欧州関連

ウクライナがF-16提供でオランダ・デンマークと合意、2025年までに最低でも42機

オランダとデンマークを訪問したゼレンスキー大統領は「F-16提供で合意した」と発表、まだ「オランダ42機+デンマーク19機=61機」になるのか「オランダ23機+デンマーク19機=42機」になるのかは確定していないが、最低でも2025年までに42機が提供される見込みだ。

参考:President following the meeting with Mette Frederiksen: We have agreed on the transfer of 19 F-16 jets by Denmark
参考:President following the negotiations in the Netherlands: We will use F-16 to keep Russian terrorists away from Ukrainian cities and villages
参考:Дания передаст Украине 19 истребителей F-16
参考:Dozens Of F-16s Were Just Officially Pledged To Ukraine
参考:Первые F-16 планируют отправить в Украину до Нового года – премьер Дании

2025年までに42機~61機のF-16AMをウクライナに提供する方向で両国は動いているのだろう

オランダを訪問してルッテ首相と会談したゼレンスキー大統領は「ウクライナ人パイロットの訓練完了後に提供されるF-16の数で合意した。提供数については話したくないが、首相は42機という数字を話し合っており、これは航空機の提供に関する共同決定だ。正確な提供数について話すのはもう少し後になるだろう」と発表したが、デンマークを訪問してフレデリクセン首相と会談後「デンマークと19機のF-16提供で合意した」と発表した。

出典:PRESIDENT OF UKRAINE

ウクライナメディアによると「デンマークは年内に6機、2024年に8機、2025年に5機提供することを予定している(フレデリクセン首相談)」と報じているが、ウクライナへのF-16提供が「オランダ42機+デンマーク19機=61機」になるのか「オランダ23機+デンマーク19機=42機」になるのかは不明で、海外メディアでも61機なのか42機なのかで意見が割れている。

因みに7月時点でオランダ空軍が保有しているF-16AMは「現役機として本国に配備されている24機」「運用から外され保管中の18機」「訓練のため米国に配備されている12機」の計54機で、2021年にオランダと米Drakenは米国に配備されているF-16AMの売却(+28機の追加購入に関するオプションを含む)で合意したものの、機体の状態が思わしくなかったため米Drakenとの合意内容は12機→6機(ベルギーで引き渡し前のオーバーホール中)に削減されてしまった。

出典:PRESIDENT OF UKRAINE

つまりオランダは買い手が決まっていないF-16AMを46機持っているため「単独で42機の提供」という話は実現可能だが、デンマークはF-16AMの退役を2027年から2025年に変更したばかりなので「2024年までに提供する14機を何処から持ってくるのか」は分かっていないものの、2025年までに42機~61機のF-16AMをウクライナに提供する方向で両国は動いているのだろう。

追記:どうやら42機という数字はオランダがウクライナに提供可能なF-16の最大値(米国配備分を除いた数が丁度42機)で、ルッテ首相は「どれだけ提供できるのか正確な数はまだ出せない」と述べているので、提供数は19機+αなのかもしれない。

関連記事:ゼレンスキー大統領、ウクライナ人によるグリペンのテストが始まった
関連記事:中古F-16を巡る争奪戦、ウクライナはアルゼンチンに譲ってくれと訴える
関連記事:米空軍大将、英国に派遣されたウクライナ人は飛行経験が殆どない若者

 

※アイキャッチ画像の出典:PRESIDENT OF UKRAINE

ザポリージャ州の戦い、ウクライナ軍がロボーティネ集落内を南下中前のページ

韓国軍、MQ-9に相当する国産UCAVの量産化に約1,000億円を投資次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    フランスとの関係強化に動くエジプト、ラファール30機を37.5億ユーロで追加導入

    エジプト国防省は今月4日、フランスから戦闘機ラファールを30機追加導入…

  2. 欧州関連

    欠陥が原因か? エンジンが故障した45型駆逐艦「ダイヤモンド」が英空母打撃群から離脱

    日本に向けて航行中の英空母打撃群から艦隊防空を担当する45型駆逐艦「ダ…

  3. 欧州関連

    ウクライナ軍、動員の必要性があるもの人々の熱意が冷めつつある

    ウクライナ軍南部司令部が管轄するオデーサ市内で「動員対象者を力ずくで連…

  4. 欧州関連

    戦闘機を廃止したアイルランド、ロシアの脅威に対抗するため戦闘機導入を検討

    戦闘機を廃止して65年が経過するアイルランドは最近、ロシアの脅威に直面…

  5. 欧州関連

    兵士の逃亡に悩むウクライナ軍、原因は約束した交代が守られていないため

    米POLITICOは「急増する軍紀違反を罰則の強化で解決する取り組みは…

  6. 欧州関連

    動画の次は画像、海中から回収された英空軍F-35Bの写真が流出

    地中海に墜落した英空軍のF-35Bの動画が流出して注目を集めていたが、…

コメント

    • せい
    • 2023年 8月 21日

    今年から取得始めるのか。
    思ったより早いな。
    呼応して戦闘機を供与する国は増えるかな?

    11
    • 58式素人
    • 2023年 8月 21日

    他所の記事では。
    ウクライナ空軍の欲しい戦闘機の機種は、順番に、
    1.F16、2.グリペン、3.タイフーン、4.ラファール、とのこと。
    ウクライナの国力からすれば、F16のみ、又はグリペンを含めた2機種、でしょうか。
    戦闘機の提供は、そういう流れで進むのでは。グリペンだけとすると数が足りないし。
    代金の報道されていないけれど、どうするのだろう。EU資金は無理だろうし。
    オランダ/デンマーク/スウェーデン/米国の援助とウクライナの後払いかな。
    以上、いろいろと勝手に想像しますが。

    1
      • ポンポコ
      • 2023年 8月 22日

      そうなんだすね。私も一番お金のこことがきになりました。

    • たむごん
    • 2023年 8月 21日

    オランダのF16、ウクライナ提供に期待したいところですね。
    デンマークは、アルゼンチンに大半を売却してしまいました(ウクライナに供与すると思っていました…)

    戦闘機は、多種の交換部品や整備技術などが必要であると思います。
    ウクライナが、F16を導入するのであれば、限られた国力の中で補給基盤も整える必要がありますね。

    海外からの支援パッケージに、含まれているのでしょうかね?

    1
      • 航空万能論GF管理人
      • 2023年 8月 21日

      デンマークはまだアルゼンチンにF-16を売却していません。その可能性があるというだけで、バイデン大統領が米議会に要請したという売却案も動きが確認されていません。

      11
        • たむごん
        • 2023年 8月 21日

        ご指摘ありがとうございます、勉強になりました!

        2
    • panda
    • 2023年 8月 21日

    記事を読んでますか?
    デンマークはウクライナに対し19機のF-16を提供する事で合意

    • TA
    • 2023年 8月 21日

    そんな…バカな…
    ラファールが欲しくないだと
    ありえん…
    あんなにかっこいいのに

    3
      • 58式素人
      • 2023年 8月 21日

      F16もグリペンも単発ですから、数が必要な今はこちらでは?。
      将来、ウクライナに双発が必要な時には可能性ありますよ、きっと。
      今はMig29/Su27/Su24が数を減らしつつも現役ですし。
      双発には単発にはない航続距離と搭載量があると思います。
      今は誰も言いませんが、黒海の制空が問題になると思っています。
      それと、カスピ海上空のTu22M3/95/160対策もです。
      マクロン大統領は、海軍航空隊を言い出す(?)かな。

      2
        • DEEPBLUE
        • 2023年 8月 21日

        ボーイング「東欧で戦える双発機なら是非我が社にご注文を!」

        1
          • 匿名希望係
          • 2023年 8月 21日

          米州軍退役機のレストアかな?

            • 58式素人
            • 2023年 8月 21日

            さすがに、F15-A/B/C/Dは貰えないのでは。

            1
    • 匿名
    • 2023年 8月 22日

    高額なものなのにこれほどの数を提供するあたり、この戦争は中途半端には終わらないけっこうガチなやつなのでは

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  2. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  3. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  4. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  5. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
PAGE TOP