欧州関連

欧州、ユーロファイター・タイフーンを「第6世代戦闘機」相当までアップグレード?

NATOユーロファイター・トーネード管理機関(NETMA)は、第4.5世代機のユーロファイター・タイフーンは、パリ航空ショーで披露された第6世代戦闘機のレベルまで、機体の能力を向上させることを目指していると話した。

参考:Eurofighter launches long-term enhancement programme

欧州は、輸出のためにユーロファイター・タイフーンへの投資を続ける

NATOユーロファイター・トーネード管理機関は、パリ航空ショーでユーロファイター・タイフーンのアップグレードを支えるため、6010万ドル(約64億円)の研究契約を結んだと発表した。

ユーロファイター・タイフーンのマーケティング責任者は、この研究契約締結について「素晴らしい航空機であるタイフーンを、今後も維持・強化していくという自信や意思の現れで、開発を正しい方向へ導く」と話した。

契約を結んだ具体的な契約内容は、ユーロジェット「EJ200」の推力・耐久性向上、燃費改善、パイロットが着用する「ヘルメットディスプレイ能力強化」、コックピットに搭載される「新しい大型ディスプレイ」、高速データネットワークの強化、ターゲットデータの共有管理、ミッションシステムの改善が含まれる。

特に、高速データネットワークの強化は、将来の無人機制御において非常に重要になると考えられている。

また、レオナルドS.p.Aが提供するPraetorian DASS(防衛支援サブシステム)のアップグレードは、ユーロファイター・タイフーンに「デジタルステルス」技術を提供することになる。

補足:Praetorian DASSとは、電波妨害装置、ミサイル接近警報システム、レーザー警報受信機、フレア・チャフディスペンサー、ダミーデコイなどを統合した、航空機防衛支援のための総合的なパッケージのこと

デジタルステルスとは、形状制御技術を用いてレーダー観測に対する低観測性(レーダーに映りにくくする)を追究した「ステルス」とは対極の考え方で、レーダー観測に対して位置や速度の誤認信号を積極的に発信し、正確な情報が得られにくくするというものだ。

Praetorian DASSのアップグレードで特徴的なのは、再プログラムが可能なデジタルRFメモリデコイの採用で、未知の脅威への対応力が向上すると説明している。

このような取り組みは、現在進行中のアクティブ・フェーズドアレイ・レーダー「キャプターE」の能力向上に対する取り組みの一部で、この新型レーダーを搭載したタイフーンを初めて受け取るのはクウェート空軍だ。

問題は、タイフーンの開発国である英国、ドイツ、イタリア、スペインが、新しいこれらの能力を自国のタイフーンに採用するのかどうかは、現在のところ何も決まっていない。

結局、これは「タイフーンを、今後も維持・強化していくという自信や意思の現れ」などではなく、欧州は、輸出のためだけにユーロファイター・タイフーンへの投資を続けるというのが正しいのかもしれない。

 

※アイキャッチ画像の出典:pixabay

ドイツ空軍所属のユーロファイター・タイフーン2機、空中で衝突し両機とも墜落前のページ

同一機種「F-35」採用から一転、米海空軍が別々に「第6世代戦闘機」を開発する理由次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    英海軍、空母で無人航空機を運用するため電磁式カタパルト採用を検討か

    英国防省が電磁式カタパルトとアレスティングワイヤに関するRFI(情報提…

  2. 欧州関連

    反撃に出たウクライナ人運送業者、ポーランド国境の封鎖に乗り出す

    ポーランド人農民によるウクライナ国境封鎖は全検問所に拡大することはなか…

  3. 欧州関連

    空の次は陸で衝突、トルコ軍が東京ドーム約1.3個分に相当するギリシャ領土を占領

    トルコ軍がギリシャ領に侵入して東京ドーム約1.3個分の領土を占領したと…

  4. 欧州関連

    英国、独仏の次期主力戦車「MGCS」開発計画にオブザーバーとして参加か

    英国は独仏が共同開発を進めている次期主力戦車「Main Ground …

  5. 欧州関連

    ポーランドとドイツが戦車を巡って喧嘩、戦車争奪戦の正直者はどっち?

    ウクライナに戦車を提供するという目的で一致するポーランドとドイツは「ギ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  2. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  3. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  4. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  5. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
PAGE TOP