欧州関連

ウクライナ軍、まもなく長距離飛行を飛べる200機以上のUAVを手に入れる

ウクライナのフェドロフ副首相は「長距離を飛行できる大型UAVを200機以上発注済みで、11月初頭までに発注した全てのUAVがウクライナに到着する」と明かした。

参考:“Армия дронов”: Украина получила уже 100 больших “птиц”, скоро будет 200

大型UAVと表現されるとMQ-9やTB2クラスを想像してしまうが、Matrice300RTKよりも大型のUAVという意味かもしれない

ロシア軍と戦うウクライナ軍が管理しなければならない前線の距離は2,450kmもあり、これを監視するためには短距離偵察に使用する小型UAVが1万機、これに加えて長距離を飛行できる大型UAVも200機以上が必要になるらしいが、ウクライナのフェドロフ副首相兼デジタル化担当相は「Army of Dronesプロジェクトを通じて大型UAVを既に200機以上発注済みだ」と明かしている。

出典:Defense of Ukraine

フェドロフ副首相は「発注したUAVの内100機が到着済みで11月初頭までに残りのUAVが到着する予定だ。重要なのはUAVの数を維持することで、どれだけ敵に破壊されても速やかに補充するため新たなUAVの調達、損傷したUAVの修理、UAVをバージョンアップするための拠点開設、UAVを操縦する人間の養成を常に行っている」と述べているが、長距離を飛行して偵察・監視が行える大型UAVが何なのかについては言及していない。

Army of Dronesプロジェクトはロシア軍と戦うウクライナを支援する世界的なイニシアチブ「United24」を通じて8億5,500万ユーロ=約1,200億円を調達しており、この資金の一部でDJI製のMatrice300RTKを78機、WB製のFlyEyeを20機を既に調達しているため、フェドロフ副首相が言及した小型UAVはMatrice300RTK(通信範囲8km/滞空時間55分)クラス、大型UAVはFlyEye(通信範囲50km/通信範囲外も事前プログラムによる自立飛行が可能/滞空時間2.5時間以上)クラスを指している可能性がある。

出典:WB FlyEye

大型UAVと表現されるとMQ-9やTB2クラスを想像してしまうが、飽くまで「Matrice300RTKよりも大型のUAV」という意味ではないだろうか?

勿論、大型UAVがTB2を指している可能性も否定できないが、BAYKARは最近「22ヶ国と輸出契約を結んだTB2は1ヶ月で20機生産できるものの3年先まで予約で埋まっている」と明かしており、いきなり200機以上を発注しても引き渡しまでに時間がかかるはずだ。

 

※アイキャッチ画像の出典:WB FlyEye

20日夜もセバストポリで防空システムが作動、3日間連続で無人機が侵入か前のページ

米メディア、ウクライナ人がA-10の操縦方法を学ぶ施設を自力で構築した次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    トルコ、2023年初飛行予定の無人戦闘機「バイラクタルKızılelma」を公開

    トルコのBaykar社は12日、2023年に初飛行が予定されているジェ…

  2. 欧州関連

    好調なエンブラエル、オランダ空軍に続きオーストリア空軍もC-390を選択

    オランダ空軍に続きオーストリア空軍もC-130の後継機にC-390を選…

  3. 欧州関連

    独ラインメタル、155mm砲弾を年間45万発~50万発まで生産が可能

    独ラインメタルは榴弾砲向け155mm砲弾の生産量を年間45万発~50万…

  4. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔

    欧州の国が共同開発した戦闘機ユーロファイター・タイフーンを導入した国の…

  5. 欧州関連

    ウクライナ軍、東部戦線に18万人以上の戦力をロシア軍は保持している

    ウクライナ軍東部司令部のチェレバティ報道官は3日「敵が東部戦線に18万…

  6. 欧州関連

    HIMARSの弾薬不足が改善か、ウクライナ軍は夜を昼に変える準備が整う

    米国が1日に発表した17番目のウクライナ支援パッケージは「装備提供」で…

コメント

    • 無無
    • 2022年 8月 21日

    双方に供給してるDJIって

    9
      • ブルーピーコック
      • 2022年 8月 21日

      DJI「輸出も止めたし改造も許してないのにどうして・・・」

      ウクライナ「なんでやろなあ」(DJI機で爆弾投下)

      ロシア「不思議だなあ」(DJI機でミサイル誘導)

      外国のボランティア「ウクライナくん!新しいDJIのドローンよ!好きに使って!」(子供からのプレゼントとして送るのも居る始末)

      アメリカ「・・・ヨシ!」(エンティティリスト入り)

      中国「戦況を見ているだけなら・・・ええか」(よくない)

      9
        • KpfPz
        • 2022年 8月 23日

        DJI製を使って大丈夫か?中国に筒抜けにならないか?と思う。

    • 7743
    • 2022年 8月 21日

    改めて国境を見直すとベラルーシ国境の存在がウクライナにとって負担になりますね。
    まあ、ベラルーシ軍自体はウクライナ戦争に参戦する気はほぼなさそうですが
    ロシア軍が迂回してやってくる可能性はあるので、警戒は怠るわけにはいかないのでしょう。

    そういう意味ではUAVによる監視力の強化はウクライナにとって大きな支援になると思われます。

    8
      • きっど
      • 2022年 8月 21日

      最悪、ベラルーシの首を挿げ替える or 強引に「説得」して参戦させるという可能性も、否定は出来ません
      もっとも、まず間違い無くベラルーシに第二戦線が出来て、尚更ロシア軍が疲弊するだけの結果になるでしょうけども

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  2. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  3. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  4. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  5. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
PAGE TOP