インド太平洋関連

インドネシア、トルコから多連装ロケットシステムで使用する弾道ミサイルを導入

トルコのRoketsanは5日「インドネシアから戦術弾道ミサイルKHANの受注を獲得した」と発表、Roketsan製の多連装ロケットシステム「MBRL」で使用されるKHANはHIMARSで使用するATACMSに相当する。

参考:Türkiye to export long-range artillery missile Khan to Indonesia
参考:Indo Defence 2022: India secures first contract for naval guns with Indonesia

インドネシアがATACMSに相当するKHANをどこで使用する想定で導入するのかは謎だ

トルコのRoketsanが開発した戦術弾道ミサイル「KHAN」はトルコ軍向け「BORA(射程780km)」の輸出バージョンで、ミサイル技術管理レジーム(MTCR)の規制をクリアするため射程は280km制限されているが、それ以外部分はオリジナルのBoraと同一の性能(そもそも性能に関する情報が少ないので良く分かっていない)を備えている。

KHAN/BORAはRoketsan製の多連装ロケットシステム「MBRL」から発射可能なので「HIMARSで使用するATACMSに相当するミサイル」とも言えるが、インドネシアがKHANをどこで使用する想定で導入するのかは謎だ。

トルコとインドネシアは多層式防空網の中距離と長距離のシステムについても「合意(何を合意したのかは不明)」したと報じられており、国産のHİSAR-BやHİSAR-Uの供給で合意した可能性がある。

出典:ASELSAN HİSAR/ヒサール

HİSAR/ヒサールと呼ばれるトルコ製防空システム群は15kmまでの空域をカバーする近距離の防空システムHİSAR-A(一部は廃止されHİSAR-Bに統合予定)、25kmまでの空域をカバーする中距離のHİSAR-Bまでを実用化、2025年頃までに弾道ミサイルの終末迎撃にも対応した長距離の防空システムHİSAR-Uの開発を終え、国産VLSを搭載するイスタンブール級フリゲート(3,000トン)や建造計画が進むTF2000級駆逐艦(7,000トン)への搭載も予定されている。

因みにインドのLarsen&Toubroはインドネシアから40mm艦砲「Teevra40(40mm/L70NATO弾を使用)」の受注を獲得、これでインドは2ヶ国への武器輸出を成功(初輸出はフィリピンへのブラモス)させたことになる。

関連記事:トルコ、新たに開発した短距離弾道ミサイル「TAYFUN」の試射に成功
関連記事:武器輸出を推進するインド、アルメニアから多連装ロケットシステムを受注

 

※アイキャッチ画像の出典:Roketsan

珠海航空ショー、対艦弾道ミサイル「CM-401」の空中発射バージョンが登場前のページ

米国がウクライナへの戦車提供を発表、オランダと共同で改修したT-72Bを90輌提供次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    XLUUV開発の遅れを挽回したい豪海軍、3年でプロトタイプ完成を狙う

    豪海軍は無人化技術に定評のある米防衛産業企業「Anduril」と組むこ…

  2. インド太平洋関連

    韓国、国産化に成功した赤外線誘導ミサイル妨害装置の海外輸出に期待

    韓国の国防科学研究所とハンファシステムは9日、開発・小型化に成功した「…

  3. インド太平洋関連

    インドとの協定に調印したフィリピン、超音速対艦ミサイル「ブラモス」導入に向けて前進

    インドとの防衛装備品調達に関する調印式に出席したデルフィン・ロレンザー…

  4. インド太平洋関連

    タイ海軍のコルベットが深夜にタイランド湾で沈没、31人が行方不明

    タイ海軍のラッタナーコーシン級コルベットの2番艦「スコータイ」が18日…

  5. インド太平洋関連

    ロッキード・マーティン、タイ空軍のF-35A調達話は公式のものではない

    ロッキード・マーティンの関係者は「タイ空軍がF-35Aに関心を示してい…

  6. インド太平洋関連

    オーストラリア、今後20年間でミサイルや誘導兵器の開発・調達に8.4兆円を投資

    オーストラリアメディアは30日、独自の誘導ミサイルを国内で生産するため…

コメント

    • ブルーピーコック
    • 2022年 11月 05日

    ボラは寒くなってくると脂を貯めて美味しくなるからな。

    それはそれとして、インドネシアがどこに向けるために買うのか分からないという管理人さんの疑問は分かる。射程280kmだとオーストラリアには届かず、フィリピンにはパラワン島にしか届かない。残るはマレーシア、シンガポール、パプアニューギニアくらいだが、やはりパプアニューギニアか?分離独立の紛争中だし。

    3
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  2. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  3. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  4. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  5. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
PAGE TOP