インド太平洋関連

印米関係の強化、コーチン造船所と米海軍が艦艇の修理契約を締結

バイデン大統領はモディ首相との首脳会談で「インド国内の造船所を活用した米海軍艦艇の修理契約」を提示、これに基づいて米海軍は昨年6月にラーセン&トゥブロと、昨年8月にマザゴン・ドック造船所と修理契約を締結していたが、コーチン造船所とも契約を締結したと報じられている。

参考:Cochin Shipyard Inks Ship Repair Deal with U.S. Navy: A Strategic Partnership Unfolds
参考:India to Take on Future U.S. Navy Ship Maintenance Per Agreement

インド太平洋地域の民間造船所活用は日本に限った話ではない

デル・トロ米海軍長官は2023年9月「米国では日本や韓国を含む親密な同盟国の造船企業と提携する機が熟している」「世界で最も先進的な造船企業を誘致し、米国に子会社を設立させ投資させることで米造船産業の近代化や拡充を図り、より健全で競争力がある造船産業を創出する」と述べ、今年3月には日本と韓国を訪問して佐世保重工業、三菱重工業、Japan Marine United、現代重工業、Hanwha Oceanと会談、米国の商業造船や海軍造船施設への投資を呼びかけた。

出典:U.S. Navy photo by Seaman Apprentice Rafael Avelar/Released

さらに米国は日本の民間造船所で米海軍艦艇の修理を行いと考えており、バイデン大統領と岸田首相は首脳会談で「米海軍艦艇(日本に前方展開する艦艇20隻のみ)の整備、修理、オーバーホールを日本の民間造船所で行うためのプロセス」を正式決定する見込みだが、インド太平洋地域の民間造船所活用は日本に限った話ではない。

バイデン政権は軍事分野におけるインドとの関係強化が中国への重要な対抗手段になると考え、昨年6月の首脳会談で「インド国内でのF414共同生産」「海軍艦艇の修理契約」「海底領域における共同認識力の強化」「防衛産業のサプライチェーン強化に向けた協定交渉」「防衛産業協力と技術共有を強化する枠組み(INDUS-X)の創設」を提示、これ受けて米海軍は昨年6月にラーセン&トゥブロと、昨年8月にマザゴン・ドック造船所と修理契約(Master Shipyard Repair Agreement)を締結している。

出典:Commander, U.S. Naval Forces Europe-Africa/U.S. 6th Fleet

さらに米海軍はコーチン造船所ともMSRAを締結したと報じられており、インドのラーセン&トゥブロ、マサゴン・ドック造船所、コーチン造船所は米海軍艦艇(MSC所属の補給艦艇のみ)を修理する優先パートナーの地位を確保した格好だ。

因みにデル・トロ米海軍長官は「インド太平洋地域で艦艇の整備を行うヤードは数が限られている上、その全てが中国軍の攻撃範囲内にある。ハワイと本土には大規模な施設があるものの前方展開している艦艇が直ぐに利用できる訳では無い」と述べたことがあり、中東方面やインド洋に前方配備される米海軍艦艇にとってインドの修理拠点は理想的な位置にあるのかもしれない。

関連記事:バイデン大統領、対中政策の一環としてインドにF414の現地生産を提示
関連記事:日米首脳会談、米国は防衛産業基盤への日本統合の可能性を夢見ている
関連記事:韓国のHanwha、米軍プログラムの元請け参加が可能なAustal買収に動く
関連記事:造船への投資、米海軍長官がハンファオーシャンと現代重工業に米国進出を促す
関連記事:韓国のハンファオーシャン、米海軍需要を獲得するため米造船企業を買収か
関連記事:韓国企業が海軍艦艇向けのMRO事業に本腰、潜在的な顧客に米海軍が浮上

 

※アイキャッチ画像の出典:Commander Naval Sea Systems Command

米海軍も無人戦闘機を研究中、海軍版CCAは最大でも1機1,500万ドル前のページ

セルビアが旧ソ連機更新のためラファールを選択、契約は2ヶ月以内に締結次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    逃げ込むアフガニスタン軍兵士は1,000人を突破、タジキスタンは兵士2万人を国境に配備

    タジキスタンのエモマリ・ラフモン大統領は5日、タジキスタン軍2万人をア…

  2. インド太平洋関連

    白昼の水上航行中になぜ? 韓国海軍の潜水艦が自動車運搬船と衝突

    韓国海軍の潜水艦とノルウェー船籍の自動車運搬船が衝突、韓国が開発した自…

  3. インド太平洋関連

    豪州がHIMARSとNSMの購入契約を締結、将来的に1,000km先の目標を攻撃可能

    豪州のアルバニージー政権は「米国製のHIMARSとノルウェー製のNav…

  4. インド太平洋関連

    再掲載|タイ空軍に手酷くやられた中国空軍、グリペンがSu-27に圧勝

    中国空軍がロシアから導入した戦闘機「SU-27SK」と、タイ空軍がスウ…

  5. インド太平洋関連

    いずも空母化に対抗? 韓国、F-35B搭載「4万トン級韓国型空母」建造計画を承認

    最近、朴漢基(パク・ハンギ)合同参謀本部議長と3軍の参謀総長による合同…

コメント

    • うみ
    • 2024年 4月 10日

    これはいい
    中国のみならず中東にもしっかり睨み効かせられる
    インドも金かかる海軍力は出来れば外注したいだろうし、見事なwin-winだ

    8
    •  さ
    • 2024年 4月 10日

    ロシアから内々に、工事を送らせてくれなどの依頼が来た場合にインドは、
    アメリカとロシア、政治と商売の仁義、どちらを、どれを優先するのか気になる所

    6
    • 58式素人
    • 2024年 4月 10日

    現時点での米国進出は難しいのでは。
    特に西海岸は。
    本国(日本)での受注は望ましいと思いますが。

    1
    • lang
    • 2024年 4月 10日

    アメリカの軍事兵器とかワクチンとか何があったとしても買うほうの責任みたいな契約ですよね

    同じような契約突き付けてあげるべきではないでしょうか

    頭を地面にこすり付けて何があっても責任はそっち持ちみたいな同意書でも書いてこないかぎり、契約するべきではないのでは

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  2. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  3. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  4. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  5. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
PAGE TOP