欧州関連

ウクライナにブラッドレーとAMX-10RCが到着、パトリオットも引き渡し済み

米国防総省はウクライナ軍のデジタルカモフラージュに塗装されたブラッドレー登場を受けて「一部のブラッドレーがウクライナに到着した」と認め、ドイツ政府も「約束したパトリオットシステムをウクライナに引き渡した」と発表した。

参考:Bradley Fighting Vehicles Have Arrived In Ukraine
参考:Liste der militärischen Unterstützungsleistungen
参考:Без вести пропавшими считают 7 тысяч украинских военных – уполномоченный

西側諸国は反攻作戦に向けてウクライナに約束した装備の大半が到着している

ウクライナ国防省は17日「デジタルカモフラージュに塗装されたブラッドレー」を公開、これを受けて米国防総省も「提供を約束したブラッドレー(109輌)の一部がウクライナに到着した」と認めており、レズニコフ国防相はフランスから受け取ったAMX-10RCも公開して「反攻作戦に向けた装備がウクライナに到着している」とアピールしている。

さらにドイツ政府も公開しているウクライナ支援リストを18日に更新、約束したパトリオットシステムの引き渡しが「先週に実行された=ウクライナ人の手に渡ったという意味」と明かしたが、このパトリオットシステムがウクライナ国内に到着しているのかは不明だ。

西側諸国が4月頃までに納品を約束した装備+年内納品の可能性がある装備
戦車ドイツレオパルト2A618輌到着
ポルトガル レオパルト2A63輌到着
スウェーデンレオパルト2A510輌
ポーランド レオパルト2A414輌到着
ノルウェーレオパルト2A48輌到着
スペインレオパルト2A410輌6輌が4月末
カナダ レオパルト2A48輌到着
英国チャレンジャー214輌到着
ポーランドPT-9160輌到着

145輌131輌到着済み
戦車米国M1A131輌年内到着
 独蘭丁レオパルト1100輌25輌を年内到着
 
軽戦車フランスAMX-10RC推定30輌到着
 
歩兵戦闘車米国ブラッドレー109輌一部が到着
ドイツマルダー40輌到着
スウェーデンCV9050輌 
ギリシャBMP-120輌到着

219輌60輌以上が到着
 
装甲車輌・MRAPなど米国ストライカー90輌恐らく到着
 クーガー装甲車271輌恐らく到着
 HMMWV350輌恐らく到着
英国MK.3ブルドッグ 推定20輌恐らく到着 
 MRAP
推定60輌恐らく到着 
ドイツフクス5輌到着
イタリア何かしらの装甲車数量不明 
カナダSenator APC 200輌夏前までに到着

996輌 
 
榴弾砲・自走砲米国M109A618輌 恐らく到着
 英国AS9030輌納品中
 イタリアM109L最大60輌到着の可能性
  FH70推定10門到着の可能性
スウェーデンアーチャー8輌 
デンマークCaesar19輌到着
エストニアFH70推定8門到着
 D-30
推定24門到着

102輌 

西側諸国は反攻作戦に向けてウクライナに約束した装備の大半が到着しているが国外での訓練は現在も続いており、流出した機密資料によれば訓練の完了は4月末の予定だが、ウクライナのシュミハリ首相は反攻作戦の開始が「夏頃(6月~)になる可能性がある」と言及している。

因みにウクライナ政府で特殊事情による行方不明者(ロシア軍との戦争で安否が不明な兵士のこと)問題を担当するオレグ・コテンコ氏は18日「2023年4月時点で約7,000人の兵士が行方不明になっている」と明かし、内60%~65%がロシア軍の捕虜になって生きている可能性があると言及して注目を集めている。

関連記事:ウクライナ軍の反攻時期、シュミハリ首相が春ではなく夏になると発言
関連記事:伊メディア、イタリアは60輌のM109Lをウクライナに提供済みか提供予定
関連記事:反攻作戦に必要な装備が続々とウクライナに到着、ほぼ約束された数が揃う

 

※アイキャッチ画像の出典:Defense of Ukraine

日本、武力衝突が続くスーダンから在留邦人を輸送するため自衛隊機の派遣準備前のページ

米政府説明責任局もV-280 Valorを支持、Defiant Xは不明瞭な部分が多い次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    オランダのルッテ首相、ウクライナに初納入するF-16の準備開始を表明

    ゼレンスキー大統領は今年8月「ウクライナに対するF-16の提供数でオラ…

  2. 欧州関連

    コソボ首相、襲撃事件はセルビア側によるコソボ北部併合計画の一部だった

    コソボのクルティ首相は2日、先月24日の襲撃事件について「このテロ攻撃…

  3. 欧州関連

    米メディアで自軍を批判したウクライナ軍指揮官、降格を命じられ辞表を提出

    米メディアに「ウクライナ軍は戦場で経験豊富な兵士を多数失い、新兵は全て…

  4. 欧州関連

    戦争を回避するには戦争の準備が必要、ポーランドが軍を14万人→30万人以上に増強すると発表

    ポーランドは26日、共産主義時代の1967年に制定された時代遅れの国防…

  5. 欧州関連

    フィンランドがレオパルト2のウクライナ提供を発表、提供数は3輌

    フィンランド国防省は23日「政府の決定に基づき大統領がウクライナへのレ…

コメント

    • AH-X
    • 2023年 4月 19日

    デジタル迷彩のブラッドレー、かっこいいですね。
    ところでこのデジタル迷彩って人民解放軍以外あんまり採用してないみたいですが何か理由あるんでしょうか?詳しい方いませんか?

    6
      • 伊怜
      • 2023年 4月 19日

      デジタルというかピクセルパターンですかね。
      遠目に見ると角が取れて溶け込むんですが、ピクセルが大きい場合はかなり離れないと効果が薄いですね。
      近距離で見ると返って目立つのが写真で見てもわかると思います。

      6
    • gepard
    • 2023年 4月 19日

    S300の迎撃弾枯渇がリークしたとする文書で明らかになり、既に供与が表明されたパトリオットの配備数では全土を守ることはできない。ロシアが導入を始めた滑空爆弾が戦果を上げ続けている状態での攻勢は厳しいものがあるだろう。
    SAMの追加援助があるまで攻勢が延期される可能性もあると予測している。

    9
      • ミリオタの猫
      • 2023年 4月 19日

      SAMの追加援助に関してですが、既に仏伊がSAMP/T、Aspide、Skyguardの供与を決めており、特にSAMP/Tについてはパトリオットよりも早く供給出来ると言う報道が2月の段階で有ったので、もしかすると伊のM109L自走砲の様にもう既に配備されている可能性も有り得ます
      後、ロシア軍の誘導爆弾の効果も現状バフムートでの正面攻撃で多少効果が有る程度でそれ以外の戦局には殆ど寄与していない時点で、その効果は御察しですね
      【参照:当ブログ・2023.2.22「伊首相がキーウを訪問、SAMP/Tを含むウクライナ支援パッケージを発表」】
      リンク

      23
    • 774rr
    • 2023年 4月 19日

    > 装備の大半が到着しているが国外での訓練は現在も続いており
    やっぱコレがネックだよね
    人はそうそう作れるもんじゃないもんね

    16
    • 58式素人
    • 2023年 4月 19日

    レズニコフ国防相さんは、嬉しそうに運転をしていますね。
    嬉しいのだろうけども、楽しそうでもありますね。
    そういう姿を見ると、素人も運転してみたくなります(笑)。
    クロスドライブ以上の運転が楽なものを、何処かで体験できないでしょうか(笑)。
    それはそうと、74式戦車などを運転してもらって(笑)、
    コメントを聞いてみたい気もします。

    4
      • 2023年 4月 19日

      保守パーツも殆ど無い産廃をウクライナ人に押し付ける発想、そろそろやめたら?

      30
      • メルク
      • 2023年 4月 19日

      74式なんて博物館級の遺物よりも、高機動車を送った方が何倍も助けになるぞい。

      18
      • TA
      • 2023年 4月 19日

      少し前のウクライナではお金出したら戦車運転できたらしい
      戦後はまた戦車運転できるようにならんかなw

      1
        • 台湾大好き
        • 2023年 4月 19日

        お金さえ積めば結構色んなところで経験できますよ。(最新情報ではないですが)過去ロシア、中国、モンゴルあたりはそんな話がありました。
        個人的な経験からカンボジア、ミャンマーあたりもできるんだろうと思ったり。金さえ積めば何でもありな国ですから。

        4
      • zeema4
      • 2023年 4月 19日

      送るなら最低でも90式では?74式はさすがに…。

      2
    • おわふ
    • 2023年 4月 19日

    さて、T-55と戦ったら戦車相手でも、ブラッドレーが有利なのか見もの。

    3
      •  
      • 2023年 4月 20日

      T-55なんて戦場に出てきてないのに会敵機会ないだろ

    • あああ
    • 2023年 4月 20日

    反応装甲もりもりかと思ったら違うんか。車両にセットで西側メーカー品の大量供与かと思いきや全く見かけないの謎。
    そういや英軍APCも英軍運用なら外装もりもりなのにウ軍のはまるで80年代仕様みたいだったな。

    1
    • うぃるびぃ
    • 2023年 4月 20日

    スロベニアのM-55Sも到着しているようです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  2. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  3. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  4. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  5. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
PAGE TOP