欧州関連

サーブ、スウェーデン国防装備庁から次世代戦闘機に関する契約を受注

スウェーデンのサーブは1日、国防装備庁からグリペンの後継機=次世代戦闘機に関する契約を締結したと発表した。

参考:Saab Receives Order for Studies on Future Fighter Aircraft Development

サーブはテンペストプログラムで得た技術をベースにどのような次世代戦闘機を開発するのだろうか?

スウェーデンは次世代戦闘機や既存の戦闘機のアップグレードに必要な技術開発で英国と協力すると2019年に発表、英国が主導するテンペストプログラムにサーブが参加することで必要な技術の目指しており、2020年6月には「次世代戦闘機の開発を開始する」とフルトクヴィスト国防大臣が発言したためグリペンの後継機開発がスタートしたと見られていたが、サーブはスウェーデン国防装備庁と次世代戦闘機に関する契約を締結したと発表した。

出典:Saab Gripen E

サーブがスウェーデン国防装備庁から受注した2,500万ドルの契約は「次世代戦闘機に必要な能力開発に関するもので本格的開発の準備段階」と明かしているので、直ぐにグリペンの後継機開発が本格化する訳では無いが、スウェーデンはテンペスト調達ではなく「独自の次世代戦闘機」調達に向けて動いているのが鮮明になった格好だ。

因みにサーブはテンペストプログラムに参加するため英国に研究開発拠点を設けており、ここで吸収した結果を持ち帰りどのような次世代戦闘機(スウェーデンはグリペンの後継機について○世代という呼び方はしていない)を開発するのだろうか?

関連記事:グリペンの後継機開発へ、スウェーデンが次世代戦闘機の開発に着手

 

アイキャッチ画像の出典:Saab

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

米国がHIMARS提供を正式発表、ドイツに続き英国もMLRS提供を表明前のページ

米空軍の次期戦闘機開発がEMD機開発段階に到達 IOC宣言は数年後次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ポーランド首相、ロシアが終焉するか西側が黄昏を迎えるかは我々次第

    ポーランドのモラヴィエツキ首相は「ウクライナでの結果が一つの時代の終わ…

  2. 欧州関連

    再掲載|英国、1年で1万5,000人以上の兵士が軍を去ってしまった理由

    英国軍では、この12ヶ月間に1万5,000人以上の兵士が軍から去ってし…

  3. 欧州関連

    米国に続きNATOとウクライナが「ロシア軍撤退を確認できない」と発表

    NATOのストルテンベルグ事務総長は16日、我々が現場で目にしているの…

  4. 欧州関連

    NATO事務総長、ウクライナで発生する最悪の事態に加盟国は備えなければならない

    ストルテンベルグ事務総長は「ウクライナで起こるかもしれない最悪の事態に…

  5. 欧州関連

    クロアチア大統領、フィンランドとスウェーデンのNATO加盟阻止を政府に指示

    クロアチアのミラノヴィッチ大統領は18日、ボスニア・ヘルツェゴビナに住…

  6. 欧州関連

    フランス、ドイツ、スペインが次世代戦闘機の開発を進めることで合意

    フランス、ドイツ、スペインの3ヶ国が次世代戦闘機の開発を進めることで合…

コメント

    • 成層圏
    • 2022年 6月 02日

    スウェーデンだったら単発のSTOL小型機になるんだろうな。
    日本も練習機兼攻撃機でそういうの欲しいね。テンペストプログラムからもらえないのかな?

    12
      • 幽霊
      • 2022年 6月 02日

      次世代戦闘機と新型練習機を同時開発する余力が日本にあるんでしょうか?

      7
        • 成層圏
        • 2022年 6月 02日

        同時開発できないから、もうらわけ。
        ちょっとだけ(カスタマイズ程度の)共同研究か、ノックダウン生産で。
        テンペストの方が後々いじりやすそうだしね。

        12
        • ネコ歩き
        • 2022年 6月 03日

        航空機メーカーオールジャパン体制下のF-X開発中にその余力や予算があるかは大いに疑問ですね。
        一方で、米空軍計画中のFTTのような低運用コストの戦術訓練機をF-2B代替として導入するのはあっても良いのかなと妄想したりします。
        一定レベル以上のステルス性を有し、スクランブルやアグレッサー任務に十分対応可能な性能があり、戦闘機定数外で比較的低コストに調達できれば尚良し、とか。

        1
      • 匿名
      • 2022年 6月 02日

      練習機兼用の小型攻撃機が対中国戦で役に立つんなら欲しいですね

      11
      • や、やめろー
      • 2022年 6月 02日

      テンペストプログラムに練習機があったかどうか。アメリカのt7じゃないかな。t4の後継は。f3は短距離陸できるようになるんだろうか。

      7
        • バーナーキング
        • 2022年 6月 03日

        「練習機」として導入できるなら日本に足りない「数」を補う手駒として価値はあると思うけどな。
        STOL性維持してれば有事の際に滑走路長足りない空港で運用できるのも利点だし。

        とはいえ練習機の実機枠には1機でも多くF-3をねじ込んで欲しいとも思うけど。

        1
      • 名無し三等兵
      • 2022年 6月 02日

      単発小型機路線を継承するのであればF-3と組み合わせる無人戦闘機の
      ベース機としても良いかもしれませんね。

      5
      • 匿名希望
      • 2022年 6月 02日

      NATOに参加するから大型になりそうってのはあったな

      • samo
      • 2022年 6月 02日

      もともとが大型機であるテンペストの規模縮小型なんだろうなって思いますね。
      そうなるかどうかはわからないけれど、単発、小型による低コスト化を目指すんじゃないかなと。

      現物がない中であれだけど、こう聞くだけなら、中小国にはかなり魅力的な戦闘機に見えそうな。
      海外輸出機としては、かなり本命になりえる可能性をもった戦闘機なのでは

      1
    • そら
    • 2022年 6月 02日

    スウェーデンはアメリカやロシアといった大国の戦闘機開発とは違うワクワクがあるな。
    おそらく小型の取り回しのいい機体になるとは思うが、しかし楽しみだ。

    17
    • 南極1号
    • 2022年 6月 02日

    「スウェーデンの国力では無理だ」に一票。
    グリペンの頃と時代が違うから、開発費もお高くなっていそう。

    4
      • 無無
      • 2022年 6月 02日

      実質OEMだろう
      サーブのラベルだけ張りつけたテンペスト
      名門の名前だけは残したいだろう

      2
        • 南極1号
        • 2022年 6月 02日

        サーブはボルボのように中国資本になるわけにはいかないので・・

        2
      • ネコ歩き
      • 2022年 6月 03日

      グリッペンの要素技術やコンポーネントを流用し独自のインテグレーションができる参加条件なわけで、第5世代以降戦闘機を独自開発する負担と比べれば遥かに安上がりで低リスクかと。

    • t.corwell
    • 2022年 6月 02日

    過去にフリューグシステーム2020という次世代ステルス機のコンセプトを大学と共同研究していたのでそれをベースにテンペスト計画から得られた技術を融合していく形になるのでしょうか
    リンク

    6
    • 58式素人
    • 2022年 6月 03日

    大いに期待できそうですね。
    素人の勝手な考えですが、前にも書きましたが、本邦有事が近づいた時に、
    英国経由で急速に入手できると良いなと思います。
    きっと、扱い易く、運用経費の低い、良いものと思います。
    必要な技術を入手するために英国に近づいたと思いますが、
    本邦も有用な技術を提供できるのではないでしょうか。主に素材技術などで。
    英国経由で関係を深めておいた方が良いかと想像します。

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  4. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  5. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
PAGE TOP