インド太平洋関連

パキスタン軍がT129/ATAK導入継続を明言、但しZ-10ME導入交渉は事実

パキスタン軍の軍統合広報局(ISPR/軍の公式な広報担当部門)のババール・イフティカル長官は7日、トルコの攻撃ヘリ「T129/ATAK」導入契約をキャンセルしたという報道は間違っていると明言した。

参考:Pakistan denies reports of canceling Turkish chopper deal amid US deadlock

トルコメディアが報じているISPRの主張を信じるならパキスタン軍はT129/ATAKとZ-10MEを両方を調達するため動いていることになる

トルコはイタリアのアグスタ(現アグスタウェストランド)が開発した攻撃ヘリA129を一部改良した「T129/ATAK」をトルコ軍向けに製造中で、AH-64EやAH-1Zといった米国製の攻撃ヘリよりも導入コストが安価なためパキスタンからT129/ATAKを30機を受注、しかし米国がS-400導入を理由に対ロシア制裁(敵対者に対する制裁措置法/CAATSA)を発動したため米国製の搭載エンジンを入手するための輸出承認が下りず、パキスタンと引き渡しを1年延期することで合意し国産エンジン「TS1400(1,400馬力)」への切り替えを急いでいた。

出典:Matt Morgan / CC BY-SA 2.0

しかし幾つのかの海外メディアは今月5日のISPR会見内容を引用して「パキスタンは正式にT129/ATAK導入契約をキャンセル、以前から関心を示していたZ-10ME導入のため中国との交渉を開始した」と報じて注目を集めていたが、ISPRの長官を務めるババール・イフティカル長官は7日「T129/ATAK導入契約をキャンセルしたという報道には根拠がなく、引き続き導入への努力を続けていく」と明言している。

5日の会見でISPRはパキスタンは中国と攻撃ヘリについて交渉中で「上手くいけば中国からもガンシップを入手できるだろう」と明かしたが、この発言を誤解した海外メディアが「トルコのT129/ATAK導入契約をキャンセルしてZ-10ME導入のため中国との交渉を開始した」という意味だが、今のところ「T129/ATAK導入契約キャンセルは誤報」という報道はトルコメディアしか報じていないため暫く様子を見てみないと何といえない。

出典:Peng Chen / CC BY-SA 2.0

ただトルコメディアが報じているISPRの主張を信じるならパキスタン軍はT129/ATAKとZ-10MEを両方を調達するため動いていることになる。

関連記事:パキスタン、トルコ製攻撃ヘリをキャンセルして中国とZ-10導入交渉を開始

 

※アイキャッチ画像の出典:MilborneOne / CC BY-SA 4.0 T129/ATAK

ロシアとイランが1月中に安全保障協定に署名、Su-35など約100億ドルの武器を調達か?前のページ

米メディア、カザフスタン問題はウクライナ問題におけるワイルドカードになる可能性も次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    韓国、豪州への自走砲K-9輸出はファイブアイズ構成国進出への第一歩

    韓国防衛産業はファイブアイズ構成国のオーストラリア市場に進出することで…

  2. インド太平洋関連

    インド、ステルス無人攻撃機の技術実証機「SWiFT」が初飛行に成功

    インド国防省1日、開発を進めているステルス無人攻撃機「Ghatak」の…

  3. インド太平洋関連

    米国による露骨な牽制、T-7Aレッドホークに韓国製T-50訓練機の潜在的需要が奪われる?

    韓国メディアは開発中の第4.5世代戦闘機「KFX」開発だけでなく、韓国…

  4. インド太平洋関連

    インドネシア、一先ずラファール6機購入でパルリ仏国防相と合意か

    昨年末に仏メディアは「インドネシアからのラファール受注契約を諦めていな…

  5. インド太平洋関連

    対抗を止めれば次の10年を失う、2038年までの原潜保有を豪国防相が約束

    オーストラリアのダットン国防相は「南シナ海で中国に対する対抗を今止めれ…

  6. インド太平洋関連

    崖っぷちの韓国防衛産業、生き残れるかは海外輸出の成否次第?

    韓国メディアによれば国内防衛装備製造企業10社の売上高は2016年をピ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  2. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  3. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  4. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  5. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
PAGE TOP