インド太平洋関連

インドのBrahMos-II、ロシアのジルコンと同じ性能や特性を備える?

インドが露企業の支援を受けて開発を進めている極超音速ミサイル「BrahMos-II」について関係者が「BrahMos-IIにはジルコンの技術が組み込まれている可能性があり、この2つのミサイルは同じ性能を特性を持つことになる」を明かした。

参考:Hypersonic BrahMos-II Missile May Include Tech From Tsirkon Missile

既に極超音速ミサイルの技術は世界に拡散を始めたと思っておいたほうが良いのかもしれない

プーチン大統領が「年内配備」を発表した艦対艦ミサイル「ジルコン」は固体燃料ブースターで極超音速域まで加速、その後スクラムジェットに点火して最大到達速度はマッハ8~9(実用上の巡航速度マッハ5~6らしい)、最大到達距離は飛行コースによって変化するため約600km~1,000km+と言われており、主に水上艦艇に対する攻撃用として使用されるが陸上の目標攻撃に転用も可能らしい。

欧米の軍事アナリスト達はジルコンのことを「世界で最も非常識な兵器」と呼んでおり、その理由はジルコンのサイズが関係している。

極超音速ミサイルにはブースターロケットで極超音速滑空体(HGV)を打ち上げるタイプと、吸入空気式のスクラムジェットを使用した巡航ミサイル(HCM)タイプがあり、米海軍が実用化を進めているのは前者のHGVタイプでサイズが大きいためMK.41や原潜が採用している水中発射型のトマホーク発射装置には収まらず、艦艇側の物理的な改造=新型の発射装置が必要になるが、ロシアが開発したジルコンはHCMタイプなのでサイズが小さく既存の垂直発射装置からの運用が可能だ。

出典:Vitaly V. Kuzmin / CC BY-SA 4.0 3S-14U

つまりジルコンの配備が始まればロシア海軍の物理的な改造なしに極超音速ミサイルを運用でき、米海軍はミサイル自体が完成しても艦艇や原潜の改造が必要になるため、艦艇への極超音速ミサイル配備で差がつくという意味なのだが、米軍もHCMタイプのテストには成功している。

ただ米国防高等研究計画局(DARPA)と空軍が開発している極超音速巡航ミサイルはHCMタイプのコンセプトモデルなので、実用タイプの配備は何時になるのか分かっていない。

ここから今回の本題で、インドはジルコン開発企業のマシノストロイェニヤと共同で極超音速ミサイル「BrahMos-II」の開発を進めており、ロシア側の関係者が「BrahMos-IIにはジルコンの技術が組み込まれている可能性があり、この2つのミサイルは同じ性能を特性を持つことになるだろう」を明かしたため注目を集めている。

出典: kremlin.ru / CC BY 4.0 KH-47M2を搭載したMiG-31K

まだBrahMos-IIの開発には時間がかかるため「世界で2番目となる極超音速巡航ミサイルの実用化」に漕ぎ着けられるかは不明だが、ジルコンなどの極超音速ミサイルはミサイル技術管理レジームの射程距離と重量に違反するため海外輸出が難しく、インドとロシアの共同開発方式による「極超音速ミサイルの現地製造」には中東諸国も注目しており、実際にアラブ首長連邦は「ロシアとキンジャールの技術的移転について交渉をおこなっている」と報じられている。

既に極超音速ミサイルの技術は世界に拡散を始めたと思っておいたほうが良いのかもしれない。

関連記事:米国、スクラムジェットを使用した極超音速巡航ミサイル「HAWC」の試射に初成功
関連記事:世界で最も非常識な兵器、ロシアが極超音速ミサイル「ジルコン」の大規模量産を開始

 

※アイキャッチ画像の出典:DARPA

対中国戦略を刷新、オーストラリアが過去最大規模となる国防戦略の見直し前のページ

ナゴルノ・カラバフで軍事衝突、アルツァフ共和国側は軍事動員を宣言次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    韓国型戦闘機「KFX」の価値は投資額に見合っていない? 出資割合引き下げ交渉の行方

    政治・法務・治安担当調整相のウィラント氏は、現在、韓国政府とIFX(韓…

  2. インド太平洋関連

    オーストラリア国防次官、アタック級潜水艦の失敗に備えてプランBが存在すると公式に言及

    オーストラリアのグレッグ・モリアーティ国防次官は2日、フランスのNav…

  3. インド太平洋関連

    米国の一方的な主張に過ぎない? インドネシア軍関係者がオスプレイ導入を否定

    最近まで国防省次官を務めていたアグス・スティアジ副提督は、降って湧いた…

  4. インド太平洋関連

    いよいよ始まる!韓国、正式に韓国型戦闘機「KFX」試作機製造にGOサイン

    韓国国防部傘下の防衛装備庁は26日、韓国型戦闘機「KFX」の詳細設計検…

  5. インド太平洋関連

    リアリストなインドネシア国防相、豪州が原潜導入に踏み切ったのは当然で我々も理解し尊重する

    インドネシアのスビアント国防相は豪原潜導入について「潜在的な脅威に存在…

  6. インド太平洋関連

    フランス製潜水艦導入が濃厚?フィリピン海軍の潜水艦部隊創設に仏海軍が協力

    フィリピンの現地メディアは16日、フィリピン海軍は潜水艦部隊創設にフラ…

コメント

    • トクメイキボウ=サン
    • 2022年 8月 03日

    トマホークがブースター込みで長さ6mちょい、直径が52cm、対してジルコンは全長9m、直径60cm、これは米軍の新型VLSの開発状況が気になるところです

    ついでに、12式地対艦誘導弾能力向上型は全長9m以下、直径がなんと1m、しかも重量が1.8トン近くあるとか、国産VLSを開発するとなると米軍のMk41の後継と互換性がない可能性が高いと個人的には思う、そうなった場合韓国のように各種VLSの混載になる可能性が、それはそれで楽しみだけども

    12
      • G
      • 2022年 8月 03日

      さらに将来大型・小型様々なVLS発射ミサイル・ドローンなどが開発される可能性を見据え、もしかしたら今後建造されるVLS搭載艦はVLS部分が交換可能なモジュール仕様になるかもしれませんね

      7
      • あばばばば
      • 2022年 8月 03日

      12式地対艦誘導弾を艦載化するならば、VLSに収めないで90式艦隊艦誘導弾とハープーンのキャニスターの様に斜め掛けするのでは?
      既存の艦にも積載する都合上、最小限の改造で済ませるつもりらしいし。

      9
        • ナイトアウル
        • 2022年 8月 04日

         言っちゃなんだが現状の様な配置にするなら弾数減らすしか無いよ。
        ただでさえ重心が高い所に積んでいるのに同じ4連装キャニスターとか流石に無いと思う。そうなると置き場所の確保にも難儀しそうだ。

         システム重量が2倍くらいになるなら安易に外装式にしようなんて言えないだろう、重心もそうだが設置箇所の強度的な問題も絡んでくるんだし。

        2
          • あばばばば
          • 2022年 8月 04日

          上のスペックを信じるならば、LRHWのようなキャニスターに収納されるだろうし、重量で搭載制限が付くとしたら、2発掛けとなるのが普通では?

          イージスシステム搭載艦の発注を除けば、新規DD以上の艦艇発注が五年以上ないらしいし、艦載化が同時に開発する可能性もあるが、これをVLSに搭載可能な艦を作る場合、ズムウォルト級かバージニア級のような船になるぞ

            • ナイトアウル
            • 2022年 8月 05日

             その流れにするなら現状の半分で同様の結果出せるかの検証必要でしょうが。

            迎撃能力上がっての対艦ミサイル高性能化の流れでしょ。それなら同数積むのが筋だろうし、単純に数が減れば減ったで攻撃回数の減少にしかならないんだから。

    • カディロフ
    • 2022年 8月 03日

    スクラムジェットエンジンは日本も観測ロケット等で研究しているけど
    この手のエンジンは構造体に強い熱や圧力がかかるためなかなか開発が難しい
    ロシアは伝統的にハードウェアが強く冶金技術はロケット開発等でアメリカよりも進んだ技術を持っているくらいなので
    アメリカより先に実戦配備できたんだろうね
    中国の空母艦隊に対抗するためにも日本も極超音速ミサイルがほしいところ

    5
    • tarota
    • 2022年 8月 03日

    もう固定目標は生き残れないだろうな
    イージスアショア(笑)中止も無理はない

    2
      • ナイトアウル
      • 2022年 8月 04日

       その理屈で言うなら空中海中以外の物は全てオワコンになるが?
       アショアに関しては現状想定していない物に対して対処能力無いなら意味が無いと訳が分からない流れがね。現状対応してないなら将来的に対応出来るのか否かも含めて論ずるべき。

      3
    • あおい
    • 2022年 8月 04日

    ミサイル技術管理レジームの射程距離と重量に違反

    ↑というのどういうことなんでしょうか?

      • きっど
      • 2022年 8月 04日

      基本的に、輸出可能なミサイル(や無人機)の射程は300km以内って制限が有るんですよ
      なのでイスカンデルやオーニクスにカリブルの輸出型の射程は、表向き300km以内に制限されていると
      でも、共同開発による現地生産という形をとれば、その制限も回避できると

      1
        • きっど
        • 2022年 8月 04日

        ミサイル技術管理レジーム
        (MTCR:Missile Technology Control Regime,大量破壊兵器の運搬手段であるミサイル及び関連汎用品・技術の輸出管理体制)
        リンク
        >参加国
        >35か国(アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、ブルガリア、カナダ、チェコ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、インド、アイルランド、イタリア、日本、韓国、ルクセンブルグ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ロシア、南アフリカ、スペイン、スウェーデン、スイス、トルコ、ウクライナ、英国、米国)
        >カテゴリーI
        >搭載能力500キログラム以上かつ射程300キロメートル以上の完成したロケット・システムや完成した無人航空機システム及びロケットの各段、再突入機、ロケット推進装置、誘導装置等のサブシステム。
        >カテゴリーII
        >射程300キロメートル以上の完成したロケット・システムや完成した無人航空機システム及びそのようなシステムの開発に使用されうる資機材・技術が対象となる。ミサイル用途以外に使用され得る汎用品も多い。主な品目は以下のとおり。
        >(i)推進薬、構造材料、ジェットエンジン、加速度計、ジャイロスコープ、発射支援装置、誘導関連機器等。
        >(ii)搭載能力500キログラム未満であり、射程が300キロメートル以上の完成したロケット・システムや完成した無人航空機システム及びそのシステムを構成するロケットの各段、ロケット推進装置。
        >(iii)飛行距離にかかわらず、一定量の噴霧器を搭載可能な無人航空機(自動制御や目視外コントロールが可能なもの)。

        外務省から引用

        1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  2. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  3. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  4. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  5. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
PAGE TOP