欧州関連

トルコ、新たに開発した短距離弾道ミサイル「TAYFUN」の試射に成功

トルコのROKETSANは18日、極秘裏に開発を進めてきた短距離弾道ミサイル「TAYFUN」の試射を行ったと報じられており、同社が実用化した短距離弾道ミサイル「Bora」の後継ではないかと予想されている。

参考:TAYFUN Balistik Füzesinin Test Atışı Gerçekleştirildi
参考:Turkey Said to Test-Fire Secretly Developed Ballistic Missile

東地中海問題やエーゲ海の領海問題で対立しているギリシャにとっては良くない知らせだ

ROKETSANは2017年に短距離弾道ミサイル「Bora(射程780km/輸出バージョンは280km)」の実用化を果たした後、射程を拡張したBora2の開発を進めていると噂されていたが、ROKETSANが極秘裏に開発を進めてきた短距離弾道ミサイル「TAYFUN」の試射を18日に行ったと報じられている。

黒海に面したリゼ・アルトヴィン空港から発射されたTAYFUNは561km離れたシノプ港沖きに着弾、ただTAYFUNが目標に命中したのかは不明だ。

トルコメディアはTAYFUNが構造的にBoraに類似していると指摘しているため、ROKETSANが開発を進めていたBora2がTAYFUNである可能性が高く、東地中海問題やエーゲ海の領海問題で対立しているギリシャにとっては良くない知らせだ。

因みにトルコメディアは「TAYFUNがトルコ初の短距離弾道ミサイルだ」と強調している。

その他のニュース

関連記事:トルコへのF-16V売却問題、 米上院は売却を容認する国防権限法を可決

 

※アイキャッチ画像の出典:Defence Turk

ロシア軍が発電所の30%を破壊、ウクライナで大規模な停電が発生前のページ

ロシア軍占領下のヘルソン当局、ドニエプル川北岸からの住民避難を正式発表次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ウクライナが海中を徘徊する自爆型UUVを公開、自爆型USVの合理的進化

    ウクライナは現代戦で必要不可欠な無人機や対ドーロン兵器の開発を促進する…

  2. 欧州関連

    トルコ海軍の次期海上哨戒機プログラムにP-8AとP-1が登場、但し入札に発展するは不明

    トルコ海軍主催の会議に出席した海軍航空隊の司令官は現在進められてる次期…

  3. 欧州関連

    スペインがポーランドに提案中のフリゲートはAN/SPY-7とイージスシステムを搭載か?

    ポーランドに提案されているアルバロ・デ・バサン級フリゲート(F100フ…

  4. 欧州関連

    ルーマニアと韓国が防衛協力に関する基本合意書に署名、K2、K9、Redbackの調達を検討

    ルーマニア国防省は韓国と防衛協力に関する基本合意書に署名したと発表、現…

  5. 欧州関連

    開発を進めている無人戦闘機の出来次第? テンペストの調達数に関する決定は2024年末

    タイフーンの後継機として開発を進めている第6世代戦闘機「テンペスト」は…

  6. 欧州関連

    スウェーデン空軍、次世代戦闘機の戦略立案を11月まで終える

    スウェーデン空軍の参謀総長を務めるエドストローム少将は17日「現在進め…

コメント

    • 鼻毛
    • 2022年 10月 18日

    ウクライナに送ろうぜ

    2
    • ウツボ
    • 2022年 10月 18日

    「弾道ミサイル」というと日本では名前だけでヤバい兵器みたいなイメージがあるけれど、スカッドやKN23のような短距離や準中距離クラスだと普通に配備されている武器なんだよな。戦闘機をはじめとする航空戦力に不安がある途上国にとっては無人機と並んで魅力的な武器だろうし。

    15
      • 無無
      • 2022年 10月 19日

      しかし極秘に開発となると、
      まあギリシャを刺激してNATOアメリカから横やりの入らないようにしたというのか、あるいは核弾頭開発の下心を匂わせているのか
      トルコの野心的な軍拡の行く末は気になる

      2
    • zerotester
    • 2022年 10月 18日

    >>同社が実用化した短距離弾道ミサイル「Bora」の後継ではないかと予想されている。

    Boraはアドリア海に吹く風のことなので、TAYFUNはやはり台風なんですかね?

    5
      • 地中海人
      • 2022年 10月 19日

      トルコなので、シロッコ砂嵐よりパンチある名前が好みだったのかな

      1
    • たまねぎ
    • 2022年 10月 19日

    TB2が馬鹿売れした先例があるから、これもコンバットプルーフ得るためにウクライナに提供しないかな。
    現時点で未完成でもロシア軍相手に性能試験が出来るし…

    1
      • K
      • 2022年 10月 19日

      報復でロシア領内の発電所や上下水道でも攻撃しよう。

      それに対するロシア政府の国内向けプロパカンダが凄まじくなるでしょうが・・・

        • ミリ猫
        • 2022年 10月 19日

        ロシアでは都市部以外は電気も上下水道もない地域が多いので、
        最初から存在しないインフラは攻撃しようもありません。

        6
          • 774rr
          • 2022年 10月 19日

          輸出仕様じゃなきゃモスクワ直撃出来るんじゃない?
          まぁモスクワのインフラ壊したってウクライナに利する事にはならない気がするけど。。。

      • 幽霊
      • 2022年 10月 19日

      ウクライナがロシア領内に攻撃しないように支援国は提供する対地ミサイルの種類を制限してるのに短距離弾道ミサイルなんて提供しないと思いますよ。

      4
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  2. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  3. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  4. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  5. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
PAGE TOP