ウクライナ戦況

鉄道輸送に依存するロシア軍、クリミア大橋の損傷がもたらす影響

8日早朝に発生した爆発の影響でクリミア大橋の通行は禁止されており復旧の目処も立ってないが、ロシア軍の兵站は鉄道輸送に依存しているためクリミア大橋の通行禁止が長引くとウクライナ南部への補給状況が更に悪化するだろう。

ウクライナ東部と南部の鉄道輸送はザポリージャ~ドネツクの防衛ラインを突破出来なかったため繋がっていない

クリミア大橋はロシア本土とクリミアを結ぶ全長18.1kmの鉄道道路併用橋で、8日早朝に発生した爆発の影響で鉄道橋の一部が損傷、道路橋の片側車線が崩壊する被害を被り、現在は通行が禁止されクリミアへの交通手段はケルチとチュシカを結ぶフェリーのみに限定されている。

出典:管理人作成(クリックで拡大可能)

今回の爆発について様々な原因が浮上しているもののロシア側もウクライナ側も公式な声明を出していないため、今のところ事故なのかウクライナ軍による攻撃なのかは不明だが、なぜクリミア大橋への攻撃が致命的なのは上の図を見れば一目瞭然だ。

ロシア軍の兵站は鉄道輸送に依存しており、HIMARSの攻撃が届かないクリミア大橋を経由することでロシア本土から直接クリミアのジャンコイ、ザポリージャ州のメリトポリ、ヘルソン州のノーバ・カホフカ方面に装備や物資を輸送することでき、車輌輸送にかかる負担を大幅に軽減してくれていた。

出典:Rosavtodor.ru/CC BY 4.0 クリミア大橋

ロシア軍がザポリージャ州やドネツク州を制圧出来ていればドネツク経由でウクライナ南部に向かう鉄道路線もHIMARSの射程圏外になるのだが、ロシア軍はザポリージャ~ドネツクの防衛ラインを突破することが出来ず、当該地域はウクライナ軍の特殊部隊やパルチザンの活動が活発なため、南部戦線の兵站を支える鉄道輸送は事実上「クリミア大橋経由」しか機能していない。

つまりクリミア大橋を使用できなくなるとヘルソン州やザポリージャ州への兵站は、チュシカ~ケルチをフェリーで移動→ケチル~ジャンコイまで鉄道輸送→ジャンコイ~ヘルソンまで車輌輸送という複雑な兵站になるか、ドネツクからヘルソン州やザポリージャ州まで車輌輸送による兵站になってしまい、貨物の積み下ろし作業の多くを手作業に頼るロシア軍にとっては非常に深刻な問題だ。

因みに露国営メディアの動画に道路橋の崩壊部分が映ってないのは、ロシア当局が「クリミア大橋の爆発で損傷したことを強調して破壊されたことを伏せろ」と指示しているためで、他にも「橋の復旧に向けた作業が始まっている」「新たな物流ルートが開設されたこと」を強調するよう指示しているらしい。

追記:ウクライナ東部と南部の鉄道輸送は繋がっていないという部分が間違っていたため修正して加筆しました。申し訳ございません。

関連記事:ウクライナが破壊を再三予告していたクリミア大橋で爆発が発生
関連記事:ウクライナがクリミア大橋の破壊を示唆、戦勝記念日の当日に実行の可能性も
関連記事:米国、ウクライナ軍がクリミア大橋攻撃にHIMARSを使用してもOK
関連記事:クリミアのケルチ上空で防空システムが作動、ロシア領でも弾薬庫が爆発

 

※アイキャッチ画像の出典:Telegram

ウクライナが破壊を再三予告していたクリミア大橋で爆発が発生前のページ

ウクライナ国防省、ロシア国家親衛隊による軍関係者の逮捕が始まった次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    ロシアのウクライナ侵攻を予測できなかったフランス、諜報機関のトップを解任

    ロシアがウクライナに侵攻すると予想していなかったフランスでは「諜報機関…

  2. ウクライナ戦況

    アゾフ連隊司令官、第36旅団は戦うのに十分な装備と弾薬を持っていた

    アゾフ連隊のデニス・プロコペンコ司令官は「第36旅団はアゾフマッシュ工…

  3. ウクライナ戦況

    ロシア義勇軍はベルゴロド州から撤退? ロシア軍が検問所を奪還した可能性

    ルカシフカとコジンカの検問所からベルゴロド州に侵入したロシア義勇軍の視…

  4. ウクライナ戦況

    ルーマニア元外相、国境が不自然なのでウクライナ領の一部は周辺国のもの

    ルーマニアのアンドレイ・マルガ元外相は15日「ウクライナの国境は不自然…

  5. ウクライナ戦況

    ロシア軍がルクヤンツィを占領、オヒルツェボで国旗を掲げる様子が登場

    DEEP STATEはハルキウ方面について「ロシア軍がルクヤンツィを占…

  6. ウクライナ戦況

    制圧を宣言されたヘルソン州でウクライナ軍が反撃、ロシア軍機に被害

    ロシア国防省は「ウクライナ南部のヘルソン州全域を制圧した」と15日に発…

コメント

    • ブルーピーコック
    • 2022年 10月 08日

    全てロシアの出資で建てた橋だからウクライナも壊すのに躊躇いは無いだろうけど、まだ事故か仕掛け爆弾かわからんな。事故だとするとピンポイント過ぎる気もするが。

    19
      • G
      • 2022年 10月 09日

      ウクライナの反撃によってロシアが焦っていたのは確実であり、そのため現場にはメンテナンスや積み込み規定など安全性を軽視した無茶ぶりがなされていたのかもしれません
      鉄道に限らず何でも急かされ、安全性が軽視されるほど事故は起こりやすいものですし、それに酷使している橋上線路だと振動など無視しがたい要素がありそうに思えます

      13
      • 匿名
      • 2022年 10月 09日

      クリミア大橋の爆破はロシアの自作自演で、さらにこれをウクライナによるテロだと言いがかりをつける。
      そして、報復という名目でロシアはウクライナに核攻撃を行なうかもしれない。

      2
        • GK
        • 2022年 10月 09日

        報復措置としてザポリージャ原発をまた砲撃、現在非常電源で稼働中

        ほーんと懲りんなあ露助は…

        1
    • bbcorn22
    • 2022年 10月 08日

    ロシア警察は怪しいトラックを特定してるけど その検問ビデオ見たら トラックの後ろちょっと開けただけでそのまま通してた。
    ロシア軍ちょろすぎ。
    クリミアは逃げ出したいロシア人がパニック起こしてる感じ ガススタンドに車が長蛇の列。
    橋がおちたからザポリージャ経由で逃げるんだろうな。

    35
      • 匿名
      • 2022年 10月 09日

      ちょっと開けただけで何がわかるんだよ
      やってる感しかないやん
      絶対破壊するとわざわざ警告してくれてたのにザル警備でまんまと破壊されるとかコントやん

      8
      • L
      • 2022年 10月 09日

      多分同じビデオ見たけど爆発物検出器を使ってる素振りもない
      まーロシア病ですよ。根本的に給与が低いから現場のやる気がない

      12
    • けい2020
    • 2022年 10月 08日

    テレグラムに道路橋片側を路面だけキレイにして、通行できるとパフォーマンスしてますね
    あれだけ橋板が歪んでたのに基礎補修しないでヨシッって、どこの現場猫案件だよ、、

    56
      • bbcorn22
      • 2022年 10月 08日

      鉄道も夜には再開予定のこと。
      耐久性とかは気にしないらしい。
      ロシア人だから。

      55
        • けい2020
        • 2022年 10月 08日

        セバストポリからクリミア行きの列車が出発するのが、テレグラムで先程みかけました
        プーチンのプライド的に、何が何でも通行させるようです
        なんの検査もしてなさそうな上に、近くの猛火であぶられたレール交換もしてる様子がないですね

        36
          • 名無し
          • 2022年 10月 09日

          報道陣の目の前で、荷物満載した列車による過重で、橋が崩落したりして。

          3
      • けい2020
      • 2022年 10月 08日

      爆発時の映像でも道路橋上空で爆発してて、道路上では無いですね
      上空爆発のあとに道路橋板の下部で爆発してるように見えます

      Twitterとかでも燃料気化爆弾だと言ってる人がけっこう居ますが、
      爆発の規模・仕方も燃料気化爆弾にかなり似てます、これを爆薬でやろうとしたら1000kgでも足りないでしょう
      (隠してある1000kgの爆弾に気が付かないとしたら、もう何でもありなので推定から除外)

      燃料気化爆弾のような爆発は、ようは燃料を使って広範囲に拡散後に爆発させればよく
      上方の鉄道橋には数十編成の燃料輸送列車があります、

      その列車に細工をして停車させて、燃料出力バルブを小型爆弾で遠隔爆破すれば燃料が漏れ出して燃え出すでしょう
      漏れ出した燃料が上空から拡散して気化したところに、列車の炎上が引火すれば小規模な燃料気化爆弾になるのではないでしょうか?

      道路橋の橋板を吹き上げて落したのは、道路橋と海の間に気化した燃料が高低差で遅れて爆発したのかと
      橋板は上面からの圧力には強く、固定されてないので下面からの圧力では容易に動きますので説明がつくかと

      8
        • samo
        • 2022年 10月 09日

        だから、なぜそこまで断定できるの?

        ①船だとする直上の橋桁は落下していない。
        ②欄干がなぜか外側にひしゃげている。(橋桁の下で爆発するなら、橋桁を爆風の衝撃波が迂回するので内側にひしゃげないとおかしい)
        ③橋の下で爆発したならば、至近で爆風をうけているはずの橋脚は表面も非常にきれいで、ほとんど損傷らしい損傷がなく、矛盾している。
        ④上に同じく、残存している片方の道路橋の橋桁下の損傷も軽微(配管の固定金具が落ちているぐらいで、配管が外れてすらいない。
        ⑤橋脚には真上から爆発炎上したであろうことを示す、焼けた影がくっきりできている。

        道路上ではなく下から爆発したにしては説明できないことが、今の視覚情報だけでもこれだけ揃ってる。
        新たな情報が出ない中で船による爆発だと断定する理由がわからない。
        である以上、現状トラックによる爆弾攻撃が、断定はできないにしても、もっとも可能性としては高いとするのが自然。

        18
          • けい2020
          • 2022年 10月 09日

          ①は船だと判断してないのでわかりません
          ②は、道路橋の多少上空で爆発後に、下面で爆発すれば
          欄干が外側に変形して、ガードレールが内側に飛んでる整合性がとれるかと
          ③④橋の下で爆発したのは燃料であれば発生するのは爆風だけですので、
          橋脚に損傷やススなどは発生しないかと
          爆風も面圧になるので逃げ場があれば吹き出して橋脚自体には損傷はなく、
          橋板自体も浮き上がって外れる以外は損傷が見られなかったのは整合性がとれます

          ⑤はすいません、自分がが気がつけてないので特に言えることはありません

          10
          • samo
          • 2022年 10月 09日

          そもそも、橋桁の一つはど真ん中から真っ二つに折れている。
          もう一本の橋桁は折れた橋桁に引っ張られる形で落ちたんであろう。
          だから、折れた橋桁側が橋脚にひっついている。

          そして船とする直上の橋桁は落ちていない。
          この視覚的情報がある中、どうやって船で爆発したら橋桁を真っ二つにできるの?ということで…

          6
            • けい2020
            • 2022年 10月 09日

            すみませんが船というのがまずわからないです

            16
        • 黒丸
        • 2022年 10月 09日

        そういう精密な破壊工作ができるなら
        燃料補給元で行った方が、いろんなところに引火してダメージを与え
        鉄道車両以外、例えばローリー車への補給も困難にすることができます。
        例えローリー車とタンク車への補給場所が離れていて同時破壊困難でも
        燃料の鉄道車両への補給が戦略的に長期的に困難にできるので
        橋の上で爆破するよりも効果があるかと考えます。

        タンク車を利用した燃料気化爆弾で隣の橋板落とせるなら、タンク車も吹き飛んでいるはずなので
        単にあの橋の設計が納期短縮を重視した構造である可能性が高いかと

        11
          • けい2020
          • 2022年 10月 09日

          目的の一つがクリミア大橋の鉄道輸送の妨害だったのではないでしょうか
          それをプーチンの誕生日にやってメンツを潰す目的もあったのかと
          これらの推定目的なら、複雑な作戦や高度な装備なく実行できるかと推定してます

          推定目的からすると、燃料気化爆弾のような大爆発が起きた+道路橋崩壊などは
          狙ってやった事ではなく、結果的に起きたのではないかと

          11
        • nanashi
        • 2022年 10月 09日

        爆発したトラックのサイズ考えると荷台に爆薬が満載だったら、航空機から落とす様な爆弾より遥かに大きなサイズだし、帰化弾と見間違う程強力な爆発が発生しても何ら不思議では無いと思いますね。

        6
          • けい2020
          • 2022年 10月 09日

          トラック満載の爆薬を見逃すとかなんでもありですので、推測から除外してます

          4
            • nanashi
            • 2022年 10月 09日

            該当のトラックの検問時とされる動画は拝見されましたか?
            一人の兵士が物の数分でトレーラーのドア開けて、中にも入る事なく外側から見ただけで通してるように見うけられるんですが…アレで通るなら表面さえ取り繕えば何でも通ると思います。

            9
              • けい2020
              • 2022年 10月 09日

              見ました、さすがにあれは検査してるというプロパガンダ映像かと思ったのですが
              あれが実際に行われてるなら、10トン分の爆薬でも通せますね
              あんな調子ならロシア国内で大量の爆薬を集めることも出来るでしょうし
              さすがロシアとしか、全ての合理的思考を飛び越えていく

              14
      • samo
      • 2022年 10月 08日

      空荷の車両なら通れると思いますよ。
      重いものはどう考えても無理ですけど。
      中身を伴わないのはプーチンらしいんじゃないですか?

      15
      • 匿名
      • 2022年 10月 08日

      体面は全てに優先する!

      10
    • ido
    • 2022年 10月 08日

    ゼレンスキー大統領が前々から攻撃流と言ってミサイルで攻撃するとみんな考えてたから爆弾設置とかの警戒が緩かったのかなぁ。これも作戦ならびっくりだわ。というか、ウクライナ全土の広域地図見たけどこんなに取り返したのか。やっぱりウクライナ軍はすごいなl

    18
      • ido
      • 2022年 10月 08日

      ごめんなさい。誤字が多かったので書き直します。

      ゼレンスキー大統領が前々から攻撃する言っていて、ミサイルで攻撃するとみんな考えてたから爆弾設置とかの警戒が緩かったのかなぁ。これも作戦ならびっくりだわ。というか、ウクライナ全土の広域地図見たけどこんなに取り返したのか。やっぱりウクライナ軍はすごいな。

      5
    • class
    • 2022年 10月 08日

    クリミア大橋はもう直しましたか
    流石にこの橋の修復は最優先ですね
    しかし、「橋もウクライナの射程に入っている」「クリミアもいつか奪還してやるぞ」というロシアへの脅しになった事に加えて、
    「橋を破壊してもロシアは核を使えない」という事実が判明したので、
    その点で非常に大きな意味があったと思います

    36
    • 2022年 10月 08日

    映像からは南西方向から車両橋にミサイルが当たったように見えた。
    ウクライナ軍がやったとしたらどこから発射したんだろう。。。

    2
      • 名無し
      • 2022年 10月 08日

      トラックから燃料貨車に向かってRPG。。。

      5
    • みらーじゅ
    • 2022年 10月 08日

    あれは不幸な「事故」だったね…

    それはさておき、強度的に不安のある橋をもし無理やり使用しようとすれば本当に事故が起きかねない気が…

    ロシアって本当いつの時代も内部から崩れてく気がする。

    橋自体は18kmもあるからトドメの「事故」が起きなきゃいいけどね

    37
      • かくさん
      • 2022年 10月 08日

      その事故を起こしそうなのがロシア軍っぽいんだが・・・
      無茶な修理やって運送開始した挙句に橋が崩れたら、どーすんのやろ?

      25
      • みらーじゅ
      • 2022年 10月 09日

      ちょっと前に関東鉄道で異常な暑さでレールが歪んだニュースがあったけど、仮にタンク車が1両当たり45tあるとして10両で450t。
      ガソリン火災の猛烈な熱で炙られたレールと土台は無事じゃ無いと思うけど…
      部分的とはいえ400〜500t近い重量物に耐えるだけの耐久力があるのかね?
      橋自体も35mくらいしか高さがないから大型船が通るのも難しそうだし

      12
        • RED
        • 2022年 10月 09日

        ちなみにロシアのディーゼル機関車の重量は2TE25KM形の場合で144トン(!)、更にこれは2両ワンセットなので編成重量は288トン(!!)

        くるってる……ロシア鉄道はくるってる!!(ぐるぐる目)

        14
      • 匿名
      • 2022年 10月 09日

      事故れ… 事故れ… (思念波)

      8
    • 無題
    • 2022年 10月 08日

    あれだけ火に炙られてたのに通行再開なんかしたら崩落しそうだな

    23
    • 通りすがり
    • 2022年 10月 08日

    こんな床に戦車マンサイノ列車走らせたら、橋崩落するで。

    12
    • 慕華館
    • 2022年 10月 08日

    ルーデンドルフ橋みたいにいきなり崩落したりして(-_-;)

    10
    • zerotester
    • 2022年 10月 09日

    本当に運行再開なのか、それとも空荷で運行して「問題ありません」とアピールしたいのか。

    道路のほうは自家用車とバスは良いがトラックは当面フェリーだとありました。やはり耐久性に自信がないかな。
    肝心のトラックが橋を走れないと輸送路としては使えないことになりますが。

    23
    • —-bis
    • 2022年 10月 09日

    このペルシャンスク~マリウポリ間が海岸沿いに鉄道で結ばれていないのは人為的なのでしょうか(てっきりつながっていると思っていたので意外でした)
    そもそもはソ連時代に西側からの侵攻を遅滞するため、内陸側に基幹を設けたのかなあ
    それとも単線程度であればつながっているのだろうか

    7
    • BC
    • 2022年 10月 09日

    大橋の出入口に大型の鉄道及び車両用X線装置で

    点検してるらしいが武器弾薬・戦車等の軍事車両や
    補給用の燃料もクリミア大橋から戦線に補給してる以上

    検査したところであまり意味がないんじゃないか

    14
    • 折口
    • 2022年 10月 09日

    単純に武器弾薬や貨物の輸送はトラックでも何とか振り替えもできるかもしれませんけど、装甲車両の補充なんかは厳しいでしょうね。この戦争始まってからこっち、ロシア軍が戦車用の重トレーラー使ってるところ見たことないし(貨車で運んできて駅から自走というパターンばかり)。鉄道でもドネツク市の操車場を経由できればまだ繋がってはいますが、本数の制限はあるのでどうなるやら。
    ロシア国内の道路整備状況や自動車保有率の固有の事情もあるのかもしれませんが、軍の戦略機動や兵站が鉄道便りというのも広い意味での「近代化の失敗の影響」なんですかね。

    19
    • 名無し2
    • 2022年 10月 09日

    鉄道橋が使用不能なほどダメージを負ったようには見えない。

    5
      • 無題
      • 2022年 10月 09日

      外見だけ見ればそうだな
      でも燃料火災で激しく炙られたから中身の鉄骨とコンクリはボロボロよ

      35
        • サファルル
        • 2022年 10月 09日

        橋の爆発が午前6時頃で消火活動は日が昇っても続けられていたので少なくとも数時間は炎上し続けていたでしょうからね
        燃料を積載した貨車がそれだけの時間燃えていれば鉄道橋自体がダメージを受けているのは明白です
        それを精査することもなく(これだけ短時間だと満足に検査や補修、試験もできないでしょう)運航再開させようとするとは…

        25
    • 鳥刺
    • 2022年 10月 09日

    丁度、道路橋通行再開の動画を見てきましたが、修理補強等は途中(???)のまま、残存車線に一般の自動車を通し始めたという事のようです。実質一車線対面交互通行か一方通行の運用しか出来ませんね。トラック以上の車両が通行できるのかも疑問です。

    >鉄道網
    管理人様、分かりやすい図示ありがとうございます。
    既に南部戦域内の東西方向の補給・連絡線は、鉄道が繋がっておらず機能不全状態ですね。クリミア大橋への攻撃(?)効果の大きさを実感します。補給の困難に加え、これは域内での軍部隊の機動にも大きな制約を加わえます。もう、ヘルソン州とザポリージャ州西部のロシア軍は孤立しつつある、という表現も可能かもしれません。

    14
      • 鳥刺
      • 2022年 10月 09日

      ロシア占領地内で東西に接続する路線は存在していましたね。鉄道網地図等、こちらでも独自により多くの資料にアクセスして検討する必要がありました。大いに反省致します。

    • ホテルラウンジ
    • 2022年 10月 09日

    まずはあの鉄道橋の強度がどのような影響受けてるのかですよね
    線路は火災で変質したとしても交換出来るから良いとして、コンクリート製の橋桁は火災を受けた場合どの程度強度に影響が出るのか。
    ただ、爆発の後に消化用のヘリがバケツぶら下げて来て鎮火させてますから、せいぜい火に焙られたのは1時間程度ですよね
    仮に火に焙られたコンクリートは強度が落ちるとしても、そんな期待するほど強度が劣化したりしていないかもしれません
    3日後ぐらいにボキっと折れてくれたら良いんですがそうはなりそうもないかも

    7
    • mun
    • 2022年 10月 09日

    鉄道橋の橋脚までは破壊できていませんから
    鉄道のほうはいずれ復旧するでしょう
    どうしても輸送したいものは海からでも空からでも
    別ルートの陸路を使ってでも運ぶでしょう

    兵站に支障をきたすというほどには影響は無さそう
    そもそもこれは、兵站へのダメージを狙った破壊工作では無いように思います
    象徴的な物に対する攻撃、人間に対する揺さぶりをかけるものに感じます

    まだ攻撃は届くはずが無いと思っていた場所が攻撃を受ける
    奇しくもプーチンの誕生日です
    クリミア半島は侵略者にとって決して安全な場所ではない
    というメッセージになるでしょう

    13
      • 匿名
      • 2022年 10月 09日

      そう甘くは無いようですよ
      長時間高熱の炎であぶられた橋はかなり劣化していると思われるそうで
      最初は通れてもそのうち崩壊する危険が高いとか

      22
      • 沙羅
      • 2022年 10月 09日

      空路は運べる量が少なすぎる
      海路は積み換えの手間
      って考えると大分影響はあるかと
      少量の物資ならともかく、戦争中に万単位の軍が必要としてる物量を捌かなきゃならんわけで

      もちろん心理的な効果も大きいとは思いますが

      12
    • アクアス
    • 2022年 10月 09日

    まあ、時間に余裕がないし、何事もなく通過できるかもしれないから試験走行してみよう、って発想は戦況が悪化しているからわからんでもない。
    ただ、その試験列車には、試験走行させろと命じた人物が乗ってるんだろうか?

    10
    • クローム
    • 2022年 10月 09日

    タス通信によると爆発したトラックの乗員とみられる男女3人の遺体を水中から引き揚げたそうです。
    ロシア側も自動車爆弾だと認めましたね。
    それにしてもあの規模の爆発にも関わらず遺体を回収出来たとは、とても信じられませんが…

    19
    • 2022年 10月 09日

    ブラフなのか本当に通れるのかわからんけど
    自分なら絶対通りたくないな

    10
    • ななし
    • 2022年 10月 09日

    自動車道の方は無理やり運航再開している動画が流れてますが、落ちなかった方の車線を1車線だけにして片側交互通行やるみたいですね。民間車両規制して軍用車両だけ通すならどうにかなるのかも。
    鉄道の方は燃えたタンクがまだそのままで、おそらく火で炙られた車輪とレールが溶けてくっ付いているものと思われます。
    撤去も大変だしそもそも橋桁の強度自体相当下がってると思うので、応急運用可能だとしても複線のもう片方の線路で炙られたレールだけ取り換えて単線運用が限界じゃないですかね。

    11
    • mun
    • 2022年 10月 09日

    トラックが路上で爆発したようですね
    その余波で列車が炎上したように見えますが
    列車炎上は狙ってできるものなのでしょうか

    まぁ、確実ではないにしても
    タイミングを合わせて列車の巻き込みも狙う事は可能かも知れません
    あのモスクワを撃沈に追い込んだウクライナですから
    雑な計画を立てるとも思えず、計算されたものかも知れませんね

    同日夜に線路を復旧ってさすがにフカシこきすぎだとは思いますが
    無茶してでもなるべく短期間に全力で復旧はさせるとは思います
    予備役を動員する時も、まさか訓練無しで戦地に送ったりはしないだろうというところ
    3日後には最前線で戦死したり捕虜になったりしてましたからね
    ロシアはそういった無茶をする傾向にあります

    8
    • 通り過がりの動物号
    • 2022年 10月 09日

    プーチンに核使用を決断させるために、代理軍か軍事会社の幹部が指示した偽旗作戦の可能性はありませんかね?  
      「さすがにクリミア大橋漠爆破の自作自演はないだろう」という予想の上をいかないと、プーチンを追い詰められない。正規軍の補給がどうなろうが、しったこっちゃない。核をばんばん打ってウクライナ軍を弱体化すればなんとかなる、という低レベルの、ロシア内部の対立による偽旗作戦。ま、これはないか、、。

    3
      • タイヤキ
      • 2022年 10月 09日

      核戦力でさえNATO軍が出てきたら、トルコ含めてアメリカ軍が核貸していてアメリカ軍の常時核攻撃能力のほうがロシアの十倍以上多いから、核ミサイルの数はロシアが多くても、ロシアが核うったの理由にアメリカも核戦争やりはじめると、スーパーコンピューターで計算されているらしいがアメリカに5千万人規模の死者は出せるが、核攻撃でロシアは壊滅できる計算出ている。
      核ミサイル撃ち込まれると核爆発時の電磁波で周辺の電子機器が使えなくなるから、ウクライナに核使用してアメリカがそれを大義名分にロシアに核ミサイル大量にうたれると、ロシアの核ミサイルが打てなくなる。潜水艦で反撃しても核ミサイル数発ではアメリカは滅ぼせない。核ミサイル使うとロシアがアメリカに滅ぼされる恐れあるからうかつには使えない。

      1
      • 無無
      • 2022年 10月 09日

      偽旗作戦にしては仕込みが大袈裟な印象
      わざわざ燃料輸送列車の通過時に合わせて爆発騒動を起こすのは、本当の破壊工作と思われる
      戦争が終わるまでは仕掛けたほうは真実を語らないけどな

    • 狂信者
    • 2022年 10月 09日

    首都高タンクローリー炎上事故は復旧に2か月くらいかかったけど仮復旧で数日後には一応走行できる状態ではあった
    今回のは爆発からの大量燃料の長時間炎上でコンクリ鉄筋ズダボロ度は遥かに酷いと思われる
    常識的には復旧工事まで不通
    面子優先で空荷の列車を通して復旧アピールするのかな

    6
    • ミリ猫
    • 2022年 10月 09日

    リンク
    『ウクライナの国営郵便局、燃えるクリミア橋の新切手を発売へ』

    煽るなぁ。。。

    元ネタはもちろんタイタニックの有名シーン。
    切手シートの右下にロシア兵が略奪した洗濯機が海中に沈んでるのが見える。

    発売日は後からアナウンスされるそうです。

    3
    • まつ
    • 2022年 10月 09日

    やはり事故では 鉄道も修復完了したようです。

    3
    • Natto
    • 2022年 10月 09日

    このはし わたるべからず

    橋の中央ならヨシ!

    17
    • 南蛮一の知恵者 朶思大王
    • 2022年 10月 09日

    いくら古い物を捨てないロシアでも、さすがに鉄道連絡船まではモスポールしていない?仮に錆びだらけで放置されていたところで、高温で炙り焼きの鉄道橋の方がまだ安全かもしれないが。

    1
    • うし
    • 2022年 10月 09日

    跳ね上げ部分をあげた状態の時に機械部分を破壊すれば完璧なんだけどな・・・

    1
    • makumaku
    • 2022年 10月 09日

    ↓の衛星写真を見ると、道路面が黒く焦げており、路面上で巨大な爆発があったことがわかる。
    リンク

    瓦解した道路の下部構造に燃焼損傷は見られていない。
    リンク

    辛うじて残った下り車線は路面がたわんでおり、その下部構造が安定的とは到底言い難い。
    リンク
    鉄道路の方は、高温の熱で線路の鉄骨支持構造が歪んでしまっており、ダメージの程度が
    判らない。修復ににどの程度の日数を要するのか、今の時点では予測できないだろう。

    いま現在、鉄道路上下線と高速道路上下線のうち、動いているのは高速道路の下り車線
    のみで、ロシア連邦運輸省は、10/8 16:00から下り車線の限定再開を始めており、
    1日当り480台の自家用自動車の通行を許可した模様。だが、画像の通り危険極まりない。

    さて、この爆発が破壊工作なら、戦略上の標的は鉄道路の方だったはず。
    その理由は、管理人さんが解説している通り、ロシア軍の鉄道依存の兵站運用にある。

    現在、HIMARSとM270の射程(~80km)の影響で、ザポリージャ・ヘルソン両州内の鉄道
    輸送は使用範囲が限られており、ロシア軍はトラック輸送を強いられている。クリミア
    大橋が使えなくなったことで、今後修復までの間、前線への輸送力はさらに縮小する。
    (下り車線の被災状況からも、MBTや自走砲など重装備の運搬はほとんど止まるだろう。)
    結果、ロシア軍が前線をさらに後方に下げることは考えられる。

    13
    • ミリ猫
    • 2022年 10月 09日

    橋破壊の記念切手が発行されるそうです。
    リンク
    切手シートの右下にあるのは海に沈んでいるロシア兵が奪った洗濯機。

    1
    • ミリ猫
    • 2022年 10月 09日

    橋破壊の記念切手が発行されるそうです。
    リンク
    切手シートの右下にあるのは海に沈んでいるロシア兵が奪った洗濯機。

    • ミリ猫
    • 2022年 10月 09日

    橋破壊の記念切手が発行されるそうです。
    リンク
    切手シートの右下にあるのは海に沈んでいるロシア兵が奪った洗濯機。

    • 黒丸
    • 2022年 10月 09日

    ケルチ大橋にあるX線検査装置は道路も鉄道もロシア製のようですね。
    リンク
    リンク
    西側の部品使用しているのだろうか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  2. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  5. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
PAGE TOP