ウクライナ戦況

トルコ、HIMARSのGMLRS弾に相当するロケット弾をウクライナに供給???

英国のMiddle East Eyeは23日「トルコがウクライナにHIMARSのGMLRS弾に相当するレーザー誘導ロケット弾『TRLG-230』を供給していた」と報じているが、視覚的な証拠がないので事実がどうかは謎だ。

参考:Turkey supplied laser-guided missiles to Ukraine

SNS上に登場した動画もウクライナ軍のものなのか確認出来ないため、本当にトルコがTRLG-230弾を供給したのか確証がない

軍事アナリストが運営する「Oryx」は今月21日「トルコがウクライナにレーザー誘導ロケット弾『TRLG-230』を供給している」と報告したが、オフィシャルな発表や視覚的な証拠がないので事実かどうか怪しんでいたが、英国のMiddle East Eye(MEE)が同問題に詳しいという関係者の話を引用して「トルコがTRLG-230をウクライナに50発~200発供給している」と報じたため、この話は急速に拡散している。

トルコのRoketsanが開発したレーザー誘導ロケット弾「TRLG-230」は最大70km先の目標をGPS誘導で精密攻撃することができ、TB2に内蔵されたレーザー照準器などと組み合わせるとTRLG-230弾(≦2m)はGMLRS弾(≦5m)を上回る命中精度を誇り、Roketsan製の多連装ロケットシステム「MBRL」を使用して運用される。

要するに米国製のHIMARSとGMLRS弾に相当するシステムと弾薬をトルコがウクライナへ提供していたという話なのだが、同タイミングでSNS上に登場した動画もウクライナ軍のものなのか確認出来ないため、この話が真実かどうかは本当に謎だ。

まぁ「○○が○○を提供していた」という確認されていない話(否定しているのではなく検証不可能という意味)は幾つもあるので、暫く様子を見た方がいいだろう。

関連記事:インドネシア、トルコから多連装ロケットシステムで使用する弾道ミサイルを導入

 

※アイキャッチ画像の出典:Roketsan

米海軍、対潜魚雷を40マイル先に運搬するHAAWCの初期作戦能力を宣言前のページ

英海軍もハープーンの後継にNaval Strike Missile導入を決定次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    疑惑のハンガリー、ロシアのウクライナ侵攻に協力で旧領復活を期待?

    ウクライナ国防安保委員会のオレクシー・ダニロフ氏は2日、ハンガリーはロ…

  2. ウクライナ戦況

    ザポリージャ州の戦い、ウクライナ軍がロボーティネ集落内の中心部に到達

    ウクライナ軍の戦車と歩兵戦闘車がロボーティネ集落内の中心部に到達したこ…

  3. ウクライナ戦況

    ポーランド領にミサイル2発が着弾、モラヴィエツキ首相が緊急閣僚会議を召集中

    ロシア軍は15日午後に100発以上の巡航ミサイルや自爆型無人機でウクラ…

  4. ウクライナ戦況

    ロシア軍の前進が止まらない東部戦線、南からもバフムートへ迫る

    ロシア軍の前進を阻止してきたルハンスキーが7月末に陥落、ここ起点にロシ…

  5. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍の反攻、ムィコラーイウ州のロシア軍をほぼ駆逐

    ウクライナ軍はムィコラーイウ州のロシア軍をほぼ駆逐することに成功、ヘル…

コメント

    • せい
    • 2022年 11月 25日

    TB2の価値は鰻登りだなぁ。
    まあこういう観測機器的な使い方の方が本来のドローンの運用方ぽいけど。
    衛星に頼らず精密射撃できるのは強い。

    31
    • 2022年 11月 25日

    弾頭重量が半分で弾体の直系が少し大きくて70キロの射程は、おかしいだろう?

    150キロの新型を引き渡しているのではないのか?

    1
      • 名無しさん
      • 2022年 11月 26日

      TRLG-230の重量は210kgと、GMLRSの296kgより80kg以上軽量で、
      弾頭重量差(48kg)を踏まえても搭載ロケット燃料に結構な差があると思われるので、
      70kmと言うのは妥当かと。

      トルコとしては、GMLRSは射程はちょうどいいけど、
      命中精度に対して威力がありすぎるという認識なのかもしれない。

      1
    • kitty
    • 2022年 11月 25日

    ソースのTwitterタイムライン見てたら、こんなネタがw。
    リンク
    ちょっとウクライナさんそれ拾って使うんですか…。

    1
      • きっど
      • 2022年 11月 25日

      そりゃT-62は纏まった数が鹵獲されていますし、ウクライナ軍は人は居ても装備の方は不足しているのですから、使える物は全部使うでしょうね
      T-90Mも戦列に加えていますし

      1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  2. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  3. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  4. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  5. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
PAGE TOP