欧州関連

ドイツ、ディーゼル電気駆動を採用した装甲車「ジェネシス」を発表

ドイツのFlensburger Fahrzeugbau Gesellschaft(FFG)はディーゼル電気駆動のハイブリッドシステム(ディーゼルエンジンで発電を行い電気モーターで駆動)を採用した装甲車「Genesis:ジェネシス」を発表した。

参考:FFG from Germany unveils Genesis 8×8 armored vehicle with hybrid diesel-electric drive system

指向性エネルギー兵器への電力供給にも対応したハイブリッドシステムを採用する装甲車ジェネシス

このジェネシスはドイツ陸軍の資金で開発されたものではなくFFGが独自に開発したもので、ドイツとオランダが共同開発した装輪装甲車「ボクサー」やラインメタルが自主開発した装甲戦闘車輌「リンクス」と同じモジュラー設計を採用しており、基本重量25トンのジェネシスは作戦に応じて追加装甲や多彩なミッション・モジュールを最大15トンまで追加することができ戦闘重量は最大40トンに達する。

さらにジェネシスが採用している「発電用ディーゼルエンジン+電気モーター」で構成されたディーゼル電気駆動のハイブリッドシステム(最大1,368kW:1,860馬力相当)は、最大重量40トンのジェネシスを100km/h(最大作戦距離600km)まで加速させることが可能で、最高速度を40km/hに制限すれば内蔵リチウムイオン電池の電力だけで150km走行することが可能だとFFGは説明しており、この状態でのノイズ音は従来の装甲車両に比べ格段に小さく、敵に発見されるリスクを下げるのに有効だとFFGは説明している。

因みに今回披露されたジェネシスは技術検証用のプロトタイプでコングスバーグ製の無人砲塔(30mm機関砲)を追加した歩兵戦闘車(IFV)仕様となっており、操縦者、砲手、指揮官の3人に加えて最大10人までの兵士を車内に収容することが出来るため、競合するドイツ製のボクサーやリンクスは勿論、ロシアのT-15(3人+9人)や韓国のK-21(3人+9人)を上回る兵員輸送能力を備えているのも強みで、指向性エネルギー兵器への電力供給にも対応したハイブリッドシステムと合わせると中々面白い存在になるかもしれない。

出典:Vitaly V. Kuzmin / CC BY-SA 4.0 T-15

FFGはジェネシスの最終製品版を2022年中に完成させると言っており、恐らく海外市場にジェネシスを投入してくるつもりだろう。

問題は先進的なディーゼル電気駆動のハイブリッドシステムを採用したジェネシスを導入する国が現れるのかだが、通常なら実践で実証されていない新技術を採用している兵器導入は敬遠される傾向が強い。しかし指向性エネルギー兵器の実用化は遠くないため、海外市場で売りに出されている電気駆動タイプの装甲車輌は魅力的に映るはずだ。

そのため海外市場に売りに出されれば各国が挙って「研究用に購入したい」と手を挙げるかもしれないが、実用に耐えうるハイブリッドシステムが本当に完成するのならクラウス・マッファイやラインメタルあたりが買収もしくは提携を申しでるかもしれない。

果たしてFFGが開発したジェネシスのハイブリッドシステムは本物なのか注目される。

 

※アイキャッチ画像の出典:@Ninja998998のツイート

インドネシア、KFX開発費負担減額と潜水艦導入契約キャンセルを韓国に要求か前のページ

ナゴルノカラバフ紛争で優勢なのはアゼル軍か? それともアルメニア軍か?次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    残念過ぎる英海軍の45型駆逐艦、停電問題と人員不足で4年も港で係留中

    英メディアは20日、10億ポンド(約1,310億円)もの費用をかけて建…

  2. 欧州関連

    ナゴルノ・カラバフ紛争で停戦が実現 → 停戦発効から5分後にアゼル軍が攻撃再開

    アルメニアとアゼルバイジャンが捕虜交換や戦死者の遺体回収のため一時的に…

  3. 欧州関連

    反トルコ同盟構築を目指すギリシャ、インドと軍事協力強化で合意

    トルコとの軍事的緊張に晒されているギリシャのデンディアス外相は29日、…

  4. 欧州関連

    ナゴルノ・カラバフ紛争、トルコがアゼルバイジャンへの正規軍派遣を示唆

    トルコのフアット・オクタイ副大統領は21日、要請さえあればアゼルバイジ…

  5. 欧州関連

    レーダー照射問題、NATO調査を乗り切ったトルコがフランスに謝罪を要求

    何とかNATOの調査を「お咎めなし」で切り抜けたトルコは虚偽の報告を行…

  6. 欧州関連

    ラインメタル、130mm滑腔砲を搭載したデモ戦車の動画を公開

    ラインメタルは7月31日、研究に取り組んでいる「主力戦車先進技術 :M…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 10月 05日

    エンジンで発電してモーターで動かす・・・ポルシェティーガー・・・うっ!頭が・・・

    36
      • 匿名
      • 2020年 10月 05日

      サン・シャモン「俺は一次大戦からハイブリッドなのにこの話題だといつもP虎が元祖面して辛い」

      ドイツ製じゃないからか…

      6
      • 匿名
      • 2020年 10月 05日

      当時の電気駆動の戦車が失敗したのは発電機とモーターが戦略物資の同を大量に必要としたからで、今の技術ならどちらも大幅に小型化できるので実用性が出てきた。
      ドイツ製と言えども当時の戦車はクラッチや変速機が壊れやすかったが電動化でそれれらが不要になった。
      ブラシノイズで無線が使えなかったがそれ以外は好評だった。
      今ならブラシレスモーターで無線通信に影響はないしインバーターとリチウム電池の進歩が後押し位している。

      今の自動車はTHSなど複数のハイブリッドシステムが存在しているが、最終的にはニッサンにe-POWERのような完全シリーズハイブリッド+リチウム電池形式になると予想している、エンジンの効率が上がれば生産から廃棄までの生涯環境コストは純粋EVより良くなるハズ。

      7
    • 匿名
    • 2020年 10月 05日

    テクノロジーの塊なんだろうけど
    どことなく手作りっぽさがすごいように感じる

    9
      • 匿名
      • 2020年 10月 05日

      正面から見える位置にフィンの開口部がある時点でもうね

      7
        • 匿名
        • 2020年 10月 05日

        宇宙戦艦ヤマトのようなレーザー照射口かもしれない

        2
      • 匿名
      • 2020年 10月 05日

      ボディは学生がハリボテで作ったみたいに見える

      10
      • 匿名
      • 2020年 10月 05日

      陸上兵器じゃ本来あり得ない色のせいもあるやろうなぁ

      2
    • 匿名
    • 2020年 10月 05日

    速いと思えば装輪式か
    ポルシェのエレファントみたく電気駆動履帯にいってくれよ

    6
    • sage
    • 2020年 10月 05日

    レオポンちーむ…

    3
    • 匿名
    • 2020年 10月 05日

    う~ん…兵員収容能力と武装面でボクサー装甲車より優位とは言え、戦闘重量はボクサーより7t重く(ボクサーは33t)、航続力は約6割(ボクサーの行動可能距離は1050km)程度となるとね…特に装輪式で戦闘重量40tと言うのは重過ぎる
    個人的な見解では、戦闘車両の電気駆動化はバッテリーと発電機の更なる小型化が必要で、本当の意味で実用域に達するまではあと10~20年位かかるんじゃないかと予想する

    14
    • 匿名
    • 2020年 10月 05日

    動画後半20秒なんも写ってない
    やっつけ仕事感半端無し

    2
    • 匿名
    • 2020年 10月 05日

    都市迷彩してバッテリーでこっそり移動して地上運用のドローン母機として使うのもおもしろそう。

    6
      • 匿名
      • 2020年 10月 05日

      ドローン母機であり、かつ搭載レーザーで敵ドローンを狩る防空電動玩具w
      ふつうに戦場で需要があると思うよ、近未来

      6
    • 匿名
    • 2020年 10月 05日

    先進技術満載?なのだろうが外見が戦隊モノ

    9
      • 匿名
      • 2020年 10月 05日

      ですよね~。
      いくら何でも作りがチャチなぁ。
      もうちょっとそれらしさ感があっても・・・。

      3
        • 匿名
        • 2020年 10月 05日

        ま、まぁ、まだ発展途上のモノだから、チャチに見えるのは多少はね?

        有用だと考えられれば、もっと機能美的な感じになっていくやろ

        2
      • 匿名
      • 2020年 10月 05日

       今時の中華パクリ品でも、もっとクオリティー高いですよねぇ。

      2
      • 匿名
      • 2020年 10月 05日

      ダンボールで作ってペンキで青く塗った感じ

      4
      • 匿名
      • 2020年 10月 05日

      ウルトラ警備隊チックですねえ

      3
      • 匿名
      • 2020年 10月 05日

      やわらか戦車ってのがありましたね。

    • 匿名
    • 2020年 10月 05日

    ページを開いた瞬間レゴブロックかペーパークラフトかと思ったw

    13
      • 匿名
      • 2020年 10月 05日

      ドイツ人の色彩感覚はヨーロッパでも異質という話が。
      脱線するが、川魚をわざわざ青っぽく見せて煮る料理まであり、それを旨そうって感じるらしい
      異人さんなんだよ

      10
        • 匿名
        • 2020年 10月 05日

        ドイツのクリスマス料理Kalpfen Blau(青い鯉)ですね。熱した酢で鯉の皮を青く変色させるそうですが、真っ青ではなくせいぜい鯖の皮位の色合いですね。
        試作車のブルーは、CGなんかで迷彩色を検討する目的ではないでしょうか?

        3
    • 匿名
    • 2020年 10月 05日

    遂に戦闘用車両でも、シリーズ方式のハイブリッドが開発されましたか。
    市販車で実現済みで、燃費、静粛性、加速性能に優れた技術なのでいつかはと思っていましたが実現が早いです。
    さすが自動車大国ドイツ

    6
      • 匿名
      • 2020年 10月 05日

      >シリーズ方式のハイブリッド

      乗用車では日産 e-POSWER Note.

      1
        • 匿名
        • 2020年 10月 05日

        失礼、NOTE e-POWER でした。

        7
        • 匿名
        • 2020年 10月 06日

        ノートばかり言われてるけど、シリーズハイブリッドはホンダの方が先に出した上に、日産のe-powerと違ってエンジン駆動も組み込んでるから、より高度で効率的な設計だよね(e-powerは高速域もモーターのみでカバーする分効率で劣る)

        後出しでホンダより簡素な設計のシリーズハイブリッドなのに、e-powerが今これだけ認知されてるのを見ると、世の中ブランディングが全てだなと思うよ

    • 匿名
    • 2020年 10月 05日

    武装と装甲を最小限に降ろして
    災害現場に急行するのもいいかもね

    1
      • 匿名
      • 2020年 10月 05日

      その理由は? 

      • 匿名
      • 2020年 10月 05日

      普通にトラックの方が良いと思います

      2
    • 匿名
    • 2020年 10月 05日

    何だろう、このチープさ
    「次鋒、レオパルドン行きます!」

    5
    • 匿名
    • 2020年 10月 05日

    我が国にもプリウスミサイルと言うハイブリッド駆動のウェポンがありますよ

    6
      • 匿名
      • 2020年 10月 05日

      乗ってるのが老人だから自爆兵器じゃないか?

      2
        • 匿名
        • 2020年 10月 05日

        乗ってる老人は大抵死なないから自爆になるのかな・・・?
        自爆死しないどころかE塚上級国民みたいな厚待遇を受ける殺人マシーンもいる

    • 匿名
    • 2020年 10月 05日

    現代のポンコツ高級車よりはまだまともそうだがこいつもどうせ試験のときだけディーゼル排気抑える制御しとるのやろ?(ぉ

    3
    • 匿名
    • 2020年 10月 05日

    陸軍に上がった潜水艦?
    水辺で青く塗るから揚陸車両かと。

    1
    • 匿名
    • 2020年 10月 05日

    ハイブリッドで発電能力がある、以上の利点が無いよなぁ
    APCとして見たら「しょっぱい」の一言。記事通り研究用に欲しいぐらいの購入の理由は無い様に見える
    何より重量と行動可能距離がボクサーと比較して著しく低い。
    もちろん、この手の車両は各国研究開発を進めているので、どの国のハイブリット装甲車がベンチマークとなるかどうか。

    ただコ◯ツの作った試作車よりは防弾性能は良いじゃないかとは思う

    2
    • 匿名
    • 2020年 10月 05日

    光学迷彩搭載してても驚かないデザイン

    3
    • 匿名
    • 2020年 10月 05日

    つか、ディーゼルの発電でレーザー兵器の電力賄えるの?

    2
    • 匿名
    • 2020年 10月 05日

    そういや、こういう感じの兵器が出てくるアメリカのアクション映画があったなぁ
    なんとかフォースって感じだったと思うけど思い出せない

      • 匿名
      • 2020年 10月 05日

      メガフォース?東宝東和の宣伝が派手だったんで観に行ったけど駄作だった

      1
    • 匿名
    • 2020年 10月 05日

    あわよくばハリウッドに出さして貰い、宣伝してもらいたくてわざと目立つ痛カラーに仕上げたとか、
    そうだと言って笑ってくれよドイツ人

    • 匿名
    • 2020年 10月 05日

    車体の各部に「e-POWER」て貼ってほしい

    • 匿名
    • 2020年 10月 05日

    エンジンと大容量発電機とモーターと大容量バッテリーを積んで、人も他より多く乗せられる。
    ウ~ン。トランスミッションが小さくなるとはいえ、容積的に収まるのか?車体がデカイのかねえ?

    爆発反応装甲バッテリーとかいう新機軸?

    • 匿名
    • 2020年 10月 05日

    スモークディスチャージャーは車体にビルトインして整形してるんだね。面白いけど面倒くさいだけのような気もする。

    • 匿名
    • 2020年 10月 05日

    同じような仕組みのトレーラーや建設重機のような
    民生車両が量産化されて出てこないと信用できん。

    2
    • ゆう
    • 2020年 10月 07日

    装輪式で電気駆動というのは、意味がある。
    普通、車輪がいっぱいついているので、その数だけ場所をとるドライブシャフトがいらない。
    複数のモーターで、駆動系も独立した複数とすれば、行動不能が減ると思う。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  2. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  3. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  4. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  5. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
PAGE TOP