欧州関連

UAV技術の拡散、あるアジアの国にイスラエル人が徘徊型ドローンを不正輸出

あるアジアの国に徘徊型ドローン(自爆型ドローンやカミカゼドローンとも呼ばれている)を輸出するため、元イスラエル国防当局者を含む少人数のグループが不正にドローンを設計・製造・販売した疑いで調査が行われており衝撃を与えている。

参考:Suspect in arms sale to Asian country was previously entangled in similar case
参考:A Group Of Israelis Secretly Built And Tested Suicide Drones For An Unknown Asian Customer

イスラエル人グループが不正に徘徊型ドローンを輸出したアジアの国とは何処なのか?

イスラエル警察によれば「相当な報酬や利益供与と引き換えにイスラエル人グループは『あるアジアの国』の事業体から指示を受けて違法な徘徊型ドローンを国内で設計して製造、住宅地近郊でテストを行った後に不正輸出した疑いがある」と説明して違法ドローンの製造風景やテストを行った際に撮影された動画を公開、この事件はイスラエル国内だけでなく海外からも注目を集めており昨年のナゴルノ・カラバフ紛争で威力を発揮した徘徊型ドローンがガレージのような場所で秘密裏に少人数の手で設計・製造できることに衝撃を受けている。

因みにイスラエル人グループが設計・製造した徘徊型ドローンは製品版の模倣ではなく完全なオリジナル設計で外見上は対戦車ミサイル「スパイクNLOS」に似ており、ロケットモーターで空に打ち上げられ本体後部のプロペラを作動させて空中を徘徊する仕組みで搭載されたEO/IRセンサー通じて得られた映像から手動で突入目標を指示するタイプではないかと推定されているが、元イスラエル国防当局者が事件に関与していることから「現在の徘徊型ドローンで一般的な徘徊・検出・突入を自律的に行う技術を入手した可能性も十分ありえる」と海外メディアが指摘しているのが興味深い。

出典:Shin Bet 違法ドローンの製造風景

どちらにしてもイスラエル当局は「あるアジアの国」が何処なのか、違法に製造された徘徊型ドローンの性能はどの程度のものだったのかなどの情報を伏せているため、どのようなシナリオで入手したドローンを使用するつもりだったのか推測することは難しいが、知識と技術さえあれば徘徊型ドローンの設計・製造をガレージで行うことができるという点は各国の治安担当者や安全保障に幾らかの影響を及ぼすはずだ。

仮にイスラエルのドローン技術が北朝鮮に渡っていれば非常に面倒くさい事に発展するかもしれない。

関連記事:水上艦にもカミカゼドーロンの脅威、イスラエルがアジア諸国に海上発射型ハロップを輸出

 

※アイキャッチ画像の出典:イスラエル警察が公開した動画のスクリーンショット

無人航空機で成功を収めたトルコ、武装した無人水上艇「ULAQ」の海上テストを開始前のページ

狙いはF-35製造への打撃、中国が米防衛産業に対するレアアース輸出規制を検討中次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    搭載するF-35Bの調達は? イタリア海軍の軽空母「カヴール」でF-35B受け入れ準備完了

    イタリア海軍は今月6日、近代改修が無事完了した軽空母「カヴール (C5…

  2. 欧州関連

    オスマン帝国再興を夢見るトルコ、パキスタンの支援を受けて核兵器を開発か

    インドのSiasat Daily紙は「トルコがパキスタンの支援を受けて…

  3. 欧州関連

    英海軍、インド太平洋地域へ派遣するリバー型哨戒艦が間もなくポーツマスを出港

    英海軍はインド太平洋地域へ派遣するリバー型哨戒艦2隻をポーツマス海軍基…

  4. 欧州関連

    英海軍、無人化技術を取り入れた次世代の艦艇や兵器のコンセプトフリートを公開

    今月14日からロンドンで開催される「DSEI 2021」で国防省は海軍…

  5. 欧州関連

    英国軍が語るカーブル空港の現状、誰も経験したことがない困難に直面して状況は最悪

    英国軍の関係者は自国民や協力関係にあったアフガニスタン人の国外退避作戦…

  6. 欧州関連

    ナゴルノ・カラバフ紛争で停戦が実現 → 停戦発効から5分後にアゼル軍が攻撃再開

    アルメニアとアゼルバイジャンが捕虜交換や戦死者の遺体回収のため一時的に…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 2月 16日

    まったく、北韓や南朝鮮、中共じゃないと良いですね。中共は自前でも作れるかな?

    19
    • 匿名
    • 2021年 2月 16日

    北はそんな兵力いるのかね?

    あそこはNBCとSLBMだけで米は牽制するし(というか他の余裕ない)、南は無差別砲撃だけで首都陥落でくる。
    あとはハッカー部隊で、電脳戦でしょ。
    文在寅という傀儡が最大の兵器もあるし。

    3
      • 匿名
      • 2021年 2月 16日

      そりゃドローンいるでしょ
      あそこまで非対称戦に徹してるんだからその辺のゲリラでも持てそうな無人兵器を活用しないワケがない、

      9
      • 匿名
      • 2021年 2月 17日

      最近の北の軍事パレードを見るに、核開発に区切りがついてむしろ通常戦力を強化する方向にむかっていると思う。
      それに制裁を受けているといっても、重要な外貨獲得手段である武器輸出のカタログに、無人機を加えたいと考えている可能性は高いのでは。

      8
    • 匿名
    • 2021年 2月 16日

    アジアで「相当な報酬や利益供与と引き換えに」の時点で中共に一票。

    15
      • 匿名
      • 2021年 2月 16日

      IAIラビとJ-10の前例もあるしね。
      #一応関係者は否定しているけど

      9
      • 匿名
      • 2021年 2月 16日

      中共ならイスラエルとかなり仲がいいし、こんなパチモンの裏取引的な感じでなくともイスラエルの正規の機関から輸入なりなんなりできると思う。
      闇ルートを使う必要のあるアジアの国というと、イスラエルから買ったことを公表したくないイスラム教国か制裁で表立って武器輸入ができない北朝鮮ではないか

      16
    • 匿名
    • 2021年 2月 16日

    UAVのパーツなんて日本の民製品からいくらでもかき集められますからね。
    技術とノウハウが渡った時点でもうどうしようもないです。

    2
      • 匿名
      • 2021年 2月 16日

      果たして日本の民生品部品をかき集めてEO/IRセンサーを作れるだろうか、、、

      1
        •   
        • 2021年 2月 16日

        いやその辺の光学センサーは日本が世界一で、武器商人が買い付けて世界中に売ってるから
        インタビュー動画でアメリカの仲買人が証言してたよ

        5
          • 匿名
          • 2021年 2月 16日

          そのインタビュー動画の信憑性はともかく、L-3 WESCAMが製造するEO/IRセンサーは世界トップシェアを誇っているけど日本製の民生品は採用されていないから、少なくとも軍事用途の分野において日本の光学センサーが世界一だというのは眉唾だろうね。

          4
            • 匿名
            • 2021年 2月 16日

            NHKの特集でかつてやってたわ
            日本の高性能民生品がドローンに組み込まれていたって内容だった

            4
              • 匿名
              • 2021年 2月 16日

              日本の部品が採用されてるのは商用のドローンなのでは?

              5
            • 匿名
            • 2021年 2月 16日

            2014年4月9日(水)
            日本の技術はどこへ ~拡がる“軍事”転用~ NHK クローズアップ現代

            3
              • 匿名
              • 2021年 2月 16日

              日本の技術はどこへ~拡がる“軍事”転用~が取り上げているのは、民間の技術を軍事に転用する動きが広がっているor各国の軍関係者も、高度な技術に狙いを定めて日本企業に接触しているという内容なので、これを日本の高性能民生品がドローンに組み込まれていたって内容と解釈するのは如何なものかと。

              あと番組の放映時期は2014年なので、当時はデュアルユース技術に対する輸出規制が酷かった時期と一致するため番組に登場するイスラエルなどが日本の民生部品を軍事している可能性はほぼ無いでしょう。

              日本の民間企業が保有するデュアルユース技術の転用が未だに進んでいないという米国側の指摘をこのブログがとりあげていたので一読することをお勧めします。

              4
                • 匿名
                • 2021年 2月 17日

                この番組で出てきた関係者の証言が高精度監視カメラのドローンへの搭載を認める者だった
                あなたこそこの番組を最後まで視聴しましたか?

                3
                • 匿名
                • 2021年 2月 17日

                日本の製品だからって無条件で否定するのでは建設的なお話になりませんなぁ。

                1
          • 匿名
          • 2021年 2月 17日

          センサーだけじゃな。
          目標監視/識別/追跡とかを実現するのはその上位の階層。
          パソコンの部品とOSみたいに部品は何であれ、OSを握っていれば商売になる。日本は部品サプライヤーじゃないの?

          1
    • 匿名
    • 2021年 2月 16日

    中韓北しなかいだろ

    1
    • 匿名
    • 2021年 2月 16日

    『あるアジアの国の事業体』と表現されているので、発注主は政府機関じゃなくて民間企業あるいは個人かも知れない
    だとすると、相手は中共や南北朝鮮とは限らなくなるので厄介だわ…これで、もしもイスラエル人グループにドローンを発注した奴の正体が日本人だったら笑うわ(イスラム教徒による自爆テロの先駆けとなったロッド空港乱射事件やオウム真理教の地下鉄サリン事件の様に「世界的な大事件を引き起こしたのが日本人」と言う前例があるだけに……)

    何れにしても、ドローンの製造・使用に関しては、此れ迄の常識が通用しないと考えるべきだと思う

    2
      • 匿名
      • 2021年 2月 16日

      防衛省のダミー企業だったら、やるなあと思うけど(笑)

      10
        • 匿名
        • 2021年 2月 16日

        そのような鋭い機関とは思えないから逆に不安だよw

        8
          • 匿名
          • 2021年 2月 16日

          これが日本人だった場合、一番怖いのは「一個人か少人数のグループが、テロ・あるいは何らかの目的か恨みを抱いて一般人を襲う為にドローンを発注した」可能性だよ
          盗作だの何だのと難癖付けてアニメスタジオに放火した奴や刃物を持って障がい者施設を襲撃した奴が居る位だから、イスラエル人グループにドローンを作らせて無差別殺人をやりたい金持ちが居てもおかしくないのが、今の日本人の恐ろしい所よ

          逆に、日本政府の役人には退職後にプリウスを暴走させて複数の人間を轢き殺す奴は居ても、公務でそんな事をやる奴はいないから、この様なやり方でドローンを発注する事は有り得ないと思う

          4
    • 匿名
    • 2021年 2月 16日

    製品化された既存兵器じゃなくてオリジナル設計ってことは
    これを発注、密輸した側はそれを国産開発した兵器として売り出したいって事なんだろうから
    政府系事業体にせよ民間企業にせよ、兵器の国産化に強い執着を持っている国だというのは察せられるな

    3
    • 匿名
    • 2021年 2月 16日

    正規ルートで購入が難しい国となると台湾も候補やな

    1
      • 匿名
      • 2021年 2月 16日

      台湾はすでにハーピーに類似した特攻ドローン「剣翔」を保有しています。
      中国もハーピーに類似した特攻ドローンを保有し、さらに新型の特攻ドローンを開発・運用しています。
      少人数のグループが不正に設計・製造した怪しい特攻ドローンを、台湾や中国は買わないと思いますね。

      3
        • 匿名
        • 2021年 2月 17日

        いやぁ、台湾は今年にも攻め込まれる危険があるんだから、少しでも集めれるものは集めると思うよ。
        まあそういう手段であれば中共の方が上な気がするけど。

        1
    • 匿名
    • 2021年 2月 16日

    個人的にはシンガポール当たりじゃないかと思っている
    流石にアメリカの目を搔い潜ってまで中朝韓に輸出はせんだろうし

    1
      • 匿名
      • 2021年 2月 17日

      これがシンガポールならば確信犯ですよ。柔らかな独裁的経済国家として東西の狭間を利用してるから、北朝鮮等のダミー企業としての動きをなす個人や組織が存在しても不思議はない
      金のためなら何でもやる国だからこそ、あんな不自然な都市国家がそれなりの立ち位置を得てるわけでして

      2
    • 匿名
    • 2021年 2月 17日

    日本が買い付けたんじゃないのは確かだな

    2
    • 匿名
    • 2021年 2月 17日

    庭で作れるとか竹トンボじゃねんだからさぁ…

    3
    • 匿名
    • 2021年 2月 17日

    支払いは、暗号通貨でも使ったのかな 

    1
    • 匿名
    • 2021年 2月 17日

    何でX翼なんだろうな?
    飛行機形態のほうが遊弋するには効率的じゃなかろうか。

    1
    • 匿名
    • 2021年 2月 17日

    動画に付いてる文字って何語?

      • 匿名
      • 2021年 2月 17日

      ヘブライ文字 イスラエルの動画やね

        • 匿名
        • 2021年 2月 17日

        ゲーム画面で出てくる謎言語かと思ったよ。

      • 匿名
      • 2021年 2月 18日

      ツイッタで見れば翻訳ボタンがあるよ。
      で、スレッドまとめると以下。

      ここ数ヶ月、防衛産業の人々を含む20人以上のイスラエル市民が、アジアの国のために違法にローミングするミサイルの開発、製造、テスト、販売に従事している疑いで尋問されています。調査の結果、資金や手当を受け取る代わりに、同じ国に関連する団体から行動の指示を受けたことが明らかになりました。

      2/3はさらに、ミサイルが意図されている原因を偽装しようとして、アジアの同じ国の容疑者と要素の間の接続が秘密裏に行われたことを明らかにした。調査は、取引の実行における隠蔽と秘密の技術の使用と彼らへの対価の移転を含む、イスラエル人に対するそれらの外国の当事者の行動の方法についての多くの情報を明らかにしました。

      3/3調査は、ラハブ433の深刻な国際犯罪の調査のための国家ユニット、一般安全保障局、および国家安全保障会議(防衛施設の安全保障を担当)によって実施されました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  2. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  3. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  5. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
PAGE TOP