欧州関連

イタリア新政府、ウクライナへの武器供給に関連した法令の延長を断念

ウクライナへの武器供給を迅速に実行するため導入した「議会承認なしに武器供与を可能にする法令」の修正案に議会が反対、ウクライナ支援継続を約束したメローニ政権は同法令の延長を断念した。

参考:Italy lawmakers call off vote on extending Ukraine arms supplies

年内に新たな法令が成立しないと新たなウクライナへの武器供給が滞るかもしれない

メローニ政権発足に伴い退陣したドラギ政権は在任中、ウクライナへの武器供給を迅速に実行するため「議会承認なしに武器供与を可能にする法令」を導入、ウクライナ支援継続を約束したメローニ政権は2022年末に効力が切れる本法令を2023年末まで延長する修正案を議会に提出していたが、野党の反対でこれが困難になったらしい。

出典:Stephencdickson / CC BY-SA 4.0

イタリアはウクライナへの武器支援の内容を伏せているが、ウクライナは何度も「イタリアの武器支援パッケージが到着した」と感謝の声明を発表しており、伊メディアの報道によればM270MLRS×2輌、PzH2000×6輌、M109×20輌~30輌、M113、FH70、イヴェコLMVなどをウクライナに提供していると報じているため、これが事実ならイタリアの武器支援は英国やドイツに匹敵する内容だ。

このような大規模な武器支援を実現する原動力になったのが「議会承認なしに武器供与を可能にする法令」なのだが、メローニ政権が提出した修正案に野党の民主党が「問題の大統領令は議会承認なしにウクライナ以外への武器供与にも使用できる」と反発、これを受けてメローニ政権は現行の法令を延長するのではなく「迅速の議会承認を確保した別の法令」の検討に入ったと報じられている。

出典:Quirinale.it

つまりメローニ政権はドラギ政権のように政府判断だけでウクライナへの武器供給を決定できなくなる=その都度議会の承認を受ける必要があるという意味だが、新たな法令で「迅速の議会承認」をどのように担保するのか、そもそも2022年は残り31日しかないので年内に新たな法令が成立しないと新たなウクライナへの武器供給が滞るかもしれない。

当初、メローニ政権はロシア寄りの立場を取るのではないかと危惧(連立政権を組む政党の中にロシア寄りの立場を主張するフォルツァ・イタリアや同盟などが居るため)されていたが、首相に就任したメローニ氏は「欧州の対ロシア政策における弱点にイタリアはならない」と述べてウクライナ支援継続を約束してものの、まさか「議会承認なしに武器供与を可能にする法令」を成立させた旧政権で与党の一員だった民主党に足元をすくわれるとは思ってもみなかった。

関連記事:イタリアのウクライナ支援は英独に匹敵、M270、PzH2000、M109を提供
関連記事:ウクライナが切望していた高度な防空システム、仏伊がSAMP/T提供を準備中

 

※アイキャッチ画像の出典:Italian Army/CC BY 2.5

潜水艦をUUV母艦化したい米海軍、水中発射・回収に対応したMUUVを開発中前のページ

防衛省、2027年度までを目処に最大500発のトマホーク購入を検討中次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ギリシャ軍、クレタ島配備のS-300でトルコ空軍機にレーダー照射か

    トルコ国防省の関係者は「エーゲ海を飛行中のトルコ空軍機がギリシャ軍のS…

  2. 欧州関連

    ウクライナ警察、首都に侵入したShahed-136を小銃と拳銃で撃墜

    キーウ当局はパトロール警察(日本の交通警察に相当)が小銃と拳銃でSha…

  3. 欧州関連

    ウクライナ与党がレズニコフ国防相の解任を決定、後任にブダノフ准将を起用

    ウクライナ最高議会で過半数を占める与党「国民のしもべ」がレズニコフ国防…

  4. 欧州関連

    フィンランドがF-35A採用をクリスマス前までに発表予定、F/A-18E/Fは今年だけで3連敗

    フィンランドメディアのIltalehtiは5日、国防軍や国防省はF/A…

  5. 欧州関連

    ドイツ、中東情勢の変化を受けてサウジアラビアへのタイフーン輸出を解禁か

    ドイツは「ジャマル・カショギ氏殺害事件」や「イエメン内戦」への関与を理…

  6. 欧州関連

    欧州はクラスター砲弾使用に反対、ただし米国の決定にも一定の理解

    ドイツ、フランス、英国は「クラスター砲弾をウクライナに移転する米国の動…

コメント

    • 2022年 11月 30日

    ここでも「民主党」。(略)

    16
      • 名前
      • 2022年 11月 30日

      余所の国で足を引っ張ってるのは本当に民主党かな?

      5
    • ダヴー
    • 2022年 11月 30日

    政策の問題ではなくては政局の問題でしょうから、
    何がしか妥協が成立すると思います。

    15
    • 無能
    • 2022年 11月 30日

    今度はイタリア抜きでやっちゃダメだろ

    1
    • 全裸ギター
    • 2022年 11月 30日

    これは予想外の展開

    5
    • さめ
    • 2022年 11月 30日

    支援内容が明らかになってないとかありうるの?
    数十億円にも上る兵器の調達に係る内訳が非公開ってマ?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  2. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  3. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  4. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  5. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
PAGE TOP