ウクライナ戦況

北マケドニア、T-72に続き保有するSu-25をウクライナに提供か

北マケドニアはT-72に続きSu-25をウクライナに提供したと報じられており、現地メディアの報道によれば北マケドニア国防省はSu-25提供を肯定も否定もしなかったらしい。

参考:Македонија и „сухоите“ ѝ ги подари на Украина

ウクライナが今年6月に技術者を北マケドニアに派遣してSu-25を国に持ち帰るため修理や点検を行ったらしい

NATO加盟国の北マケドニアは2000年にウクライナから31輌のT-72を受け取っており、北マケドニア国防省は「この旧式戦車は数年以内に競争力を失うため最新の戦車で更新する必要があり、ウクライナに寄贈することを決定した」と述べているらしいが、何輌のT-72をウクライナへ移送(SNS上にアップされた輸送シーンに映るT-72の数は8輌)したのかは分かっていない。

出典:Armija/CC BY-SA 4.0

ただT-72のウクライナ提供を発表後、北マケドニア国防省はT-72を装備した戦車大隊の解散を発表しているため「保有する31輌全てをウクライナに提供した可能性が高い」と推測されているが、今度は2001年6月にウクライナから購入した4機のSu-25(単座3機+複座1機)がウクライナに提供したと報じられている。

北マケドニア国防省は「ウクライナにSu-25を提供したのか?」という現地メディアの質問に肯定も否定もせず「ウクライナへの武器支援に関する決定は必要に応じて機密が解除され公開される。これまでの決定は我が国の安全保障に影響を与えるものではない」とだけ述べているの興味深い。

出典:Fedor Leukhin / CC BY-SA 2.0

因みに北マケドニア国防省は2003年に「もはや我が国に戦闘機は必要ない」と宣言してSu-25の登録を抹消したが、NATO加盟に際して保管中のSu-25を現役に戻すことを検討(アップグレード)したものの実行に移されることはなく、これに目をつけたウクライナが今年6月に技術者を北マケドニアに派遣してSu-25を国に持ち帰るため修理や点検を行ったらしい。

もしこれが事実なら北マケドニアは戦闘機(実際には攻撃機)をウクライナに提供した初めての国になる。

関連記事:北マケドニア、ウクライナを支援するため保有するT-72を提供

 

※アイキャッチ画像の出典:Chris Lofting/GFDL 1.2

元米政府関係者、中国の台湾侵攻は18ヶ月以内に発生する可能性がある前のページ

中国人民解放軍、台湾上空を通過するコースで弾道ミサイルを発射次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    ロシア軍が再びウクライナに大規模なミサイル攻撃、停電が広範囲で発生

    ロシア軍が再びウクライナ全土に大規模なミサイル攻撃を開始、首都キーウを…

  2. ウクライナ戦況

    首都を巡る攻防戦、ゼレンスキー大統領が自身とキエフの健在ぶりをアピール

    ゼレンスキー大統領は「ウクライナの運命は今夜の戦いで決まる」と語って注…

  3. ウクライナ戦況

    ウクライナ侵攻314日目の戦況、ロシア軍がバフムート攻勢に全力を傾ける

    ウクライナ軍参謀本部は3日「ドネツク州とルハンシク州の制圧を試みる敵は…

  4. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍は後退の連続、ロシア軍はクピャンスク、リマン、シヴェルシク、バフムートで前進

    ウクライナ軍のシルシキー大将は27日「東部戦線は依然として厳しい。敵は…

  5. ウクライナ戦況

    ゼレンスキー大統領、水力発電所が破壊されればヘルソンを含む80以上の拠点が水没

    ゼレンスキー大統領は20日「ロシア軍がノーバ・カホフカの水力発電所破壊…

  6. ウクライナ戦況

    ドイツ首相、ウクライナへ防空システムと対砲兵レーダーの提供を発表

    ドイツのショルツ首相は1日、ウクライナに短距離防空システム「IRIS-…

コメント

    • kitty
    • 2022年 8月 05日

    ていうか、有人攻撃機という兵器ジャンルが米国以外には無理な代物になっているのでは…。

    8
    • 戦略眼
    • 2022年 8月 05日

    それよりも、戦車大隊を解体して大丈夫か?

    2
      • 月虹
      • 2022年 8月 05日

      >「この旧式戦車は数年以内に競争力を失うため最新の戦車で更新する必要があり、ウクライナに寄贈することを決定した」

      この国防省の発言が事実ならT-72更新の為に導入される戦車が気になる。数的にポーランドの様にアメリカのM1エイブラムスを導入するか、ドイツやスペインからレオパルト2A4を買う(資金に余裕があればシンガーポールの様にエボリューションキットでA6M相当にアップグレードする)あたりが順当なところ。大穴で軽装甲車で繋がりのあるトルコからアルタイを買うということも考えられるがアルタイ戦車自体が量産化前なので難しいか…

      2
    • 58式素人
    • 2022年 8月 05日

    SU25で通用するならば。
    A4の近代化モデル(F16相当、ニュージーランドで過去に実行)でも良さそうに思えます。
    使える機体があれば、ですが。

    2
      • A
      • 2022年 8月 05日

      更にF5も加わってリアルエリア88。
      マッコイ爺さん大活躍か。

      3
      • G
      • 2022年 8月 05日

      ロシア・ウクライナともに支配域内での対空能力が高く、Su-35でさえ撃墜される戦域では、もし本当にSu-25が提供されていたとしてもウクライナ支配域内での限定的な運用しかできないかと

      4
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  4. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  5. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
PAGE TOP