ウクライナ戦況

ウクライナ国防省、ロシア国家親衛隊による軍関係者の逮捕が始まった

ウクライナ国防省情報総局は8日、国家親衛隊の精鋭と知られるジェルジンスキー師団(独立作戦任務師団)が首都モスクワに入り「軍関係者を逮捕している」と明かした。

参考:Головне управління розвідки Міністерства оборони України

国家親衛隊は何のために軍関係者を逮捕しているのだろうか?

プーチン大統領が2016年に創設した「ロシア国家親衛隊(前身は内務省直轄の国内軍)」は連邦軍の指揮系統から独立した「大統領直轄の作戦部隊」で、ウクライナ国防省情報総局は「国家親衛隊の精鋭として知られるジェルジンスキー師団(独立作戦任務師団)が首都モスクワに入り、警察と一緒に市内を移動して軍関係者を逮捕している。モスクワ周辺の全部隊も厳戒体制だ」と明かしている。

出典:kremlin.ru /CC BY4.0 ビクトル・ゾロトフ国家親衛隊司令官

ただロシアメディアは国家親衛隊のモスクワ入りを報じておらず、仮に情報総局の話が本当だったとしても国家親衛隊は何のために軍関係者を逮捕しているのだろうか?

因みに情報総局は「モスクワ中心部の交通は遮断されている」とも明かしている。

追記:復旧したクリミア大橋で行われた走行テストのシーンで、ロシアはクリミア大橋の復旧を終えて旅客・貨物列車の運行を再開(9日朝までに12本の列車がクリミア大橋を通過するらしい)させた。

関連記事:ロシア、初めて「ウクライナ侵攻が予定通り進んでいない」と認める

 

※アイキャッチ画像の出典:Головне управління розвідки Міністерства оборони України

鉄道輸送に依存するロシア軍、クリミア大橋の損傷がもたらす影響前のページ

クレムリンを支持する人々、巨額な賠償金支払いを避けるには勝利するしかない次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    セベロドネツクで戦うウクライナ軍、最後の橋を失い補給路を失う

    セベロドネツクとリシチャンシクと繋ぐ「最後の橋」をロシア軍が破壊、ウク…

  2. ウクライナ戦況

    ウクライナ外務省、ザルジニー英国大使の派遣にアグレマンを要請

    ウクライナ外務省は7日「大統領がザルジニー氏を英国大使の候補として承認…

  3. ウクライナ戦況

    ドネツク西郊外の戦い、ノボミハイリフカを守るウクライナ軍の状況が悪化

    ドネツク西郊外方面ではウクライナ軍が守るノボミハイリフカの状況が悪化し…

  4. ウクライナ戦況

    ロシア軍部隊の一部がドネツ川の渡河に成功、ウクライナ軍と交戦中

    ルハーンシク州知事のガイダイ氏は9日、ロシア軍がドネツ川の渡河に成功し…

  5. ウクライナ戦況

    英メディア、ロシアはモルドバを手に入れるため準備していると警告

    英国のTimes紙はウクライナ軍関係者や王立防衛安全保障研究所(RUS…

  6. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍参謀本部、国内外のメディアが問題視したフメニュク大佐を解任

    国内外のメディア関係者らは「ロシアが犯した戦争犯罪の取材を妨害する」「…

コメント

    • パセリ
    • 2022年 10月 09日

    こういうのの相場はクーデター対策だけどどうなんだろ
    何にせよ、軍部の中央がいきなり減れば混乱が生じるから問題無いけど

    57
      • 7743
      • 2022年 10月 09日

      敗戦の責任追及、軍内部での横領疑惑、クーデター未遂疑惑、国家親衛隊との権力争い、クリミア大橋爆破事件の犯人捜し、プーチンの錯乱・・・

      ロシアの軍人にとっては濡れ衣含めて、逮捕される心当たりがありすぎて疑心暗鬼の塊になっていそうですね。
      こんな状況では戦争に専念することも難しそうです。
      督戦隊は一般兵を後ろから撃つものですが、軍の上層部も背中から撃たれるのが実にロシア的ですね。

      41
    • モンパ
    • 2022年 10月 09日

    ロシアの内部崩壊が始まった?

    33
    • ダヴー
    • 2022年 10月 09日

    戦争の劣勢が隠しおおせなくなったので、
    ゲラシモフやシェイグがウクライナや西側に内通していて、故意に軍を負けさせた、とか言って敗戦の責任を押し付ける気ですかね。

    47
    • 猫ちゃん
    • 2022年 10月 09日

    国家親衛隊の精鋭というだけでろくでもない連中なんだろなという気になっちゃうね

    85
    • zerotester
    • 2022年 10月 09日

    軍による暗殺計画的なものがあったとか? ヒトラーが軍の高官たちが企てた暗殺計画で死にかけたことは有名ですが。
    あるいは単に、最近の作戦や動員の失敗を誰かに被せるためのものでしょうか。
    いずれにしても、ロシアの軍部が動揺するのはウクライナ側にとってはメリットでしょう。

    43
    • samo
    • 2022年 10月 09日

    ロクでもないことが始まっていることだけは確か

    57
    • ミリオタの猫
    • 2022年 10月 09日

    個人的には、これはプーチンがクーデターを恐れているよりも、直前に起きたクリミア大橋爆破の関係者が軍内部に居て、それ等を拘束・取り調べる為に国家親衛隊が動いた可能性を検討すべきかも知れません
    クリミア大橋爆破では、爆破に使用されたと見られる大型トレーラーが検問で検査を受ける風景が公開されていて、その警備がおざなりだったと言う指摘が有るのですが、もしかすると警備関係者の中に爆破実行犯のメンバーか協力者が居たのかも知れません
    それが反プーチン派のメンバーなのか、単に金に釣られたり弱みを握られて協力者になったのかは不明ですが

    41
    • おわふ
    • 2022年 10月 09日

    クーデター防止ですかね。
    キナ臭くなってきました。
    軍部もプーチンには、ウンザリでしょう。
    やらなければやられるという状況になって反乱となれば、プーチン政権崩壊もあるかも。

    38
    • general
    • 2022年 10月 09日

    大粛清2.0始まった?また軍が割を食ってるようだ。

    27
    • nanashi
    • 2022年 10月 09日

    やはり真っ先に思い浮かぶのはクーデター阻止ですよね。
    まさか核撃つのに邪魔な軍内部の反対派を取り締まってるとかじゃないだろうな…

    44
    • 折口
    • 2022年 10月 09日

    パト2なのか……?
    旧内務省系の国家親衛軍と国防軍は元々わだかまりがありましたし、この戦争で参謀本部の下で動いていた内務省系の部隊は大勢無駄死にしているので、旗色が悪くなってきなのを幸いと見て軍部に報復する動きがあっても驚きはしませんね。都合いいことにロシアには反国家的な行いで容疑者を拘束できる法律がいくつもあり、その気になれば将軍も逮捕できるでしょう。本土決戦を控えて内部抗争を激化させていた旧陸海軍と同じノリですな。

    22
      • 月虹
      • 2022年 10月 09日

      戦前のドイツもヒトラーが軍部の裏切りを警戒して設立した武装親衛隊とドイツ国防軍の対立が問題になりましたね。
      武装親衛隊はヒトラー直属の軍隊なので新型戦車であるパンターやティーガー、携行火器としてMP40やMG42といった性能のよい兵器を優先的に供与されていたことや同じ戦場での指揮を巡っての対立などその溝は深かった様です。国防軍から見ると親衛隊は「ヒトラーの私兵」として後から設立されたのに何で自分たちより質の良い武器が供給されるんだといった感情なのでしょう。

      現在のロシア軍は2008年にセルジュコフ国防相による軍改革により①兵力を削減(113万4千人の兵力を100万人へ、将校は35万5千人から15万人へ)する代わりに全軍を常時即応部隊とする、②4階層の指揮系統(「軍管区-軍-師団-連隊」)を「師団-連隊」の部分を旅団に集約して3階層として命令伝達の効率化を見込む、③兵站も兵士自らが行ってきた給食・洗濯・入浴などの業務を民営化し、コスト削減や兵士の訓練時間増加を見込む、④約5兆ルーブルを投じた装備更新プランを実行し必要であれば外国製兵器を導入する(フランスとミストラル級強襲揚陸艦の購入契約、ロシアのクリミア侵攻により破棄)などが実行されてきました。

      ただし人員削減で軍人からは反感を買い、外国製兵器の導入でシェアを奪われると懸念した軍需産業からも反発を呼んだことから2011年にセルジュコフ国防相は辞任し、その後任が現在のショイグ国防相です。古参兵の中には「軍改革は間違っていた」と考える軍人も少なくなく、いわゆる「シロヴィキ」に対抗する為にプーチン氏の肝いりで設立された国家親衛隊も最新の装備が優先的に供与されたり、シリアやウクライナで死亡した隊員の遺族には500万ルーブル(約1075万円)の補償金が支給される法案にプーチン大統領が署名したこともあってロシア軍の内部では不満の声がくすぶっているようです。

      10
    • あばばばば
    • 2022年 10月 09日

    次はロシア軍が基地内に立て籠もりだな。

    プーチンの前で「遅すぎた」というにはまだ早い。
    ロシア軍はもう致命傷だが

    14
    • 無無
    • 2022年 10月 09日

    こういう騒動が起こるほうが敗けるという歴史的法則
    身内から裏切り者を疑う
    高みの見物案件

    45
    • STIH
    • 2022年 10月 09日

    クリミア大橋復旧させたんですね。ロシアとはいえ鉄道関係者の頑張りには敬意を表したいです。
    しかしあれだけの火災の影響を確認しきれているかは微妙な以上、しばらく徐行や最大重量での輸送を強いられるでしょうから、効率は落ちるでしょう。また、次は鉄道車両に直接爆薬を仕掛けて橋脚を爆破しにかかるんじゃないでしょうかね。

    29
      • けい2020
      • 2022年 10月 09日

      復旧作業とかもアピールしてますけど、表面だけをキレイにしただけですね
      というかあの短時間では構造検査するのは物理的に難しいだろうし

      道路橋の方は歪んだ橋板すら交換しないで、表面だけ平らにしてましたね

      6
    • ぽち
    • 2022年 10月 09日

    プーチンよ! ろくでもない思考だけは早いのか
    クーデター予防、責任の押し付け、爆破の協力者の摘発???

    しかしですよ、軍を使ってやりたい放題(数万の死者、20人近い(もっと?)将官の犠牲?)した挙句、
    ロシアを駄目にし、100万人もの若者に逃げられ、 軍関係者を逮捕??? 
    ・・・本当にめクーデターして、西側と話せる人がトップになってほしい・・・
    列車を走らせる? ほお~~~線路も傷だらけなのに。 脱線して、政権崩壊しろおお(マジ)

    20
    • 2022年 10月 09日

    ジェルジンスキー師団とはすげえな
    メンジンスキー師団とヤーゴダ師団とエジョフ師団とベリヤ師団も作ってくれ

    16
      • 無無
      • 2022年 10月 09日

      いまだにロシアでは秘密警察は国を守る英雄ということですよ、
      まあプーチンだし
      もちろん国民に異論はある、さすがに過去のマイナス面は否定されども、外国から祖国を守ったというプラスが強調される
      かくして国民弾圧の歴史は繰り返されるのさ

      3
    • 匿名
    • 2022年 10月 09日

    どんどん独裁者らしい振る舞いになっていくな
    こうやって引き返せなくなっていって最終的にはヒトラーのようになるんだな

    42
    • ブルーピーコック
    • 2022年 10月 09日

    プーチンには冬戦争でスターリンに怒ったヴォロシーロフみたいな人はおらんのだろうね。まあ、その時を除けばヴォロシーロフはおべっか使いの役立たずだったけど。

    9
    • mun
    • 2022年 10月 09日

    特別軍事作戦が予想外に長引き
    備蓄してあった各種備品や物資を使う必要が出てきているわけですが
    それが帳簿上は存在していても、どういうわけか実物がない
    という事態が多々発生しているのかも知れませんね

    ついこの間も、あるはずの冬用の軍服がない、という話題が出ていました
    プーチンの耳に入れば、汚職を行った者を探し出せと命令するでしょうね

    34
      • 沙羅
      • 2022年 10月 09日

      軍需物資の横流しより先に、最高権力者が公には言えないポケットマネーしこたま貯め込んでるのを摘発すべきじゃないのかなぁと思ったりする

      7
    • きな粉うどん
    • 2022年 10月 09日

    リンク
    2021年1月23日モスクワ市内で交通妨害に対するモスクワの交通当局の写真を流用したウクライナ側のフェイクニュースでしょうね

    7
    • kilo
    • 2022年 10月 09日

    「戦線から遠のくと、楽観主義が現実に取って代わる。
    そして最高意思決定の段階では、現実なるものはしばしば存在しない。
    戦争に負けているときは特にそうだ」

    マジでパトレイバー2は偉大だなあ

    39
    • すえすえ
    • 2022年 10月 09日

    大粛正でも始まるの???

    軍とプーチンが決裂したりなw

    6
    • 怒る
    • 2022年 10月 09日

    事実であれば、もうじき「裏切り者を粛清した〜」とか大々的に責任の押しつけが宣伝されるはず・・

    期待しすぎずに続報を待ちます。

    5
    • sundaycameraman
    • 2022年 10月 09日

    クーデタ計画の発覚しか思いつかないんだが、どうなんだろう?

    7
    • ななし
    • 2022年 10月 09日

    クリミア大橋は複線だから、焼けてない方の線路に列車を通してるようにも見えるねぇ。
    スパイ狩りと拷問が得意の内務省の部隊に軍の指揮を執らすつもり?

    4
    • 名無し
    • 2022年 10月 09日

    ロシア(旧ソ連)と言ったら大粛清

    こうでなくっちゃ

    10
    • 沙羅
    • 2022年 10月 09日

    事実に基づいての逮捕だろうと、ただの責任押し付けだろうと、ロシア軍上層部が一段とめちゃくちゃになるのは良いこと

    そういや5月6月くらいまではロシアの将官の戦死のニュースをよく見たたけど、最近は見ないな
    HIMARSで司令部潰されたみたいな話はちょくちょく出てくるし、将官の戦死が日常化してニュースバリューが無くなっただけなんかな

    8
      • 7743
      • 2022年 10月 09日

      カディロフの主張だと、軍の上層部は前線から150km後方で指揮を執っているらしいから
      ハイマースの射程外に退避しているようです。

      ただ、司令部が後方にあるのは西側諸国も同じですが、ロシアは通信網に問題があり
      また前線の兵士の士気が低い事から、司令部が後方に下がると上手くいかないことが多いようですね。

      10
    • bbcorn22
    • 2022年 10月 09日

    負けが込むと自らの手足を切り始める。
    本体だけ残ろうとする本能的なものだろうが
    でさらに弱くなって結果死ぬのが早くなる。
    終わってみれば実にあほらしいことだが
    今は生き残りに必死なんだろうな。

    10
    • makumaku
    • 2022年 10月 09日

    PMCワグナー系列のテレグラムチャネルGREY ZONE(@grey_zone)が、ショイグ国防相とゲラシモフ総参謀長の辞任を仄めかしている。事実は不明。モスクワは交通遮断が行なわれているが、至って平穏との話もある。
    リンク

    2
    • 2022年 10月 09日

    ロシア政府が徐々に親衛隊に浸食されてくのかな?

    1
      • ホテルラウンジ
      • 2022年 10月 09日

      もし第二次世界大戦で連合軍の反撃がドイツ国境で停止して終戦し、ナチスドイツ自体は存続したら?
      のパターンが見れますね。あの後ヒムラーはどう動いたのかがロシアで見れるかもしれません

      2
    • 黒足袋
    • 2022年 10月 09日

    国家親衛隊に「精鋭の師団」なんてのがあるなら、兵員不測のウクライナに送れば良さそうなものなのに、戦争に勝つことよりクーデターを防ぐことの方が重要なんだろうな。ホントにクズな政権だこと。

    4
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  2. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  3. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  4. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  5. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
PAGE TOP