欧州関連

アゾフ連隊の指揮官がトルコから帰国、ロシアは合意条件が破られたと主張

侵攻500日目を迎えたウクライナでは「戦争終結までトルコに留まる」という条件で解放されたアゾフ連隊の指揮官などが帰国し、ロシアは「トルコとウクライナの双方によって捕虜解放の合意条件が破られた」と批判している。

参考:Зеленский забрал в Украину из Турции защитников “Азовстали”
参考:У Зеленского объяснили возвращение защитников “Азовстали”: По результатам переговоров
参考:Кремль назвал выдачу Турцией боевиков “Азова”* Украине нарушением договора

ロシアの主張が正しいかどうかは不明だが、合意条件を破ったトルコを強く批判していないので「何らかの根回し」があったのかもしれない

ロシア軍による侵攻直後、ヘルソン州やザポリージャ州の内通者や裏切り者が適切な対応を妨害したためクリミア方面からのロシア軍の侵入を許し、特に目立った抵抗もなくマリウポリまで辿りついてしまい、ここを防衛する第12特務旅団アゾフ連隊や第36独立海軍歩兵旅団はロシア軍に包囲された状況で80日以上も戦うことを強いられた。

出典:Sergey Velichko

マリウポリ市内の一角にあるアゾフスタル製鉄所に立てこもり、多くのロシア軍部隊を引き付けることで他の戦線の負担を軽減、西側からの支援を引き出す貴重な時間を稼ぐことに成功したものの5月20日に降伏、ロシアはアゾフ連隊の兵士を「ナチス犯罪者」と呼んで死刑が妥当だと主張していたが、エルドアン大統領の仲介と拘束されていたメドベチュク氏を引き渡すことで捕虜交換が実現。

ただし、アゾフ連隊のプロコペンコ司令官や第36独立海軍歩兵旅団のボーヴァ少佐などの指揮官は「戦争終結までトルコに留まる」という条件で解放されたのだが、ゼレンスキー大統領は8日「アゾフスタル製鉄所を防衛した指揮官を帰国させた」と発表、どうやら交渉によってトルコが帰国を認めたらしい。

しかしロシアのペスコフ大統領報道官は「トルコとウクライナの双方によって捕虜解放の合意条件が破られた。今回帰国した指揮官は戦争が終結するまでトルコ領内に留まることになっていたが、誰もロシアに通知しないままウクライナへの移送が行われた」と述べ、このような決定はウクライナ軍の反攻作戦失敗に関連しているとも主張している。

ペスコフ報道官は「協定に違反してアゾフの指導者をウクライナに引き渡すという決定は確実に反攻作戦の失敗に起因している。NATOは首脳会談を控えており、トルコも同盟の一員として連帯を示さなければならないことを我々は理解しているが、このような合意条件の違反は誰にとっても好ましいものではない」と述べており、要するに「首脳会談を控えたNATOは反攻作戦の失敗を覆い隠すため、トルコに圧力を加えてウクライナ人指揮官の帰国を認めせた」と言いたいのだろう。

ロシアの主張が正しいかどうかは不明だが、合意条件を破ったトルコを強く批判していないので「何らかの根回し」があったのかもしれない。

因みにアゾフスタル製鉄所で捕虜になった1,900人以上の兵士(内700人以上がアゾフ連隊の兵士)は未だに抑留されたままで、ウクライナ国内では家族が兵士の早期解放を求めている。

関連記事:マリウポリで戦ったウクライナ兵士の捕虜交換が実現、アゾフ連隊司令官も解放
関連記事:アゾフ連隊も降伏してマリウポリが陥落、司令官もロシア軍の捕虜に
関連記事:バラバラになったウクライナ軍第36旅団、マリウポリの戦いの真実
関連記事:ロシア、マリウポリで戦ったアゾフ連隊の捕虜交換を禁じる法案を検討

 

※アイキャッチ画像の出典:Zelenskiy Official

欧州はクラスター砲弾使用に反対、ただし米国の決定にも一定の理解前のページ

侵攻500日目、ウクライナ軍の主要人物達が「前進しよう」と呼びかける次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ドイツ、マルダー歩兵戦闘車とパトリオットのウクライナ提供を発表

    ドイツのショルツ首相はバイデン大統領との電話会談後「マルダー歩兵戦闘車…

  2. 欧州関連

    英海軍、極超音速ミサイル実用化までのギャップを埋めるハープーン更新計画を中止

    英海軍は2023年に寿命が尽きるハープーンを更新する暫定的な対地/対艦…

  3. 欧州関連

    11ヶ国がウクライナ人パイロットの訓練で連合を結成、8月中に訓練を開始

    ウクライナのレズニコフ国防相は「ウクライナ人パイロットのF-16訓練に…

  4. 欧州関連

    ドイツ海軍、空母「グラーフ・ツェッペリン」以来となる空母建造話?

    ドイツ海軍は、海上輸送路確保のために、もっと多くの艦艇を必要としており…

  5. 欧州関連

    黒海に面したブルガリア、10年前に廃止した潜水艦部隊の再建に動く

    ブルガリアは10年前に廃止した潜水艦部隊の再建に動いていたが、ウクライ…

  6. 欧州関連

    歩兵戦闘車の開発に乗り出すイタリア陸軍、数ヶ月以内に開発企業を選定

    イタリア陸軍は老朽化したダルドの交換に150億ユーロ(取得コストは52…

コメント

    • ふむ
    • 2023年 7月 09日

    >指揮官は「戦争終結までトルコに留まる」という条件で解放されたのだが、ゼレンスキー大統領は8日「アゾフスタル製鉄所を防衛した指揮官を帰国させた」と発表、どうやら交渉によってトルコが帰国を認めたらしい。

    うーんルール無用
    これ残りの捕虜の解放にも支障出るのでは?

    17
      • 名前
      • 2023年 7月 09日

      そのロシアの主張する合意が事実かつ有効かどうかわからないので。
      合意があったとするロシアの主張が実際の書面上で存在してないのはよくあること(NATOの東方拡大禁止とか)

      40
        •  
        • 2023年 7月 09日

        ロシアの主張する交換の条件が事実ではないとしてじゃあなんでトルコにとどまっていたとお思いで?

        7
          • renmen
          • 2023年 7月 09日

          ロシアとのトップ会談を控えているタイミングのトルコですが、捕虜の帰還を認めたのみならずNATO加盟の支持と、ここにきて急にウクライナに寄った姿勢を見せています。ところがロシアの非難が、当のトルコではなくNATO各国へと明後日を向いているあたり(ウクライナ加盟に関しては管理人さんが記事にしていた通り、逆に米国を筆頭に慎重派多数)、額面通りの話じゃないでしょうと私も思います。

          12
          • 名前
          • 2023年 7月 10日

          例えば追加の捕虜交換を期待した明文化されていない自主規制であった可能性もありますね
          今のところ仲介したトルコがウクライナを非難してませんよね?
          トルコにしたら面子潰されてるわけで、本当にロシアが主張する約束が存在したのかトルコの反応とかその後の報道を見極めてから決めた方が良いと思いますよ
          ロシアの主張は少なくとも疑ったほうが良いでしょう。
          ロシアの主張がそれほど信頼できるなら、昨年2月半ばには戦争しないと言う言葉も事実であれば良かったんですがね

          3
    • たら
    • 2023年 7月 09日

    「戦争終結までトルコに留まる」

    この条件にどれほどの意味があるのでしょうか?ロシアは何のメリットがあるのか、よくわからなかったのですが。

    4
      • Easy
      • 2023年 7月 09日

      ロシアとしては。
      実務的にはウクライナ側高級将校の捕虜は、ウクライナ側に捕らわれているロシア軍高級将校の捕虜と交換したいんですね。
      ただ、国内向けにはウクライナ側をナチスと認定してナチスを征伐する聖戦をやっていることになっているので、ナチス幹部を正当な捕虜として返還するのは国内的に体面が悪く。
      苦肉の策で、「捕虜はトルコに送った、戦争からは除外される」という方式で格好を付けていたんですね。
      こういう時には通常、約束違反の時のペナルティが別途定められているはずです。このケースだと供託金システムでしょうから、ロシア側は供託金を没収することになります。
      外形的には単に身代金を払って捕虜を取り戻したのと同じですが。
      ウクライナ側はロシアに身代金を払ったとは立場上言えないんです。ロシアに戦争資金を与えるなと諸外国に怒鳴っているのに、自分が払ってましたとは言えません。
      すなわち,双方の内政的要請が噛み合った結果の茶番、という奴ですね。

      33
        • ze4
        • 2023年 7月 09日

        >>こういう時には通常、約束違反の時のペナルティが別途定められているはずです。このケースだと供託金システムでしょうから、ロシア側は供託金を没収することになります。
        外形的には単に身代金を払って捕虜を取り戻したのと同じですが。

        ここに関しては完全に憶測であり本当のところは誰にも分からいので断言するのはやめたほうがいいのでは。
        出てきている情報が少なすぎる中で「○○でしょう」と断言するのはちょっと…。

        10
        • ポンポコ
        • 2023年 7月 09日

        基本はおっしゃる通りです。しかし、ウクライナ兵捕虜の方が断トツに多いので、ロシア兵捕虜が溜まると交換になります。つまり、ロシア側には交換に出すウクライナ将兵は沢山の在庫があるわけです。

        この時の捕虜交換は、ウクライナがプーチンに近い民間人(たしか野党の指導者かテレビ局等のオーナーだったか?)を拘束して、その後にその人のやつれた姿が宣伝されていたのです。それとの交換なんですよ。ロシア兵1人対ウクライナ兵4人くらいの交換比率の時だったと思います。

        ロシア側からするとアゾフは住民を虐殺や処刑していた許せん奴ということだったのですが、上のような事情でアゾフの捕虜交換に応じて、トルコを巻き込んで変則的な形になったのです。

        第36海兵旅団の方は住民に対する虐殺の話もない部隊だったのですが、マリウポリの捕虜でセットになったか、ウクライナに戻りたくなかった?とか。

        ちなみに、この第36海兵旅団は徹底的に戦って壊滅しましたが、強くかつ住民を巻き込んだり虐殺もしない立派な部隊で、バフムト市街最後の93旅団と並んで、私的には評価が高いです。

        ウクライナでは、住民を盾にとって住民を解放したらすぐに降伏したアゾフが英雄になっています。しかし、この36旅団で生き残って奇跡的に退却できた将兵はウクライナで裁判にかけられた?報道の記憶があります。戦争では時々ありますが、皮肉なことですね。

        5
    • 分析
    • 2023年 7月 09日

    これは今回のロシアウクライナ戦争に限らず過去の戦争や将来起きうる戦争でも気になりますが、
    捕虜交換で帰ってきた兵士って経験豊富なベテラン兵になってるわけで、軍役に復帰したら厄介な敵になりますよね。
    戦時中に捕虜交換した場合、返還した捕虜が自軍を殺す事も大いにありうるのですがそこらへんどう整理してるのでしょう。
    終戦後に捕虜交換にならず、戦時中に捕虜交換する意図はなんなんでしょうか。
    交戦中の両国ともメリットがデメリットを上回ると判断しているから、戦時中にも捕虜交換が行われるのでしょうけども
    第二次世界大戦では日米も捕虜交換してたんですかね

    3
      • 伊怜
      • 2023年 7月 09日

      いわゆるジュネーブ条約において、捕虜が送還後に現役の軍務に再びつくことは禁止されていますよ。守られているかどうかはさておき。

      4
      • RAAF–
      • 2023年 7月 10日

      独ソ戦でスターリンの長男とヒトラーの甥の捕虜交換の話が出たけれどスターリンが拒否したんだよね
      後に捕虜収容所内でスターリンの息子は悲観して自殺で終わったけど
      日本海軍の海軍乙事件の福留中将も捕虜対ゲリラへの掃討命令の交換なだけにちと違った
      有れば知りたいですね第二次世界大戦中の捕虜交換

    •  
    • 2023年 7月 09日

    捕虜になる兵士はずっとウクライナの方が多いわけだけどこういうことが起こるならこれからの捕虜交換に支障が出るだろうな
    それでもなおウクライナが帰国させた背景には将校の不足があるんだろう

    5
    • ブルーピーコック
    • 2023年 7月 09日

    半導体の密輸にトルコ人も関わってたから、それ絡みとか?流石に関係ないか。

    1
    • 匿名
    • 2023年 7月 09日

    「反攻作戦の失敗」が一瞬何の話してるのか分からなかった
    緒戦で西側戦車を壊滅させたと大戦果をプロパガンダしまくった結果、ロシア国内に限ってはもう終わった話になってしまったのな

    2
    • アクアス
    • 2023年 7月 09日

    トルコは約束を破ってない、とも言える。
    ロシアは戦争ではなくて特別軍事作戦をやってるだけだから。

    3
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  2. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  3. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  4. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  5. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
PAGE TOP