インド太平洋関連

韓国、極超音速兵器を開発中で2023年までにHGVを試射予定

韓国国会の立法支援組織「国会立法調査処」は10日、米国や中国など世界の主要国で開発が行われている極超音速兵器を韓国も開発中であると明らかにした報告書を公開した。

参考:軍, 극초음속 무기 개발 중…2023년 비행시험 완료 전망

韓国が極超音速兵器を開発中で2023年に極超音速飛翔体のテストを実施予定

極超音速兵器とはマッハ5.0以上の速度で飛行する兵器のことで、大気圏内を極超音速で飛行しながら目標までのコースを自在に変更しながら接近してくるため着弾地点や迎撃のためのコース予測が難しく、既存の防空システムで対処するのは不可能とまで言われている。

そもそも極超音速兵器には大きく分けて「HGV」と呼ばれる極超音速滑空体と「HCM」と呼ばれる極超音速巡航ミサイルの2種類があるのだが、30km~100kmという高高度を飛んでくるため既存の地対空ミサイル「パトリオット(最高作動高度24km前後)」等では届かないという根本的な問題もあり、米軍は開発途中だったミサイル迎撃用システムを放棄して一から開発をやり直しているほどだ。

出典:ロッキード・マーティン 極超音速兵器開発プログラム AGM-183A Air Launched Rapid Response Weapon(空中発射高速応答兵器:ARRW)

現時点で極超音速兵器の開発に取り掛かっている国は多いのだが実用化に成功しているのはロシアと中国だけ(台湾が実用化した空対空ミサイル「天剣2型C(射程100km+)」がマッハ6.0で作動するため極超音速兵器としての条件を一応クリアしていると言えなくもない)で、米国を含む西側諸国の中で極超音速兵器を実用化して国はまだ現れていない。

出典:防衛装備庁 研究開発ビジョン~多次元統合防衛力の実現とその先へ~(令和元年8月)

現在、日本の防衛省が極超音速で作動する「島嶼(しょ)防衛用高速滑空弾」の開発を進めているが実用化までには今暫く時間がかかる見込みで、予定では2020年後半~2030年前半での実用化を目指している。

さて前置きはこの位にして突然、極超音速兵器開発レースに浮上した韓国の事情だ。

韓国は弾道ミサイルの開発や亜音速で作動する対地巡航ミサイルや対艦ミサイルの開発経験はあるのだが、超音速で作動する対地/対艦ミサイルの実用化(超音速対艦ミサイルは現在開発中)さえしてこなかったのに突然、極超音速兵器の開発を行っていると言い出したのだから驚いてしまったが、どうやら韓国は水面下で極超音速兵器の開発を進めていたと国会立法調査処の報告書で説明している。

報告書によれば韓国は2000年に産学界が中心となって極超音速に関する研究に着手、2004年に国防科学研究所が主導する形で極超音速に関するコア技術(スクラムジェットエンジン等)の研究を行って成果を挙げたと説明しており、2018年からマッハ5.0以上で作動する地上発射型の極超音速飛翔体を開発中で2023年までテスト飛行を行うらしい。

出典:public domain B-52の翼下に懸架されたX-51

恐らく韓国が現在開発中の極超音速兵器は、国産の弾道ミサイル「玄武」に使用されている推進部分を利用して極超音速滑空体(HGV)を大気圏上層まで打ち上げるタイプで、スクラムジェットエンジンなど使用して極超音速で巡航するタイプではない。

この極超音速滑空体はHCMと呼ばれる巡航タイプの極超音速兵器より高高度を飛翔(恐らく高度100km前後)するため、最も迎撃が難しいと言われているタイプだ。

韓国が極超音速兵器の実用化時期をいつに設定しているのか不明だが、恐らく日本と同じような時期を目指して開発しているのかもしれない。もし韓国がこれを実用化すれば必ず潜水艦発射型を開発してVLSを備える島山安昌浩級潜水艦に搭載してくるだろう。

潜水艦「島山安昌浩」進水式 出典:韓国大統領府 青瓦台

どちらにしても2023年に予定されているテストが成功しなければ実用化も不可能だが、韓国が極超音速兵器の開発を進めていたことも、テスト飛行に使用される極超音速飛翔体を開発していることも初耳だったので驚いているというのが正直な感想だ。

関連記事:極超音速兵器に既存の迎撃システムが役に立たない理由

 

※アイキャッチ画像の出典:public domain 米国が研究していた極超音速試験飛翔体 Falcon HTV2

米空軍、今年の夏に戦闘機開発の常識を覆すブレークスルーを議会で披露か前のページ

エジプト陸軍の戦車M1A1がリビア国境沿いに集結、トルコ軍と一戦交える可能性も次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    豪州がHIMARSとNSMの購入契約を締結、将来的に1,000km先の目標を攻撃可能

    豪州のアルバニージー政権は「米国製のHIMARSとノルウェー製のNav…

  2. インド太平洋関連

    パイロット確保が目的? タリバンが旧政府軍兵士も参加可能な新アフガニスタン軍設立を発表

    アフガニスタンを掌握することに成功したタリバンは旧政府軍の人員も参加可…

  3. インド太平洋関連

    台湾もGLSDB購入を打診、ウクライナ向けを優先するため早くても3年後

    台湾は2022年末にHIMARSで運用可能なGLSDB(地上発射型小口…

  4. インド太平洋関連

    海外市場での存在感を高めるインド、テジャスMK.2に16ヶ国が関心を示す

    インドが開発を進めているテジャスMK.2に「16ヶ国が関心を示している…

  5. インド太平洋関連

    韓国企業が海軍艦艇向けのMRO事業に本腰、潜在的な顧客に米海軍が浮上

    韓国のハンファオーシャンは海軍艦艇向けのMRO事業を新設、潜在的な顧客…

  6. インド太平洋関連

    中国への配慮? フィリピンが超音速対艦ミサイル「ブラモス」調達を中止

    フィリピンはインドから超音速対艦ミサイル「ブラモス」を調達するため交渉…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 6月 11日

    初耳のまま二度と耳にすることは無かった(完)

    1
    • 匿名
    • 2020年 6月 11日

    端的に言って、極超音速で飛行するってことは単純な到達時間の短縮や迎撃難度の上昇だけでなく、それだけ射程が延びるってことでもあるわけですが……

    悪いことは言わないから取り敢えず半島を統一してからにしなよ、今のままでは北京や東京に音速デリバリーしてる間にソウルは火の海だよ

    1
    • 匿名
    • 2020年 6月 11日

    劣等感のかたまりだから、他人のものはうらやましく、俺も持ってると言い張る
    子供だね

    1
    • 匿名
    • 2020年 6月 11日

    • 匿名
    • 2020年 6月 11日

    何でもかんでも形になっていないものを記事にする韓国が極秘開発を?!

    1
      • 匿名
      • 2020年 6月 11日

      20年極秘に開発して来たのに、テストの3年前に突然の情報公開www

      2
    • 匿名
    • 2020年 6月 11日

    何事もチャレンジする事は大事だと思いますよ。

    新型ロケットとかKFXとか原子力潜水艦とか航空母艦とか…

    1
      • 匿名
      • 2020年 6月 11日

      技術屋としてはチャレンジさせてくれるのはうらやましい限りです。
      (成功するとは言っていない。)

      1
    • 匿名
    • 2020年 6月 11日

    >韓国国会の立法支援組織「国会立法調査処」は10日、米国や中国など世界の主要国で開発が行われている極超音速兵器を韓国も開発中であると明らかにした報告書を公開した。

    政府筋が公開することにまず驚きました。
    迎撃困難に分類される、戦略兵器の類は極秘裏に開発されるものと思っていました。手の内を明かすとはなんというか。だね。
    公開してくれたので対抗上、我が国は大手を振って防衛装備の開発に力を注げるかと。

      • 匿名
      • 2020年 6月 11日

      日本は結構まえから「島嶼防衛用高速滑空弾」の研究開発の事を公開しているよ。
      防衛装備庁技術シンポジウムでの目玉商品の一つだから。

      • 匿名
      • 2020年 6月 11日

      韓国は日本にとって準同盟国なのだから日本側からわざわざ対抗する理由はないのでは?

        • 匿名
        • 2020年 6月 11日

        いつから準同盟国になったんや、、

          • 匿名
          • 2020年 6月 11日

          建前上は准同盟に近い関係ではあるでしょう。同じ対米従属国として。

            • 匿名
            • 2020年 6月 13日

            準同盟国という言葉を気軽に使い過ぎ。三角関係は存在しても協調した行動ができない場合は準同盟国とはいえない。日米共同で対中有事に対処していても韓国は協調した行動なんて絶対にとれない。同様にオーストラリアですら未だに準同盟国とはいえない。対米従属国とかは全く関係ない。準同盟国とは三角関係ゆえに同盟国ではない国家の紛争に巻き込まれる危険性があるので、双方に信頼関係(見捨てられるかもという不安)と抱えている脅威が同じ(違うと巻き込まれる恐怖)など様々な問題を解決しないと共通認識として成立しない。形だけ満たせば良いというものではない。

            1
        • 匿名
        • 2020年 6月 11日

        韓国は日本にとって敵国ですよね?
        日本のP-1哨戒機が韓国駆逐艦からレーダー照射を受けたのですから、日本が韓国と準同盟を組む理由などありませんよね?

        1
        • 匿名
        • 2020年 6月 11日

        韓国軍の高官が、アメリカへ行き空中給油機の購入を打診したとき、アメリカ側応対者が朝鮮半島で行動するのに不要だろうとその理由を尋ねたら、東京を攻撃するためにF-15Kの足を延ばすのに必要だと言ったそうだ。

        それに驚いたアメリカが販売を断ったため、韓国はエアバスから購入した次第。

        韓国軍は、すでに日本を仮想敵国どころか、「主敵」と見なしているんじゃないかな。

    • 匿名
    • 2020年 6月 11日

    目標は何処だろう
    ロシア中国相手では自滅するだけだし
    北は同胞だからやらんだろうし、、

      • 匿名
      • 2020年 6月 11日

      実質、目標を特定しているような。
      あとは、韓国だけに海外輸出かな?

      • 匿名
      • 2020年 6月 11日

      目標はもちろん、民族の敵である「日本」でしょう。

    • 匿名
    • 2020年 6月 11日

    >韓国は水面下で極超音速兵器の開発を進めていたと国会立法調査処の報告書で説明している

    嘘を吐け
    絶対日本の高速滑空弾の情報見てから始めただろ

    • 774
    • 2020年 6月 11日

    最近サイバー攻撃を受けた三菱電機から「高速滑空弾」に関する情報が漏れた疑いが報じられていたのを思い出した。

    1
    • 匿名
    • 2020年 6月 11日

    あからさまなプロパガンダだな。

    • 匿名
    • 2020年 6月 11日

    嘘も100回言えば現実になる!
    スキル妄想具現化!

    • 匿名
    • 2020年 6月 11日

    まず必要な兵器を揃えてからの方が

    • テョン神
    • 2020年 6月 11日

    愚かな倭人ども。
    これが我チョソン民族の実力なのだぁぁぁぁ。
    近い将来日本列島は我チョソン民族の支配を受けるだろうぅぅぅ。
    今のうちに平伏すのだ。
    我民族に謝罪と賠償して弟として兄に従うのだぁぁぁぁぁ。

    1
    • 匿名
    • 2020年 6月 11日

    韓国は2020年までに韓国独自開発の月面探査機を月に着陸させると豪語していたのを思い出したが、あと6カ月で2020年も終わるぞ。本当にできるのか? 多分できないだろう。
    韓国は全てがこの調子だ。できもしない事をその場の勢いで発表してしまう。冷静さを欠いてすぐに感情的になる国民性が韓国の弱点だ。
    今回の極超音速兵器開発の話も国威発揚の為に感情的になって、できもしない事を発表してしまったんじゃないの? 韓国の悪い癖だ。
    2023年までに試射なんて、時間が足りないだろ。 韓国には無理だろうな。

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  2. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  3. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  4. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  5. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
PAGE TOP