インド太平洋関連

パキスタン空軍、タリバン支援のためアフガン国民抵抗戦線を無人攻撃機で空爆か

パンジシール渓谷に立て籠もるアフガニスタン国民抵抗戦線(NRFA)に対してパキスタン軍が無人航空機による攻撃を行ったと報じられている。

参考:Panjshir bombed by Pakistani Air Force drones

アフガニスタン全土を掌握した後に新政権をスタートさせたいタリバンを支援するためパキスタン軍が動いた?

サレー第一副大統領と北部同盟を率いるアフマド・マスード氏と共にカーブル国際空港からMi-17に乗ってパンジシール渓谷に移動した後に「アフガニスタンの憲法に則り自身が正当な暫定大統領だ」と宣言、アフマド・マスード氏も「このような日が来ることを予想して父(侵攻してきたソ連軍を何度も撃退してタリバンとも戦いアフガニスタン国家英雄の称号が贈られたアフマド・シャー・マスード)の時代から集積してきた武器や弾薬があり、我々はタリバンに再び挑む準備が出来ている」と記事を米メディアのThe Washington Postに寄稿してタリバンに対する戦いを開始すると宣言した。

出典:Twitter経由 北部同盟の旗をパンジシール渓谷制圧に掲げるアフガニスタン国民抵抗戦線

この抵抗組織は現在「アフガニスタン国民抵抗戦線(NRFA)」と名乗っており、パンジシール渓谷制圧のため派遣されたタリバンの戦闘員と激しい戦闘が行われているが詳しい交戦状況などは分かっていない。

ただ双方に数百人規模の死傷者が発生してNRFA側の報道官を務めていたファヒム・ダシュティ氏やアフマド・シャー・マスードの甥で戦いを指揮していたゾール将軍が戦闘で死亡、さらにパキスタンメディアは「パキスタン軍の無人航空機が精密誘導爆弾を使用してパンジシール渓谷に立て籠もるNRFAに攻撃を行った」と報じており、これが事実ならタリバンはパキスタンの支援を受けてNRFAと交戦していることになる。

アフマド・マスード氏は不利な状況を打開するためパンジシール渓谷をタリバンに明け渡す代わりに停戦を持ちかけていると言われているが、今のところタリバン側は何の反応も示してしない。

国家英雄の称号が贈られたアフマド・シャー・マスードが率いた北部同盟とは異なり、息子のアフマド・マスードが率いるアフガニスタン国民抵抗戦線は外部勢力からの支援(補給がない)が全く受けられていないため戦いが長引けば長引くほど疲弊して抵抗力は失うしかないので「タリバン側が停戦交渉に応じるかに今後の運命がかかっている」と言えるだろう。

因みにパキスタン空軍には精密誘導兵器を使用して対地ミッションが可能な複数の無人航空機(中国製CH-4や国産のBurraqなど)を保有しており、パキスタン政府は混乱状態が続くアフガニスタンの内政を早く落ち着かせるためタリバン側に早く新政権を発足させ発表するよう要求しているが、タリバン側はパンジシール渓谷に立て籠もるNRFAを排除=アフガニスタン全土を掌握した後に新政権を正式にスタートさせたい意向なのでパキスタンがUAVを使用してNRFAを攻撃したという話も無くはない。

追記:ロイターがパンジシール渓谷をタリバンが制圧したと報じている。

参考:タリバン、抵抗勢力の牙城パンジシール州を完全掌握と表明

関連記事:タリバン支配に北部同盟が立ち上がる、旧政府軍や治安部隊をパンジシール渓谷に集めて抵抗を宣言

連絡事項:自民党総裁選以降に衆議院の解散・総選挙実施が濃厚になってきたためか、記事内容とは関係のない特定政党への支持や批判を訴える宣言行為、外部サイトへの誘導を目的にした書き込みが増えています。このような書き込みは本ブログの趣旨にそぐわないので全てブロックしていますが手間なのでやめて頂けると幸いです。

 

※アイキャッチ画像の出典:Public Domain CH-4

米海軍が戦力分散化の概念「ゴースト・フリート」を実演、無人艦から艦対空ミサイルSM-6を試射前のページ

英海軍、インド太平洋地域へ派遣するリバー型哨戒艦が間もなくポーツマスを出港次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    インドネシア、KFX開発費負担減額と潜水艦導入契約キャンセルを韓国に要求か

    韓国メディアは今月2日、インドネシア側がKF-X滞納分の支払いを実質的…

  2. インド太平洋関連

    止まらない台湾の米国製兵器調達、MQ-9リーパーやハープーン調達を計画中

    米国政府は潜水艦で使用する大型誘導魚雷Mk48 Mod6を台湾へ売却す…

  3. インド太平洋関連

    ロシアと韓国が軽戦車で競合、インド陸軍は125mm滑腔砲搭載のスプルートSDを希望か

    インド陸軍が発行した軽戦車のRFI(情報提供依頼書)回答期限が迫る中、…

  4. インド太平洋関連

    また上昇した豪アタック級潜水艦の建造費用、約7,000億円ほど増加し6兆円を突破

    豪海軍が進めている次期潜水艦「アタック級」プログラムに必要な費用が再び…

  5. インド太平洋関連

    韓国、無人化砲塔を備えた「K9A2」で英陸軍の自走砲更新需要を狙う

    韓国は完全無人化した砲塔を備える「K9A2」で英陸軍の自走砲「AS90…

  6. インド太平洋関連

    オーストラリアが独自の極超音速兵器を開発、今後10年間で国防分野に約20兆円投資

    オーストラリアのモリソン首相は新型コロナウイルス後の世界が「より危険で…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 9月 06日

    こりゃタリバンが自前の航空戦力を整えるのも近そうですね。

    4
      • 匿名
      • 2021年 9月 06日

      もうブラックホーク飛ばしたりしているしな
      てか政府軍もだけどアメリカ軍も空港に航空機を大量にほぼ無傷で放置してたからニコイチで直したりメンテ部品取り放題でこの先当分困ることもなさそうだし

      8
    • 匿名
    • 2021年 9月 06日

    タリバンを支援するついでに無人攻撃機の訓練してるんじゃないの
    無人機とはいえ操縦者の器量が結構求められそうだし
    実戦に勝る訓練は無し

    8
    • 匿名
    • 2021年 9月 06日

    パキスタンはずっとタリバンのスポンサーだったし、テロ組織の親玉匿ってた過去があったりと驚きはしないけどさぁ、
    もう少し交渉の仲介に入るとか穏便な行動をしてほしいところ。。

    24
    • 匿名
    • 2021年 9月 06日

    今までの支援は目立たないようにやってきたのに、今回は随分堂々とやってるな。
    アメリカはアフガニスタンの事を忘れたがっているし、表立って支援しても非難されないと自信を持ったんだろう。

    何日か前にパキスタンはタリバンの支援を否定しているといって擁護していたBBCのアンカーは何というかな。

    17
      • 匿名
      • 2021年 9月 06日

      パキスタン政府は支援をしていないかもしれない。
      タリバンと深い仲にあるのは軍統合情報部(ISI)。
      ISIは政府でも介入できないくらい強い政治的影響力を持っており、半ば独立して活動をしている。
      今回の無人攻撃機による空爆はISIが主導しているのかも。

      7
        • 匿名
        • 2021年 9月 06日

        UAVだけならいいが、ISIの工作員がタリバンの軍事顧問とかになってる可能性があるかも。

        3
        • 匿名
        • 2021年 9月 07日

        それパキスタン版関東軍?ティターンズ?

        1
    • 匿名
    • 2021年 9月 06日

    これやってる間にパキスタンータリバンがパキスタン国内で自爆テロやった様で(wionより)、国内でも大活躍できそうですね。

    4
      • 匿名
      • 2021年 9月 06日

      パキスタンにもタリバンがいてアフガニスタンの再現を狙ってるらしいな
      パキスタンは敵に塩を送っているとも言えるがはてさて

      5
        • 匿名
        • 2021年 9月 06日

        ISIが実権を握る行動に出るか、パキスタン内では少数派のパシュトゥン人が多数派のパンジャーブ人を支配しようとテロ活動を行うか。

        アフガニスタンをタリバンが支配したことで、次はパキスタンが混乱する番なのかもしれんな。

        9
    • 匿名
    • 2021年 9月 06日

    はーパキスタン無人攻撃機とか持ってるんだな(後進国並の感想)

    4
      • 匿名
      • 2021年 9月 06日

      戦の鐘が鳴る〜(ころしあえ~!)

      1
      • 匿名
      • 2021年 9月 06日

      そりゃ核開発できる技術基盤はあるわけだし
      (トラック作れれば戦車開発できるレベルの暴論なのは置いといて)
      日本もチャイカとかF-104を無人標的機にしてたり

      2
    • 匿名
    • 2021年 9月 06日

    幾ら難攻不落だろうが支援なしでは勝利することは不可能だもん
    まぁ順当な結果かな

    • 匿名
    • 2021年 9月 06日

    結局アメリカは数十年かけて内戦で使われる武器兵器の規模を大きくして激化させただけのような
    911があったとはいえ客観的に見るとなんというか、うん・・・

    7
      • 匿名
      • 2021年 9月 07日

      アメリカという国は、
      “怒りと共に戦争を始め、不安と共に進駐し、長期化に伴って非難を浴び、疲労困憊になって撤退する”
      そうですから。
      仮に中国をやっつけた後も健在であれば、また別のところで同じことを始めるはずです。

    • 匿名
    • 2021年 9月 06日

    パキスタンにとっては安全保障に直結しているとはいえ、今は隣国の内戦に気軽に無人攻撃機で軍事介入ができる時代なんだなぁ…

    6
    • 匿名
    • 2021年 9月 07日

    パキスタン、核武装しつつ中国を後援者として確保しインドと互角に渡り合い、そのうえ正規軍を一切動かさず米国を完全敗北に追い込んだと言うと何か凄まじい国に思えるな。
    実際はアルカイダやタリバーンを国内で保護し支援しつつ米国の対テロ戦争にも協力するという、Civのバグ技みたいな事やってるからもっと凄まじいけど。

    5
      • 匿名
      • 2021年 9月 07日

      CIVは世界の縮図だよね。
      隣国の侵略対象になりそうな国に技術を無償提供したり
      同盟組んで宣戦してから自分だけ先に休戦したり、とても楽しいゲームです。

      3
        • 匿名
        • 2021年 9月 07日

        やめろ俺は寝たいんだwもうcivの話はやめるんだw

        3
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  2. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  5. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
PAGE TOP