中東アフリカ関連

イスラエルは自制ではなく報復を選択、明確かつ強力な反撃を行う

国際社会はイスラエルに自制を求めたが、Keshet12は15日夜「戦時内閣がイランに対して明確かつ強力な反撃を行うと決定した」と報じ、ハレヴィ参謀総長も「イランの攻撃に対して何らかの対応が行われるだろう」と述べたため、イスラエルは自制ではなく報復を選択したようだ。

参考:הצמרת המדינית והביטחונית החליטה: “להגיב בצורה ברורה ונחרצת”
参考:Liberman: US knows we need to hit back at Iran; we must seek ‘maximal coordination’

参考:IDF chief says Iranian attack ‘will be met with a response’

イスラエルは自制ではなく報復を選択したようだ

イラン国連代表部は14日の攻撃について「報復は終結したと見なしていいが、イスラエルが再び過ちを犯せばより厳しい対応を取る」と発表、国際社会はイスラエルに自制を求め、New York TimesやTimes of Israelは「攻撃の被害が軽微だったことを受けてネタニヤフ首相は報復攻撃を中止した」と報じていたが、Keshet12は15日夜「戦時内閣がイランに対して明確かつ強力な反撃を行うと決定した」「反撃は米国と調整した上で行われるため15日(現地時間)に行われる可能性は低い」と報じている。

野党のアヴィグドール・リーベルマン党首も「イスラエルはイランの攻撃に対して反撃を行う以外に選択がないが、これは最大源の調整を行う必要がある」と、ハレヴィ参謀総長も「イランの攻撃に対して何らかの対応が行われるだろう」と述べており、イスラエルは自制ではなく報復を選択したようだ。

どの程度の規模でイスラエルが報復を行うのかは不明だが、同等規模の攻撃でやり返せばイランも再報復に出る可能性が高く、そうなるとイスラエルとイランの衝突は全面戦争に発展するかもしれない。

関連記事:ネタニヤフ首相が即時報復を中止、イランの全面衝突は回避される見込み
関連記事:イスラエル軍元准将、イランの攻撃阻止にかかった費用は1,600億円以上
関連記事:イランが200発以上の無人機とミサイルで報復、イスラエル側は重大な対応を計画中
関連記事:イランが報復攻撃を開始、100発以上の無人機や弾道ミサイルをイスラエルに発射
関連記事:バイデン大統領、イランはイスラエルへの報復攻撃を遅かれ早かれ行う
関連記事:イランの報復攻撃、48時間以内に無人機やミサイルでイスラエルを攻撃か
関連記事:ファランクスのバースト射撃にかかる費用は4,600ドル~6,900ドル
関連記事:安価な無人機やミサイルの迎撃コスト問題、米海軍も紅海でジレンマに直面

 

※アイキャッチ画像の出典:Israel Defense Forces

ベルギー海軍のフリゲート艦がシースパロー発射に失敗、紅海配備を延期前のページ

アウディーイウカ方面の戦い、ロシア軍がオケレタイン方向に突破中次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    K9の現地製造契約に署名予定のエジプトと韓国、K2の現地製造についても協議中

    カイロで開幕した防衛装備品の展示会「EDEX2021」でエジプトと韓国…

  2. 中東アフリカ関連

    フランス、ウクライナ提供を検討していたミラージュ2000のモロッコ譲渡に同意

    スペインのLa Razónは15日「フランスはアラブ首長国連邦からミラ…

  3. 中東アフリカ関連

    三菱電機がエジプトとレーダー輸出について協議中、ネックは米国の承認か

    三菱電機がエジプトに売り込み中のレーダーシステムは「ライセンス契約や技…

  4. 中東アフリカ関連

    狙いはS-400の情報収集? ロシアが警戒するイスラエルのF-35特殊試験機

    米国のステルス戦闘機に深刻な影響を及ぼしているロシアの防空システム「S…

  5. 中東アフリカ関連

    飛ぶように売れるトルコ製UCAV、輸出制限に不満が募るイスラエル企業

    イスラエル防衛産業界は政府がUCAVの海外輸出を制限しているため「飛ぶ…

  6. 中東アフリカ関連

    敵対勢力によるサウジアラビアとシリアへの首都攻撃、飛び交うミサイルと無人航空機

    イランはフーシを通じてサウジアラビアの首都リアドにミサイル攻撃を仕掛け…

コメント

    • 2024年 4月 16日

    これぞ♰憎しみの連鎖♰

    25
      • ふむ
      • 2024年 4月 16日

      というか、ここからアメリカ巻き込む為に領事館攻撃したのではないかと…

      最初からエスカレーションが目的だから、自制する訳が無かったという事ですかね
      迎撃に費用掛かったはずが強気ですね
      どこかで補填する算段でもあるのでしょうか

      52
        • 犬の〆
        • 2024年 4月 16日

        いま我慢しなくちゃいけなくても、トランプになれば風向きが変わると思ってるとか?

        9
    • 2024年 4月 16日

    まとまった攻撃でイランに最小限の被害を与えるさじ加減が難しい。イランの痛み分けの提案を無にして一体誰得なのだろうか?

    62
      • ななし
      • 2024年 4月 16日

      イランはロシアを支援中でシャヘド等を大量提供してるから保有する数が減少しているだろうし
      ロシアも中国も軍事的な支援ができないだろうから、イスラエルにとって大義名分を振りかざしてイランを叩ける千載一遇のチャンスなのでは?と判断してるのかも

      19
      • たむごん
      • 2024年 4月 16日

      仰る通りです。
      ハマスの攻撃と異なって、イスラエルの抑止力が損なわれたようにも見えません。

      イスラエルの落し所が、さっぱり分かりません。

      11
        • 名無し
        • 2024年 4月 16日

        >イスラエルの落し所

        落とし所というか、やりたかったのは多分、これ。

        (1)イランと開戦
        (2)戦争状態下で、堂々とイランの核開発施設をミサイル、航空機で破壊する
        (3)核開発施設攻撃については、ワンチャン、アメリカの戦略爆撃機(通常弾頭)にも加勢してもらう。ダメなら空中給油機の支援要請。
        (4)施設破壊後は、国境は接してないので、国土はおびやかされないまま、なんとなく終了

        イランの核兵器をあらかじめ折っておくことで、エスカレーションが起こっても、国土が保全されるようにし、
        それによってイスラエル側発のエスカレーションの選択肢も増やせる。

        なんで、イランに鉾を収めてもらっては困るんだな。イスラエルは戦争したいんだから。

        16
          • たむごん
          • 2024年 4月 16日

          イランの核施設の破壊は、仰る通りと思います。
          過去イラクの原発を破壊しましたが、湾岸戦争の時にイスラエルにミサイル発射したくらいしか攻撃できていないですからね。

          アメリカの助力は、バイデン大統領再選が厳しくなっている事を考えると、イスラエルの見通しが甘いと感じています。
          中東の騒乱は、インフレ対策(選挙の最優先課題)にとって、原油価格値上がり・輸送混乱になり天敵ですからね。

          5
          • daishi
          • 2024年 4月 16日

          イスラエルは過去にイラクでも燃料装荷前の原子炉破壊をF-16と護衛のF-15でやってますから、「やりそう」ではあるんですよね。

          イスラエル空軍自体が空中給油機型のボーイング707を保有しているので、空中給油はアメリカを頼らずともできそうですが、イスラエルから直接イランに行こうとすると、ヨルダンまたはサウジ、イラクと通過することになるので、国境ギリギリで空中給油しても足りなさそうです。

          7
            • elmoelmo
            • 2024年 4月 17日

            当時イスラエルが破壊したイラクの原子炉は燃料装荷前でしたが、今イランの核施設を爆撃したらかなりの放射能汚染が生ずるのではないでしょうか?

            イランの一部が人の住めない土地になったとしても、ネタニヤフは自業自得だと嘯くのか?さすがに欧米も庇いきれなくなると思いますが…。

            2
              • daishi
              • 2024年 4月 17日

              コメントをいただいて少し調べてみました。

              イランの核施設、特にウラン濃縮施設は複数回の攻撃を受けているのですが、物理侵入者によるサイバー攻撃(stuxnet)、遠心分離器の工場破壊、電源設備の破壊で後者二つはイスラエルの関与が疑われていますね。

              トップガン・マーヴェリックのように難攻不落のウラン濃縮設備ではないと思われますから、濃縮設備そのものを航空攻撃するのではなく、別の方法で報復することはまたあるかもしれません。

      • 犬の〆
      • 2024年 4月 16日

      何が何でも米国を巻き込みたいのかな~と
      イランを攻撃→ペルシャ湾の輸送コスト増→原油高→米国関与の国際的な圧力増→米国参戦。
      ペルシャ湾のリスクが高くなれば、そろそろ古くなったガザのコンテンツも飽きられてくるはずなので、皆もそっちを向いてくれるし、ガザへの攻撃ももうしばらく続けられるよね?トランプが勝ったら風向きが変わるかもしれないし。今はとりあえず戦争止めないようにしとこうか。 とか?
      もちろん、根拠はなく、私の推測でしかありませんが。。。

      11
        • elmoelmo
        • 2024年 4月 17日

        トランプが勝ったら、アメリカはイスラエルを無条件・無制限に支援するのでしょうか…?

    • マダコ
    • 2024年 4月 16日

    イランの場合、防空網に関してはどうなんでしょうか?どうしてもイラクを想像してしまいますが、それほどしっかりとしている印象は無く、同程程度の攻撃を受けるなら、それなりの損害が出そうな気がしてなりません。そうなると、全面戦争の可能性は上がるわけで、そこは回避してほしいところ。先日の攻撃で痛み分けとはいかないものでしょうかね?

    17
      • 一般通過OSINT
      • 2024年 4月 16日

      > イランの場合、防空網に関してはどうなんでしょうか?

      そんなことを考える前に、イスラエル軍の手元に航続距離最低でも1500㎞飛べる飛び道具あるかどうかだ、片道F35でもなければさらに2倍。
      なぜシャヘド136が今世紀一番恐らい兵器かというと、推測航続距離は1800km以上、最大50㎏の弾頭(155mmりゅう弾一発もせいぜい10kg程度)を搭載できるのに製造コスト2万ドルちょい、何台のF35を何回出動すればこれぐらいの効果を得られるのでしょう

      9
        • 戦闘機
        • 2024年 4月 16日

        F-15、F-16でも増槽つけたら4000kmは余裕で飛ぶのでイスラエル所有の戦闘機だと、全部いけますね。
        実際に爆撃するとなると、先払いの防衛網破壊用のグループと爆弾グループになるから別れると思いますが。

        17
          • 一般通過OSINT
          • 2024年 4月 16日

          イラン「あっそう、100発シャヘドでお返しします」
          そもそも1500kmはほぼ直線距離だし、まさかF35ならばともかく増槽つけたF16やF15も探知できない、シリア国内誰もいないとても?
          別に途中で撃墜しなくでも、イスラエル国内の飛行機場を一時的に利用不能にすれば帰す場所のない戦闘機を吊し上げれます、修復まで空中給油機で延命してもいいですかね。
          また、ソレイマーニー殺害への報復とそれ以後のエスカレーションに備えるため、イラン側は無人機と弾道ミサイル合わしておよそ500発までも用意したものの、アメリカはさらなる反撃しなかったため沈静化にしたが、今回はどれたけ準備したか、アラーのみぞ知る

          3
            • 戦闘機
            • 2024年 4月 16日

            シャヘド136が万能兵器か何かと勘違いされてるみたいですけど、時速200km以下しか速度が出ないんで、攻撃前に飛ばさ無いと爆撃した戦闘機が飛び立って戻っても着地間に合う代物ですよ?大体戦闘機の巡航速度が大体マッハ0.9なんで五倍くらい速度違うんで。
            あとイランは好き勝手してるせいで、周辺国は味方と言う訳じゃ無いですよ?
            こっちを巻き込むなすり寄ってくるなで、自国に被害が出ないなら無視です、下手に相手すると巻き込まれますから。

            7
              • 一般通過OSINT
              • 2024年 4月 17日

              > 時速200km以下しか速度が出ないんで、攻撃前に飛ばさ無いと爆撃した戦闘機が飛び立って戻っても着地間に合う代物ですよ

              左様でございます。
              だから、いま155㎜りゅう弾3発相当な無人機が君の所にゆっくに飛んてきます、ゆっくりし過ぎでイランからイスラエルまで到着するだけでも5時間がかかる、さてさてこんなポンコツ兵器ですが迎撃するか、しないか?どんな兵器で迎撃するか?
              別にシャヘド136はガンダムでもデス・スターでもないですが、無視できないからこそ厄介ですよ、しかも弾道ミサイルと混ぜて発射時刻ずらして同時着弾するようなイヤラシ真似をするこそ恐ろしいところですよ。

              1
                • 戦闘機
                • 2024年 4月 17日

                費用効果等をみると、シャヘドを撃墜するなら速度等の関係で、無人機、戦闘ヘリが一番ですかね。スティンガーを載せれば400万円くらいで落とせますし、AWACSで事前に位置を特定すれば、速度を合わせるのが容易ですから。
                基地を狙うなら集弾率が高まるので迎撃が容易になり、どちらかと言うと都市部にバラバラに発射して防衛網から漏れる事の方が怖いですし。

              • せい
              • 2024年 4月 18日

              日本とイランは歴史的に関係も深く、石油も大量に輸入してるから、戦争なんかされたら被害しかないよ
              ほんとに止めて欲しい

            • 名無し
            • 2024年 4月 16日

            シャヘド程度の弾頭重量では、100発打ったところで
            飛行場破壊はできないでしょうね

            3
              • 一般通過OSINT
              • 2024年 4月 17日

              別にシャヘド程度で破壊できるとは考えてないし、いままでの行動パターンでは必ず弾道ミサイルと一緒に出撃から実際ダメージを与える役は弾道ミサイルだし、飛行機場を一時的に利用不能できればいいというわけです、そもそも本当に戦闘機を燃料切れで落ちることも期待してないし、一時的にイスラエル空軍の稼働率を下げれば、周辺の友軍(主にヒスボラ)に有利な状況を作りだせれば十分価値がある作戦になります。

                • 戦闘機
                • 2024年 4月 17日

                何か自分の意見が間違ってないと二転三転と意見変えられてるみたいですけど、攻撃する、弾道ミサイルとシャヘドや巡航ミサイル等の迎撃する兵器は別で空軍基地は分散して防空してる分影響少なく、弾道ミサイルで飽和攻撃するのでは、シャヘドの必要性がないでしょう。
                ウクライナでもシャヘドの使い方は基地攻撃より都市部に分散させて迎撃ラインをすり抜けるのを狙われてるみたいですし。

                3
        • 名無し
        • 2024年 4月 16日

        あいつらなら、普通に空中給油するでしょ。イラク上空で。領空侵犯して。
        なにか問題でも?レーダー範囲外でやれば、イラク側は気づきすらしねえよ。

        11
        • kitty
        • 2024年 4月 16日

        F-35Iの機外増槽ってまだ完成していなかったような。空中給油で凌ぐしかない。

        まともな東側防空網の存在する戦場でのF-35の初実戦って米国が許可するのかなあ。
        イスラエルだから充分甘やかされているでしょうけど。

        3
          • あまつ
          • 2024年 4月 16日

          以前F-35Iでイラン領空に侵入して偵察活動をしたって公表してたので往復できるでしょ(フェイクの可能性は有り)。
          その際イランは侵入そのものに気づかなかったって話。
          武装がどのくらい積めるか分からんけど機内装備のみなら2000lbJADM2発。
          これを先行させてSEADやれば航続のF-15や16が行動しやすくなる。
          間に挟まれたヨルダンはたまったもんじゃないな・・・。

          7
            • kitty
            • 2024年 4月 16日

            写真はF-16ですけど今回のシリア攻撃はF-35Iでのミサイル攻撃だったそうです。
            シリア軍には一応S-300はあったという噂ですが確認情報ではないです。

            偵察任務だと少ないAAMでの兵装でしょうから、戦闘半径は伸びそう。

            1
      • 名無し
      • 2024年 4月 16日

      イランはS-300とS-300の国産コピー品保有してるのでウクライナのような戦い方はできるかと。

      10
    • ななしのシロウト
    • 2024年 4月 16日

    4月14日のイランの攻撃を防ぐため、イスラエルはかなりの量の防御力を使用した
    今後イスラエルがイランを攻撃した場合、イランも再度ミサイルやドローンの攻撃をすることが考えられるので、イスラエルの防御力がどれだけ残っているのかがポイントになるような気がする

    27
      • 戦略眼
      • 2024年 4月 16日

      予算の方が、ね。

      5
    • 名無し
    • 2024年 4月 16日

    イランが微妙なさじ加減で報復したというのにほんとこの国だけは

    46
      • 犬の〆
      • 2024年 4月 16日

      ほんとうにそうですよね。今のイランは昔に比べて比較的穏健ですが、うっかりホメイニのような過激な指導者が祭り上げられるようなことになったら、どうするつもりなんでしょうね。

      14
    • M774A6
    • 2024年 4月 16日

    パレスチナでの作戦が泥沼ってるので別方面で戦果挙げたいのでしょうか。
    ハマスパレスチナへの反撃は、昨年10月時点では憎しみの連鎖の中でイスラエルのこれまでの行いが招いた面はあれど、あそこまでやられては何らかのリアクションを起こさざるをえないのは理解しました。人質もいましたし。多くの国はイスラエル側の軍事的リアクションはやむなしとしていました。しかしその後はあまりにあまりな展開になっています。
    ここでイランに対して軍事的ポイントを稼ぎたいのでしょうか。しかしそのやり方は、戦域の規模は違えども中国大陸が泥沼ったので太平洋に活路を求めた80年前の日本のようにも見えてきます。あのような全面戦争には発展させないことを前提にしているのでしょうけども本当にコントロールできるのか。いくら軍事的ポイントを局地的に稼ごうともそれでイランが屈服するとも譲歩するとも思えずただ一時の溜飲下げるのみ、かといってイランを屈服させるべく全面戦争へエスカレートするのこそありえず、ただイスラエルにとって最悪の道を突き進んでいるように見えます。
    特にイスラエルシンパではないながらも亡国の道を突き進むように見えるのはさすがに心配になります。その過程で多くの犠牲が生じます。どうか私が見当違いでありますように。

    25
      • kitty
      • 2024年 4月 16日

      私もイスラエル人には毛ほどの共感を覚えませんが、この国はアトミック最後っ屁という恐るべき危険要素がありますから、心配にはなります。

      19
        • 犬の〆
        • 2024年 4月 16日

        それをやったら、パレスチナはユダヤ人にとって違った意味での約束の地になりそう。

        5
    • ひろゆき
    • 2024年 4月 16日

    ミサイル防衛コストが釣り合っていないけど、どうせ費用と物資は米国が持つからイランの核保有を阻止するために攻撃したろの精神を発揮するのやめーや
    イスラエルのせいで米国の防衛力がまた更に分散されてガチで台湾有事が起きちゃうだろ

    27
    • 名無し
    • 2024年 4月 16日

    面白くなって参りました

    13
    • バンダイは早くジムⅢのMG作ってくれ
    • 2024年 4月 16日

    地上戦になるかな?
    イラクがどうするかわからないけど
    空母艦隊がウロチョロしてるかぎり、めったなことはできなさそう?

    メルカバとペレフもっと見たかったなー

    • 58式素人
    • 2024年 4月 16日

    イランの報復攻撃は、報復のデモンストレーションだけではなかったですね。
    他記事によると、F35の居る基地やネゲブ砂漠の基地を狙ったみたいですね。
    あわよくば、の考えがあったのかな。

    2
    • 名無し
    • 2024年 4月 16日

    あれ?バイデンに自制を求められて応じたんじゃ無かったんか?
    結局国内の報復派を抑えられなかったか

    23
      • のー
      • 2024年 4月 16日

      目的はネタニヤフ政権の延命ですしょう。
      政権の支持率が低すぎるので、このまま選挙になると確実に負けます。
      昨年のハマスの攻撃を防げなかった責任をうやむやにするために、国益なんか無視して戦線を拡大したいのでしょう。

      27
        • Easy
        • 2024年 4月 16日

        当日即時の再反撃はやらないというだけで。
        そもそも他国の領事館を爆撃してる時点で全面戦争やる気満々ですよ。
        落とし所を考えて妥当なところで終わるだろうと思ってしまうのは我々日本人の正常性バイアスでして。
        この世界には「我々にとってより良い世界にするためには核戦争も手段の一つ」程度に考えてる連中が実際にいるわけです。

        43
    • Artillery
    • 2024年 4月 16日

    米国と調整しているらしいので、イスラエルにしては自制している方ですね。
    (大使館爆撃は調整無しにやってますから)
    米国はエスカレーションは望んでいないでしょうから、規模としてはそこまで大きくない反撃になるのではないでしょうか。

    7
    • はる
    • 2024年 4月 16日

    即時報復は避けたのに結局やるのは国内抑え切れてないやん
    最近のイスラエルの行動は酷いフィクションのようだわ

    22
    • 傍観者
    • 2024年 4月 16日

    中東では無敵のアンタッチャブルに見えたイスラエルの限界が丸見えになった。イスラエル軍は武装していないパレスチナ人は大量に殺戮したがハマス掃討には失敗、伝説のモサドは他国でのテロ工作にかまけて自国の防衛では機能していないように見える。なりふり構わない殺戮の結果ホロコーストの被害者という同情を永遠に失った。少人数のハマスに粘られ振り回されイスラエル軍の実力が満天下に晒されたついにイランに公然と本土を攻撃されるに至り西側の総力を上げた防空作戦でも多数のミサイルの着弾を許した。防空は長期戦に耐えられない。イスラエルは人口は少なく国土は極めて狭く経済力も弱く継戦能力は乏しくアメリカ次第。このままの所業を続けるとシオニストたちはアラブ人とペルシャ人の大海で溺れ再度国を失うのは必定。安定的に国を持つことのできない者たちの行動は結局自滅だ。

    36
    • 永田
    • 2024年 4月 16日

    イスラエルが報復するのは勝手だけども
    皆さんに聞きたいんですが
    このイスラエルの報復とその後さらにあるであろうイランの報復に
    アメリカや西側・ヨルダンなどは今後もイスラエルに協力し続けるんでしょうか?
    アメリカはイスラエルがどんな滅茶苦茶なことをしても中東政策の根幹であるイスラエルの匙を投げるのはほぼ不可能だと思いますが
    それはイランとの全面戦争にアメリカが巻き込まれることを意味しますよね?

    14
      • 田下
      • 2024年 4月 16日

      正直言うと、イスラエルとイランは距離が離れ過ぎてて、地上戦力が送り切れないので航空戦力と弾道ミサイルでの殴り合いしか無いのですが、イラン側に増槽付けてもF-14しか飛べる機体が無いので弾道ミサイルでのしか無いので踏み込もうにも踏み込めないのでは無いでしょうか?
      正直言うとイランは周りの国と仲良く無いですし。

      20
        • 理想はこの翼では届かない
        • 2024年 4月 16日

        でもその弾道ミサイルは核を搭載できるので、エスカレーションが続けばいつかは核戦争になりかねないのを危惧しているのですよ

        4
          • 航空太郎
          • 2024年 4月 17日

          イランって核弾頭を持ってましたっけ? まだ自前の起爆実験もやってないですよね?
          イスラエルの方は100発くらい実は持ってるなんて囁かれてますけど。

          1
            • kitty
            • 2024年 4月 17日

            ウィルス仕込んでウラン濃縮用遠心分離機ぶっこわしたスパイ作戦はすごかったけど、それくらいで諦めたとも思えないのですが進展はなかったのかな。

      • k.ziro
      • 2024年 4月 16日

      かつての中東の盟主エジプトは人口増えすぎてヨタヨタしてるし、
      シリアも焼け野原、レバノン、ヨルダン経由でイラン系武装勢力を送り込めても正規軍は送れないだろう。

      イギリスは前のめりだけど、アメリカはまた反イラン勢力をでっちあげて支援するぐらいしか出なさそう?

      5
    • たむごん
    • 2024年 4月 16日

    イスラエルの、『反撃は米事の調整…』とのことですが、バイデン大統領は攻撃に参加しないと伝えています。
    アメリカの世論は、イスラエルに対してガザ紛争をきっかけに、大きく悪化していますがどうなるのでしょうかね…。

    イスラエルは奇襲攻撃の反撃で、被害者アピールしたいようですが、そんなに上手くいのかなあと。
    マクドナルドなど、グローバル企業の対応を見ても、イスラエルを損切りしにいっているように見えます。

    アメリカのユダヤ人でさえ、特に若者を中心に、イスラエル不支持(ガザ紛争)が以前よりも増えているという話もあるようですね。

    (2024年3月28日 【28日】米世論調査 イスラエル軍事作戦“支持せず” 過半数に NHK)
    (2024/04/06 マクドナルド、イスラエル国内の全店舗直営化…軍に無償提供で不買運動招く 読売新聞)
    (2024.04.15 バイデン米大統領、イランへの攻撃に「参加しない」 イスラエルに伝える CNN)

    20
      • ahoge
      • 2024年 4月 16日

      世界各国のユダヤ人(を自称するグループ)は、イスラエルがユダヤ人の代表選手面で虐殺してるのに迷惑してるから。
      ついにはイスラエルの人間がユダヤというアイデンティティを失いそうになってるのが草なんだ。
      これが逆破門ってやつか。

      12
        • たむごん
        • 2024年 4月 16日

        仰る点、感じますね。

        (自称)ユダヤ系アメリカ人の反応を報道などで見ると、非常に迷惑しているように感じている人もいるように見えます。

        イスラエルが、今までのように被害者ムーブ(対イラン)をしても、草の根レベルでは相手にされにくくなっていますね。

        8
    • 中東
    • 2024年 4月 16日

    ヨーロッパの殆どのユダヤ人が第二次世界大戦前後からアメリカと英国領のパレスチナに
    大移動した結果、イスラエルが建国され米国の政治経済をコントロールできる勢力となった
    ヨーロッパ人から見れば厄介払いだが土地を乗っ取られたパレスチナ人には厄災でしかない
    中東のシーア派イスラム勢力は偽りの国イスラエルを滅ぼすまで戦い続けるだろう
    日本が第三次世界大戦に巻きこまれて滅びない為には憲法改正し核抑止力を持つしかない。

    10
      •     
      • 2024年 4月 16日

      いきなり話が飛んで吹き出してしまった
      今のまま憲法改正&核武装したらどうあっても参戦させられるでしょう
      核武装の過程で米国傘下から脱するということでしょうか?

      13
    • あばばばば
    • 2024年 4月 16日

    ISISとの戦いから十年は経っただろうか、シリア、イラクなどの地上戦力は回復したのか
    イラン・イスラエルが地上戦力を派遣しようとしたら、間に挟まる国は最善で無害通航、普通に考えてヒャッハーされる未来が目に浮かぶ。
    かといって、報復の応酬が繰り返されたら、双方空爆合戦じゃ収まらないだろうし、イラン側にはロシアが何かしらで支援するのは見えてるし

    4
    • イーロンマスク
    • 2024年 4月 16日

    ネタニエフは西側の力を過大評価してないか?
    イラク戦争の頃G7はGDPシェアは65%あった
    今は40%ちょい
    反面BRICSは10%しかなかったが30%まで伸びた
    力が拮抗してきている

    27
    • 765
    • 2024年 4月 16日

    領事館を攻撃したイスラエルが悪い→◯
    イランが弾道ミサイル120発+巡航ミサイル30発+ドローン160機を撃ち込むのは適切な反撃→✕
    でしかないよなこれ

    そういやテロの報復に同じようなことして世界から避難を浴びてる国がどこかに……

    6
    • いよいよか
    • 2024年 4月 16日

    イスラエルのユダヤ人がアメリカのユダヤ人を引きずり込む(実質はアメリカ市民)ための予備動作じゃないですか。岸田首相がアメリカに招待されてパートナーシップの確認したのも無関係じゃないような。 イスラエルによる偽旗作戦のテロの予感がしませんか?間違いならいいですが、個人的にウォール街とシティの可能性が高い気がします。

    10
    • 幽霊
    • 2024年 4月 16日

    そういえばイランもイスラエルも互いを攻撃する時は間にある国に飛行許可を取るんでしょうか?
    飛行許可を取らなければどちらも迎撃されそうですけど。

    3
    •     
    • 2024年 4月 16日

    死者が出ない方法を検討しているとも報じられていますし、プロレスのまま終わってほしいですね…

    4
    • パラベラム
    • 2024年 4月 16日

    平和ボケどころか明確な信仰をもたない我々多くの日本人には到底理解できない話だと思う。
    信じる宗教が異なる集団同士はいとも簡単に戦争を引き起こしてきたし相手が流す血の量なんて歯牙にもかけない。
    個人的には次に核兵器を使用するとしたら生存をかけたイスラエルか憎しみの頂点に達したイスラエルの敵対国家だと思ってる。
    だからこそイスラエルは敵対国家が核技術を持つ可能性を察知したら他国の理解を超えたレベルで容赦は出来ない筈。
    これ位のプロレスで終始しているのはある意味ここでは平和なのかも。

    6
    • 航空太郎
    • 2024年 4月 17日

    イランはあまりに距離が離れ過ぎているから、イスラエルが攻撃するとしたら、国産の弾道ミサイルであるエリコシリーズを撃ち込むくらいしか選択肢がない気がします。ただ、イランにあるS-300では弾道弾迎撃は無理だろうから、下手に核関連施設にでも撃ち込めば、通常弾頭だったとしても結構な被害と広域の放射能汚染くらいはできてしまうのが怖いですね。

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  2. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  3. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  4. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  5. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
PAGE TOP