ウクライナ戦況

ポーランド領に着弾したミサイル、S-300で使用される迎撃弾の可能性が浮上

ゼレンスキー大統領もクレバ外相も「ウクライナ軍の使用するS-300がポーランドに着弾した」というロシアの主張を否定しているが、現場で見つかった残骸から着弾したミサイルの1つは「S-300で使用される迎撃弾5V55」の可能性が高いらしい。

参考:Polsat News nieoficjalnie: Na Przewodów spadł pocisk manewrujący KH-101
参考:Зеленский о ракетах в Польше: Это удар по коллективной безопасности, надо действовать

ポーランド軍の調査結果が発表されるまでは「ロシア軍のミサイルだ」と言わない方が賢明だろう

ポーランド領プシェボドゥフに着弾したミサイルの正体についてロシア国防省は「状況を深刻化させるための意図的な挑発だ」と関与を否定、ロシア側の専門家も「ウクライナ軍の使用するS-300の迎撃弾がポーランド領プシェボドゥフに着弾した可能性が高い」と主張しているが、ウクライナのクレバ外相は「ロシアの陰謀論を信じるな、この教訓はMH17撃墜事件でとっくに学んでいるはずだ」と訴えている。

ゼレンスキー大統領も「ロシアのミサイルがポーランドを攻撃した」と主張、ポーランドメディアのPolsat Newもウクライナ人専門家の意見を引用して「プシェボドゥフに着弾したミサイルは空中発射型巡航ミサイルのKH-101だ」と報じているが、現場で見つかった残骸から着弾したミサイルの1つは「S-300で使用される迎撃弾5V55」の可能性が高いらしい。

SNS上では残骸は形状から見て「5V55で使用される48D6モーターの残骸」と指摘する声が増えており、ポーランド軍の調査結果が発表されるまでは「ロシア軍のミサイルだ」と言わない方が賢明だろう。

仮に残骸が5V55だった場合、射程距離の関係でロシア軍よりもウクライナ軍が保有するS-300から発射された可能性が高いと思われるが、プシェボドゥフにはミサイルが2発着弾したらしいのでKH-101と5V55の可能性も残されている。

追記:まだ調査結果は発表されていないが、ポーランド外務省は「15日15時40分頃、プシェボドゥフに『ロシア製ミサイル』が落下してポーランド国民2名が死亡した。この事件に関連してロシア大使を外務省に召喚、直ちに詳細な説明を行うよう要求した」と発表した。

関連記事:ロシア、ポーランド領に着弾したミサイル疑惑は状況を深刻化させる意図的な挑発
関連記事:ポーランド領にミサイル2発が着弾、モラヴィエツキ首相が緊急閣僚会議を召集中

 

※アイキャッチ画像の出典:Командування Повітряних Сил ЗСУ

バイデン政権、ウクライナ支援に必要な377億ドルを下院に緊急要請前のページ

自国領へのミサイル着弾問題、ポーランドはNATO第4条を要請するか検討中次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    ドニエプル川の戦い、ウクライナ軍は上陸した左岸陣地を現在も維持

    ヘルソン方面のウクライナ軍はドニエプル川左岸に上陸して「ピシュチャニフ…

  2. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍兵士は準備された陣地ではなく野原に連れて行かれただけ

    ウクライナ人ジャーナリストのブトゥソフ氏やDEEP STATEは「兵士…

  3. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍がバフムートとザポリージャで反撃、要所のベルヒフカに迫る

    ロシア軍の侵攻開始から480日目が経過、ゼレンスキー大統領が連日「前進…

  4. ウクライナ戦況

    ロシア軍がチャシブ・ヤール東地区の南郊外に侵入、イワニフカ占領の可能性

    RYBARはクピャンスク方面キブリスカ方向について「ロシア軍がイワニフ…

  5. ウクライナ戦況

    要塞で時間を稼いで2025年に備える、上手く行くかどうかは動員次第

    ウクライナメディアのRBC Ukraineは「まもなくロシア軍の攻勢は…

  6. ウクライナ戦況

    ザポリージャ州の戦い、ウクライナ軍がロボーティネ集落内を南下中

    ウクライナ軍がロボーティネ集落内に定着しているのを視覚的に確認、ロシア…

コメント

    • さめ
    • 2022年 11月 16日

    ロシアの対応もウクライナの対応も不可解
    双方ともに相手がやったと主張してるけど、物証はポーランド側にあるわけで…
    ウクライナはロシアの巡航ミサイル、ロシアはウクライナの地対空ミサイルと言ってるけどそんなことプロパガンダ云々いうまでもなく早々に判明する
    やった側のトップが事態を把握してるのなら真っ先に陳謝するしか手はない(ロシアも、もちろんウクライナもポーランドを攻撃する意図ないし)

    つまりどういうことかというと、今回攻撃した側は情報が正確にトップまで伝達されておらずガバナンスに深刻な問題があるというと
    ロシアにせよウクライナにせよ、偶発的な理由で更に戦線が広がったり民間人の犠牲が増加することが懸念される

    7
      • ななし
      • 2022年 11月 16日

      どんな証拠が出てこようか関係ありません。黙っていると肯定しているものと思われるのが国際社会の常識ですから
      南京や慰安婦問題は日本がまともに主張してなかったので相手の言い分が全部通ってるんですよ
      声がでかい方、顔の面が厚い方が負けないんですよ

      60
      • samo
      • 2022年 11月 16日

      ロシア側は低空だと対空レーダーの範囲ないだし情報はもってないでしょ。
      あの反応はロシアのテンプレ。事実がどうであるかは関係ない。

      ウクライナ側の方は距離が近いし、対空レーダーでかなり精彩な情報持ってるはずだ

      20
    • abs
    • 2022年 11月 16日

    なるほど。
    何故2発なのか不思議でしたが、誤射されたミサイルを追いかけて迎撃ミサイルも飛んでいった
    と言う事であれば納得です。
    調査を待ちたいと思います。

    32
      • samo
      • 2022年 11月 16日

      追いかけていったなら、榴散弾がなかったという情報も合点が行きますね。
      地上で着弾する前に空中で飛散したなら、まず見つからないでしょう。
      空中で飛散した理由も、目標のミサイルを追いかけていってポーランド領内で爆散したならわかる

      7
    • 名無し
    • 2022年 11月 16日

    ウクライナのS300ならこれから西側の支援チャラになりかねないけどどうなんでしょうね。

    2
      • AH-X
      • 2022年 11月 16日

      ウクライナのだったとしても意図的ではないでしょうから、この程度では大騒ぎしないかと。

      52
        • 月虹
        • 2022年 11月 16日

        モルドバでは10月31日に国境のナスラヴチャ村にウクライナ軍が迎撃したロシアのミサイルの破片が落下(ロシアが10キロ先にあるウクライナ・ドニエステル水力発電所を狙ったものらしい)。この時は幸いにも死傷者はでませんでしたがモルドバは駐ロシア大使にに抗議して外交官一名を追放しています。

        7
      • 無無
      • 2022年 11月 16日

      なりません

      14
      • 名無しさん。
      • 2022年 11月 16日

      むしろロシアのミサイルを迎撃したんだからウクライナは何も間違ったことはしてない

      39
        • ido
        • 2022年 11月 16日

        ですね。ウクライナ軍が撃墜してなかったらもっと被害が増えていたのかもしれません。

        36
      • 白魔道士
      • 2022年 11月 16日

      変な理屈だなあ。

      ただの偶発的な事故なうえ、そもそもロシアが精度の低いミサイル乱発などしなければこんな事故は起きないわけでね。
      どっちに転んでも悪いのはロシア、となるのがまともな思考だと思うんですが。

      12
    • いおり
    • 2022年 11月 16日

    ウクライナ隣国のポーランドの外務省は日本時間の16日午前8時ごろ、声明を発表し「ロシア製のミサイルがポーランド領内に落下し、2人が死亡した」と明らかにしました。

    NATOの対応はどうするのだろうか?

    6
    • 名無しさん。
    • 2022年 11月 16日

    ロシアは迎撃でウクライナから発射されたものしか無いと言い張るつもりか

    1
      • ido
      • 2022年 11月 16日

      現場には2発落ちたらしいですし、ロシア側の巡航ミサイルを迎撃しようとしたウクライナ軍の地対空ミサイルが追いかけっこみたいな感じで両方とも落ちたとのかと。そして今現場から見つかったのがウクライナ軍のミサイルだけということは、ロシアのミサイルは着弾して粉々になったがウクライナのミサイルは運悪く原型が残ってしまったということかも。ウクライナ側はポーランドに落ちると分かった瞬間ミサイルの自爆ボタンを押せばよかったのに。

      4
        • 2022年 11月 16日

        ロシアの誤射をポーランド領内で迎撃してしまった
        申し訳なく哀悼の意を表する

        とウクライナが認めたら正直者とウクライナ支持は増える気がする
        どこ飛んでくか分からん殺人ミサイルぶっ放すロシアが悪い

        19
    • 匿名
    • 2022年 11月 16日

    Visegrád 24では「ポーランド政府が、国内に直撃しポーランド人2名を殺害したミサイルは、ロシア製と確認した」と報じてます。
    ここ一週間でロシアが態度を改めない様で有れば、欧州議会で行われる「ロシアのテロ国家承認検討」から「検討」の単語が無くなりそうですね

    11
    • 無無
    • 2022年 11月 16日

    ロシア軍のミサイルでなくロシア製ミサイルという報道、翻訳にもよるだろうが、この微妙なニュアンスを見落としてはなるまい
    戦争に事故と誤爆はつきもので、片方だけが間違いないだの主張するのか無理筋

    21
    • ido
    • 2022年 11月 16日

    NATO第4条が発動されたらロシアはどうするんだろうか。核以外に勝ち目がないと思うが。NATOはまず空爆から始めるだろうし不安しかない。あと中国の動きも気になる。何もいってないようだし。

    3
    • samo
    • 2022年 11月 16日

    そもそもミサイルの残骸だけで、どちらが撃ったものかを特定するのも難しい。
    なにせ両軍共に武器を鹵獲しあっている状態だし

    レーダーの情報は必ずNATO側が持っているはずなので、これも合わせてじゃないと特定は無理でしょう

    11
    • samo
    • 2022年 11月 16日

    ロシアのものだと断定されたとしても、NATOが出動するとは思わない。
    けど、最低でもウクライナへの武器支援のレベルはあがるだろうね…

    18
    • 霞ヶ浦
    • 2022年 11月 16日

    これに関してはウクライナの発言もあまり信用できない案件かなぁ

    15
    • エア
    • 2022年 11月 16日

    この件に関しては
    ウクライナ政府は嘘を言っちゃいけない

    プロパガンダで許される嘘と許されない嘘がある
    そこは間違えないで欲しい

    28
    • きっど
    • 2022年 11月 16日

    これ、位置的には「ロシアがベラルーシ国境からウクライナに向けて撃った5V55を、ウクライナ軍の5V55が迎撃した」という事態の可能性も十分に有る、厄介で微妙過ぎる案件だなぁ
    とはいえロシアが撃たなきゃ発生しなかった案件ですから、ロシアが一番悪いのは確定ですけれども

    4
    • jiro.siwaku
    • 2022年 11月 16日

    ウクライナを飛び越えてポーランドに着弾したのだとすれば
    レーダーの記録さえ公開されれば良いだけの話。

    ウクライナは全開でサーチしている真っ最中だし
    NATOもAWACS飛ばしてがっちり警戒中だし
    ポーランドに展開しているNATO軍も全開でサーチしているはずだし。

    いくらでも記録はあるはずだが,それが出てこない。
    NATOがウクライナに引きずり込まれるか否かの深刻な話なのだから
    レーダーの記録が公開されてもおかしくない。

    時系列的に見れば
    ロシアのミサイル攻撃が始まってから4時間後にポーランドで爆発の一報。
    それまでは大規模攻撃と停電だけが情報として流れ
    バイデンやサリバンも,それについての非難声明を出すのみ。
    本当にポーランドに着弾したのであれば,真っ先に情報が伝わっていてもおかしくない。
    しかし,爆発の第一報が4時間以上経ってから
    示し合わせたようにポーランドとウクライナが暴走。
    あっけにとらわれたバイデンとサリバンが右往左往する中
    米国防省が確認できていないと冷静に否定。
    NATOの事務総長も確固とした事実関係の確認が重要と慎重姿勢。
    にも関わらずウクライナとポーランドはロシアのミサイルだと
    根拠を示さずに強弁し続けている。

    もし仮にポーランドとウクライナなどが自作自演で暴走していたのであれば
    そして,それが明らかになれば
    欧米のウクライナ離れが一気に進む契機ともなりかねない。
    欧米にしてみれば,このままお付き合いしていると
    本当に第三次世界大戦に自分たちが引きずり込まれてしまうことが明らかになったからだ。

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  2. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  3. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  4. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  5. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
PAGE TOP