欧州関連

ナゴルノ・カラバフで軍事衝突、アルツァフ共和国側は軍事動員を宣言

アゼルバイジャン軍がグレネードランチャーや無人航空機を使用してアルツァフ共和国側に死傷者が発生、この事態に対応するためハルチュニャン大統領は「限定的な軍事動員に関する大統領令」に署名した。

参考:Azerbaijani using UAVs in Karabakh
参考:Karabakh soldier dies in Azerbaijani aggression
参考:Artsakh president declares partial military mobilization

アルツァフ共和国やアルメニアは「力に力で対抗する」と主張しており、一気にコーカサス方面がきな臭くなってきた

2020年のナゴルノ・カラバフ地域(自称:アルツァフ共和国)を巡る戦いでアゼルバイジャンはアルメニアに奪われた土地の大部分を回復、ロシアは平和維持部隊を派遣して両国が署名した停戦協定の維持に努めていたものの今年3月に小規模な衝突が発生、さらに7月末にも戦闘が発生して緊迫した状況が続いていたが、遂にアルツァフ国防軍側に死者が発生してしまった。

出典:President.az / CC BY 4.0 

アルツァフ国防軍の報道官は3日「アゼルバイジャン軍がグレネードランチャーや無人航空機を使用してアルツァフ共和国側の陣地を攻撃、兵士1人が死亡して8人が負傷した」と発表、この事態に対応するためアルツァフ共和国のハルチュニャン大統領は「限定的な軍事動員に関する大統領令」に署名したらしい。

なぜアゼルバイジャン軍がアルツァフ共和国側の陣地を攻撃したのかは不明だが、アルツァフ共和国やアルメニアは「力に力で対抗する」と主張しており、一気にコーカサス方面がきな臭くなってきた。

追記:アルツァフ共和国は「アゼルバイジャン軍の攻撃で兵士が2人死亡、14人が負傷した」と発表、アゼルバイジャン国防省も「アルメニアの武装集団(アルツァフ国防軍のこと)が攻撃を仕掛けてきてアゼルバイジャン軍兵士1人が死亡した」と発表した。

関連記事:和平交渉を開始したアゼルバイジャンとアルメニア、再びナゴカラで戦闘
関連記事:アルメニアで数千人規模の抗議集会、ナゴルノ・カラバフを敵に売り渡すな
関連記事:ウクライナ侵攻失敗で低下したロシア軍のプレゼンス、きな臭いコーカサス

 

※アイキャッチ画像の出典:Արայիկ Հարությունյան

インドのBrahMos-II、ロシアのジルコンと同じ性能や特性を備える?前のページ

アゼルバイジャン軍、TB2を使用してアルツァフ国防軍に報復攻撃を実施次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ウクライナ、メタルネットによる保護装備で徘徊型弾薬の攻撃を防げる

    ウクライナ軍の砲兵装備はロシア軍の徘徊型弾薬やドローンによる攻撃の被害…

  2. 欧州関連

    ゼレンスキー大統領がG7で防空システム供給を要請、ロシアはShahed-136を2400機発注

    ゼレンスキー大統領は11日、G7緊急会合で「ロシアがイランに徘徊型弾薬…

  3. 欧州関連

    ルハンシク州知事、明日にでもクレミンナやルビージュネから良い知らせが届く

    ルハンシク州のガイダイ知事は10日、ウクライナ軍の反撃に敵は浮足立って…

  4. 欧州関連

    ウクライナ支援の転換点、スイスが交戦国への武器移転を容認する方針

    スイス国民議会の安全保障委員会は24日「自国製兵器の再輸出禁止宣言の無…

  5. 欧州関連

    ルーマニアは最大48機のF-35A調達を検討、東欧最大の運用国になる可能性

    ルーマニアはF-35Aを2個飛行隊分(32機)を65億ドルで調達したい…

  6. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔

    欧州の国が共同開発した戦闘機ユーロファイター・タイフーンを導入した国の…

コメント

    • Ard
    • 2022年 8月 04日

    ロシアの軍事プレゼンスの低下
    ウクライナへ侵攻してなんとしてでも影響圏を維持したいんだろうが、寧ろ加速度的に弱体化して行くんだろうなぁ
    是非ともモスクワ公国より遥かに小さくなって下さいな

    37
    • ltds
    • 2022年 8月 04日

    今日から中国は台湾封鎖レベルの軍事演習を行うし、今まで必死に保ってきたバランスがこうも簡単に崩れるんだなぁ。

    8
    • 7743
    • 2022年 8月 04日

    平和維持部隊の面子を潰されても何もできないロシア軍。
    この体たらくぶりを見たらベラルーシは意地でもウクライナ戦争には参戦しようとはしないでしょうね。

    仮にベラルーシがウクライナを攻めたとして、NATOがベラルーシのみに限定して攻撃したら、
    ロシアがベラルーシを庇ってNATOと対峙してくれるとは思えませんからね。

    22
    • 1.44スキー
    • 2022年 8月 04日

    きな臭いねぇ…
    マジでこの一年色々起こりすぎてお腹いっぱいだよぉ…

    4
      • ETCカードが挿入されてません
      • 2022年 8月 04日

      まだ夏だから、まだ何かありそうだよなぁ

      色々備蓄しとこうかな
      プレッパーでも始めるか

      1
    • NATTO
    • 2022年 8月 04日

    緑色のゼレンスキールックが流行りなのかな?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  2. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  3. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  4. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  5. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
PAGE TOP