欧州関連

ウクライナ大統領府のアレストビッチ顧問、ロシア側のエージェントと非難され辞任

ウクライナ大統領府のオレクシー・アレストビッチ顧問は「ウクライナ軍が撃墜したミサイルがドニプロの高層アパートに落下した」と主張、この発言が原因で「奴はロシア側のエージェントだ」と非難が集中したため辞任を発表した。

参考:Арестович заявил, что увольняется из ОП

私の個人的な言葉で傷つけてしまった犠牲者の遺族、近親者、全てのウクライナ人に謝罪したい

ロシア軍が今月14日に発射したKh-22がドニプロの高層アパートに命中、まだ建物の瓦礫は完全に撤去されていないものの17日午前時点で44人の死亡が確認されており、一般市民を狙った攻撃(Kh-22のCEPは100m~300mと推定されているので本当に高層アパートを狙って攻撃したのかは不明)に国際的な非難が集中しているが、ウクライナ大統領府のオレクシー・アレストビッチ顧問は「ウクライナ軍が撃墜したミサイルがドニプロの高層アパートに落下した」と主張した。

後に「現場で爆発音は1回しか聞こえてない」「攻撃に使用されたKh-22をウクライナ軍の防空システムで迎撃するのは不可能」ということが判明したが、ロシア側は積極的に「ドニプロでの悲劇を西側はロシアのせいにしているがウクライナの政府高官が自軍のミスを認めた」とプロパガンダに利用、そのため「アレストビッチはロシア側のエージェントだ」と非難が集中。

アレストビッチ顧問も自身の発言を「間違いだった」と認めていたが、17日に「重大なミスを犯してしまった。私の個人的な言葉で傷つけてしまった犠牲者の遺族、近親者、全てのウクライナ人に謝罪したい」と述べ、大統領府顧問からの辞任を発表した。

因みにイエルマク大統領府長官がアレストビッチ氏の辞任を受理したのか分かっていない。

追記:ドニプロの高層アパートで救助作業が17日午後に完了、州当局は「ロシア軍の攻撃によって44人(内5人が子供)が死亡し79人(内16人が子供)が負傷した」と発表したが、まだアパートに住んでいたと思われる20人の行方が分かっていない。

関連記事:ロシア軍がS-300でキーウを攻撃、ウクライナ軍には有効な対抗手段がない

 

※アイキャッチ画像の出典:Олексій Арестович

英国防相、これまでのウクライナ支援で最も重要な戦闘パッケージを発表前のページ

イランが第4.5世代戦闘機のSu-35を導入、3月末から引き渡し開始か次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    英国防省はロシア軍の戦死者数を4万人~6万人と推定、ウクライナ軍発表の半分以下

    ウクライナ軍参謀本部は16日「ロシア軍の戦死者が14万人(140,46…

  2. 欧州関連

    M1117装甲警備車を受け取るギリシャ、米国が1,200輌もの装甲車輌を無償譲渡

    米国が無償で譲渡する1,200輌のM1117装甲警備車がギリシャに到着…

  3. 欧州関連

    ドイツ、核兵器に対応したトーネードの後継機にF-35Aを35機購入か

    ドイツの連邦議会筋は14日、核兵器の運搬能力を統合されたトーネードの後…

  4. 欧州関連

    ポーランドメディア、検討中のRedbackが10月にポーランドで発表される

    ポーランドメディアのDefence24は19日、ポーランド軍が導入を検…

  5. 欧州関連

    7ヶ国目の採用国、ウクライナ陸軍が韓国製の戦術輸送車輌「KM450」を導入

    ウクライナメディアは10日、陸軍が保有する旧ソ連製軍用車輌の後継として…

  6. 欧州関連

    ポーランド農民がウクライナ国境封鎖、ポーランド農業相も農民の行動を支持

    欧州議会がウクライナ産農産物や加工品に対する輸入関税の停止措置延長を支…

コメント

    • はひふ~へ~ほ~
    • 2023年 1月 17日

    着弾前後の状況を見てないから状況がわからないが、対空ミサイルが命中したからと言って、完全に無力化されるとは限らない。
    まぁ軍事的には常識の話。

    24
    • 無無
    • 2023年 1月 17日

    エージェントではないだろう、何らかの誤情報による誤判断
    それを赦せずに辞職に追い込んでは、後ろでロシアがほくそ笑みしてないか

    22
      • k
      • 2023年 1月 18日

      確かにその通りかもしれませんが、現在ウクライナは国家と民族の存亡をかけた全面戦争の真っ最中ですからね。仮に事実だとしても間違いなくとんでもない失言だし、緊張感が欠けていると見なされても仕方がない事案だと思います。

      20
      • 2023年 1月 18日

      本来対空ミサイルにも捉えられない物のはずなのに、ウクライナに撃墜されたと誤情報を嬉々として広めるのは中々頭悪いと思いますけどね。

      4
    •  
    • 2023年 1月 17日

    Kh-22って巡航ミサイルですが、ドニプロみたいな重要な都市(ドニエプル川を渡す橋が多数かかっていて東部や南部への補給の結節点になっている)で巡航ミサイルを迎撃不可能なほど防空システムが逼迫してると明らかにするならそっちの方がマズいのでは…

    1
      • 名無し
      • 2023年 1月 18日

      高度2万7000mを最大速度マッハ4.6で飛来するので
      巡航時でも終末段階でも、そもそもウクライナの対空装備では迎撃不可能で
      ウクライナ側もそのこと(うつ手がない)を認めている状況ですね

      32
    • アマゾン
    • 2023年 1月 17日

    今回の話題とは関係ない話になりますけどロシアのエージェントというワードで思い出したんだけど今日も鈴木M氏がロシア政府擁護発言をかましたそうですよ。
    正月にはロシアの停戦案はプーチン大統領からのお年玉とか言ってるしアレストビッチ顧問では無く奴こそがロシアのエージェントに違いない!

    30
      • 匿名
      • 2023年 1月 18日

      その人は平常運転なので、今更というか…🙄

      7
      • 2023年 1月 18日

      彼はエージェントと言うより、エージェントになりたがる痛い人なのでは?

      4
      • 2023年 1月 18日

      政治家人生を尽くして交渉を進めてきたロシアが帝政ロシア思考のままだったということに老人特有の現実逃避で抗っている最中なのでしょう。
      誰しも自分の人生が終盤になって全否定されてしまうのは辛い事だと思います。
      すぐには無理かもしれませんがやがて彼が現実を受け入れられるよう願うばかりです。

      7
    • sunn
    • 2023年 1月 17日

    防空システムが逼迫も何も、巡航ミサイルといっても大型で最大飛翔速度マッハ4.6に達するKh-22の迎撃能力を元々ウクライナ軍は保持しておらず、これまでも迎撃には成功していないのではなかったでしょうか。
    命中精度が悪いので軍事施設への精密攻撃にはあまり役に立たず、こうして住宅密集地への無差別攻撃くらいにしか使えないようですが。

    18
      • 無題
      • 2023年 1月 17日

      元々米空母への飽和攻撃用のミサイルだからな
      だいたい当たればいいって感じの設計なんだろ

      14
    • あああ
    • 2023年 1月 18日

    KH22は元祖対艦弾道ミサイルみたいなもんですかね。終末はアクティブレーダー方式でマッハ4以上の速度で上方から突入するので、とにかく面積のある標的に向かってくようです。
    ですので慣性航法のCEPが1kmレベルでも最終的には何かの構造物には当たります。被害現場は高層団地ですから終末誘導は正常に機能したように思える。
    周囲に何も無い所にそびえ立つ大きな建物を狙うと結構当たるような気がします。しかもBM並の速度で弾頭2000ポンドなので今回のようにRC造の大きな建物でも一撃で倒壊します。上手いこと考えたもんです。人道のジの字も無い奴ららしいです。

    34
    • 折口
    • 2023年 1月 18日

    このケースでは悪意があった訳では無さそうですし利敵者として吊るし上げるのはどうかとは思いますが、ウクライナ国内には今でもロシアとウクライナを区別していない、ともすればロシアの言い分を半ば受け入れているような人も相当数いるでしょうから、そういう人たちへのメッセージにはなるでしょうね。(特にロシアに接する国において)もうこの国にロシアを支持するものの居場所はないと胸を張って言える国が増えることが、ひいてはロシア問題の世界レベルでの解決の繋がるのでしょう。

    20
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  4. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  5. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
PAGE TOP