ウクライナ戦況

クピャンスク方面でロシア軍の動きが活発化、オスキル川沿いに南下?

ゼレンスキー大統領は21日の演説の中で「ロシア軍がクピャンスク方面で何を企んでいても敵を粉砕する」と言及、ロシア側情報源もロシア軍の前進を主張しており、前線の動き的に平穏だったクピャンスク方面で何かが起こっているのかもしれない。

参考:Зеленский: Продолжаются жесткие бои, но есть продвижение вперед

ロシア軍はオスキル川沿いに広がる森林地帯を突破して南下してきた可能性

前線の動き的に平穏だったクピャンスク方面でロシア軍の動きが活発化しており、ゼレンスキー大統領とロシア側情報源の言及がリンクしてきた。

ゼレンスキー大統領は21日の演説の中で「ロシア軍がクピャンスク方面で何を企んでいても敵を粉砕する」と言及、これが何を示唆しているのか不明だが、ロシア側情報源は「ロシア軍がオスキル川に南下してシンキフカを支配下に置き、ペトロパブリフカに迫っている。ウクライナ軍は予備戦力を投入してロシア軍の前進を食い止めようとしている」と主張している。

出典:GoogleMap クピャンスク周辺の戦況/管理人加工(クリックで拡大可能)

ロシア側情報源の主張は視覚的証拠ががないため信憑性に欠けるのだが、ゼレンスキー大統領がクピャンスク方面の動きに言及したので無視出来なくなってきた。

もしロシア側情報源の主張が事実なら「ロシア軍はオスキル川沿いに広がる森林地帯を突破して南下してきた」という意味で、中々興味深い動きといえるだろう。

関連記事:ウクライナ軍がクピャンスクで前線を押し戻し、バフムートでも状況を改善か
関連記事:ウクライナ侵攻353日目の戦況、ロシア軍がクピャンスク方面でも積極攻勢か

その他の動き

南ドネツクで前線の大きな動きは観測されていないが、ウクライナ軍がリヴノピリ方向に進もうとしてロシア軍に撃退された様子=Ⓐが登場した。

リヴノピリを起点にした高地の突出部の守りは非常に強固で、ロシア軍は高地からモクリ・ヤリー川沿いの拠点へ反撃を行っており、ウクライナ軍がマカリフカからスタロマイオルズキーへ向う障害になっている。

ウクライナ軍がモクリ・ヤリー川沿いに進むならリヴノピリを先に潰しておきたいところだが、力押しでスタロマイオルズキーを奪えばリヴノピリは孤立するため、無視して南下するという選択も無くはない。

出典:GoogleMap 南ドネツクの戦況/管理人加工(クリックで拡大可能)

どちらにしても大規模な攻勢は行われていないため、前線を大きく書き換えるような動きは当分起こらないだろう。

因みにクリミアとヘルソン州をつなぐ橋(Chongar Bridge)をウクライナ軍が攻撃したが、橋を完全に破壊するには至っていない。

関連記事:ゼレンスキー大統領、反攻作戦はハリウッド映画ではないと訴える
関連記事:ウクライナ国防相、ハルキウのように反攻作戦が進むと期待しないで欲しい
関連記事:ウクライナ軍、敵が簡単に諦めて引き下がらないことを理解すべき
関連記事:ウクライナの反攻作戦、ハルキウやヘルソンほどの成功は見込めない

 

※アイキャッチ画像の出典:Сухопутні війська ЗС України

F-35向け新型エンジン、議会に続きロッキード・マーティンもAETPを支持前のページ

イスラエルメディア、メルカバが売却される欧州の国はキプロス次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    ウクライナが新たに手に入れた武器、レズニコフ国防相の意味深な発言

    ウクライナのレズニコフ国防相は16日、新たに155mm砲、HIMARS…

  2. ウクライナ戦況

    ゼレンスキー大統領、初めてザルニジー交代や戦争戦略の変更について言及

    ゼレンスキー大統領はイタリアメディアに対して「地上戦は膠着状態に陥った…

  3. ウクライナ戦況

    アウディーイウカは危機的状況、北東市内に侵入したロシア軍が足場を築く

    ウクライナ人が運営するDEEP STATEは5日、危機的なアウディーイ…

  4. ウクライナ戦況

    ロシア軍がミサイルでキーウ近郊を攻撃、ウクライナ軍の防空システムが作動

    クレバ知事はロシア軍がキーウ近郊のヴィーシュホロド地区に向けてミサイル…

  5. ウクライナ戦況

    反攻作戦の進展が遅い原因、ウクライナ軍の作戦スキルが不足しているため

    西側諸国の安全保障や軍事分野のアナリスト達はウクライナ軍の反攻作戦が行…

コメント

    • mun
    • 2023年 6月 22日

    以前よりロシア軍はクピャンスク方面に大兵力を配置していました
    そのわりにこの方面ではあまり強い攻勢はなく
    何を企図しているのか不気味な感じはしていましたね

    もともとロシア軍はかつて占領していたイジューム方面と
    最近一応は支配下に置いたバフムート方面で挟み込むように
    南北から挟み撃ちにしてドネツク州北部を取ろうとしていると言われていました
    イジュームを失ったので、この計画は破綻したと思われていましたが
    もしかすると、ロシア軍の方針は変わっていないという事なのかも知れませんね

    ロシア的には一応バフムートを取ったという事になっていると思いますので
    次はクピャンスク方面からイジュームまでもう一度奪い返して
    当初の計画通りドネツク州を切り取ろうという事なのではないでしょうか

    ただし、これを実行する余力が今あるのかというとかなり怪しいと思います
    ウクライナ軍の南部での攻勢の勢いを削ぐための攻撃
    という程度に留まると見ていますが、果たして

    21
      • 名無し
      • 2023年 6月 22日

      戦力分散を図ってるのか、
      あるいは当初からウクライナの南部反攻に乗じてクピャンスクで攻勢に出る計画だったか、
      読めないですね。

      全面的な攻勢に出られるほど余力があるとは自分も思えないけど、どうだろう。
      あるいはこの方面の部隊だけは温存されていたか。

      3
        •  
        • 2023年 6月 22日

        クピャンスクが落ちれば
        スパトボ、クレミンナ方面のウクライナ軍に支障が生じる
        クレミンナ方面が落ちてリマンまでロシア軍が進軍できれば

        いよいよ、バフムートを支配してる事の戦略的価値が生きてくる

        22
          • 名無し3
          • 2023年 6月 22日

          なんか嬉しそうですね

          14
            • 匿名さん
            • 2023年 6月 22日

            たしかに、そう見えますね。

            5
              • スイカ太郎
              • 2023年 6月 22日

              イライラし過ぎ

              親ロは嫌いだけど、多少不利だからって過剰反応する親ウも同じぐらい嫌い

              46
          • class
          • 2023年 6月 22日

          リマンを取ってもバフムトから見ればドネツ川の向こう側なんで、さらに第二次ドネツ川の戦いに勝たないとそんなに影響ないんじゃないですかね
          そもそも昨年リマンからスラビャンスク方面の進撃は行われなかったですし…
          それより河南のシヴェルシクの方がよほど価値あるんじゃいですかね(実際ビロホリフカで攻勢してますし)

          3
          • 6b49
          • 2023年 6月 22日

          クレミンナ方面でもロシア軍は攻勢に出たみたいですが、ウクライナ軍に撃退されていますね。

          リンク

          2
      • class
      • 2023年 6月 22日

      南部をロシアがガチガチに固めたように、東部でもウクライナはオスキル川のラインを固めてるでしょうね
      あとクピャンスクやリマンはともかくイジュームはもう前線から50kmは離れているので…

      9
    • gepard
    • 2023年 6月 22日

    ウクライナの南部攻勢が現地の予備兵力で対応可能と判定したのだろうか。若しくは攻勢の気をそらすための陽動作戦だろうか。いずれにせよオスキル川を南下する攻勢軸がクピヤンスクに到達するまで継続するのか注視したい。

    クリミア方面の橋への攻撃は今頃になってようやく行われたのかという感想だ。
    恐らくこれまでも攻撃してきたのだがロシアの濃密な防空網に阻まれて来たのだろう。ウクライナの後方打撃能力の欠如が反攻作戦を大いに阻んでいるのは間違いない。

    10
      • くらうん
      • 2023年 6月 22日

      Chongar橋はクリミアヘルソン間の唯一のチョークポイントだから、当然ロシア軍も防空体制をがっちり敷いてたでしょうね。
      出回っている橋の損壊具合を見てももっと撃ち込んでないとすぐに補修できるレベルで中途半端な印象。
      ロシアは予想外の場所への攻撃に対して後手に回ることが多いものの、「来る」とわかっている場所への攻撃にはきっちり対処してきますね。
      また最近ではミサイルに必要な西側半導体の入手量は戦争以前の水準に戻ってきた(迂回しまくっているから相当な高値ではある)とのことで、ミサイルの枯渇は当面望めそうにない。
      この反攻作戦の成否にかかわらず、ウクライナは砲弾薬とミサイルを安定的に生産or調達するメドを早急に立たせないといけないでしょうね。

      12
    • Easy
    • 2023年 6月 22日

    ウクライナ側が呑気に「戦力再編と戦術の検討をする」なんて言ったら、当然ロシア側はその隙を突いてカウンターを打つわけですね。
    作戦としては珍しくは無いですが、教科書通りにすべきことをしている、という感じです。
    訳の分からない作戦が頻発していた1年目に比べて、ロシア側の成長が窺えますね。

    28
    • ミカ
    • 2023年 6月 22日

    これは予想通りというかウクライナの南部攻勢中にロシアもどこかで仕掛けると小泉先生も言ってました。
    ただ仕掛けるタイミングが早い気もしますね。
    まだウクライナも攻勢用戦力を全力投入してないので対応できる余裕がある。

    5
      • Easy
      • 2023年 6月 22日

      いや、仕掛けるならこのタイミングでしょう。
      敵の予備兵力がどこに投入されるか分からなくて困るなら、こっちから敵が予備兵力を投入せざるを得ない状況を作って敵の予備を呼び寄せれば良いんですよ。
      ウクライナとしては「南部の8集落を奪還!反攻は順調!」と宣伝していた以上、ここでロシアに中堅都市を奪われてロシア国旗なんて立てられた日にはメンツ丸潰れですから。無視するわけには行かないでしょう。

      26
        • 朴秀
        • 2023年 6月 22日

        カウンターを誘ってロシアの戦力を削り取る作戦かもしれませんぜ
        防御陣地に籠った相手よりも攻撃を仕掛けてきた相手の方が削りやすいのは確かですし

        8
    • TKT
    • 2023年 6月 22日

    まあザポロジェ州方面でのウクライナ軍の西側装備を使った反攻作戦はすでにだいたい終わった、一段落した、と判断して、だったらまたクピヤンスク攻略作戦でも再開するか‥、みたいな感じなのかもしれませんね・・。

    クピヤンスクの北を偵察した結果、現地の司令官が
    「なんかすぐいけそう・・」
    と判断したのかもしれません。何か新しい情報が現地のロシア軍司令部に入った可能性もあります。

    17
      • ポンポコ
      • 2023年 6月 22日

      私も同意見です。

      クピャンスク方面で、ロシア軍が少し前進していますね。

      プーチンもテレビで「ウクライナ軍の(南部の)攻勢は小康状態になっている」と言っていますが、ロシア側は、ウクライナ軍の攻撃はまあまあ安心と判断したのかもしれません。それで攻勢を再開したのでしょう。

      ただ、南部ではまだ、ウクライナ軍の攻勢は続いていますね。新たな旅団の投入ではなく、最初の攻撃で損害を受けた旅団にわりと軽い装備で突撃させて、突破ですることでなく、警戒陣地の維持を命じているようです。

      クリミアとへルソンを結ぶチョンガルスキー橋への攻撃ですが、補給路への攻撃としてはなかなか有効な場所だと思います。

      ウクライナ側は、南部の総反撃がうまくいかないので、このように、いろいろな搦め手の攻撃を仕掛けてくるはずです。

      この戦争を観察しているとウクライナ側には、なんでもありのやり方が垣間見られるので、こんな攻撃以上に、何か思いがけないことが起こるかもしれませんね。

      6
    • 朴秀
    • 2023年 6月 22日

    写真格好良いっすね

    4
    • x
    • 2023年 6月 22日

    1ヶ月前と支配領域ほとんど変わっていない衝撃

    7
    • AAA
    • 2023年 6月 22日

    南部のウクライナ軍の攻撃が他の戦線での反攻を欺瞞するための陽動ではなく
    本気でクリミアを遮断しにきていると判断したんだろうな

    3
      • ポンポコ
      • 2023年 6月 22日

      おっしゃる通り、ロシア側は、今回のウクライナの南部攻勢がクリミアを遮断する本気の攻撃だと認識していたようです。

      しかし、最初の攻撃が第一防御線まで届かず、わりとあっけなかったので、ロシア側はとりあえず一安心したようですね。

      14
    • ため息
    • 2023年 6月 22日

    ロシアからすると「戦後」のことを考えればクピャンスクとリマンは
    絶対に最奪還が必要です。クピャンスクを再奪還すれば、オスキル川
    以東での長期的な防衛が容易になるからです。ここはハルキウ州で
    ロシアのドンバス解放の大義にはズレてますがまあ、、、ロシアだし。

    クレミンナ・リマン方面でもロシア側が攻勢に出ているようです。
    リマンは前年の大失態によってウクライナに奪還されましたが、
    シベルスク攻略、長期的にスリャビンスク・クラマトルスク攻略には
    最奪還は必須です。リマン・シベルスクを攻略すれば鉄道の兵站が
    つながり、ドネツク全域の攻略が見えてくるというところでしょうか。

    個人的には、8月からのワグネル投入はシベルスクかリマンだと考えて
    います。アウディーイウカの可能性もありますがハルキウはないです。

    6
    • 2023年 6月 23日

    米国防当局者と他の複数の西側当局者はCNNに対し、進行中のウクライナ攻勢は「どの戦線でも期待に応えていない」と述べ、ロシア軍は広範囲の地雷原を備えた十分に強化された防衛線を利用しながら、より「有能に」作戦を遂行し始めていると語った。極めて効果的な方法で空軍力と砲兵の支援と並行してウクライナ軍の装甲を行き詰まり、重大な損失をもたらした。

    支援切られるな

    10
      • KNOB CREEK
      • 2023年 6月 23日

      最新記事であなたの主張否定されてませっせ

      10
      • うすげ
      • 2023年 6月 23日

      また君か壊れるなぁ

      1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  2. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  3. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  4. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  5. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
PAGE TOP