欧州関連

ベルギー海軍のフリゲート艦がシースパロー発射に失敗、紅海配備を延期

ベルギー海軍はフーシ派封じ込め作戦にフリゲート(ルイーズ・マリー)を派遣したものの、合流前に実施した無人機迎撃訓練でシースパロー発射に失敗、他の迎撃手段も標的の阻止に失敗したため「作戦参加が延期された」と報じられている。

参考:Belgian navy left red-faced over botched frigate exercise

本当にいろいろある、、、

デンマーク海軍のフリゲート(イーヴァ・ヴィトフェルト級1番艦)は紅海での作戦中、フーシ派の無人機と交戦したもののThales製レーダーとTerma製戦闘管理システムの間で問題が生じたためESSMを発射できず、76mm砲弾も30年以上前のもので発射直後に爆発し「効果的な戦闘が行えなかった」と世界中から注目を集めたばかりだが、今度はベルギー海軍のフリゲート(ルイーズ・マリー)が紅海の作戦前のテストでシースパロー発射に失敗して「作戦参加が延期された」と報じられている。

出典:F931 Louise-Marie

ルイーズ・マリーは紅海での作戦に参加するため地中海に到着、12日にスエズ運河を通過してフーシ派封じ込め作戦(Operation Prosperity Guardian=繁栄の守護者作戦)に加わる予定だったのだが、その前に実施された無人機の迎撃訓練でシースパローがランチャーに詰まって発射出来ず、他の迎撃手段(76mm砲、CIWS、機関砲、M134、SMASH搭載の小銃、ベネリM4)も標的の阻止に失敗したらしい。

この結果を受けてベルギー国防省はルイーズ・マリーの作戦参加を無期限で延期、無人機の迎撃訓練に失敗した原因の分析と対策を進めており、同艦は現在も地中海(恐らくクロアチアのドゥブロブニク港)に留まっている可能性が高く、いつフーシ派封じ込め作戦に合流できるのかは不明だ。

関連記事:デンマーク海軍のフリゲート艦がバルト海を封鎖、ハープーンの不具合
関連記事:デンマーク海軍のフリゲート艦、派遣された紅海の作戦中に欠陥が露呈

 

※アイキャッチ画像の出典:F931 Louise-Marie

イタリア海軍が調達予定の新型潜水艦、リチウムイオン蓄電池の開発が順調前のページ

イスラエルは自制ではなく報復を選択、明確かつ強力な反撃を行う次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    NATO事務総長の補佐官、領土放棄とNATO加盟の交換が解決策になると発言

    NATO事務総長の補佐官は15日「(ウクライナとロシアの戦争について個…

  2. 欧州関連

    トルコ、新たに開発した短距離弾道ミサイル「TAYFUN」の試射に成功

    トルコのROKETSANは18日、極秘裏に開発を進めてきた短距離弾道ミ…

  3. 欧州関連

    欧州最大の国防支出を決めた英国、2.3兆円の国防予算増額を発表

    英国のジョンソン首相は19日、冷戦後最大の国防予算引き上げを発表して「…

  4. 欧州関連

    ブラスザック国防相、ポーランドは欧州最強の地上部隊を手に入れる

    ポーランドメディアSieci誌は国防力増強に関するブラスザック国防相と…

  5. 欧州関連

    ポーランド農民によるウクライナ国境封鎖が拡大、5ヶ所の検問所で妨害

    ポーランド農民はウクライナ産農産物に対する関税停止の延長に失望、9日か…

  6. 欧州関連

    英国、無人航空機や無人水上艇を組み込んだ海兵隊のハイブリット戦を公開

    英国防省は17日、海兵隊の地上戦闘に無人航空機や無人水上艇をを組み込ん…

コメント

    • sada
    • 2024年 4月 15日

    現地に着く前で良かったですね
    次は本国でテストしときましょう

    46
      • 774rr
      • 2024年 4月 16日

      本当にそれ

      訓練では幾ら失敗しても良いんだよ 人が死んだ訳でも無いし
      何で上手く出来なかったのか分析して次に活かして頂きたく候

      36
    • 無名
    • 2024年 4月 15日

    これらの国の備蓄から砲弾やミサイルを供与されてるウクライナ大丈夫かな。
    発射しようとしたら爆発とか詰まったとか、整備不良とか使いすぎによる劣化だけじゃなくて元々古いとか欠陥とかあったんじゃないか。

    17
    • たむごん
    • 2024年 4月 15日

    NATOと言っても、アメリカ以外の海軍が、どの程度まともに戦えるのでしょうかね。

    ウクライナ戦争をきっかけに、諸々を見直す事を期待しています。

    29
    • 無印
    • 2024年 4月 15日

    >ルイーズ・マリー
    元オランダ海軍のカレル・ドールマン級の1隻ですね
    就役が1991年ですからあさぎり型と同年代
    あさぎり型がそろそろ退役させる予定なので、そこそこ古い艦ですね

    21
    • 名無し
    • 2024年 4月 15日

    シースパローが詰まって発射できなかったってのは置いといて
    機関砲やSMASH搭載の小銃でも駄目だったってのはどういう事なんだろう

    30
      • nachteule
      • 2024年 4月 17日

       そもそもどんなターゲットだって話。スピードがあってある程度サイズがあるなら頑丈だろうし、小型過ぎるなら狙いにくい。

       ゴールキーパーの威力と射界と探知性能なら、そうそう変な事は無い筈なんだけどな。

       機関砲は旧態依然とした手動単装砲なら空中目標の攻撃のハードルは高いだろうし、SMASHの小銃は海上の揺れやロービジでターゲットの認識が甘かったりすれば効果が出るかも怪しい。ショットガンに関して言うなら弾丸はバックショットかバードショットで威力も違う。攻撃側がある程度分かった上で対策して来たなら、結果はお察しではないだろうか?

      1
    • 黒丸
    • 2024年 4月 15日

    海上自衛隊でいえばあさぎり級と同年代の船ですから、だいぶと老嬢ですね。

    ベネリM4ってどんな銃かと思えばセミオートのショットガンですか。
    本当に最後の最後まで阻止を試みる実践的な訓練だったと思いますが
    でも、これを持ち出した時点で不合格では?

    21
    • 速すぎィッ!
    • 2024年 4月 15日

    ベルギーと言えばNATOタダ乗り代表の筆頭国ですね
    Oryxでも酷いすぎる国防体勢だとやり玉に上がってました。

    リンク
    特にオランダ海軍に丸ごと乗っかっている海軍戦力の惨状は酷いものだそうで。

    15
      • Easy
      • 2024年 4月 16日

      とは言え、あの辺の小国たちがてんでバラバラに海軍を持って運用してるってのも非効率きわまりなく。
      ベルギーみたいな金持ち国は黙ってカネだけ出してた方がいい、というのも一面の真理ではありますよ。
      無理して背伸びして遠洋航海に出したらこの体たらくですから。

      45
    • 名無し
    • 2024年 4月 15日

    ベルギーって海軍あったんだ()

    14
      • k.ziro
      • 2024年 4月 17日

      そりゃまあ植民地も持ってましたし、もめごとも多い国です。

      1
    •  
    • 2024年 4月 16日

    >他の迎撃手段(76mm砲、CIWS、機関砲、M134、SMASH搭載の小銃、ベネリM4)も標的の阻止に失敗したらしい。
    来るのがわかってる訓練で失敗してるならSMASHやっぱ駄目なんじゃ

    18
    • あばばばば
    • 2024年 4月 16日

    実は欧州の海軍と北朝鮮の海軍を比較したら、北朝鮮の海軍の方がまだマシレベルなのでは……。

    17
      • 名無し
      • 2024年 4月 16日

      なんだかんだ、カタログスペック以前の問題で、撃って飛ぶのは、すげー優秀なんだと。。。

      9
    • 匿名
    • 2024年 4月 16日

    これは予算削減の成果?平和ボケのたまもの?

    9
    • 名無し
    • 2024年 4月 16日

    そもそもイスラエル助ける必要なくない?

    7
    • 戦略眼
    • 2024年 4月 16日

    海自は、大丈夫だよね?

    5
    • 58式素人
    • 2024年 4月 16日

    何だかですが。
    お金をケチりながら、見栄を張っている印象。

    3
    • ポンコツ
    • 2024年 4月 16日

    フーシ派封じ込め作戦サボるための演出では?

    2
    • 通りすがり
    • 2024年 4月 19日

    どれくらいの高度と速度かは判らないけど、ESSMから撃ってて最終ラインがショットガンで落とせるかもなんてやったなら、対応距離と時間はある程度あったし、速度も低速だった筈だけど、砲口兵器全て外れるってヤバいよね。
    ショットガンで落とせる気ならCIWSでハチの巣に出来るレベルの自爆ドローンかなんかだろうに…海面高度1m以下とかで迫って来たのか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  2. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  3. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  4. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  5. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
PAGE TOP