インド太平洋関連

韓国を訪問したウクライナ大統領夫人、尹大統領と防空システムについて協議

ウクライナ大統領夫人のオレナ・ゼレンスカ氏がアジア・リーダーシップ・コンファレンス(ALC)に出席するため韓国を訪問、尹大統領と会談の中で防空システムの必要性を協議したと報じられている。

参考:Зеленская в Сеуле говорила с президентом Кореи о ПВО для Украины

韓国としても防空システムの提供なら「殺傷兵器」の提供よりハードルが低いだろう

ウクライナ大統領夫人のオレナ・ゼレンスカ氏がアジア・リーダーシップ・コンファレンス(ALC)に出席するため韓国を訪問、尹大統領との会談の中で「この国の優れた技術による支援をウクライナは必要としている」と訴え、侵略国によるミサイルテロを阻止するための防空システム、ロシアが残していった地雷を処理するための資金、攻撃で負傷した人々を救うための医療機器について協議したらしい。

具体的な協議内容は不明だが、韓国の尹大統領は先月「ウクライナに対する民間人への大規模な攻撃や虐殺、深刻な戦時国際法の違反など国際社会が容認できない事態があれば、ウクライナへの人道的・経済的支援のみを主張するのは難しい。国際的にも国内的にも不法に侵略された国を守り、これを復興させるための支援範囲に制限はないと考えている」と述べ、初めて交戦国のウクライナに対する軍事支援の可能性を示唆していたため、韓国製防空システムの提供に期待が掛かっている。

パトリオットシステムや迎撃弾(GEM-T弾やPAC-3弾)を追加提供した方がウクライナ軍の兵站的に好ましいが、これを提供すると必ず「埋め戻し需要」が発生し、安全保障環境の悪化で発注が殺到するパトリオットシステムのサプライチェーンに負荷がかかるため、これを全く異なるサプライチェーンで生産される韓国製の防空システム「KM-SAM(天弓)」に分散させたほうが迎撃弾の供給面で持続性が高く、韓国としても防空システムの提供なら「殺傷兵器」の提供よりハードルが低いだろう。

出典:ROK Ministry of National Defense

因みに韓国にはスティンガーに相当するKP-SAM(神弓)もあるので、この辺りの供給をウクライナが求めている可能性もあるが、NATO事務総長やウクライナ支援に積極的なポーランドも韓国の直接的なウクライナ支援に期待を寄せているため、今回の会談で何が話し合われたのかに注目が集まっている。

関連記事:訪米を控えた韓国の尹大統領、ウクライナに対する軍事支援の可能性を示唆
関連記事:ポーランド首相、米国の介入があれば韓国はウクライナへの武器供給に応じる
関連記事:NATOが韓国の砲弾増産を歓迎、我々はウクライナ支援を継続できる

 

※アイキャッチ画像の出典:Олена Зеленська

ロシア国防省、パトリオットシステムをキンジャールで破壊したと発表前のページ

米当局、ロシア軍の攻撃でパトリオットシステムが損傷した可能性が高い次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    米陸軍、韓国企業ハンファと共同で兵器の開発研究を行う協定に署名

    韓国の防衛産業企業ハンファは16日、米陸軍と共同で兵器や新しい技術に関…

  2. インド太平洋関連

    ダットン豪国防相、米国が台湾防衛のため行動を起こせばオーストラリアも加わる

    オーストラリアのダットン国防相は13日、米国が台湾防衛のための行動を起…

  3. インド太平洋関連

    インド、1機1億ドルもするMQ-9B調達を保留して国産UCAVを優先

    インドは1機1億ドルもするMQ-9B調達計画を保留、国内で開発を進めて…

  4. インド太平洋関連

    タイ議会がF-35A調達資金を来年度予算から除外、空軍は予算復活を訴える

    タイ議会の下院は2023年度予算からF-35Aの調達資金を除外したが、…

  5. インド太平洋関連

    インド陸軍、山岳地帯での運用テストに合格した韓国製自走砲「K9バジュラ」を追加導入する方針

    インド陸軍は領有権を巡り中国と軍事的な摩擦点になっているラダック地域に…

コメント

    • 2023年 5月 17日

    日本はLGBT法案の件で忙しいから無理かな

    4
      • ミリオタの猫
      • 2023年 5月 17日

      只、日本の場合は今週行われるG7広島サミットで防衛装備移転三原則の改定を国際公約として岸田首相が表明してしまうと言う手段が有るので、未だ何とも言えないですね
      過去のケースを見ても、日本の場合国際的な場で公約してしまった事は、後日国会で否決・廃案出来ないまま成立する場合が多いですから
      と言うか、G7広島サミットでウクライナ支援に関して何か言わないと日本は今後米国等から白い目で見られかねない状況

      8
        • 霞ヶ浦
        • 2023年 5月 17日

        韓国からSAMが減る様ならその分を日本のを移転させる方が筋いいかもな

    • 折口
    • 2023年 5月 17日

    パトリオットやIRIS-Tをアイアンドームのように打ちまくっている現状を考えると、入手できそうなSAMは全部欲しいというところなんですかね。。既存SAMとのレーダーや射撃システムの連動は難しいかもしれませんが、天弓の射程はIRIS-Tと同じらしいので補う意味で供給が決まればいいですよね。問題は韓国側に供与できるほどの在庫があるかどうかですが、UAE向けの生産稼働もあるだろうし案外いけるのかな…?

    先日来流れてきているキーウの防空戦闘の動画見ていると、対空戦闘のやり方がもう変わってしまったのではという気もしますね。あるいは重爆撃機がコンバットボックスを組んで百機単位で突っ込んでくる時代の防空に逆戻りしたのかもしれませんが、高射にかかるコスト的・サプライ的な負担の大きさはこの先も増大していくんでしょうね…。

    10
    • HEAT信奉者
    • 2023年 5月 17日

    う~んヒグマ事業による韓露協定的にKM-SAMの供与は難しいのでは?

    3
    • NHG
    • 2023年 5月 17日

    いいなぁ、ちゃんと自分の持ってる武器(言葉の綾)を使って自分を売り込めて

    6
    • AH-X
    • 2023年 5月 17日

    日本も03式を少しでも提供して実戦テスト兼ねればいいんですがね。

    5
    • 名無し
    • 2023年 5月 17日

    日本はただ韓国製が売れていく様を指くわえてみてるしかできないっていうのかよ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  2. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  3. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  4. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  5. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
PAGE TOP