欧州関連

F-35B墜落動画を流出させたのはクイーン・エリザベスの乗組員、英海軍は当該人物を逮捕

極東派遣を終え母港ポーツマスに帰投中の英空母クイーン・エリザベスでF-35Bが墜落する事故が発生、この事故シーンを映した動画がリークされ注目を集めていたがリークした人物が逮捕されと報じられている。

参考:Sailor arrested after F-35 aircraft carrier crash video leak

事故発生から20日以上経過しても事故原因については一切発表なし、事故シーンを映した動画をリークした人物は逮捕される

墜落した事故機はプラスチック製のレインカバー(エアインテイクを覆う赤いカバーのこと)を付けたまま英空母クイーン・エリザベスから発艦、事故機のパイロットは赤いカバーをエンジンが吸い込んでしまったことに「ほぼ気づいていた」ため機体がクイーン・エリザベスから飛び立ったと同時に緊急脱出、あまりにも艦に近い位置で脱出したためクイーン・エリザベスにパラシュートが引っかかったと報じられており、英海軍の水兵はF-35Bが墜落した海面付近で安物の赤いカバーを発見したとも報じられていた。

しかし先月末、クイーン・エリザベスから発艦を試みようとしたF-35Bがスキージャンプを離れる瞬間パイロットが緊急脱出している映像が突然ネット上にアップされ、報道されていた事故の様子がほぼ真実(赤いカバーは映っていない)であることを裏付けてしまったため注目を集めていたが、この映像をリークした人物はクイーン・エリザベスの乗組員で「艦内の機器に記録された映像を携帯電話で無断に撮影してSNS上に流出させた容疑で逮捕された」と報じられている。

何の目的で映像をリークしたのか不明だが当該人物の軍歴は回復不可能なダメージを受けると予想されており、自身がとった行動に見合う何かしらの「対価」を何処からか得ていたのだろうか?

因みに事故発生から20日以上経過しても英海軍は事故原因について何も発表しておらず、海底に沈んだ事故機の位置は把握しているものの機体の引き上げは実行に移されていない。

関連記事:東地中海に墜落したF-35Bは英空軍機、ロシアに奪取されないよう英米のダイバーチームが警備中
関連記事:英空軍が1億ポンドのF-35Bを失った原因、エアインテイクを覆うカバーの取り外し忘れか?
関連記事:発艦直後に緊急脱出、英空母から発艦したF-35Bの墜落シーンを収めた動画が流出

 

※アイキャッチ画像の出典:Lockheed Martin

7ヶ国目の原潜保有国に最も近いブラジル海軍、1番艦アルバロ・アルベルトの耐圧殻建造を承認前のページ

米議会がF-15C/DやRQ-4/Block30など160機以上の早期退役に同意、但しA-10の退役はダメ次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    生まれ変わるギリシャ空軍、F-16V導入に続いてF-35プログラムへの参加を希望

    ギリシャはF-16やミラージュ2000のアップグレードが完了すれば、F…

  2. 欧州関連

    レーダー開発が進む第6世代戦闘機「テンペスト」、2020年代テストベッド機試験開始

    イタリア防衛産業企業のレオナルド S.p.Aは、英国防省と「テンペスト…

  3. 欧州関連

    2026年までに初飛行?公開された第6世代戦闘機「FCAS」モックアップ!

    6月17日、フランスのパリで開催中の「パリ航空ショー」で、フランスの防…

  4. 欧州関連

    20世紀の戦争を変えたAK-47に例えられるバイラクタルTB2、今度はラトビアが導入か

    ポーランドがNATO加盟国として初めてトルコ製UAV「バイラクタルTB…

  5. 欧州関連

    ドイツのUAV武装解禁失敗、ユーロドローンや第6世代戦闘機開発にも影響が?

    ドイツ国内で揉めている無人航空機(UAV)の武装化についての議論にNA…

  6. 欧州関連

    ウクライナ、ロシア軍の戦車30輌と装甲車輌130輌を破壊したと発表

    ウクライナ総参謀本部は最新の戦況状況を25日に発表、ロシア軍に戦車30…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 12月 08日

    リークした水兵は内部告発で、公益保護にならないのかな?
    あと、墜ちたF-35Bは、リペア出来ないかな?

    3
      • 匿名
      • 2021年 12月 08日

      リペアは新造するより金が掛かりそう。

      17
      • 匿名
      • 2021年 12月 08日

      何を公益とするんで?
      これはお漏らし(情報漏洩ですな

      30
        • 匿名
        • 2021年 12月 08日

        取り外しを確認しなかった整備員やパイロットを保護するのかね?
        それにフライトのプロブラムに問題があった墜落なら”情報漏洩”を疑うが、こんなイージーミスを隠すほどの価値もないし、それを隠そうとすれば情報漏洩でもないし、それをばらすのは十分に公益でもあるだろう。
        正義に駈られて公開したわけではなく、目立ちたいだけだろうが”公益”というのを双方で勘違いしているのでは?

        3
          • 匿名
          • 2021年 12月 08日

          今回の事故に関係なく、個人の勝手な判断で軍が管理する情報を公開するのが問題の争点だと思う。
          今回は恐らく機密性が低いであろう映像だったけど、例えば武器の性能や位置情報を同様に勝手に公開したら問題でしょ。

          20
          • 匿名
          • 2021年 12月 08日

          いっぺん情報セキュリティとコンプライアンス研修を受けた方が良いですよ。

          8
      • 匿名
      • 2021年 12月 08日

      リークした乗組員「バズりたかった」

      16
      • 匿名
      • 2021年 12月 08日

      身内の恥を自己顕示欲に負けて晒す奴に何の公益があるというんだろうか…

      21
        • 匿名
        • 2021年 12月 08日

        絶望したんじゃないですかねえ?

        1
      • 匿名
      • 2021年 12月 08日

      逆張り思考が染み着くとこうなるのか

      12
    • 匿名
    • 2021年 12月 08日

    スマホで撮影された映像を撮影したものが流出してたけど、
    その映像を閲覧できるセキュリティーレベルの部屋にスマホを持ち込めるのは英国軍の怠慢だろう

    10
      • 匿名
      • 2021年 12月 08日

      目立つ色のカバーに気付かない
      エンジン音なども異常だったはず
      ちょっとイタイな

      10
    • すえすえ
    • 2021年 12月 08日

    これはただの好奇心の情報リークですね。
    言える事はどうなるかの想像力の欠如。ただのあほですw
    どーゆー落とし前になるかは知らんけど

    10
      • 匿名
      • 2021年 12月 08日

      フォークランドに島流しされて、塹壕掘りの強制労働10年
      スマホで離島暮らし日記をあげたら良い

      5
    • 匿名
    • 2021年 12月 08日

    米国あたりが、新しい回収方法を試しているのかも

    1
      • 匿名
      • 2021年 12月 08日

      日本の時と違って原型そのまま沈んでるだろうから問題は水深だな

      3
        • 匿名
        • 2021年 12月 08日

        ガスタービンに空気の1000倍のそれ以上圧縮できない水を突っ込めば羽が壊れて修理不能じゃないか。

          • 匿名
          • 2021年 12月 08日

          引き揚げは機密保護が主で修理目的じゃ無いと思うよ
          というか海水に一ヶ月近く漬け込まれてるわけだから外装含めてもう使い物になる部分は無いのては

          19
    • 匿名
    • 2021年 12月 08日

    あまりに呆気なく流出してたので官製リークなのかなと思ってたけど、普通に流出なのね…。
    海没した兵器の引き上げに関してはK-129の例もあるし、場所が特定されてる以上は深いからといって絶対安心という事もないけど、どうなんだろうな。ソ連海軍のみでの運用かつスペックの推定が難しく情報収集のガードも硬かった潜水艦と違って、多国間で製造してて基本スペックも公開されてる戦闘攻撃機は危険な賭けをしてまで拾いに行く価値は(少なくともソ連の潜水艦ほどは)ない気がするけど、中国あたりは専用のサルベージ船作ってでも回収に行きたいと思ってそうな。
    しかし、作戦中の軍艦(飛行甲板に居るから勤務中?)でスマホ使って私的な動画を撮影したうえ外部に送信って、勤務規則を公然と違反したうえで見過ごされていたにしても規則の抜け穴があったにしても問題だよなぁ。まぁどの国の軍隊でも悪意の違反者がいたらどうしようもないんだろうけど

    12
    • 匿名
    • 2021年 12月 08日

    (膨らむ想像力)
    艦内に敵対某国の諜報員が紛れ込んでいて、パイロットになりすましてF-35を
    盗みだそうとして、それを密かにQEへ乗り込んだMI6の秘密諜報員によって
    未然に阻止された説(インテークカバーの外し忘れなんて無さそうで有りそうな
    ポカミス報道で事故として偽装したのだ)
    そして今は海底に沈んだF-35を巡って熾烈な争奪戦が水面下で行われているのだ
    映画化決定かもなのだ

    1
      • 匿名
      • 2021年 12月 08日

      ロシア語で考えないもんだから堕ちた説

      2
      • 匿名
      • 2021年 12月 08日

      そういえば三沢沖墜落の機体は沈んだままかね
      そっちはノーマークかい

        • 匿名
        • 2021年 12月 08日

        三沢のは高速で海面に激突したから原型をとどめず細かな破片になって海底に散らばっただろうから、回収するとなると非常に手間がかかる。そして墜落の衝撃で機密性の高い機器も完全に破壊され、回収は不要と見るのが自然。
        今回は甲板からゆっくり滑り落ちたからある程度原型を保ってて(良くも悪くも機器類の損傷が小さい)、回収が比較的容易なんだと思う。

        2
    • 匿名
    • 2021年 12月 08日

    正義感、、、じゃないか。

    1
    • 匿名
    • 2021年 12月 08日

    「よっしゃこの映像ならイイね10万だ〜」くらいのノリじゃないですかね。(笑)

    今回の映像もそうでしたけど、映像は文字の何百倍もの情報量がありますよね。いろんなことがわかる。
    私自身は映像見れたのはラッキーでしたが、本人の軍歴とアタマの構造にはお気の毒に思います。

    8
      • 匿名
      • 2021年 12月 08日

      ギリギリ漏洩せずに上納しときゃ、お小言だけで済んだかもしれんけど、お漏らししちゃーねー。
      英海軍が捏造してた訳じゃないし。

    • 匿名
    • 2021年 12月 08日

    インテークカバー付きでも進むところが凄い
    車でも吸入量や吸気温度をみていて、異常があると警報が出るのだが

    2
    • 匿名
    • 2021年 12月 08日

    守秘義務違反じゃないのかと思ってたが、やっぱりか。ツイに「パイロットが生きてて良かった!」みたいな文が書かれてるから、悪人ではないかもしれないが、軍人としてはやっちゃダメだったな

    事故内容を公表しないとか、誰かに責任押しつけて幕引きという状況だったらヒーローになれたのに

    3
    • 匿名
    • 2021年 12月 08日

    Sengoku38の時は停職処分と起訴猶予
    日本は全体的に情報の取り扱いが甘い気がする
    軍と準軍組織の差はあるけれど

    3
      • 匿名
      • 2021年 12月 08日

      Sengoku38は
      国民として良くやった、と言いたい。

      23
      • 匿名
      • 2021年 12月 08日

      アレは、当時の国が揉み消そうとしていた事へのリークですからね
      今回のF-35B墜落は、それ自体は別に揉み消そうとかしていた訳では無いですし

      12
      • 匿名
      • 2021年 12月 08日

      あれは元々「なぜ映像を公開しない!」と国民からかなり突き上げを食らってた事例なので
      罪は罪でも酌量の余地はある

      11
    • 匿名
    • 2021年 12月 09日

    インテークがついていたら警告が走るぐらいはしてくれる様になルンかな

    • 匿名
    • 2021年 12月 11日

    三沢は近郊の漁協に根回ししといた方がいいな
    破片一つでもマグロより高く売れるで

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  2. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  3. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  4. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  5. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
PAGE TOP