ウクライナ戦況

首都キエフの状況は厳しいと語る市長、市民に戦いへの参加を要請

首都キエフのクリチコ市長は25日、キエフは防衛の段階に入ったが状況は厳しいと語り「都市を守る戦いに参加できる人は私達を助けた欲しい」と市民に呼びかけた。

参考:Киев вступил в фазу обороны, ситуация сложная
参考:Киев призвал владельцев веб-камер прекратить стрим

キエフに間もなくロシア軍の本隊が到達か、キエフ市長は市民に戦いへ参加するよう呼びかける

首都キエフのクリチコ市長は25日の記者会見で「キエフは防衛の段階に入ったが状況は厳しい。現在首都の幾つかの地域で銃声や爆発音が聞こえている。これはロシアの破壊工作員の仕業でウクライナ軍が無力化に努めてが、この工作員はキエフに隠れ潜み我々を屈服させ滅ぼそうとしている。都市を守る戦いに参加できる人は全員戦いに参加して軍の兵士を助けなければならい」と語り、ウクライナ軍は私達のためにヒロイズムと自己犠牲を示していると付け加えた。

戦いに参加する市民への武器配給も始まっており、多くの市民が武器を受け取るため配給ポイントを訪れている。

ウクライナ軍はキエフのオボロン地区で確認されたロシア軍の妨害・偵察部隊に対応するため市内に入ったが、市民にウクライナ軍の様子を撮影したりSNSに情報を投稿しないよう要請しており、政府もキエフの様子をネット上でリアルタイム配信している人々に「ウクライナ軍の状況を敵に知らせて助けることになるので直ぐに中止して欲しい」と呼びかけている。

参考:Под Черниговом идут бои, большое количество бронетехники идет на Киев

因みにキエフから約120km離れた都市チェルニヒウではキエフに向かうロシア軍をウクライナ軍が何度も阻止して南下を食い止めていたが、チェルニヒウの市長は「ロシア軍の大量の装甲車がチェルニヒウを迂回してキエフに向かった」と現地メディアに明かしており、これが事実ならウクライナ軍の防衛ラインも迂回されている可能性が高い。

関連記事:英国防相、ロシア軍の侵攻は主要目標が達成できおらず期待以下の結果

 

※アイキャッチ画像の出典:Генеральний штаб ЗСУ

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

インド、1機1億ドルもするMQ-9B調達を保留して国産UCAVを優先前のページ

ドイツ、ウクライナに約束していたヘルメット5,000個の引き渡しを開始次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    ぬかるみ始めたウクライナの大地、孤立するロシア軍の大軍

    首都キエフを攻略するため集結したロシア軍部隊について米英は「特に目立っ…

  2. ウクライナ戦況

    プーチンの誤算、ロシア人を上回るウクライナ人の火の玉のような強い意思

    ロシアには西側が許容できないリスクとコストに耐える火の玉のような強い意…

  3. ウクライナ戦況

    ウクライナ侵攻323日目の戦況、ロシア軍がソレダル周辺で突破口を開く

    323日目が経過したウクライナ東部戦線の状況は「ロシア軍がソレダル周辺…

  4. ウクライナ戦況

    ウクライナ侵攻383日の戦況、露ワグネルはスラビャンスク方向に道路を北上

    ウクライナ侵攻から383日目を経過、露ワグネルはバフムートとスラビャン…

  5. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍が鹵獲した2,000輌以上の戦車や装甲車、大半が役立たず

    ウクライナ軍は計2,000輌以上の戦車や装甲車などを鹵獲したため「最大…

  6. ウクライナ戦況

    NATO事務総長、除外リストはなく西側製戦車のウクライナ提供を支持

    マドリードで行われていたNATO首脳会議ではウクライナ支援に関する重要…

コメント

    • ダヴー
    • 2022年 2月 25日

    >>チェルニヒウの市長は「ロシア軍の大量の装甲車がチェルニヒウを迂回してキエフに向かった」
    逆を言えば、同地のウクライナ軍2個旅団は健在であり、依然として町を保持しているわけだ。
    キエフに向かったロシア軍の連絡線も常に妨害を受ける可能性があると。

    16
      • ミリオタの猫
      • 2022年 2月 25日

      逆を言えば、チェルニヒウ方面のウクライナ軍は後方連絡線を立たれて孤立しているとも言えるんだけどね…どっちが正しいかは十年後位になって情報が有る程度公開されないと分からないだろう。

      19
    • 2022年 2月 25日

    迂回ってことは縦深攻撃じゃなくて古典電撃戦か…
    戦術のソビエトロシアと思ったが何ともまあ切れ味が悪い…

    7
      • ミリオタの猫
      • 2022年 2月 25日

      いや、第二次大戦後半のソ連軍の攻勢でもドイツ軍が死守する拠点(ヒトラーの「確地戦略」によるもの)をソ連軍は迂回して進撃を続け、敵拠点は後方連絡線を切断されて孤立した挙句に玉砕と言うパターンがあったから、必ずしも切れ味が悪い戦術とは言い切れない。

      14
      • STIH
      • 2022年 2月 25日

      昔のソ連と違って、今のロシアに縦深攻撃ができるほどの軍隊は用意できんのでは。スターリンみたいに衛星国家から徴用できるわけでないし、ロシア自体は人口そんなにいないから。他から引き抜くといっても、プーチンの猜疑心では限界がありそう。
      あるいは今はキエフが抑えられれば十分として、後詰めに雲霞の如く大量の戦車が控えているとか。

      11
        • hmm
        • 2022年 2月 25日

        チェチェンの空挺部隊がウクライナに向けて出撃したとの情報が出てきましたね。。。。
        デマであることを祈ります

        2
          • 無無
          • 2022年 2月 26日

          虐殺、弾圧プロフェッショナルの恐ろしい殺人部隊だよ、

          1
    • ちゃわんビートル
    • 2022年 2月 25日

    こんな絶望的状況で、軍人どころか民間人まで諦めず戦ってるのか
    なんて勇敢なんだウクライナ人

    死ぬのが怖くないのか
    その力はどこから湧いてくるんだ

    32
      • STIH
      • 2022年 2月 25日

      それほどまでに、ロシアに支配されたくないんでしょう。しかも狂気のプーチンだからね。
      その覚悟を私は本質的に理解できないだろうし、理解できる日が来てほしくはないが。
      ただその覚悟を決める前に、NATO加盟の障壁となった色々な問題を解決してほしかったなと。

      24
      • あばばばば
      • 2022年 2月 26日

      ウクライナは国家総動員の大統領令を出して、15歳から60歳の出国を禁止しているし
      ロシアに白旗振った所で、復讐を未然に防ぐ名目を立てているプーチンが虐殺を行わない理由にはならないだろう
      欧米からの派遣を含む支援は絶望的なわけで、もはや特攻やむなしで抵抗に参加するしかないとも取れる

      12
      • 無無
      • 2022年 2月 26日

      政府、軍人の怠慢と腐敗のつけを国民が負わされてるとも。
      あるいはそんな国家にしてしまった民の自己責任とは言いすぎか
      ロシアの脅威はクリミア半島併合から判っていたのに

      8
    • 匿名
    • 2022年 2月 25日

    数年前日本で、「侵略者が来たら酒を飲み交わし、仲良くなる。俺が抑止力だ」という旨の主張をしていた大学生がいたけど、
    現実だと皆、最後は酒ではなく武器を手に取るんだね。

    こんな悲しい現実は見たくなかったけど。

    56
    • L
    • 2022年 2月 25日

    陸で守れていてもねぇ如何せん空が
    人を人とも思わぬロシアだから都市爆撃なんてお手の物だろうよ

    6
      • きっど
      • 2022年 2月 26日

      今のところは軍事施設目標だから民間人の被害は少ないけれどもね
      プーチン曰く「ネオナチ」からウクライナ人を守るとの事なので、武器を持って抵抗するのは「ネオナチ」だと認定されて遠距離からの砲爆撃でしょうね……
      無差別砲爆撃ならば、お安い無誘導の爆弾・砲弾で十分ですし

      7
    • 無能
    • 2022年 2月 25日

    自分達で選択した事とはいえ、民兵と非武装民間人の区別がつかない最悪な方向に転がってるな

    13
      • きっど
      • 2022年 2月 25日

      民兵に武器を渡したところでなぁ
      馬鹿正直に市街地になど入らず、遠巻きに包囲して砲爆撃を加えるだけだろうな

      7
        • secret
        • 2022年 2月 25日

        民兵といえど、徴兵兵役経験済みの退役軍人では?

        6
          • きっど
          • 2022年 2月 26日

          現在ウクライナは、18~60歳の男性の出国を制限しています
          ウクライナはヨーロッパで唯一銃規制が存在せず、ガンショップも今回の戦争で大盛況な現状です
          完全に、正規軍も民兵も強盗もテロリストも何でもありのカオスになるのは確定的です

          5
          • バーナーキング
          • 2022年 2月 26日

          「民兵が戦力にならん」と言ってるのではなくて
          「市民は全員戦いに参加して〜」の呼びかけによって、露軍が「そこに非武装民間人はいない」と解釈して制限なく都市ごと砲爆撃できるマイナスの方が
          民兵の戦力としてのプラスより大きいんじゃないか、って話かと。

          8
    • 匿名
    • 2022年 2月 25日

    確実にNATO軍で介入はしないから孤立無援だしプーチンはウクライナ全土の掌握を目指してると思うけどポーランドとバルト3カ国とか本当に越境支援しないのだろうか?
    米波英バ3の有志連合でリヴィウ防衛に展開する可能性は本当にないか?
    現政権で存続するならリヴィウまで後退せざるを得ないのでは?

      • tarota
      • 2022年 2月 25日

      全ロシア将校協会が「プーチン辞任」を要求…! キエフ制圧でも戦略的敗北は避けられない

      ってネット記事があるんだけどイヴァショフ退役上級大将は結局NATOはウクライナ側に立って参戦すると予測してるね
      まあ話半分だけど

      3
    • ダヴー
    • 2022年 2月 25日

    状況のあまりの展開の速さにすっかり忘れてたけど、今回の戦争で無人機の話題って全く出てきてないよね。
    SNSで投稿される動画とかにもロシア、ウクライナどちらの無人機も全く出てこなかったとおもうけど、どうなってるのだろうか?

    2
      • 名無しさん
      • 2022年 2月 25日

      遙か上空を周回する無人機など、SNSの投稿者達の目には殆ど見えない存在だから
      どれだけ飛んでるか、どんな運用しているかなんて運用者達しか知らない

      11
        • きっど
        • 2022年 2月 26日

        トランスポンダをONにしている限りは、有人無人問わずに全世界から確認可能ですけどね
        なんで、各国の軍用機の活動をチェックしている人もいますよ
        先の「キエフの空港にルスラーン強行着陸で空挺部隊投入」のネタも、ムルマンスクから南下してきたAn-124の存在からでしたし

        3
          • 名無しさん
          • 2022年 2月 27日

          軍の無人機が民間ウォッチャーが追跡出来る様なトランスポンダを
          ONにしたまま戦場上空を周回している思うのですか?

          1
    • せい
    • 2022年 2月 26日

    もうキエフまで来てるんか、、、
    占領できたとして、その後はどうするんだろ?
    間違いなく戦後のロシアは地獄だろうに。
    まあドイツフランスがいるから何とかなるのかな?

    1
      • 無無
      • 2022年 2月 26日

      ロシアとしてはウクライナに対する懲罰戦争なんだろうから、東部とか欲しい地域を奪った上で非武装中立国宣言でも強要する条約で締めるつもりだろ、要するにウクライナ残部をNATOに入れなければ目的達成

      3
    • すえすえ
    • 2022年 2月 26日

    ウクライナ士気はたけーな
    ロシアはアフガン化に巻き込まれるんか?

    2
    • ぱおーん
    • 2022年 2月 26日

    これこれ、気になってたんだよ。
    市民がこんだけSNSで映像上げてるのにウクライナ軍の映像が一切出てこないのがすごいよね。

    腐っても鯛というか、こっちだって30年前までソビエト軍だし、正規軍として中東なんかとは段違いの作戦指揮があるような。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  2. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  3. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  4. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  5. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
PAGE TOP