ウクライナ戦況

ロシア軍が5月に撃ち込んだミサイルは562発、4月と比較して5倍以上

バフムートが一段落したロシア軍はミサイル攻撃を強化、少しでもウクライナ軍の反攻準備を妨害して守りを固める時間を稼ごうとしており、5月に撃ち込んだ弾道ミサイル、巡航ミサイル、イラン製無人機の数は560発以上で、この数字は4月と比較して5倍以上だ。

現在の攻撃は昨年10月の頻度と密度を越えており、この攻撃規模を6月も維持できるとは考えにくい

ロシア軍はイランから調達したShahed-136を昨年9月に使用し始め、10月10日にウクライナのインフラを狙った大規模なミサイル攻撃を開始し、2月末までに1,200発を越える弾道ミサイル、巡航ミサイル、イラン製無人機を撃ち込んだが、エネルギーインフラへの負担が増える季節が終わったため攻撃頻度と密度が大幅に減少していた。

出典:Оркестр Вагнера | Wagner

しかしバフムートの戦いが最終局面を迎えていた4月下旬に再びミサイル攻撃の頻度が増加、さらにプーチン大統領が「バフムート解放作戦の完了」を宣言する頃から攻撃密度も飛躍的に高まり、5月に撃ち込んだ弾道ミサイル、巡航ミサイル、イラン製無人機の数は560発以上(29日時点)で、この数字は最も頻度と密度の高かった昨年10月(474発以上)を越え、前月と比較しても5倍以上という凄まじい数字だ。

ロシア軍はウクライナ軍の反攻準備を妨害して、疲弊した部隊の再編や守りを固めるため猶予を稼ごうとしている可能性が高いが、この規模の攻撃を維持できるほどロシアのミサイル生産量は多くないため、そろそろ攻撃の頻度と密度が低下するだろう。

出典:Vitalykuzmin.net/CC BY SA 4.0

逆に6月も現在の攻撃規模が続くなら、ウクライナ側の予測(Kh-101×月35発、Kalibr×月25発、キンジャール×月2発、イスカンデル×月5発)は間違っていることになり、流石に迎撃弾の備蓄量も怪しくなるしかない。

因みに下記の一覧は「Shahed-136投入が始まった昨年9月22日以降のミサイル発射数」と「ウクライナ軍の迎撃数」をまとめたもので、ロシア軍の総発射数は2,327発、ウクライナ軍の総迎撃数は1,875発になる。

ロシア軍によるウクライナへのミサイル攻撃(無人機を含む)
2022.09

22Shahed-136×?(4)総発射数:ー
総撃墜数:4
23Shahed-136×?(6)総発射数:ー
総撃墜数:6
25Shahed-136×?(2)総発射数:ー
総撃墜数:2
26Shahed-136×?(4)総発射数:ー
総撃墜数:4
27Shahed-136×3(3)総発射数:3
総撃墜数:3
28Kh-59×5(4)総発射数:5
総撃墜数:4
29Shahed-136×7(5)総発射数:7
総撃墜数:5
累計発射数×31以上/撃墜数×28 Shahed-136×26以上(24)、 Kh-59×5(4)
2022.10

02
Shahed-136×7(5)
総発射数:7
総撃墜数:5
05
Shahed-136×?(6)
総発射数:ー
総撃墜数:6
06
Shahed-136×?(14)
総発射数:ー
総撃墜数:14
07
Shahed-136×?(3)
総発射数:ー
総撃墜数:3
09
Shahed-136×1(1)、Kh-59×3(1)、Kh-22×4(0)、S-300×16(0)
総発射数:24
総撃墜数:2
10

Shahed-136×25(22)、Kh-101/Kh-555、イスカンデル、S-300など×85(45)
総発射数:100
総撃墜数:67
11

Shahed-136×?(13)、Kh-101/Kh-555とKalibr×28(20)
総発射数:41
総撃墜数:33
12

Shahed-136×?(17)
総発射数:ー
総撃墜数:17
13
Shahed-136×?(6)、Kalibr×?(5)
総発射数:ー
総撃墜数:11
14
Shahed-136×?(8)

総発射数:ー
総撃墜数:8
15
Shahed-136×?(7)
総発射数:ー
総撃墜数:7
16
Shahed-136×?(11)
総発射数:ー
総撃墜数:7
17

Shahed-136×?(34)、Kalibr×?(2)、正体不明の巡航ミサイル×?(3)

総発射数:ー
総撃墜数:39
18
Shahed-136×?(6)、Kh-101/Kh-555×?(1)、Kalibr×?(4)
総発射数:ー
総撃墜数:11
19
Shahed-136×?(23)、Kh-101/Kh-555×6(4)
総発射数:ー
総撃墜数:27
20
Shahed-136×?(14)
総発射数:ー
総撃墜数:14
22
Shahed-136×?(10)、Kh-101/Kh-555×17(13)、Kalibr×?(5)
総発射数:ー
総撃墜数:28
23
Shahed-136×?(16)
総発射数:ー
総撃墜数:16
25
Shahed-136×?(3)
総発射数:ー
総撃墜数:3
26
Shahed-136×20以上(17)、Kh-59×?(1)

総発射数:ー
総撃墜数:18
31
Kh-101/Kh-555×50以上(44)
総発射数:ー
総撃墜数:44
累計発射数×474以上/撃墜数×385 Shahed-136×244以上(236)、 巡航ミサイルや弾道ミサイル×230以上(149)
2022.11

01

Shahed-136×?(6)

総発射数:ー
総撃墜数:6
02
Shahed-136×17(16)
総発射数:17
総撃墜数:16
04

Shahed-136×?(20)、Kalibr×?(2)
総発射数:ー
総撃墜数:22
09
Shahed-136×?(5)

総発射数:ー
総撃墜数:5
15
Shahed-136×10(10)、Kh-101/Kh-555×70(?)とKalibr×20(?)、Kh-59×?(2)、※Kh-101/Kh-555とKalibrを合わせて75撃墜
総発射数:102以上
総撃墜数:87
17
 
Shahed-136×5(5)、Kh-101/Kh-555×18(4)、Kh-59×?(2)、S-300×?(0)
 
総発射数:ー
総撃墜数:11
23 
 
Kh-101/Kh-555とKalibr×70(51)
 
総発射数:70
総撃墜数:51
累計発射数×247以上/撃墜数×196 Shahed-136×63以上(62)、 巡航ミサイルや弾道ミサイル×184以上(134)
2022.12

05
 
Kh-101/Kh-555×38、Kalibr×22、Kh-59×6、Kh-31×1、Kh-22×3(0)、※この内60以上を撃墜
 
総発射数:70
総撃墜数:60以上
 07
 
Shahed-136×?(14)
 
総発射数:ー
総撃墜数:14
10

Shahed-136×?(10)
総発射数:ー
総撃墜数:10
14

Shahed-136×?(13)
総発射数:ー
総撃墜数:13
16

Kh-101/Kh-555、Kalibr、Kh-59、Kh-31、Kh-22×76(60)、S-300×27発(0)
総発射数:103
総撃墜数:60
18

Shahed-136×35(30)
総発射数:35
総撃墜数:30
29

Shahed-136×?(11)、Kh-101/Kh-555、Kalibr、Kh-59、Kh-32、Kh-22×69(54)、S-300の攻撃に言及
総発射数:80
総撃墜数:65
30

Shahed-136×?(16)
総発射数:ー
総撃墜数:16
31
Kh-101/Kh-555とイスカンデルMを合わせて×20(12)
総発射数:20
総撃墜数:12
累計発射数×360以上/撃墜数×280 Shahed-136×99以上(94)、 巡航ミサイルや弾道ミサイル×261以上(186)
2023.01










01

Shahed-136×?(45)
総発射数:ー
総撃墜数:45
02

Shahed-136×?(39)、Kh-59×?(1)
総発射数:ー
総撃墜数:40
14

Kh-101/Kh-555とKalibr×23(18)、Kh-59×10(7)、Kh-22×5(0)、空軍は初めてKh-22は迎撃不可能で使用された計210発のKh-22を1発も撃ち落としたことはないと言及
総発射数:38
総撃墜数:30
23

Kh-59×?(2)
総発射数:ー
総撃墜数:2
26

Shahed-136×24(24)、Kh-101/Kh-555×40、Kalibr×9、Kh-59×4、キンジャール×2、※この内47を撃墜
総発射数:79
総撃墜数:71
累計発射数×204以上/撃墜数×183 Shahed-136×108以上(108)、 巡航ミサイルや弾道ミサイル×96以上(75)
2023.02










10

Shahed-136×27(25)、Kh-101/Kh-555とKalibr×71(61)、S-300×35(0)、空軍は手持ちの迎撃手段でS-300は迎撃不可能と再び言及
総発射数:133
総撃墜数:86
11

Shahed-136×?(4)
総発射数:ー
総撃墜数:4
16

Kh-101/Kh-555×12、Kalibr×8、Kh-59×2(2)、Kh-22×12(0)、※Kh-101/Kh-555とKalibrを14を撃墜
総発射数:34
総撃墜数:16
18

Kalibr×2(2)
総発射数:2
総撃墜数:2
27

Shahed-136×14(11)
総発射数:14
総撃墜数:11
累計発射数×187以上/撃墜数×119 Shahed-136×45以上(40)、 巡航ミサイルや弾道ミサイル×142(79)
2023.03


















01

Shahed-136×4(4)
総発射数:4
総撃墜数:4
06

Shahed-136×15(13)

総発射数:15
総撃墜数:13
08
Shahed-136×?(2)
総発射数:ー
総撃墜数:2
09

Shahed-136×8(4)、Kh-101/Kh-555×28、Kalibr×20、Kh-59×6(0)、Kh-31×2(0)、Kh-22×6(0)、キンジャール×6(0)、S-300×13(0)、※Kh-101/Kh-555とKalibrを34を撃墜
総発射数:89
総撃墜数:38
17

Shahed-136×16(11)

総発射数:16
総撃墜数:11
21

Shahed-136×21(16)、Kh-59×2(2)
総発射数:23
総撃墜数:18
21
Kh-59×2(2)

総発射数:2
総撃墜数:2
23

Shahed-136×13(12)
総発射数:13
総撃墜数:12
30

Shahed-136×10(9)
総発射数:10
総撃墜数:9
累計発射数×168以上/撃墜数×109 Shahed-136×89以上(71)、 巡航ミサイルや弾道ミサイル×79(38)
2023.04
















04

Shahed-136×17(14)
総発射数:17
総撃墜数:14
18
Shahed-136×?(6)
総発射数:ー
総撃墜数:6
19

Shahed-136×12(10)
総発射数:12
総撃墜数:10
20

Shahed-136×11(10)、隕石

総発射数:11
総撃墜数:10
21

Shahed-136×17(12)、空軍がパトリオットの国内運用が始まったことを発表
総発射数:17
総撃墜数:12
24

Shahed-136×?(6)

総発射数:ー
総撃墜数:6
28

Kh-101/Kh-555×23(21)
総発射数:23
総撃墜数:21
29
Shahed-136×?(2)
総発射数:ー
総撃墜数:2
累計発射数×94以上/撃墜数×81 Shahed-136×71以上(60)、 巡航ミサイルや弾道ミサイル×23(21)
2023.05
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

01

Kh-101/Kh-555×18(15)
総発射数:18
総撃墜数:15
03

Shahed-136×26(21)
総発射数:26
総撃墜数:21
04

Shahed-136×24(18)
総発射数:24
総撃墜数:18
05

Shahed-136×2(2)
総発射数:2
総撃墜数:2
06

Shahed-136×8(8)、キンジャール×1(1)、空軍がパトリオットシステムでキンジャールの撃墜を初報告
総発射数:9
総撃墜数:9
08

Shahed-136×35(35)
総発射数:35
総撃墜数:35
09
Shahed-136×3(3)、Kh-101/Kh-555×17(15)、Kalibr×8(8)
総発射数:28
総撃墜数:26
13

Shahed-136×21(17)
総発射数:21
総撃墜数:17
14
Shahed-136×?(22)、Kh-101/Kh-555×?(3)
総発射数:ー
総撃墜数:25
16

Shahed-136×6(6)、Kalibr×9(9)、キンジャール×6(6)、イスカンデルMとS-400×3(3)、初めて飛行プロファイルが異なる3つの兵器(極超音速ミサイル、弾道ミサイル、巡航ミサイル)を同時に撃墜
総発射数:24
総撃墜数:24
17

Shahed-136×2(2)、Kh-101/Kh-555×22(21)、Kalibr×6(6)、イスカンデルK×2(2)
総発射数:32
総撃墜数:31
19
Shahed-136×22(16)、Kalibr×6(3)
総発射数:28
総撃墜数:19
20

Shahed-136×24(24)
総発射数:24
総撃墜数:24
22

Shahed-136×20(20)、Kh-101/Kh-555×4(4)、Kh-22×5(0)、イスカンデルM×2(0)、S-300×5(0)
総発射数:36
総撃墜数:24
23
Shahed-136×6(6)
総発射数:6
総撃墜数:6
25

Shahed-136×36(36)
総発射数:36
総撃墜数:36
26

Shahed-136×31(23)、Kh-101/Kh-555×10(10)、S-300もしくはS-400×7(0)
総発射数:48
総撃墜数:33
28
Shahed-136×54(52)、1日に使用されたShahed-136の数としては最大
総発射数:54
総撃墜数:52
29

Shahed-136×35(29)、Kh-101/Kh-555×40(37)、イスカンデルMとイスカンデルK×11(11)
総発射数:86
総撃墜数:77
30

現在、キーウなどウクライナ中央地域がShahed-136で攻撃を受けている最中、、、

 
 
累計発射数×562以上/撃墜数×494 Shahed-136×377以上(340)、 巡航ミサイルや弾道ミサイル×185以上(154)
ロシア軍の総発射数:2,327発、ウクライナ軍の総迎撃数:1,875発

関連記事:反攻作戦に向けた準備と阻止、ウクライナ軍とロシア軍がミサイルで殴り合う
関連記事:露メディア、ウクライナ軍はSu-24でストーム・シャドウを運搬している
関連記事:ロシア軍のミサイル攻撃、ウクライナ軍が30発中29発を撃ち落とす
関連記事:ウクライナ諜報機関、制裁下にも関わらずロシアのミサイル生産量は増加
関連記事:ウクライナ軍がセヴァストポリを攻撃か、ロシア軍はバフムート市内で前進
関連記事:ウクライナ西部で大爆発、ロシア軍の攻撃が弾薬庫か物資集積拠点に着弾か
関連記事:ウクライナ東部での大爆発、1,800トン以上の期限切れ推進剤が誘爆か

 

※アイキャッチ画像の出典:Повітряні Сили ЗС України

タイ空軍はF-35Aの調達を米国に断られ、F-15EXとF-16Vを提示される前のページ

コソボでNATO部隊とセルビア人住民が衝突、兵士25人と住民52人が負傷次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍、HIMARSでメリトポリとアントノフスキー橋を再び攻撃

    メリトポリの工業地区に配備されたロシア軍部隊がHIMARSの攻撃を受け…

  2. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍、28日実施のバイラクタルTB2による攻撃シーンを公開

    ウクライナ軍のザルジュニー総司令官は28日、今度は首都近郊のIvank…

  3. ウクライナ戦況

    米軍のものより優れたウクライナ軍の砲兵システム、PzH2000への統合が完了

    イタリア陸軍で勤務経験をもつトーマス・タイナー氏は5日、ドイツとオラン…

  4. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍がリシチャンシクを解放したという噂、まだ視覚的裏付けはない

    ジャーナリストのニール・ハウアー氏は「リシチャンシクがウクライナ軍の管…

  5. ウクライナ戦況

    バフムートの戦い、ロシア軍がイワニフスキー北郊外で支配地域を拡大

    ウクライナ人が運営するDEEP STATEは13日、バフムート方面につ…

  6. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍が狙うバフムート奪還、ロシア人は南部での大規模作戦を予想

    ウクライナの主要人物が次々と「バフムート奪還」を公言する中、ロシア人ミ…

コメント

    • ズマ
    • 2023年 5月 30日

    ロシアがこれほどの空爆能力を持つということは中朝連合もかなりの空爆能力を持つと考えられる

    17
      • 名無しさん
      • 2023年 5月 30日

      たしかに中朝はロシアよりもミサイルを生産しやすい体制にあると思いますが、日本海・東シナ海を超えるレベルのミサイルを生産するのは簡単ではないと思いますよ。
      ロシアはあくまで陸続きのウクライナ相手にこれだけの攻撃をしていますが、西側から急遽防空システムを導入したウクライナに9割近く迎撃されてるのも事実です。

      日本は戦争が始まってから防空システムを整えるのではなくて、今のうちに粛々と準備しておきましょう。

      32
        •  
        • 2023年 5月 30日

        何度かここで記事になってるけどウクライナに弾道ミサイルの迎撃手段はほぼないから9割迎撃が事実ってことはないだろう
        発表だとそうなってるけど

        15
          • 2023年 5月 30日

          弾道ミサイルの迎撃手段はパトリオットがある。

          3
            •  
            • 2023年 5月 30日

            だからほぼないって書いてるし、ここの記事でもその話は何度も出てる通り配備はキエフに限定されてるらしいのが現状

            11
              •  
              • 2023年 5月 30日

              9割迎撃が嘘?

              決めつけとか
              情弱の始まりやん

              8
            • らっく
            • 2023年 5月 30日

            湾岸戦争おける「スカッド狩り」を覚えている人ならば、戦中に発表される迎撃率なるものに信用をおかないのも自然な反応かと。

            5
          • 匿名
          • 2023年 5月 30日

          >9割迎撃が事実ってことはないだろう
          あのねえ
          毎回思うのだけど、反論をするのであれば反論が成立する証拠を提示する必要があると思うんですよ。
          何を根拠に事実ではないと言い切れるのですか?その根拠はなに?
          Orixのように視覚情報や市民のSNS情報や被害報告を分析した結果ですか?
          貴方のやってる事は単なる印象操作と願望でしかない。

          20
          • 理想はこの翼では届かない
          • 2023年 5月 30日

          少し前までのウクライナ軍の発表では、迎撃不能なミサイルについては迎撃率の発表の対象外だったんですよ
          なので「20発中18発を迎撃」したけど、地上での爆発は9件報告されてたとかがあったのです
          「9割迎撃」を額面通りに捉えても意味はありません

          18
        • nachteule
        • 2023年 5月 30日

         簡単では無いってのはどうかな?今ウクライナに対して使用している長距離兵器で単純にロシア領土から日本へ届かない物は無い。日本海と東シナ海を越えると言う条件でS-300との迎撃弾が脱落するだけ。

         ウクライナは日本面積の1.6倍で日本は山がちな地形で住める所も限定されて人口すら倍以上だから、ウクライナよりはシビアな状態だと思うし、実戦経験してきた危機感と兵員の質とか考えたら状況がウクライナより厳しいと思うので粛々と準備って言っている時点で駄目だと思う。
         本気で迎撃態勢整えるならアイアンドームや機動性のある滞空機関砲搭載車両や地上発射型のA-SAM研究とか低速巡航ミサイル迎撃出来るぐらいのレーザー実用化、レーダー増強、コストが安い滞空航空プラットフォーム増強とか今のうちに道筋付けないと無理だよ。

        2
    • れんちゃ
    • 2023年 5月 30日

    あんまり戦略的に意味がないとこにもガンガン落としてるので…まあ癇癪のウサ晴らしみたいなのがメインなんでしょう。
    使いどころを考えないのは市民にとって迷惑なんだけど、ロシア軍にとっても迷惑だったりもするよね。
    何かをしたみたいなノルマ消化を大事にするってのはスターリン時代からの伝統。決まった時間に攻撃が行われる政治委員方式。

    9
      • ズマ
      • 2023年 5月 30日

      助攻や威力偵察、敵ミサイルの消耗、防空陣地の捜索ということも考えられる
      現ウクライナ空軍では、ストームシャドウ発射可能航空キャリアがスホーイ24Mしかないことを踏まえると今回のフメリニツキー州の空軍基地に対する攻撃は深刻かもしれない
      西側戦闘機か、もしくはストームシャドウクラスの弾薬を発射可能な航空機の入手が必要と思われる

      20
      • 匿名
      • 2023年 5月 30日

      これらのミサイルを前線の兵士の支援に使っていたら、ロシア軍ももっと被害が少なく楽だったでしょうね…。
      ハラスメント以外の効果がマジでない、ロシアのミサイルもシャヘド以外はかなり高価なので
      双方トータルで見たらウクライナの迎撃コストより高いのに…

      4
    • 58式素人
    • 2023年 5月 30日

    撃ち込まれたものと同数の仕返しは許されるのでは。
    ただし、的は選んで。
    パイプラインとエネルギー関連施設に集中したら、
    ロシアは輸出するものがなくなる(?)ような気もします。
    ロシアの都市部も干上がるような気もします。

    10
      • ズマ
      • 2023年 5月 30日

      いわゆる「衡平の原則」の基づく行為と推定される
      国際法違反行為に対する報復の条項と考えられる
      本来は関税などの経済行為に対するものだが、戦争も経済行為の一種と見れるだろう

      3
        • 58式素人
        • 2023年 5月 30日

        今は多分、ウクライナ側の一方的な貸しでしょうから、
        そろそろ回収(?)しても良いのでは、と思います。
        ハンガリーなど、エネルギーでロシアにぶら下がる国
        もありますから、様子を見ながら。

        10
      •  
      • 2023年 5月 30日

      それでノルドストリート爆破して大目玉くらったことを覚えてないのか
      未だにロシアの天然ガス漬けの欧州はそんなことされたら困るからそういう攻撃に使えるような兵器の供与を渋るんだ

      11
        • zeema4
        • 2023年 5月 30日

        ノルドストリームの件はロシアがやったやつでしょ。
        そもそもウクライナから遠いバルト海の海底で破壊工作するなんて装備も、それを支援する艦艇も貧弱なウクライナ海軍にはないし、爆破当時付近にロシア海軍の潜水艦救助用の支援艦が居たことがデンマーク海軍の巡視船に確認されてる時点でどう考えてもロシアがやった可能性の方が圧倒的に高い。

        6
      • sada
      • 2023年 5月 30日

      ロシアからウクライナを通り欧州に向かうパイプラインは健在で
      そこに発生する料金を今のところウクライナは受け取っていると言う話を聞きましたが
      やりますかねえ

      6
        • 58式素人
        • 2023年 5月 31日

        西欧に向かうロシア産のLNGが減少すれば、
        ウクライナのとって、パイプライン存続の意味はないのでは。
        報道では、その方向に進み痛あるようですから。
        先日の、ドイツ首相の発言もその方向では。
        困るのは、オーストリア/ハンガリーに纏まるのかな。
        他所で読んだ話では、ハンガリーは”友好”パイプライン
        にぶら下がり状態だとか。この分のウクライナへの歳入
        は、それほど大きくない様子ですね。

      • k.ziro
      • 2023年 5月 30日

      要塞シリーズでそんなルールありましたなあ
      あれは核兵器に関してだったけど

    • 2023年 5月 30日

    数だけ見ると凄いですね。ただこれ効果があるのでしょうか?湾岸やイラクではアメリカ軍は的確に敵の重要拠点を潰してましたがロシアの空爆はインフラは破壊してもウクライナ側に大ダメージを与えたという話はあまり聞かないのですが。ウクライナ側が秘匿している可能性もありますが。

    3
    • panda
    • 2023年 5月 30日

    パトリオットが配備されているキーウ周辺の防空システムは極めて有効に機能していますね
    それ以外の地域は特に弾道弾攻撃に対して脆弱なままなのが問題ですが

    7
    • sw
    • 2023年 5月 30日

    米の情報漏洩の件でロシアはウクライナの防空能力の枯渇にかけたんでしょうね
    今のところ当てが外れてる感じでしょうか

    1
      • A
      • 2023年 5月 30日

      イランの増産体制が軌道に乗ってきたのかもしれませんね。

      4
    • gepard
    • 2023年 5月 30日

    過去に例がないほどの密度の空爆はその内訳を見ると過半数はシャヘドドローンを使用したものであり、安価に量産可能なドローンが重要な役割を担っている実態がわかる。
    低速かつ低空を飛ぶため迎撃はさほど難しくない目標だが、レーダーに映りにくくウクライナ側は目視と聴音でこれを探知しているという。

    10
    • ダヴ
    • 2023年 5月 30日

    ・精度が低い上に対空ミサイル網が厳重なので前線での対地攻撃は限定的にならざるを得ない
    ・国境線からほど近い都市の固定目標ならなんとか狙える
    ・イランから安物のシャヘドをもらえる

    こういう状況を踏まえてのキーウ空襲なのでしょうが「空軍はようやっちょる」的なパフォーマンス感は否めないですね。昨年の9月から9ヶ月近くダラダラ続けているものの戦果は乏しいと言わざるを得ません。インフラ設備の攻撃は不十分に終わり、キーウ市民の士気もさほど落ちず、ウクライナの防空設備強化につながってしまいました。

    2
    • bbcorn22
    • 2023年 5月 30日

    ウクライナ側には 後方の基地や補給を叩くという明確な目標があって成果を上げてるが
    ロシア側は 相変わらずの腹いせ攻撃だな。
    戦局、特に前線には何の影響も与えない。
    ロシアには戦略も戦術もないな。

    3
      • ヒゲクマ
      • 2023年 5月 30日

      ウクライナはNATOの支援が潤沢で高品質な精密誘導ミサイルやスターリンクがあるけどロシアには高度な衛星システムやミサイルがないから狙いたくても狙えないんでしょうね そもそもロシアはソ連時代の地図を使っているとかいう話もあるし…

      3
    • qwerty
    • 2023年 5月 30日

    3月まではシャヘドとミサイルの割合が最大でも同じくらいなのに、4月からはシャヘドの半分くらいしかミサイルを打ってない。
    わざわざ節約するってことはロシアのミサイルも枯渇気味なのかも

    4
    • F
    • 2023年 5月 30日

    ここのところ書き込みするニューカマーも増えにぎやかになっていますが、管理人さんも懸念されている通りコメントのレベルダウンが著しいですね。
    軍事に知見のない素人の願望のようなコメントが多いように思います。そのようなコメントはノイズにしかならず、何の参考にもならないのでヤフコメででもやってもらいたいもんです。

    6
      • z33ma4
      • 2023年 5月 30日

      管理人さんが懸念してるのはそんなことではないと思う。
      暴言だったり、他人をレッテル張りして陰湿な攻撃をするようなユーザーを懸念してると思われ。
      自分と合わない人が居るからって締め出そうとするのはネット自体が向いてないと思う。

      17
    • paxai
    • 2023年 5月 30日

    これの答えはウクライナ軍がミサイルを「誤認」してるのでは?
    ロシア軍はデコイミサイルの投入を明言してて嘘ではないのだろう。なのにウクライナ軍の発表ではデコイの迎撃が無い。
    ただの空中発射無誘導ロケット弾をミサイルと認識してたりしない?

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  2. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  3. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  4. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  5. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
PAGE TOP