欧州関連

ドイツ海軍、P-8A調達後もフランスと共同で進めるMAWS開発を維持

ドイツ海軍の関係者は開催中のベルリン航空ショーで「P-8A調達はP-3CとMAWSのギャップを埋めるための機材で、フランスと共同で進めるMAWS開発を維持する」と述べて注目を集めている。

参考:German Navy recommits to MAWS for long-term airborne maritime patrol requirement, interim P-8A programme on track

バルト海や北欧海域での任務が増えることが予想されるため5機では足りないのかもしれない

ドイツ海軍の中古P-3Cは近代改修に失敗したため予定よりも10年早い2025年の退役が決定、後継機としてフランスと共同開発する予定の新型海上哨戒機(MAWS)が完成するまで繋ぎの機体が必要になり、フランスが提案した対潜哨戒機「AtlanticII」のリースを蹴って米国からP-8A導入に踏み切ったのだが、この決定に仏メディアは「一時的な解決策としてP-8Aを調達するいうドイツ人をフランス人は誰も信じていない」と報じており、仏装備総局のバール総局長も「MAWSプログラムを再考せざるを得ない」と議会の公聴会で証言している。

出典:Bundeswehr/Maximilian Schulz

ドイツはフランスと約束したティーガーのアップグレードや対戦車ミサイルの共同開発も反故したことがあり、フランス人はMAWSの共同開発も「P-8Aを手に入れたドイツ人が約束を反故にするだろう」と思っている意味で、疑わしくなってきたドイツ人の要求を受け入れA320neoベースでMAWSを開発を進めるより、フランス単独でFalcon10Xベースの新型海上哨戒機を開発した方がマシだと言いたいのだ。

この問題についてドイツ海軍の関係者は開催中のベルリン航空ショーで「P-8A調達はP-3CとMAWSのギャップを埋めるための機材で、フランスと共同で進めるMAWS開発を維持する」と述べて注目を集めている。

ドイツ海軍は8機(稼働機4機)の中古P-3Cを更新するためP-8Aを5機調達予定で、現実的にMAWSを調達するなら対潜哨戒部隊を拡張するかなく、ショルツ首相はウクライナ侵攻を受けて国防予算の大幅増額を発表しているため対潜哨戒部隊を拡張する資金は十分確保でき、主に欧州海洋部隊主導のアタランタ作戦(ソマリア沖の海賊対策)に派遣されている哨戒機の需要は今後、バルト海や北欧海域での任務が増えることが予想されるため5機では足りないのかもしれない。

果たしてフランスと共同開発する予定の新型海上哨戒機(MAWS)は形になるのか、それとも枠組みが崩壊してフランスがFalcon10Xベースの新型海上哨戒機を単独開発するのだろうか?

関連記事:仏独の新型哨戒機開発の行方、フランス人はP-8Aを導入したドイツを誰も信じていない
関連記事:スリリングな展開を見せていたドイツのP-3C後継機問題が決着、議会がP-8A導入を承認

 

※アイキャッチ画像の出典:AIRBUS

ロシア軍がゾロテ周辺の入植地を制圧、米国もセベロドネツクからの撤退を確認前のページ

AN/APG-83を搭載したF-16が増加、米軍仕様と輸出仕様では異なる点も次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ロシア軍が航空戦力を準備している理由、ウクライナ軍の予備戦力を叩くのが目的?

    Times紙は国際戦略研究所の指摘を引用して「ウクライナ軍が春攻勢を阻…

  2. 欧州関連

    ロシア軍のEW能力が効果を発揮、GPS誘導兵器は目標を外しドローンも制圧

    The Economist紙は23日「静的な接触線が出現したことでロシ…

  3. 欧州関連

    英海軍もハープーンの後継にNaval Strike Missile導入を決定

    米海軍に次ぐネームバリューをもつ英海軍もKongsberg製のNava…

  4. 欧州関連

    米国製兵器も使用可、NATO規格の攻撃機「Su-25」が輸出OK?

    南コーカサス(もしくは東欧州)に位置するジョージア(旧グルジア)のガリ…

  5. 欧州関連

    ウクライナにCaesar提供したデンマーク、納期が早いATMOS調達を決定

    ウクライナ国防省は13日「提供を約束したCaesarがデンマークから到…

  6. 欧州関連

    ルーマニアの最高国防会議がF-35A導入を発表、M1エイブラムス調達も検討中

    ルーマニアのヨハニス大統領が主催する最高国防会議は11日「空軍の近代化…

コメント

    • 折口
    • 2022年 6月 25日

    今後の展開次第では黒海西岸のパトロール/対潜哨戒任務みたいなのがNATO/EU加盟国で持ち回りで発生する可能性は全然ありますから「必ず裏切ると決まった訳では無い」のは確かですよね。重要なのは十数年後にNAWSプログラムの機体が完成した後、ドイツが新規購入したMAWSのぶん海軍飛行隊を増強できるか、あるいは既存のP-8Aを転売するなりしてMAWSの枠を維持できるかですよね。その部分までひっくるめて全然信用されてないのはもうドイツの日頃の行いのせいなので庇いようがないですが。

    16
    • anon
    • 2022年 6月 25日

    P-1はこんなに日本以外誰にも売れないものになってしまうのか

    8
      • FF-X7
      • 2022年 6月 25日

      そりゃあP-1は「日本の、日本による、日本のための」哨戒機ですし。
      そんなホイホイ売れるワケないでしょう。
      そもそも対潜哨戒機を必要とする国で、かつP-1クラスの機体が必要な国となると数えるほどしかないのでは?
      そして、それらの国はアメリカのP-8を導入した方が色々と安心って言う…。

      54
      • 名無し
      • 2022年 6月 25日

      国産エンジンそのままで売れる訳ないですよ

      7
        • Nobody
        • 2022年 6月 25日

        その通り
        本当に輸出したいのなら、外国の航空ショーに派遣するより、国際的に実績のあるメーカーのエンジンへの換装プランを検討する方が先決

        1
        • 通りすがり
        • 2022年 6月 25日

        ない。だから開発した
        海上を低空飛行するのに2発で妥協できたなら話は違ったろうけど
        4発にすると襷に長いエンジンばっかり

        2
          • Nobody
          • 2022年 6月 25日

          > ない。だから開発した

          じゃあ詰みだな
          元々輸出できるような機体ではなかったってことだ

          8
            • かしあげ
            • 2022年 6月 25日

            実際妥協したくないから開発したわけで世界の需要にマッチしてるなら開発する必要はないと思うんですけど

            4
              • Zzzz
              • 2022年 6月 25日

              > 世界の需要にマッチしてるなら開発する必要はないと思うんですけど

              イギリス、ニュージーランド、ドイツと3連敗なのも必然
              最初から駄目なことは分かってるんだから辞めときゃ良かった

              3
                • かしあげ
                • 2022年 6月 25日

                実際そうなんですよ。日本が兵器を開発するのは独自の要件にあった兵器を開発するためで他国に売るために開発してる訳じゃないですし。レーダーとか護衛艦とか他国と要求性能があんまり変わらない奴は交渉次第で輸出できるかもしれませんけど、この様な需要がニッチな兵器は輸出ではなくて生産ラインを国が購入して生産する等の別のアプローチが必要だと思いますね

                10
                • ダメでもともと
                • 2022年 6月 25日

                別に辞める必要はないだろう
                それじゃ振られるのが嫌でアプローチしないようなようなものさ
                それに、性能で売れないなら政治なり裏取引なりすれば良いだけ
                もともと大型兵器と大型インフラはそういう世界だしね

                2
                  • 名無し
                  • 2022年 6月 26日

                  > 性能で売れないなら政治なり裏取引なりすれば良いだけ

                  政治や裏取引でアメリカやフランスに勝てるはずもない
                  見込みもないのにカネやヒトを使うのは馬鹿げている
                  ヨーロッパの航空ショーに出品するのだって燃料代だけで1回1000万はかかってるだろう
                  税金の無駄使い

                  2
                    • 大した額じゃない
                    • 2022年 6月 26日

                    たかが数千万程度、日本の顔見せ・アピールのためだけでも問題ない額
                    取り敢えずでも顔を出して関わるのが外交の基本だし
                    ところで、日本は外人の生活保護に年何百億も使っている
                    他国みたいに、何年も保護対象外にならない完全経済破綻者は国外追放にすれば数百億浮くのにね
                    たかが航空ショーのコスト、何ほどのこともない

                    4
      • hogehoge
      • 2022年 6月 25日

      そもそも日米以外だと対潜哨戒機の需要自体ない。持ってても3-8機程度が殆ど。
      24機のP8を爆買いする予定のインドですら、日本の定数が70機以上なので1/3。

      23
      • うみ
      • 2022年 6月 26日

      売る必要も無い。
      日本だけで何カ国分の哨戒機持ってると思ってるんだ。

      7
    • パラベラム
    • 2022年 6月 25日

    ドイツの西側における信用度は右肩下がりで具合は酷いの一言。

    2
      • 匿名さん
      • 2022年 6月 25日

      ドイツに限らず、そもそもイギリス・フランス・ドイツはお互いに信用してないように思えます。

      1
    • 鳥刺
    • 2022年 6月 25日

    険悪化するバルト海と多国籍国際活動で、8機だとあまり余裕のない印象ですね。

    それと… P8買ったからMAWSの調達数減らす→極小数調達だし無駄やっぱり撤退
    なんて事にならないと良いんですが。ドイツは陸軍の再建が急務ですし。

    2
    • 通りすがり
    • 2022年 6月 25日

    独仏で共同開発って
    揉めなきゃいけないルールでもあるのかと

    6
    • 戦略眼
    • 2022年 6月 26日

    海上自衛隊で退役するP-3Cを購入して繋げばいいものを。

    • らんらんるー
    • 2022年 6月 26日

    ドイツ海軍が将来対潜哨戒機の需要が増えると考えるなら、そのままP-8Aを増やしそう
    その当時の政治的状況にもよるのかな

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  2. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  3. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  4. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  5. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
PAGE TOP