欧州関連

どんどん強化されていくウクライナ軍、今度はラトビアからM109が到着

レズニコフ国防相は15日「ウクライナにラトビアから6輌のM109が到着した」と発表、これでウクライナ軍が手に入れた155mm砲弾対応の榴弾砲や自走砲は計250門以上になった。

参考:Гаубицы из Латвии демонстрируют результаты на поле боя – Резников

ウクライナ軍の火力投射における主兵器は間違いなく砲弾供給量が安定している榴弾砲や自走砲

ウクライナのレズニコフ国防相は15日、Twitter上で「ラトビアから到着したばかりのM109×6輌が既に戦場で威力を発揮している。パブリクス国防相やラトビア国民の揺るぎない支援に感謝している。共に勝利しましょう」と発表、これでウクライナ軍が手に入れた155mm砲弾対応の榴弾砲や自走砲は計250門以上になった。

スロバキアとポーランドも自軍向けに発注していたZuzana2とKRABをウクライナに提供中(無償ではなく有償)で、ドイツ政府が売却を承認したPzH2000×100輌の引き渡しまで含めるとウクライナ軍が手に入れる155mm砲弾対応の砲兵装備は400門以上になる。

因みにHIMARSの攻撃範囲は榴弾砲や自走砲を圧倒するもののGMLRS弾の供給量には不安が残るため、ウクライナ軍の火力投射における主兵器は間違いなく砲弾供給量が安定している榴弾砲や自走砲だ。

ウクライナ軍が入手済み・入手予定の155mm砲弾に対応した榴弾砲や自走砲
無償提供分M777136門引き渡し済み
FH70数量不明引き渡し済み
M10948輌以上引き渡し済み
Caesar18輌引き渡し済み
PzH200018輌引き渡し済み
KRAB18輌引き渡し済み
238門以上
商業取引分PzH2000100輌(推定17億ユーロ)ドイツ政府が売却を承認した段階
KRAB60輌(推定6.5億ユーロ)引き渡し中/現在までに10輌納品
Zuzana28輌引き渡し中/現在までに4輌納品
168門

特にエクスカリバー砲弾(GPS誘導)の提供が始まっているので、これに対応したM777A2、PzH2000、Caesar(レイセオンが適合試射を行った段階)の価値はウクライナ軍にとって非常に高い。

関連記事:スロバキア、155mm砲弾対応の自走砲Zuzana2をウクライナに納品
関連記事:スロバキア、ウクライナに最新の自走砲Zuzana2を提供すると明かす
関連記事:ゼレンスキー大統領、ポーランドから追加の自走砲KRABを受け取った
関連記事:ドイツがPzH2000×100輌のウクライナ売却を承認、売却額は17億ユーロ
関連記事:バイデン大統領がウクライナ支援パッケージに署名、エクスカリバー砲弾を提供か

 

※アイキャッチ画像の出典:Gatis Indrēvics/CC BY-SA 4.0 M109A5Ö

米空軍、F-22A Block20の改修費用は「途方もない金額になる」と予告前のページ

前線から200km以上離れたクリミアで再び爆発、弾薬庫と変電所が炎上次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    破壊されるウクライナ経済、ロシア軍の攻撃で500万人が職を失う

    ウクライナのベレズナ経済副大臣は「現在も1,000万人の労働者が雇用さ…

  2. 欧州関連

    トルコ、実戦で効果的だった電子妨害システム「KORAL」の後継を開発中

    トルコのエルドアン大統領は12日、防衛産業企業アセルサンの新しい施設の…

  3. 欧州関連

    潜在的輸出先はイスラム圏? トルコ、マレーシアに第5世代戦闘機「TFX」計画への参加を要請

    トルコの第5世代戦闘機「TFX」を開発しているトルコ航空宇宙産業は、マ…

  4. 欧州関連

    英空軍、アニメやSF映画で登場するような戦場認識力の実現に近づく

    英空軍参謀総長を務めるマイク・ウィグストン大将は「独自に開発を進めてき…

  5. 欧州関連

    無人航空機で成功を収めたトルコ、武装した無人水上艇「ULAQ」の海上テストを開始

    昨年10月に発表したトルコ初の装甲無人水上艇「ULAQ」のプロタイプが…

  6. 欧州関連

    サーブ、スウェーデン国防装備庁から次世代戦闘機に関する契約を受注

    スウェーデンのサーブは1日、国防装備庁からグリペンの後継機=次世代戦闘…

コメント

    • 月虹
    • 2022年 8月 16日

    エストニアはフィンランドと共同で韓国のK9自走砲を導入しているので(12輌を購入、オプションで6輌を追加契約)K9導入に伴い余剰となったM109のウクライナ提供となったのでしょう。

      • hiroさん
      • 2022年 8月 16日

      ラトビアじゃなくて?

      12
        • 月虹
        • 2022年 8月 16日

        すいません…ラトビアでしたね。

        4
    • 濡れ鼠
    • 2022年 8月 16日

    エクスカリバー誘導砲弾を始めて知ったときに、新隊員教育隊に質問した時の事を思い出しました。
    そんな砲弾が存在するとは思えないし練度の高い我々に誘導砲弾なんて必要ない、と1特では考えていると言われて大丈夫かなと思いました。
    今当時の特科に志願した同期や先輩たちはどんな気持ちでニュースを見ているのか興味があります。

    25
      • tarota
      • 2022年 8月 16日

      昭和を感じさせるほのぼのニュース

      10
    • gobu
    • 2022年 8月 16日

    前々から思っていたが
    仕方ないこととはいえ
    いろいろな国の種類の違う自走砲やら規格の違う弾やら
    それぞれに教育も必要だし、兵器の投入場所とか、故障時の修理の持っていく場所とか、補充する弾丸の手配とか
    そういうのを考えるに
    兵力の逐次投入になっていないか心配

    もしウクライナにそういうのを上手にやりくり出来る人物がいれば勝ちの筋も見えてくるのだが、どうなんだろう

    陸続きで補給や補充があるからガ島とは違うかな

    2
      • 名無し三等兵
      • 2022年 8月 16日

      供与された種々雑多の兵器達について保守メンテは大変でしょうね
      ウクライナの東側の兵器体系と違う西側兵器では保守整備のノウハウ
      が無いので、いったんどこかが動かなくなったら、それがどこに原因
      があってどう直せばいいのか、交換部品はあるのか、マニュアルと
      首っ引きで一から調べる所から始めないといけません。
      いったん壊れて自前で修理不可能になったら本国へ送り返して修理
      って時間のかかる事をしないと不稼働車両の山になってしまいます。

      3
        • 戦略眼
        • 2022年 8月 16日

        その為にポーランドにデポを作ったけど、遠いね。

        8
        • スマック
        • 2022年 8月 16日

        メンテナンスできないジャベリンが倉庫に山積みで放置されてるとか。
        勿体ないね。

        4
          • G
          • 2022年 8月 16日

          とはいえ現在のロシア軍は初期のようなゲリラ戦が通用する状態ではなく陣地を形成した上で押し上げる形になっていますので、仮にメンテできていたとしてもあまり活躍の場はなかったでしょうね

          3
        • 2022年 8月 16日

         アニメの話しで恐縮ですけど・・、
         そういうふうに考えると、敵味方ほとんど同じ規格で動くガンダムのモビルスーツ群って凄い(?)話しなんだなあって思っちゃいましたね・・・。

        1
      • 千葉の猫
      • 2022年 8月 17日

      冬戦争のフィンランド以上に様々な兵器が入り乱れて
      兵器オタの天国補給整備担当者の地獄となっているでしょう

      それに同じM109であってもA1~A5までのVer違いやライセンス品同士の互換性とか
      供与受けつつ探る状態になるのでは

    • 2022年 8月 16日

    これで思い出したんだけど数日前にウクライナが現地改修でMT-LBに100㎜MT-12対戦車砲を載せた駆逐戦車を開発してたな…
    155㎜は西側から供給を受けてるけど100㎜クラスの砲弾はどうしてるんだろ?

      • ナイトアウル
      • 2022年 8月 17日

       想像でしかないけど隣国ルーマニアが派生型を運用しているはずだし、一番多く運用しているブルガリアも武器支援してたから砲弾供給はされてるんじゃないだろうか。ウクライナ自身も500門以上運用していて他国の何倍もの量で世界一だから保有数も桁違いか生産設備は無事で量産している可能性はある。

    • りにあ
    • 2022年 8月 16日

    ドンバス地区ではロシア軍は炎天下の中で前進試みるハメになりましたね。一方海に面する南部はロシア軍にとっては退路が限られてしまいます。ロシアは今の時代に侵略戦争をするとは、戦国時代の国盗合戦・モンゴル帝国の元寇あるまいし・・・。ゼレンスキーは現代の北条時宗になるんですかね。

      • 戦略眼
      • 2022年 8月 16日

      それを言ったら、ロシア全域は元々元朝の支配下だったよね。
      中国に全域取り戻されても、文句言えないよね。

      5
        • 名無し
        • 2022年 8月 16日

        元朝ではないな。
        ジョチ・ウルス(キプチャク・ハン)だな。

        9
      • 鳥刺
      • 2022年 8月 16日

      ロシアvs海洋覇権国に全面バックアップされた中規模国家、と言えば日露戦争再びの感も。

      ロシアはこの20年間ずーっと繰り返して来た、弱者相手の消耗戦を繰り広げているわけですが、今回の敵には、チェチェンやシリアと違って米欧からの無限の兵器供給・情報支援が続いているという…

      3
    • AAA
    • 2022年 8月 16日

    そのうちのM777やM109やカエサル含めた数十両は既に前線で破壊されてるけど
    埋め合わせできるかな

    4
      • Minerva
      • 2022年 8月 16日

      これ
      戦闘消耗や故障、砲身寿命で前線の砲火力が初期のM777供与時と変わっていないということもありえる

      5
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  2. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  3. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  4. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  5. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
PAGE TOP