インド太平洋関連

インドネシア、トルコから多連装ロケットシステムで使用する弾道ミサイルを導入

トルコのRoketsanは5日「インドネシアから戦術弾道ミサイルKHANの受注を獲得した」と発表、Roketsan製の多連装ロケットシステム「MBRL」で使用されるKHANはHIMARSで使用するATACMSに相当する。

参考:Türkiye to export long-range artillery missile Khan to Indonesia
参考:Indo Defence 2022: India secures first contract for naval guns with Indonesia

インドネシアがATACMSに相当するKHANをどこで使用する想定で導入するのかは謎だ

トルコのRoketsanが開発した戦術弾道ミサイル「KHAN」はトルコ軍向け「BORA(射程780km)」の輸出バージョンで、ミサイル技術管理レジーム(MTCR)の規制をクリアするため射程は280km制限されているが、それ以外部分はオリジナルのBoraと同一の性能(そもそも性能に関する情報が少ないので良く分かっていない)を備えている。

KHAN/BORAはRoketsan製の多連装ロケットシステム「MBRL」から発射可能なので「HIMARSで使用するATACMSに相当するミサイル」とも言えるが、インドネシアがKHANをどこで使用する想定で導入するのかは謎だ。

トルコとインドネシアは多層式防空網の中距離と長距離のシステムについても「合意(何を合意したのかは不明)」したと報じられており、国産のHİSAR-BやHİSAR-Uの供給で合意した可能性がある。

出典:ASELSAN HİSAR/ヒサール

HİSAR/ヒサールと呼ばれるトルコ製防空システム群は15kmまでの空域をカバーする近距離の防空システムHİSAR-A(一部は廃止されHİSAR-Bに統合予定)、25kmまでの空域をカバーする中距離のHİSAR-Bまでを実用化、2025年頃までに弾道ミサイルの終末迎撃にも対応した長距離の防空システムHİSAR-Uの開発を終え、国産VLSを搭載するイスタンブール級フリゲート(3,000トン)や建造計画が進むTF2000級駆逐艦(7,000トン)への搭載も予定されている。

因みにインドのLarsen&Toubroはインドネシアから40mm艦砲「Teevra40(40mm/L70NATO弾を使用)」の受注を獲得、これでインドは2ヶ国への武器輸出を成功(初輸出はフィリピンへのブラモス)させたことになる。

関連記事:トルコ、新たに開発した短距離弾道ミサイル「TAYFUN」の試射に成功
関連記事:武器輸出を推進するインド、アルメニアから多連装ロケットシステムを受注

 

※アイキャッチ画像の出典:Roketsan

珠海航空ショー、対艦弾道ミサイル「CM-401」の空中発射バージョンが登場前のページ

米国がウクライナへの戦車提供を発表、オランダと共同で改修したT-72Bを90輌提供次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    インド、露イスカンデルと同じ迎撃回避能力を備えた弾道ミサイルの試射に成功

    インドの国防研究開発機構(DRDO)は22日、ロシアのイスカンデルや中…

  2. インド太平洋関連

    そうりゅう型潜水艦が豪州入札で敗れた「フランス新型潜水艦」の問題点

    シュフラン級原子力潜水艦は、現在、フランス海軍が運用中のリュビ級原子力…

  3. インド太平洋関連

    中国包囲網構築に影響も? インドと中国が国境地域からの戦力の撤収を準備中

    中国国防省は10日、インドと軍事的対立が発生しているラダック地域のパン…

  4. インド太平洋関連

    大韓航空、韓国軍から有人機とチーミング可能な無人戦闘機の開発を受注

    韓国の国防科学研究所(ADD)は「有人戦闘機とチーミング可能な無人戦闘…

  5. インド太平洋関連

    アフガニスタンとベトナムの類似性を否定するバイデン大統領、サイゴン撤退の再現だと主張するメディア

    アフガニスタン政府は陸路よるアクセスを失った地域や州都への補給や増援の…

  6. インド太平洋関連

    F-22の設計に携わった天才韓国人、米軍事技術を不正流出させた罪で起訴

    米国の第5世代戦闘機F-22Aの武器制御システムの設計責任者を務め「天…

コメント

    • ブルーピーコック
    • 2022年 11月 05日

    ボラは寒くなってくると脂を貯めて美味しくなるからな。

    それはそれとして、インドネシアがどこに向けるために買うのか分からないという管理人さんの疑問は分かる。射程280kmだとオーストラリアには届かず、フィリピンにはパラワン島にしか届かない。残るはマレーシア、シンガポール、パプアニューギニアくらいだが、やはりパプアニューギニアか?分離独立の紛争中だし。

    3
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  2. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  3. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  4. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  5. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
PAGE TOP