インド太平洋関連

タイ海軍が導入する潜水艦に中国海軍の保証を要求、断れば契約打ち切り

タイ海軍のチュンチャイ海軍司令官は「中国海軍がCHD620の品質について保証してくれなければ潜水艦導入の契約を打ち切る」と述べ、S26T型潜水艦を巡る問題は大詰めを迎えている。

参考:Navy prepared to pull out of sub purchase from China

要するにCHD620を搭載したS26T型潜水艦で問題が発生したら中国海軍が責任をもって対応しろという意味だ

タイ海軍は潜水艦部隊を創設するため中国に約10億ドルでS26T型潜水艦(039A型潜水艦の輸出仕様)を3隻発注、1番艦の引き渡しは2024年(当初予定は2023年だったがCOVID-19の影響で1年延期)に予定され建造が進められているのだが、ドイツがディーゼルエンジン(MTU396)の輸出許可を拒否したため行き詰まりを見せている。

出典:Kazec at the English-language

簡単に説明するとEUは1989年の天安門事件を問題視して中国に対する武器の禁輸措置を発表したのだが「対象品目」については加盟国間で解釈が異なり、ドイツは潜水艦に使用されるMTU396の輸出(中国企業によるライセンス生産も許可)を継続、中国側は「タイ向けの潜水艦に搭載されるMTU396についてもドイツ側が輸出を容認するだろう」と判断して事前確認を取らないまま契約を締結してしまったらしい。

しかしドイツはEUの禁輸措置に違反すると指摘(禁輸措置の解釈を歪ませて抜け穴として利用する方法)されたため従来のやり方を改める必要があり、契約後に中国が求めてきたMTU396の輸出許可を拒否、これに慌てた中国はドイツ製MTU396を中国製MWM620(CHD620)に変更させて欲しいと提案したのだが、チャンオチャ首相は「信頼性の劣る中国製MWM620を搭載した潜水艦をタイ海軍は望んでいない、中国が契約に記された仕様の潜水艦を用意できないなら契約を破棄する」と警告。

そのため中国側はMWM620の改良型を再提案、これを受けてタイ海軍は「MWM620を徹底的にテストして問題なければMTU396からの変更を認める」と発表、ただしMTU396と同等の品質を証明できなければ契約を打ち切り「中国側と補償や返金に関する協議を行う」と付け加えたが、チュンチャイ海軍司令官は22日「CHD620(MWM620改良型のこと)がテストの第一段階をパスした」と明かした。

現在、タイ海軍はCHD620のスペアパーツや供給体制について確認をおこなっており、チュンチャイ海軍司令官は「中国海軍がCHD620の品質について保証してくることを要求している。これがなければCHD620の品質を信頼できない」と述べ、もし要求が断られば契約を打ち切ることができるのかという質問に「そうだ」と答えている。

要するにCHD620を搭載したS26T型潜水艦で問題が発生したら中国海軍が責任をもって対応しろ=事実上の政府保証という意味だ。

関連記事:タイ海軍が中国製エンジンをテスト、不合格なら潜水艦契約は打ち切り
関連記事:タイ、潜水艦の仕様が守れないなら契約を破棄すると中国に警告
関連記事:中国、潜水艦部隊を創設するタイ海軍に中古潜水艦2隻の提供を提案

 

※アイキャッチ画像の出典:SteKrueBe / CC BY-SA 3.0

初飛行に近づくバイラクタルKızılelma、BAYKARが地上滑走シーンを公開前のページ

ポーランドが遂にウクライナ批判、築き上げた関係を台無しにする気か?次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    韓国が整備権限を取得、2027年から清州基地でF-35Aの重整備を実施

    韓国の防衛事業庁は「F-35Aの重整備について米国側と国内実施で合意し…

  2. インド太平洋関連

    韓国、KF-21の開発分担金をインドネシア側が全額支払うことで最終合意

    韓国防衛事業庁は11日、インドネシアが共同で開発を進めているKF-21…

  3. インド太平洋関連

    日豪の相互アクセス協定が発効、空自のF-35Aがティンダル基地に駐留予定

    日本とオーストラリアが締結した相互アクセス協定が13日に発効、豪メディ…

  4. インド太平洋関連

    台湾の次世代戦闘機は2024年5月までに登場、KF-21に良く似た仕上がり

    台湾メディアの上報は13日「空軍は蔡総統が退任(2024年5月)する前…

  5. インド太平洋関連

    韓国、次世代戦闘機「KF-X」に搭載する空中発射型の極超音速ミサイルを開発

    韓国メディアは30日、韓国が開発中の次世代戦闘機「KF-X」に搭載する…

コメント

    • yamamoto
    • 2022年 11月 22日

    潜水艦用ディーゼルエンジンってそんなにドイツ製じゃないといけないくらい拘るものなの?
    最近のものなら中国製のエンジンでも問題ないように見えるけども

    2
      • 田中
      • 2022年 11月 22日

      まあ中国の通常動力潜水艦はそのドイツのエンジン採用してますからね
      自分が採用してないエンジンを他所の潜水艦に載せて実験台にしようとしてるようなもんだし
      最大限の補償対応を求めるタイの言い分はなにもおかしくない

      70
        • 匿名
        • 2022年 11月 22日

        マンのディーゼルエンジンは船舶界のデファクトスタンダードで日本も含めこの会社のパテントや設計図各種ロイヤリティーを使わないとほぼ制作不可能となっています。 

        21
      • もり
      • 2022年 11月 22日

      ここで言う信頼性って実績の事だからさ
      トヨタとかの大手自動車ですら新モデルは予期せぬ不具合出まくるもんで軍事品、それも大型兵器の潜水艦ともなれば過敏にもなるさ

      27
      • gobu
      • 2022年 11月 22日

      いや浮かんでるものならいいけど
      潜行するものやからね
      現場からも声があがってそう

      そりゃねー

      12
        • hiroさん
        • 2022年 11月 22日

        潜航時はディーゼルエンジンは使わないですよ。
        浮上時であっても潜水艦という秘匿性の高い艦種が、エンジン故障で漂流とかなったら洒落になりませんから。

        5
    • 無無
    • 2022年 11月 22日

    当然の要求でしょ、なんで買い手が売り手に気を遣って取引するのか、ビジネスは対等なんだから。きちんと交渉を尽くさないで後から愚痴る奴がいちばん見苦しい

    17
    • HAi
    • 2022年 11月 22日

    タイの潜水艦導入計画、ぱっと調べるだけで結構昔から相当揉めてたんだな
    元級に関しても他の提案国の潜水艦と比べて静音性が劣るとか性能面に懸念を表す記事が中国紙でも報じられてたらしく、確実に政治面からの選定ぽい
    今回の保証要求は当然といえば当然なんだけど、できなければ白紙を仄めかすでなく明言するほど当たりが強いのは、実は裏でタイ政権の対中派閥の勢力図が変化しているってことはないのかな

    19
    • たけやぶやけた
    • 2022年 11月 23日

    仕事で「だろう」は禁物ということですな、自戒しなくては

    5
      • 名無し
      • 2022年 11月 24日

      一方で、「だろう」無しの無リスク仕事以外やらない体制だと、今度は受注競争を勝ち抜けず餓死するので、
      一律「だろう」忌避判断ではなく、これは大丈夫な「だろう」、これは譲れん「だろう」を、きちんと見極められる難しい審理眼が必要。

      一方、競合他社もこの辺の境界線はだいたい同条件なので、結果、入札とは、譲れん「だろう」を他社にウッカリ引かせて、(単案件ではなく業界競合としての)他社本体を攻撃する「案件ババ抜き」の側面ある。

      1
    • A
    • 2022年 11月 24日

    揉めとるんなら日本製を買うてくれんかのう。

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  4. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  5. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
PAGE TOP