欧州関連

アルメニア、トルコ参戦なら弾道ミサイル「イスカンデル」使用を宣言

アルメニア当局はトルコがアゼルバイジャン支援のためF-16C/Dを派遣した場合、短距離弾道ミサイル「イスカンデル」を使用すると発表した。

参考:Armenia warns it will deploy Russian-made Iskander missiles if Turkey uses American-built F-16 jets in Nagorno-Karabakh conflict

アルメニアは短距離弾道ミサイル「イスカンデル」使用をチラつかせトルコ参戦を牽制

ナゴルノ・カラバフ地域を巡るアゼルバイジャンとアルメニアの戦いは激しさを増しており、現在最も戦闘が激しいのは南部フュズリ州の州都フュズリ市だ。

アゼルバイジャン軍は現在フュズリ市奪還に向け断続的な攻撃を仕掛けておりアルメニア軍もこれを阻止するため必死の抵抗を見せているが、アゼルバイジャン軍は多連装ロケット砲や榴弾砲を動員してフュズリ市に立てこもるアルメニア軍を攻撃、さらに戦車や装甲車両による進軍も始まっており両軍とも多くの損害が出ているようだ。

因みに1993年のナゴルノ・カラバフ紛争時にアルメニア側に奪取されたフュズリ市はゴーストタウン化しているので、民間人への被害は報告されていない。

アルメニア側の発表ではアゼルバイジャン軍の侵攻を幾つかの地点で押し戻し、報復攻撃としてアゼルバイジャン側の都市テルテルに砲撃を加えていると主張しているが、アゼルバイジャン軍に奪取された7つの村やアルメニア側の通信拠点だったムロヴダグ山頂などの再奪取までには至っておらず、戦況的にはアゼルバイジャン優位で進んでいるのだろう。

補足:28日のアルメニア国防省発表によれば、2日間の戦闘でアゼルバイジャン軍は400人以上が死亡、攻撃ヘリ4機、各種無人航空機49機、戦車や装甲車両80輌、車輌82台を破壊したらしいのだが、自軍の被害については明らかにしておらず、アゼルバイジャン側は自軍が被った被害や与えた損害に言及していないため検証は不可能

このようにアルメニアが苦しい状況に陥った原因の一つには。トルコによるアゼルバイジャン軍支援が挙げられ最も具体的で直接的な支援はシリア人傭兵の派遣だ。

トルコはシリア領内で反政府組織「自由シリア軍(FSA)」を支援しており、このFSA所属のシリア人兵士を1,000人ほどアゼルバイジャンに派遣してナゴルノ・カラバフ地域の戦いに投入しているらしい。

ただシリア人兵士の数については情報源によって数字(1,000人~4,000人)が異なるため正確な規模は不明で、さらに噂レベルではナゴルノ・カラバフ地域での作戦にトルコ空軍のF-16C/Dが参加していたという主張もあったが、アルメニア当局は「トルコがアゼルバイジャン支援のためF-16C/Dを派遣した場合、アルメニアは短距離弾道ミサイル「イスカンデル」を使用する」と公式に表明しているため、トルコ側の反応に注目が集まっている。

出典:Jerry Gunner / CC BY 2.0 トルコ空軍F-16C

ただアルメニア側が短距離弾道ミサイル「イスカンデル」を保有しているように、アゼルバイジャン側にもイスラエル製準弾道ミサイル「LORA」があり、精密誘導が可能な地対地ミサイルまで加えればアゼルバイジャンの遠距離攻撃能力はアルメニアを上回るので、イスカンデル使用をチラつかせた脅しに効果があるのかはトルコの出方を見てみないと何とも言えない。

因みに一部のアルメニアメディアがナゴルノ・カラバフ地域で撃墜した航空機がF-16だったと主張しているが、アゼルバイジャン国防省は「我が軍はF-16を保有していない」と公式に否定している。

 

※アイキャッチ画像の出典:Vitaly V. Kuzmin / CC BY-SA 4.0 短距離弾道ミサイル「イスカンデル」

ドローン戦争、アルメニア軍苦境はアゼルバイジャン軍のUAVが原因?前のページ

トルコのエルドアン大統領、アルメニアにアゼルバイジャン領からの撤退を要求次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    レーダー照射問題、NATO調査を乗り切ったトルコがフランスに謝罪を要求

    何とかNATOの調査を「お咎めなし」で切り抜けたトルコは虚偽の報告を行…

  2. 欧州関連

    グリペンの後継機は、第6世代戦闘機「テンペスト」ベースで独自開発か

    スウェーデン国防省は7月7日に発表した予算関連のプレスリリースの中で、…

  3. 欧州関連

    レーダー照射問題、フランスがNATO主導の軍事作戦参加を見合わせ

    フランスは1日、トルコ海軍がとった「敵対行為」の調査結果を受け取るまで…

  4. 欧州関連

    戦闘機を廃止したアイルランド、ロシアの脅威に対抗するため戦闘機導入を検討

    戦闘機を廃止して65年が経過するアイルランドは最近、ロシアの脅威に直面…

  5. 欧州関連

    7月14日正式発表? 仏次世代空母は電磁式カタパルト採用で7万トン級か

    7月14日に予定されているフランス革命記念日に合わせて、マクロン大統領…

  6. 欧州関連

    コーカサスで軍事衝突、アルメニア軍とアゼルバイジャン軍が交戦中

    アゼルバイジャン軍は27日、アルメニアが支援するナゴルノ・カラバフ地域…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 9月 29日

    ?
    勿論通常弾頭でしかもアゼルバイジャン側も同様のミサイルを持っているなら、脅しでも大した効果はないんじゃ?まさかトルコ領土をミサイル攻撃するという訳ではないでしょう。

    2
      • 匿名
      • 2020年 9月 29日

      アルメニア側はアゼルバイジャンのダムへの攻撃って話が有ったし、それに対抗してアゼルバイジャン側はアルメニアの原発への攻撃を言い出す状況ですが
      兵器や支援を与えるままに放っておけば、双方が双方への絶滅戦争を実行しかねないと思いますがね

      6
        • 匿名
        • 2020年 9月 29日

        原発やダムへの攻撃はジュネーヴ条約第1追加議定書で禁止されているが、アゼルバイジャンもアルメニアも批准していない…

        12
          • 匿名
          • 2020年 9月 29日

          批准国同士でも結局勝てば官軍で条約を守ってくれるとはとても思えません…

          12
            • 匿名
            • 2020年 9月 30日

            守る保証はないが破れば制裁されるし、場合によっては自分たちもやられるかもしれんのだが。
            ゼロリスクなんてものはないしね。
            まあ、思えませんというお気持ちは仕方ないにしても、攻撃される保証もないしな。

            4
    • 匿名
    • 2020年 9月 29日

    この脅しが功を奏せば、弾道ミサイルは突発的な軍事衝突を無血で沈静化させうる抑止力たり得るという風潮が強まり、どさくさで我が国も所有を…諸島防衛弾頭の距離が不足してるとかなんとか言って

    11
    • 匿名
    • 2020年 9月 29日

    トルコの支援を断ち切れれば焦るバイジャンになるNE!

    2
      • 匿名
      • 2020年 9月 29日

      山田くん、座布団全部もってって

      まあ真面目な話、単純な国力じゃアゼルバイジャンの方が上だから、ロシアあり、トルコ抜きみたいな状況にならなければアルメニアが負けるんじゃない?NATOも介入しないだろうし。

      14
        • 匿名
        • 2020年 9月 29日

        前回の紛争でアルメニアが勝てたのも、ロシアの支援とソ連崩壊後のアゼルバイジャンの政治的混乱のスキをついたからうまくいっただけだからねぇ・・純粋に1対1だとキツイわな

        だいたいトルコを弾道ミサイルで攻撃なんかしたらそれこそ相手の思う壺
        今のトルコなら喜んで参戦しかねない
        ぶっちゃけアルメニアにはもう手札があんまり無い

        14
    • 匿名
    • 2020年 9月 29日

    ロシアがどう出るかだね
    出てこないならアゼルバイジャンの一方的侵攻で終わるでしょ
    出てくると泥沼コースもあり得るし
    そのままあっちこっちに飛び火する可能性もあるかと

    9
    • 匿名
    • 2020年 9月 29日

    トルコのF-16によるアゼルバイジャンへの航空支援なんて無くても

    調べたらアルメニアの航空戦力って
    固定翼機Su-30全4機とヘリ25機前後でしょ‥

    対してアゼルバイジャンの航空戦力は
    Mig-21とSu-24等合わせて100機の固定翼機と
    近代化改修済のMi-8、Mi-24等70機以上

    加えてイスラエルやトルコから大小多数の
    攻撃・偵察UAVを多数保有してるんでしょ

    制空権は完全にアゼルバイジャンが握ってるも同然

    12
      • 匿名
      • 2020年 9月 29日

      制空権を掌握しているからUAVが縦横無尽に活動できている、ということかな。逆だったら「敵制空権下でもUAVの活動に支障はない」という事例になったかもしれないが。

      5
        • oominoomi
        • 2020年 9月 30日

        制空権下だから、でしょうね。
        亜音速の巡航ミサイルだって近接防空システムの餌食になるのに、時速200kmでヒラヒラしてるUAVが無事でいられるとは思えません。

        3
      • 匿名
      • 2020年 9月 29日

      結論:ロシアが来ない限りアルメニアに勝ち目無し。

      10
      • 匿名
      • 2020年 9月 29日

      英語wiki見るに、Su-25とかも持っているらしいが、でもSu-25じゃなぁ……
      野戦防空システムにしても、9K33が8基ほどで、内4基の撃破動画が上がっている始末と
      ほぼ完璧な制空権損失状態ですかね、これは

      4
        • 匿名
        • 2020年 9月 30日

        両国とも大した航空戦力持って無い上に、s300を持ってるからどっちも制空権持って無いって聞いたけどな。
        人によって言う事が全然違うね。

        2
    • 匿名
    • 2020年 9月 29日

    弾薬庫吹っ飛ばされたアルメニア軍前線の兵站維持はどうなってるんでしょう?
    記事中の部隊の経戦能力が気になります

    7
    • 匿名
    • 2020年 9月 29日

    トルコも敵に回ってるしロシアの援護か仲裁がなければアルメニア敗けるね・・・NATO EU 米はダンマリ

    4
      • 匿名
      • 2020年 9月 29日

      ここでトルコ憎しでフランスが出てきたら面白くなりそうですけどね。

      6
        • 匿名
        • 2020年 9月 29日

        南のイランには動きはないのでしょうか。
        大国意識を持っているので何やら動きがありそうですね。

        2
          • 匿名
          • 2020年 9月 29日

          イランは停戦要請出してましたね
          Status-6ソースでロシアのPMC(装備無茶苦茶良いかもしれないけどPMCです())が準備してたりアルメニアは支援要請検討始めたそうで

          4
            • 匿名
            • 2020年 9月 30日

            貴重な情報に感謝いたします。
            ロシアが動けないならイランがって考えていましたがイランの出方によってはより混とんとなりそうですね。

            1
    • 匿名
    • 2020年 9月 29日

    ロシアが傭兵の名目でアルメニア支援の正規軍を送るよ
    アゼル側にシリア兵が来てるなら倍返しやるのがロシア

    でも、結末はまだぜんぜん読めません

    1
      • 匿名
      • 2020年 9月 29日

      ロシアが両国に軍を派遣して制圧、併合に一票

      1
      • 匿名
      • 2020年 9月 29日

      義勇軍かもしれないよ。前例あるし

      4
      • 匿名
      • 2020年 9月 30日

      やたら装備のいい腕章がない統率の取れた謎の覆面部隊がアルメニアに現れるのか

      4
      • 匿名
      • 2020年 9月 30日

      突如として現れたクマに跨ったぷーやんが単騎無双するイメージ

      2
    • 匿名
    • 2020年 9月 30日

    アルメニア側がトルコのF-16に自軍のsu-25を撃墜されたと主張してますね…ドンドン激化してくな、おい。

    1
      • 匿名
      • 2020年 9月 30日

      アルメニアのプロパの可能性もあるけど、トルコが本格的に戦闘に参加しているとなると
      トルコはEUからさらに批判されそうな気がするんだけど
      エルドアンは頭、大丈夫なん?エルドアンだけイケイケドンドンじゃん

      3
      • 匿名
      • 2020年 9月 30日

      でも証拠がないんですよね。単なるプロパガンダか、事実なのかわからん。

      2
    • 匿名
    • 2020年 9月 30日

    アルメニアは脅しかけてる暇があるならイスカンデルで空港なり変電施設なりぶっ壊せ

      • 匿名
      • 2020年 9月 30日

      アゼルバイジャンのミサイルで10倍返しやられます、
      その意味でまだ全面戦争じゃないからね

      4
    • 匿名
    • 2020年 9月 30日

    なんてこった
    これはもう秘蔵のアゼルバイジャンドラムで対抗するしか無いな

    2
      • 匿名
      • 2020年 9月 30日

      それって泥「沼」ですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  2. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  3. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  4. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  5. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
PAGE TOP