中東アフリカ関連

エジプト陸軍の戦車M1A1がリビア国境沿いに集結、トルコ軍と一戦交える可能性も

エジプトがリビア内戦に正規軍を投入する可能性が高まっている。仮に正規軍を投入すればリビアでトルコ軍とエジプト軍が戦火を交えることになり、リビアの状況はより一層複雑になるかもしれない。

参考:Египет отправил в Ливию огромный вертолётоносец, укомплектованный ударными вертолётами Ми-24 и “Apache”

エジプトがリビア国境沿いに戦車M1A1エイブラムスや装甲車両を多数集結させる

リビアのシラージュ暫定政権が率いる政府軍側を支援するため軍事介入したトルコは、首都トリポリに迫った反政府組織「リビア国民軍」を打ち破ることに成功、その後も首都周辺の空港や港など主要施設の奪還して現在は首都トリポリから約400km東に位置する石油積出基地「シルト」奪還に向けて進軍中だ。

トルコが支援する政府軍によればシテル奪還は時間の問題と説明しており、反政府組織側にすればシテルを奪われるとリビア内陸部にある油田地帯を政府軍側に奪回される恐れが出てくるため非常にまずいことになる。これは反政府組織「リビア国民軍」を支援するロシアやエジプトなどの国にとっても深刻な問題で、先日(6日)エジプトのシーシー大統領がリビアのシラージュ暫定政権側に停戦を持ちかけたのもシルトや内陸部の油田地帯を守るための時間稼ぎに過ぎない。

出典:NordNordWest、YUG / CC BY-SA 3.0 リビアの油田分布図

シラージュ暫定政権側が停戦に応じるかは不明だが、仮にエジプトの要請に応じて停戦を行えばロシアやエジプトが軍事支援を通じて反政府組織「リビア国民軍」を立て直すための時間を与えるだけなので恐らく停戦に応じることはないと見られるが、エジプトはもし暫定政権側が停戦に応じない場合に備えてリビア国境沿いに正規軍のエジプト陸軍を集結させているのが確認された。

まだエジプトとリビアの国境を越えてはいないが、エジプト陸軍の戦車M1A1エイブラムスや装甲車両を多数集結させており暫定政権とトルコに停戦を受け入れるよう圧力をかけている。さらに未確認情報だがエジプトは攻撃ヘリAH-64アパッチとMi-24ハインド(恐らくMi-24は間違いでKa-52アリゲーターだと思われる※1)を搭載したミストラル級強襲揚陸艦をリビアに向けて派遣したとロシア系メディアが報じており、場合によってはリビアでトルコ軍とエジプト軍が衝突する可能性もある。

※1補足:最近、エジプト海軍はミストラル級強襲揚陸艦にAH-64とKa-52を搭載して同時運用を行う訓練をおこなっていたのでまず間違いない

もしそうなればトルコ軍や政府軍側は圧倒的に不利で瞬く間に駆逐される可能性が高い。

出典:Alex Beltyukov / CC BY-SA 3.0 Ka-52

トルコ軍はリビアに軍事介入しているが、無人航空機や自走砲などによる間接的な支援と旧式の戦車M60A1などしか持ち込んでいないためエジプト陸軍のM1A1が前線に現れればピンチだ。AH-64アパッチやKa-52アリゲーターなどによる近接航空支援も脅威だが、イタリア海軍の報告ではトルコはリビア沿岸にトルコ海軍の艦対空ミサイルSM-1MRを装填したフリゲート艦を配備して政府軍を守っていると言っているため、何の考えもなしに攻撃ヘリを作戦に投入すれば返り討ちにあうかもしれない。

しかしエジプト陸軍が介入すれば確実にトルコ軍や政府軍側は首都トリポリ方向へ押し返されるはずなので停戦を受け入れるのか、トルコがさらなる軍事支援(レオパルト2等を持ち込むか)を行うか注目される。

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air Force photo by Staff Sgt. Michael Battles エジプト陸軍の戦車M1A1エイブラムス

韓国、極超音速兵器を開発中で2023年までにHGVを試射予定前のページ

順調に開発日程を消化する韓国の戦闘機KF-X、試作機の年内完成を発表次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    リビア上空にエジプト空軍のF-16C/Dが侵入、予告通り軍事介入を開始か

    エジプト空軍の戦闘機F-16C/Dが既にリビア上空を飛行していると複数…

  2. 中東アフリカ関連

    トルコへの圧力か? ロシア、リビアに戦闘機MiG-29や戦闘爆撃機Su-24を配備

    米軍アフリカ軍(AFRICOM)司令部は26日、ロシアがリビアに戦闘機…

  3. 中東アフリカ関連

    露メディア、イランの首都近郊で発生した大爆発はF-35による攻撃

    露メディアは6日、テヘラン近郊のミサイル製造施設を攻撃した所属不明のF…

  4. 中東アフリカ関連

    リビア内戦、エジプト機甲師団VSトルコ無人航空機の激突が現実味

    エジプト議会は来週中にもリビアへの軍事介入に関する法案を審議して可決さ…

  5. 中東アフリカ関連

    モロッコ、パトリオットでもS-400でもないミサイル防衛システムを調達

    モロッコ国防省は20日、フランスからミサイル防衛システム「SAMP/T…

  6. 中東アフリカ関連

    リビアに対する禁輸措置はジョーク? トルコ軍に屈服するEU派遣の欧州海洋部隊

    EUが派遣した欧州海洋部隊はリビアに向かうトルコの輸送船に対して国連の…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 6月 11日

    トルコにはレオパルト2A4が有るからエジプトのM1A1と史上初の西側第三世代戦車同士の激突なるか?

    • 匿名
    • 2020年 6月 11日

    トルコ先輩は敵対してる国家多すぎませんかね
    別に全方位平和外交しろとは言わんが
    敵をもうちょっと絞らないと後で地獄見ることになりそう

      • 匿名
      • 2020年 6月 11日

      全方位外交ならぬ、全方位戦線と化しつつありますね。
      かつてのドイツ第三帝国より、ある意味ひどい状況かも。

    • 匿名
    • 2020年 6月 11日

    お互いに原油目当ての行動だからわかりやすいと言えばわかりやすいよね
    しかしトルコはアグレッシブだな
    国際的な評価なんか我関せずといったところか

      • 匿名
      • 2020年 6月 11日

      やけくそというか火事場泥棒というか。国際協調してやってく路線を放棄してやりたい放題やっているようにみえます。

    • 匿名
    • 2020年 6月 11日

    レオパルドVSエイブラムス、実現すれば胸熱です。(オタク目線では)

      • 匿名
      • 2020年 6月 11日

      エジプトのM1A1が劣化ウラン弾と劣化ウラン装甲をオミットした輸出型ならトルコの初期型レオパルト2A4とどっこいどっこいのスペックだと思う。

      遠距離ならお互いの主砲では相手の正面装甲は抜けないのでは無かろうか?

        • 匿名
        • 2020年 6月 11日

        M1系統、120mmのAPFSDSに耐えられるようになったのはM1A1HAから。
        湾岸戦争の直前に、改造用キットを大量調達したのも、それ故かと。
        従来のM1のセラミック装甲は、対HEATの古いタイプですし、
        またお役所仕事で重金属系装甲に注力し過ぎて、セラミック装甲の技術が十年単位で停滞していた様です。

      • 匿名
      • 2020年 6月 11日

      正直ロマンはあるよねえ。傍から見てるぶんには。

    • 匿名
    • 2020年 6月 11日

    管理人様、日本のメディアが新型コロナ一辺倒の報道で貴重な海外記事で助かりました。

    >現在は首都トリポリから約400km東に位置する石油積出基地「シテル」奪還に向けて進軍中だ。

    地名ですが、Sirteを指しているのであれば「シルト」が正しいかと思います。
    ご参考までに。
    リンク

    • 匿名
    • 2020年 6月 11日

    地図見た限りだと反政府軍のが油田地帯抑えてるから金はあるんかな?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  2. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  3. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  4. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  5. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
PAGE TOP