ウクライナ戦況

ウクライナ軍の反撃はヘルソン限定ではない? ハルキウ州でも反撃を開始か

ハルキウ州でバラクレヤ方面にウクライナ軍が反撃を開始したという噂が浮上、バラクレヤ郊外のVerbivkaで撮影されたと推定される動画まで登場しており、ウクライナ軍の反撃はヘルソン州に限定されていないのかもしれない。

参考:Exclusive: Zelenskyy hints to David Muir of ‘plural’ Ukrainian counteroffensives against Russian forces

もしバラクレヤ奪還を目指しているなら、イジュームへの反撃も視野に入っているのかもしれない

英王立防衛安全保障研究所(RUSI)はウクライナ軍の反撃について「冬場にロシア軍を継続的に消耗させるキルエリアを設定しようとしており、反撃の範囲は限定的になる=ドニエプル川西岸地域のみ」と指摘していたが、ゼレンスキー大統領は米ABCのインタビューに「ヘンソンだけ反撃を行っているとは言わないが、、、複数方向で我々は前進しなければならない」と明かし、反撃範囲がヘルソンに限定されないことを示唆した。

実際、ドネツ川の対岸にあるドネツク州Ozerneの奪還、ロシア軍に制圧されていたルハンシク州にウクライナ軍が再び足場を築くなどヘルソン州以外の反撃が確認されており、遂にはハルキウ州でバラクレヤ方面にウクライナ軍が反撃を開始したという話まで出てきている。

出典:Google Map ハルキウ州の戦況/管理人加工

今のところバラクレヤ方面への反撃を示す視覚的な証拠も発表もないので暫く様子を見る必要があるが、これだけヘルソン州以外でウクライナ軍が攻勢に出てくるとロシア軍も無視できなくなり、ヘルソンやドネツクだけに戦力を集中させるのが困難になるだろう。

果たしてバラクレヤ方面への反撃は本物だろうか?もしここを本気で奪還するのならイジュームへの反撃も視野に入っているのかもしれない。

追記:バラクレヤ郊外のVerbivkaで撮影されたと推定される動画が登場、バラクレヤの道路橋が破壊された写真も登場しているため両軍が交戦している可能性が高い。

追記:OSINTで戦況を分析する人々は「ウクライナ軍がVerbivkaを解放した」と主張し始めている。

関連記事:ウクライナ軍の反撃、ヘルソンは来春まで理想的な敵の殺害エリアになる
関連記事:前進を見せるウクライナ軍の反撃、ポーランドも12輌以上のKRABも出荷

 

※アイキャッチ画像の出典:Генеральний штаб ЗСУ

ポーランド、2023年の国防関連支出は280億ドル規模で3%越えか前のページ

ドイツのショルツ首相、レオパルト2A7のウクライナ輸出に同意せず次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    懲りないロシア軍に11回目の罰、ウクライナ軍が再びヘルソン空港を攻撃

    ウクライナ大統領府顧問のオレクシー・アレストビッチ氏は27日に「ヘルソ…

  2. ウクライナ戦況

    チェコ共和国、ウクライナに提供するT-72とBVP-1の移送を開始

    NATOとの合意に基づきチェコ共和国はT-72M1×5輌とBVP-1×…

  3. ウクライナ戦況

    米国が韓国製MANPADSを購入、これをチェコ経由でウクライナに提供?

    チェコのiDNES.cz誌は29日、米国が韓国から携帯式防空ミサイルシ…

  4. ウクライナ戦況

    複数方面で前進を続けるロシア軍、リマン方面のウクライナ軍は大きく後退

    新たに登場した視覚的証拠はアウディーイウカ方面とリマン方面でロシア軍が…

コメント

    •  
    • 2022年 9月 07日

    この動きをどう捉えたものか
    おそらくは南部へ転用された東部方面軍の脆弱性を突いて取り返せる分は取り返してしまおうという様相に見える。そうすれば占領政策や住民投票に負荷をかけて混乱させる事もできるだろうし、5月のような火力も無いから戦いやすいだろうし。
    戦術的には冬までに高地を取ろうという算段かもしれないか?

    1
    • 名無し
    • 2022年 9月 07日

    ウクライナ軍はヘルソン方面、ドンバス方面、ハルキウ方面でロシア軍を大いに振り回せる立場にある
    この戦争の鍵となる長射程兵器も防空網も運用上内線側に有利

    11
      • zerotester
      • 2022年 9月 07日

      南部の攻撃の拠点であるクリヴィーリフから東部のハルキウまで高速道路で約360km。東部でロシア軍を攻撃したHIMARSが翌日は南部にいるということも不可能ではないわけで、一方でロシア軍は東部から南部に戦力を再配置しようとしたらクリミアを通って大周りする必要があります。
      航空機による近接支援もどちらにでも行けるわけだし、ウクライナ側としては複数個所で同時に仕掛けることが内線側の優位性を生かすことになりますね。

      21
    • 鼻毛
    • 2022年 9月 07日

    実はロシアも無理な攻勢で全体的にガタガタになっていて、もう予備とか全然ないから牽制のつもりで始めたウクライナ側の攻撃が大成功しちゃってるとか…?仮にそうでも、こういうときこそ油断は禁物ですな。

    13
      •  
      • 2022年 9月 07日

      まだ成功と断じるには早い気も
      いくつかの町は取り返しても精々10数km程度の前進で、まだ都市の奪還には至ってないので

      7
        • 匿名
        • 2022年 9月 07日

        いやその通りだとは思うが
        精々10数kmとか言ったら「一週間で1kmしか前進できていない(ISW評)」ロシア君が泣いちゃうぞ

        23
    • 鳥刺
    • 2022年 9月 07日

    路上にロシア兵の死体が転がってる写真のVerbivkaは、もうバラクレヤから数kmの場所になりますね。

    バラクレヤ周辺だと、その南方ドネツ西岸のNova Husarivkaにロシア軍の小橋頭堡があり、ほんの一週間前ぐらいにもロシア軍からの小規模攻撃も報告されてたような。ドネツ川の蛇行の関係でウクライナ軍の突出部になっている戦線の根元に当たり、戦線の整理をするならここは除去しておきたい所。

    まあバラクレヤ陥とせばその南の小橋頭堡も同時に切断できますが。

    8
      • h4
      • 2022年 9月 07日

      そこの小橋頭堡を除去できれば、比較的に安全な位置にM777+エクスカリバー砲弾を配置することで、イジュームに入る幹線道路・鉄道の全てのルートを射程圏内に収めるようになるので、イジュームそのものの奪還には至らなくてもドネツ川を渡ったロシア軍の補給線に対するプレッシャーはかかりやすくなりますね。

      2
    • KNOB CREEK
    • 2022年 9月 07日

    アメリカがシェイピングオペレーションって言ってたのに色々手を広げ過ぎじゃね?って少し不安になるな。
    これがウクライナ側の陽動でそれに対してロシア側は手が回らず拠点取られまくってる棚ぼた的な戦果というパターンなら嬉しいけど。

    4
    • パセリ
    • 2022年 9月 07日

    南部のための陽動かなーと見せかけて実は南部反抗自体が陽動だったのだ•••
    まぁ少し様子見ですね

    2
      • NHG
      • 2022年 9月 07日

      実は、その東部すら陽動で実はモスクワ強襲作戦が用意されていた!! な仮想戦記作れそう

      1
    • ワオン
    • 2022年 9月 07日

    戦況のお漏らしは厳禁と厳命されているせいで状況が全く分からんが少なくともロシア側が主張する
    ウクライナ軍を撃退し大打撃を与えたという話はなさそうだな

    23
    • 匿名
    • 2022年 9月 07日

    反攻作戦の本命はハルキウ方面だったんじゃないかなんて言われ始めてるが
    そうとでも思わなければ納得できないほど事態の進展が速い
    完全な奇襲に成功したにしても、仮にも要衝の一つであるバラクリヤにこうも短期間で迫れるのは異常に思えるな

    アメリカが兵棋演習の結果を基に反攻の規模を縮小させたとか、まだ成形作戦をやってるだけだとか
    その辺の話も全て情報戦の一環だったんじゃないかとさえ思えてくる

    9
    • うし
    • 2022年 9月 07日

    むしろ、ロシア軍を原発の周りに追い詰めるといい。
    おまえら本当に死にたいのかと問え。

    3
    • 7743
    • 2022年 9月 07日

    元々、ここ1か月ほどずっとウクライナ軍はイジューム西部の森へ度々偵察を送り込んでおり
    防衛だけではなく反撃の計画があったのではと推測されます。
    また、ハルキウの郷土防衛隊は戦意が高く、開戦以来ずっとロシア軍の攻撃を食い止めているだけでなく、
    イジュームやベルゴロドへも何度も砲撃を繰り返してきました。
    ロシア軍はヘルソンに兵力を回し、このあたりの部隊はかなり薄くなっているとみられ、反撃のチャンスととらえているのだと思います。

    思い返すと「クリミア大橋を攻撃する」→ロシアが防空システムをクリミア大橋に集結させる→手薄になったヘルソン・クリミアを攻撃される という単純な釣りが成功した事もあり、今回のヘルソン反撃も、壮大な釣りの一環である可能性も高いと思います。

    17
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  3. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  4. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  5. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
PAGE TOP