インド太平洋関連

順調な開発をアピールする豪空軍、ロイヤル・ウィングマンの2号機をテストに投入

西側諸国の中で最も開発が先行している有人機とエアチーミングが可能なロイヤル・ウィングマンについて豪空軍はテスト風景を収めた新しい動画を公開した。

参考:Loyal Wingman project achieves milestones

この手の装備品開発でトップを走る利点は「自分たちが努力した作品が空に舞い上がるのを見て感動を味わえること」と語る豪空軍

各国が競い合うように開発を進めている有人機とエアチーミングが可能な無人戦闘機(UCAV)の中で最も実用化に近いのはロシアの「S-70オホートニク(2024年量産機引き渡し)」だが、西側諸国の中で最も開発が先行しているのはボーイング・オーストラリアと豪空軍が共同で開発を進めている「ロイヤル・ウィングマン(忠実なる僚機)」だ。

ロイヤル・ウィングマンは初飛行を今年2月に成功、現在も南オーストラリア州にある世界最大の広さを誇るウーメラ試験場で繰り返しテストが行われている最中で5機目となるロイヤル・ウィングマンも製造(発注は6機)が始まっており、ボーイングと豪空軍は無人機のエアチーミングに欠かせない高度なAIが統合された自律飛行システムなどの開発・検証作業を行っているらしい。

このテストに2機目のロイヤル・ウィングマンが投入され検証作業の範囲が拡張されたとボーイング・オーストラリアと豪空軍が明かしており、特に豪空軍側の開発責任者は「検証作業でロイヤル・ウィングマンは優れた結果を提供し続けており特に2機のロイヤル・ウィングマンが同時に飛行している姿を眺めるのは非常にエキサイティングで、この手の装備品開発でトップを走る利点は自分たちが努力した作品が空に舞い上がるのを見て感動を味わえることだ」と述べているのが興味深い。

このような発言はエアチーミングが可能な無人戦闘機(UCAV)の開発でオーストラリアが「最も先行(西側限定)している」という自負から来ているものと思われるが、ロイヤル・ウィングマンの実用化に向けた具体的なスケジュールは未定(ロイヤル・ウィングマンの結果に基づいて新たなUCAVを開発する可能性も否定していない)なので本当にこのまま実用化されるのかは謎だ。

出典:Boeing Australia

ただプロトタイプとは言え「正式なプログラム」としてフルサイズの実機を用いたテストに辿りついているのはオーストラリアだけ(西側限定)なので、エアチーミング対応のUCAV開発で各国よりもリードした立場にいるのは間違いない。

※補足:ロイヤル・ウィングマンの開発はボーイング・オーストラリア(=に雇用されたオーストラリア人技術者)が主導しており、機体の開発や製造に関わるサプライヤーにも35社を超える豪企業が参加している。

因みに有人戦闘機とのエア・チーミングに対応した無人戦闘機(UCAV)を正式もしくは非公式に開発を進めている国は12ヶ国ある。

国名 機種もしくはプログラム名 実用化時期など
米国 スカイボーグ 不明
英国 ランカ 2030年までに実用化予定
欧州 FCASの構成要素 不明
日本 F-Xの構成要素 2035年頃に実用化
豪州 ロイヤル・ウィングマン 不明
ロシア S-70オホートニク 2024年に量産機引き渡し
中国 FH-97 不明
インド Warrior 2024年頃にプロトタイプが初飛行予定
トルコ MIUS 2023年にプロトタイプが初飛行予定
ブラジル 名称不明 不明
韓国 K-UCAV 2030年代の実用化
ウクライナ ACE ONE 不明

英国はランカの技術検証機モスキートを2023年に初飛行させる予定で、韓国はK-UCAV以外にもFA-50の無人機バージョンを開発する構想がある。

関連記事:オーストラリア空軍、開発中の無人機「ロイヤル・ウィングマン」が初飛行に成功

 

※アイキャッチ画像の出典:Boeing Australia

米メディアは難色、元豪首相が米海軍から退役するロサンゼルス級原潜の取得を主張前のページ

ドイツ、タイフーンなどの航空戦力を2022年からインド太平洋地域に長期間配備か次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    韓国、8年以内に国産戦術輸送機を開発して海外市場に挑戦か?

    韓国メディアは5日、韓国航空宇宙産業(KAI)が軍用輸送機の開発を進め…

  2. インド太平洋関連

    中国軍に備えて基地強化に取り組む米豪、但し工事を受注したのは中国

    オーストラリアのシンクタンク「ローウィー研究所」は7日、米豪が支援して…

  3. インド太平洋関連

    鉄棒で武装したインド軍と中国軍が衝突、両軍合わせて63人が死亡または重症

    インド軍と中国軍が15日に軍事的衝突した結果、少なくとも両軍合わせて6…

  4. インド太平洋関連

    韓国、英陸軍にK-9A2を提案するため現地企業と「Team Thunder」結成を発表

    韓国のハンファディフェンスは英陸軍の次期自走砲にK-9A2を提案するた…

  5. インド太平洋関連

    台湾が進める戦車「M1エイブラムス」の受け入れ準備、維持に必要な技術移転も要請

    台湾は米国から待望の主力戦車「M1A2T エイブラムス」を1108輌調…

  6. インド太平洋関連

    英リカルド、自走砲K9向けの新型エンジン開発支援に関する契約を韓国と締結

    英国のリカルドはK9向け新型エンジンの開発支援を行うため韓国のSTXエ…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 11月 06日

    ビットモビルスーツの実現は近い

      • 匿名
      • 2021年 11月 06日

      ガンダムのビットと言うよりも、マクロスのゴーストの方がより近い

      7
    • 匿名
    • 2021年 11月 06日

    これってF35とかにも連携可能なんでしょうか?
    可能ならば日本も是非購入するべきでしょう!
    オーストラリアが売ればの話ですが。

      • 匿名
      • 2021年 11月 06日

      F-35側に所要の機能を追加できれば可能でしょ。
      いずれ実用化は先の話だし今後数年内に各国の開発動向も見えてくるんで、導入を考えるなら今から決め打ちすることもないかと思いますが。

      2
      • 匿名
      • 2021年 11月 06日

      前のPVで輸出を見据えた換装の話があったので普通に考えたら欲しいって言えば売ってくれると思うよ

      1
      • 匿名
      • 2021年 11月 06日

      まあ金を積んだら売ってくれるんじゃないでしょうか。
      バイタクルシリーズみたいな価格的なアドバンテージはないでしょうから高いでしょうけど、F35と連携できるのは強みでしょうから。

      1
    • 匿名
    • 2021年 11月 06日

    機体の色からアモルファス系のステルス塗料か?

    • 匿名
    • 2021年 11月 06日

    オーストラリアって潜水艦はゴタゴタしてるのにこういう難易度の高い無人航空機の開発はスムーズなんですね。
    ・・・実に不思議だ。

    5
      • 匿名
      • 2021年 11月 06日

      足引っ張る勢力がいないからじゃないの?

      1
      • 匿名
      • 2021年 11月 06日

      そりゃ時間をかけて技術を磨いていたからでしょうね。
      潜水艦の方は、蓄積が足りてないのに、あせって無理したから、自爆したんじゃないでしょうか。

      5
    • 匿名
    • 2021年 11月 06日

    しかしロシアだけ先に進みすぎやろ
    24年量産引き渡しって…

    7
    • 匿名
    • 2021年 11月 06日

    チーミング用のUAVって試験や訓練の空域もハードル高そう(異常時の対応力が有人機より低いのではという想像
    ウーメラでばんばん飛ばせるのは正直うらやましい

    3
      • 匿名
      • 2021年 11月 06日

      無人機の黎明期に、アメリカでコントロール不能になった改造無人機の迎撃で多大な不随被害を出した挙句、結局無人機の燃料切れまで撃墜出来なかった事件が有ったよね

        • 匿名
        • 2021年 11月 07日

        詳しく解説している記事などがあればご紹介いただけませんか? 黄になります。

    • 匿名
    • 2021年 11月 07日

    これがうまくいけばボーイング復活の活力となりえるかな?

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  2. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  3. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  4. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  5. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
PAGE TOP