インド太平洋関連

起工から11年目、インドの国産空母「ヴィクラント」が海上公試に挑戦

起工から11年経過しても完成しないインドの国産空母「ヴィクラント」が推進システムのテストを行うため海に出ると報じられている。

参考:India’s first Indigenous Aircraft Carrier ‘ready’ for basin trials in September

起工から11年目、ようやく海上公試に望むインドの国産空母「ヴィクラント」

インド初の国産空母「ヴィクラント(約4万トン)」は2010年に進水、2013年に就役する予定だったのだが、2005年に始まった材料の切り出しや竜骨の据え付けに手間取り起工がずれ込み、その後も造船所のインフラが不十分だったり、輸入するはずだったロシア産の鉄鋼が届かず国産品に切り替えたことで品質に問題が発生するなど様々な困難に直面、問題を一つづつ解決して船体が完成したのは2015年6月で、艤装作業もロシアから調達した航空機支援設備が届かず、全ての船体構造物や設備の据え付けが完了したのは2020年2月だ。

出典:Indian Navy / GODL-India 空母「ヴィクラント」

今後、空母「ヴィクラント」は来月中の港内で推進システムと艦内の電力システムに関するテストが行われ、年内に海に移動して海上公試を実施、2021年末までにインド海軍へ正式に引き渡され就役すると言われている。

最終的にインド海軍は空母「ヴィクラント」の同型艦をもう1隻建造して空母3隻によるローテーション体制を確立、アラビア海とベンガル湾に空母打撃群を配備する計画を掲げているが、インド初の国産空母「ヴィクラント」完成が大幅に遅れたため本当に3隻体制確立を実行に移すのか不透明な状況だ。

さらに空母の艦載機として導入したMiG-29Kも問題だらけで、新たに海外製の艦上戦闘機導入を進めるのか国産機で行くのかもハッキリとした方針が示されていない。

出典:Indian Navy / GODL-India インド海軍のMiG-29K

インドは2017年までにロシアからMiG-29K/KUBを計45機導入したが、インド海軍の報告によればMiG-29Kのフライ・バイ・ワイヤシステムや搭載エンジンのRD-33MKには幾つかの欠陥(詳細は明らかにされていない)があるため信頼性が低く、この問題は基本的な欠陥のため当然、ロシアの費用負担のもので修正されるべきだと要求しているのが、恐らくロシア側は欠陥を認めていないためインドが費用負担を行わない限り対応しないつもりなのだろう。

さらにロシア側がインドに提供する品質管理やサポートが不十分でMiG-29Kの稼働率が20%~40%台と低く、空母で運用してもまともに能力を発揮できないと酷評、一応、スペアハーツの供給問題に関しては2018年時点で解消していると言われておりMiG-29Kの稼働率も向上しているはずだが、上記の欠陥によってMiG-29Kの耐用年数は6,000時間から短縮される可能性が高いと言われている。

結局、インドはMiG-29Kを補完するため新しい海外製艦上戦闘機導入計画を進めており、導入候補にはF/A-18E/F、ラファール、MiG-29Kなどが挙がっているのだが、国産戦闘機「テジャス」の海軍仕様機が空母への着艦と発艦に成功したため、双発タイプの艦上戦闘機を新しく開発する計画に承認を耐えた。

出典:NDTV

果たして海外製艦上戦闘機を導入するのか国産機で行くのかインド海軍は態度を表明しておらず、今のところは海外製艦上戦闘機の導入計画がこのまま進められるのではないかという見方が強いが、インドは防衛装備品の国産切り替え(※)に大きく舵を切ったので、国産機調達に方針を変更しても不思議ではない。

補足:インド政府は今後5年間で海外から輸入している防衛装備品を段階的に輸入禁止にすることを発表、輸入禁止リストに挙げられた装備品の中には軽戦闘機、戦車、自走砲、各種装甲車両、防空システム、駆逐艦、対潜装備、固定レーダー、移動型レーダー、各種衛星、各種軍用トラック、小型無人航空機、各種火器などが含まれており、リストに引っかかる武器は海外から直接輸入することは不可能になる。そのためインド軍はリストに引っかかる武器を国産品に切り替えるか、取引企業と交渉して現地に生産(インド企業との共同生産)に切り替えてもらうしかない。

以上のような理由から、インドが実用的な空母打撃群を運用出来るようになるには長い時間を必要とするだろう。

しかしモディ首相が掲げる「Make in India」の元で着実に国内の製造業や防衛産業を育成しているので、何れこの難題を克服してくるものと思われるが目の前に迫った中国との軍事的対立に間に合うかは微妙だと言わざるを得ない。

関連記事:ボーイング、スキージャンプ台を使用したF/A-18E/Fの発艦テストを実施中

 

※アイキャッチ画像の出典:Indian Navy / GODL-India 空母「ヴィクラント」

ロシアが米巡航ミサイルの無力化に着手? シリアで不発のトマホーク回収に成功前のページ

米空軍の旧型RQ-4退役を決意させた張本人、新型無人偵察機「RQ-180」とは?次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    印中国境衝突、各国がインドの要請に応えて武器の緊急引渡しに応じる

    インドは国境地帯での軍事的対立が長期化することに備えて、ロシアや米国な…

  2. インド太平洋関連

    中国の「ワンチャイナ政策」押し付けに立ち向かう印メディアに称賛

    印メディアが台湾建国記念日に関連して台湾外交部の呉釗燮部長(外相相当)…

  3. インド太平洋関連

    中印国境紛争以来の大規模衝突か? インドと中国が戦争に備えて準備を開始

    インドと中国は1962年に発生した中印国境紛争以来の大規模な衝突に備え…

  4. インド太平洋関連

    韓国、F-35やF-16Vの性能を上回る国産「AESAレーダー」を正式に出荷

    韓国のハンファシステムが開発していた次世代戦闘機KF-Xに搭載される国…

  5. インド太平洋関連

    シンガポール海軍の新戦力、トマホーク搭載可能なインヴィンシブル級潜水艦

    シンガポールがドイツに発注したインヴィンシブル級潜水艦(Type 21…

  6. インド太平洋関連

    韓国、極超音速兵器を開発中で2023年までにHGVを試射予定

    韓国国会の立法支援組織「国会立法調査処」は10日、米国や中国など世界の…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 8月 22日

    うーん、これはロシアが悪い…
    プーチンプリン無能。

    • 匿名
    • 2020年 8月 22日

    とてもじゃないがコレでは中国の相手にならん
    摩訶不思議インド時空のせいで勝ち目はなさそう

    • 匿名
    • 2020年 8月 22日

    なんというか、記事中でロシアの名前がよく出てくる事w

      • 匿名
      • 2020年 8月 22日

      航空艤装がロシア製というところが、不安しかない。

        • 匿名
        • 2020年 8月 23日

        旧ソ連時代からロシア製戦闘機のエンジンは使い捨て前提で造られていますからね。

    • 匿名
    • 2020年 8月 22日

    中国との紛争があるので大至急陸上機の調達をやらなきゃいかんのでこっちは後回しにされそうなんだよな
    しかしテジャスは使えるとかホントかね
    インド空軍は「テジャスなんて新型機の候補にリストアップすることすら拒否する」って言ってたような

    • 匿名
    • 2020年 8月 22日

    ずっと続く混沌に馴れてて混沌してる自覚もなさそう
    個人的には、2度と行きたくない国インド

    • 匿名
    • 2020年 8月 22日

    11年もかかったけど計画中止にせずに、公試に持ち込めたの凄いな
    初めての国産だしやっぱ大変なんだろうな

    • 匿名
    • 2020年 8月 22日

    まともに能力を発揮できないとされるMiG-29Kの補完にMiG-29Kを提案…
    凄まじいメンタルしてる…

    • 匿名
    • 2020年 8月 22日

    ここで頓挫するとロシア製に対する信頼性が大きく損なわれるぞ、ぷーやんなんとかせーや
    と言っても、ロシアも空母には力入れてないんだろうね

    • 匿名
    • 2020年 8月 22日

    テジャスって80年代には開発始まってなかったっけ…

    • 匿名
    • 2020年 8月 22日

    中国はほとんどの軍事装置・設備を国産化できているから当然速い。
    中国の003型空母が進水するまでにヴィクラントが就役していればいいね。

    • 匿名
    • 2020年 8月 22日

    そういえば、ロシアの空母は今どうしているのかな?

      • 匿名
      • 2020年 8月 23日

      近代化継続中ですね。トラブルはあったけど2022年復帰は変わりないみたい。

    • 匿名
    • 2020年 8月 22日

    mig-29k自体に問題があるのなら、ロシア海軍の機体も同様の問題があるのでは?su-33をmig-29kで完全に置き換えなかったのはそのせい?でも実際mig-29kかmig-35艦載型した選択肢がないような…

    • 匿名
    • 2020年 8月 23日

    インドはインド的なタイムスパンで中国との紛争を解決するつもりなんだろう

    • 匿名
    • 2020年 8月 23日

    建造期間はともかく排水量40,000tは羨ましい
    本邦の造船所で作れる最大サイズってどんなもんなんやろか

    • 匿名
    • 2020年 8月 23日

    スコルペヌ型潜水艦(通常型)・・・
    こっちも大幅に遅れてるね
    これはフランスの責任? (笑

    • 匿名
    • 2020年 8月 23日

    基礎研究すら覚束無いのに武器輸入を禁止して国産にしちゃうとか凄いなw

    • 匿名
    • 2020年 8月 23日

    艦載機の代替え、手っ取り早いのはラファールかな。
    タイプ間の互換性がかなり高いし、既に採用決めてるのだから導入しやすいだろうし。

    • 匿名
    • 2020年 8月 23日

    やっぱりアレかな、空母の厨房ではトイレで出したのと似たような食事が出てくるのかな
    インド人は合理的だな

      • 匿名
      • 2020年 8月 23日

      同じ日本人とは思いたくないほど品性の低い下品なコメント

        • 匿名
        • 2020年 8月 23日

        同意

        • 匿名
        • 2020年 8月 24日

        1度インドに行ってみなさい、下品なジョークを笑えなくなるから

    • 匿名
    • 2020年 8月 24日

    中国軍の近代化と比べるとかなり遅れてるように見えるよな

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  2. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  3. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  4. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
PAGE TOP