※アイキャッチ画像の出典:PRESIDENT OF UKRAINE

ウクライナ軍がオレシキー、ノーバ・カホフカ、カホフカを解放か???前のページ

ルーマニアと韓国が防衛協力に関する基本合意書に署名、K2、K9、Redbackの調達を検討次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    侵攻670日目、ドネツク西郊外やバフムートでの戦いはロシア軍優位で進む

    ロシア軍によるウクライナ侵攻から663日が経過、ドネツク西郊外方面のロ…

  2. ウクライナ戦況

    バフムートを巡る戦い、ロシア軍が市街地に侵入した可能性が濃厚

    ロシア軍がバフムート市に侵入して戦闘が市街地で行われている可能性が高く…

  3. ウクライナ戦況

    米ランド研究所、反攻失敗は戦争継続への合理性に疑問を生じさせる

    露独立系メディアのインタビューに応じたランド研究所のチャラップ氏は「反…

  4. ウクライナ戦況

    ロシア軍のミサイル攻撃、ウクライナ軍が30発中29発を撃ち落とす

    ウクライナ空軍は18日「ロシア軍がTu-160とTu-95から22発の…

  5. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍、ロシア軍の弾道ミサイルをスティンガーで撃墜???

    ウクライナ国防省の公式メディアは19日、ロシア軍の発射した戦術弾道ミサ…

  6. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍、クレミンナ解放に関する公式情報を忍耐強く待って欲しい

    ニューヨーク・タイムズ紙は「ウクライナ軍がクレミンナ奪還に近づいている…

コメント

    • AAA
    • 2022年 11月 15日

    ヘルソンがすぐ落ちたのも他の地域の比じゃないくらい裏切り者が多かったかららしいのでこれから大変だろうな
    ロシア系住民多くて国境のすぐそばなのにずっと堅く守ってるハルキウ市民あたりから見れば許せんだろうな

    47
      •  
      • 2022年 11月 15日

      ほぼ無血開城でしたから相当数協力者がいるからね

      25
    • 名無し
    • 2022年 11月 15日

    避難を促す×

    避難を強制した◯

    14
    • カディロフ上級大将
    • 2022年 11月 15日

    モトール・シーチに関しては製品である東側規格のエンジンを買ってくれるのがロシアくらいしかいないのに
    政府の都合で売るなと言われたらあの手この手で売ろうとするのは当然じゃないの
    ウクライナ軍だけで需要を満たせるとも思えないし

      • LRLR
      • 2022年 11月 15日

      これからのモトール・シーチのビジネスはロシアのヘリなんぞではなく、先日エンジン搭載実証試験が無事終了したバイラクタルの次期型ドローンのエンジン次第であることは明白なのに、バカなやつもいたものだ。

      21
      • shkk
      • 2022年 11月 15日

      同情は出来ないが、これまではロシアと取引がメインだったという話だし社長もロシアに魂売ってんだから稼ぐためにやるわな。地域的にもロシア寄りだったみたいだし(そもそも情報機関だってロシア派が潜り込んでる国だったんだから不思議でもない)

      でもこれからは戦争という劇薬で国内を浄化しちゃったし、既に国有化されてるから次はないんじゃないかな
      親ロシア派なんて告発されて吊るされそうだ

      4
    • K(大文字)
    • 2022年 11月 15日

    この問題、本当に難しいですね…
    ウクライナとロシア、独裁者の妄想ネタで開戦の背景になる程度には歴史的繋がりは深いし、ならばこそ自国内に相手国のシンパが居るのは当たり前だし、第五列の浸透も避けられない。
    そうした動揺分子や裏切り者の存在自体が、相手の誤判断を招く超高リスク要因である事は端的に事実。
    かと言って、自由・民主主義国家がこの問題にどの程度苛烈に対処するかはやはり加減が必要な訳で、平気でハンマー処刑動画を公開するロシアのようにはなれないし、なるべきでもない。
    結局のところ、明確な裏切り者に対しては法に則った刑事裁判を、シンパのレベルならある程度包摂的に対処するしかないでしょうね。フワっとした言い方しか出来ませんが…

    で、この問題意識をアジアに敷衍すると、日本はまだ良いにしても、台湾とかメチャクチャヤバいのでは…?
    台湾内部ではこの手の問題はどう捉えられているんでしょうね。

    37
    • アクアス
    • 2022年 11月 15日

    ロシアがカリーニングラードでやったことをウクライナでやらない理由はないな。

    7
    •  
    • 2022年 11月 15日

    なんか何人もポールに縛り付けて晒し者にしている動画UPされてたな
    裏切り者だから当然と言うがああ言うのをひけらかすと支援者が引くから止めたほうが良いと思うんだけどね
    まぁ人間感情の生き物だから無理か、当事者だし

    13
      • 無題
      • 2022年 11月 15日

      占領下で受けた仕打ちを考えればその場で処刑しない理性を保ってるだけで十分すごいと思う

      41
      • 名無し
      • 2022年 11月 15日

      日本では外観誘致は死刑なんだから全然ウクライナは優しい

      5
    • ブルーピーコック
    • 2022年 11月 15日

    パリ解放でもドイツ軍協力者狩りをやってたけど、誤認殺害も起こってたからな。

    6
    • nns
    • 2022年 11月 15日

    「裏切り者」に関しては普通に国法に反する犯罪者だから、私刑で片付けるんじゃなくて粛々と当局に突き出して欲しい

    9
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  2. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  5. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
PAGE TOP