インド太平洋関連

実用化は当分先、インドが開発を進めているステルス無人機「Ghatak」に関連した映像が登場

インドが開発を進めていると噂されているステルス無人攻撃機「Ghatak/ゴトク」のプロトタイプ(縮小モデル)に関連した映像が登場して注目を集めている。

参考:EXCLUSIVE VIDEO – SWiFT TAXI TRIAL VIDEO!

現在のインドにフルサイズのGhatakを製造する能力はなく段階的にサイズを大きくしてテストを繰り返さなければならない

インドの国防研究開発機構(DRDO)は少なくとも10年以上前から全翼機タイプのステルス無人攻撃機「Ghatak/ゴトク」の開発を進めていたと言われており、2018年にGhatakのプロトタイプ(縮小モデル)と呼ばれている「SWiFT」の画像が流出、今年2月に開催されたエアロ・インディア2021でSWiFTの縮小モデルを初めて一般に公開して注目を集めていたがDRDOによる公式な説明は一切ないため同機に関する情報は非常に限られている。

しかし今月25日、SWiFTと思われる機体が地上を滑走(映像がないため同機が飛行できるのかは不明)している映像がネットにアップされた。

この映像に登場した機体のサイズは全長約4m×全幅約5m、同機が搭載しているエンジンはロシア製の対地/対艦ミサイル「Kh-59M」に使用されている小型のSaturn36MTだと推定されており、機体サイズに対する降着装置の大きさが不釣り合いなためフルサイズのステルス無人攻撃機「Ghatak」ではなく縮小モデルの「SWiFT」の方だろうと海外メディアは予想(機体上部にSWiFTと書かれているのでまず間違いないと思う)している。

フルサイズのステルス無人攻撃機「Ghatak」はSWiFTの8倍と言われているもののサイズを指すのか重量を指すのかは不明で、仮に8倍がサイズを指している場合Ghatakの全幅は約40m=ロシアが開発中のステルス無人攻撃機「オホートニク」を横に2機並べたサイズになるため「現在のインドにフルサイズのGhatakを製造する能力はなく段階的にサイズを大きくしてテストを繰り返さなければならない」と海外メディアは指摘しているのが興味深い。

出典:TV Zvezda

ただインドは地道な研究・開発とは別に米国と共同で空中発射式の無人航空機を開発するなど航空機分野の先進国(米国、イスラエル、英国など)と技術協力を進めているので、意外と早くGhatakのフルサイズ版が登場するかもしれないので要注意だ。

とにかくステルス無人機は全翼機タイプばかりなので個人的(マニア目線)には面白みがないと思っているが、やはり全方位からのステルスを考えるとエアインテークを機上に配置した全翼機デザインが最適解なのだろう。

関連記事:ロシア、ステルス無人攻撃機「S-70オホートニク」の詳細情報や鮮明な映像を解禁
関連記事:米国とインドが空中発射式の無人航空機を共同開発、C-17やC-130Jから運用を想定?

 

※アイキャッチ画像の出典:YouTubeのスクリーンショット

フランス、攻撃型原潜ペルルのニコイチ修理が完了して母港へ向け出港したと発表前のページ

CGではなく実機、中国の第5世代戦闘機J-20に噂されていた複座型「J-20S」が登場次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    起工から11年目、インドの国産空母「ヴィクラント」が海上公試に挑戦

    起工から11年経過しても完成しないインドの国産空母「ヴィクラント」が推…

  2. インド太平洋関連

    順調に開発日程を消化する韓国の戦闘機KF-X、試作機の年内完成を発表

    韓国航空宇宙産業(KAI)の関係者は10日、次世代戦闘機「KF-X」の…

  3. インド太平洋関連

    韓国の文大統領、日本全土を射程圏内に収める「準中距離弾道ミサイル」開発を示唆

    韓国の文在寅大統領は25日の演説で、準中距離弾道ミサイルの開発を示唆す…

  4. インド太平洋関連

    目的は空母技術の売り込み? 英国が空母クイーン・エリザベスの韓国寄港を希望

    英国は中国牽制目的とは別の狙いで空母クイーン・エリザベスを中心とした空…

  5. インド太平洋関連

    インド、総額6,810億円を投じて国産戦闘機「テジャスMK.1」を83機導入

    インドのモディ首相が議長を務める内閣国防委員会(CCS)は13日、国産…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 10月 27日

    五徳って名前で笑ってしまった。いやダメだよね、申し訳ない…
    全長40mのステルス無人爆撃機って、そのサイズで無人化する例ないし意欲的で面白いね。無人化しなくてもいいような気はするけど…

    6
      • 匿名
      • 2021年 10月 27日

      逆に無人化しない意義ってあるんですか?

      2
        • 匿名
        • 2021年 10月 27日

        誰も答えなくて草

          • 匿名
          • 2021年 10月 27日

          まあ答える義務は無いわな

            • 匿名
            • 2021年 10月 28日

            いや、みんなわかんないだけだよ。

        • 匿名
        • 2021年 10月 28日

        乗っ取りや故障含めて機械を信用してないか、人間が現場に居て最終的な判断するのが好ましいと思うならのせるだけでしょ。

      • 匿名
      • 2021年 10月 27日

      同じく鍋置きやんけ、と思ったw
      ただ五徳は呪詛の道具としての一面もあるみたいだから、割りと意味深かも。

      7
      • 匿名
      • 2021年 10月 27日

      8倍は機体重量だと思う。
      空虚重量だとすればGhatakのサイズは概略2倍で、全長約8m×全幅約10m。
      まあ納得できる範囲かなと。

      2
    • 匿名
    • 2021年 10月 27日

    仕方ないとはいえデザインの画一化は見ていて面白くないからなー

    6
      • 匿名
      • 2021年 10月 27日

      そうね、管理人さんも言ってるけど全翼機+ステルスだと同じようなのばっかでつまらんよね。
      我々マニアはもっとこうキモ……独創性に溢れたデザインが見たいんだ!

      15
        • 匿名
        • 2021年 10月 27日

        どこも予算が足りないからねぇ
        新機軸で一発逆転はギャンブルだし

        1
        • 匿名
        • 2021年 10月 28日

        インドがやると全翼機+ステルスだから同じになるのはしようが無いけど、何処ぞがやるとパクリになる。

        1
    • 匿名
    • 2021年 10月 27日

    日本は、
    日本はどうしているんだ。
    もはや周回遅れの話じゃなくなってきているぞ。
    次期戦闘機に追従する無人機の実用化が、2035年とか言ってたけど大丈夫か。
    技術がないと言い値で買わされるぞ。
    中国の無人機にどう対処するんだ。
    国産じゃなくていいから、なにか行動を起こさないか。
    日本よ。

    10
      • 匿名
      • 2021年 10月 27日

      8000億円を虚空で飛ばしたMRJ失敗以後、日本の航空産業は終わった。お金もなく、意志もなく、人力もない。もっとひどいのは、これは航空産業に限られた話でもない。

      5
        • 匿名
        • 2021年 10月 27日

        はいはい
        いい加減飽きたから

        25
          • 匿名
          • 2021年 10月 27日

          何が大丈夫ですか?

          あなたのような根拠のない楽観論者のおかげで、今やすべての産業で敗北している衰退途上国に転落していること。

          7
          • 匿名
          • 2021年 10月 27日

          同意しかねる。
          様々な産業で衰退してるor消滅したのは事実だろう。
          航空機産業、防衛産業、造船業、半導体、、、etc.
          日本で成長している産業なんてほとんどない。

          6
          • 匿名
          • 2021年 10月 27日

          半導体の話ですが、なぜ今になって経産省がTSMCを誘致したかわかってますか?
          どれだけ税金使っても日本の半導体企業は復活しなかったからです。
          しかも、誘致したのは最新の半導体を生産する工場ではなく、2~3世代前の半導体を生産する工場。

          これが意味するところは、もはや航空産業も然りということではないでしょうか。

          4
            • 匿名
            • 2021年 10月 28日

            イメージセンサはソニーが世界首位なんですね
            熊本のTSMCの工場予定地はソニーの工場の隣

            4
            • 匿名
            • 2021年 10月 29日

            数世代前の枯れた半導体が需要あるくせに足らないからだよ。今後も需要があるって予測もあるんだよ

            1
        • 匿名
        • 2021年 10月 27日

        またいつもの赤い旗の人ですかw

        13
          • 匿名
          • 2021年 10月 28日

          赤旗は反日。
          このコメントは日本の産業の現状を嘆いているんだよ。

          1
            • 匿名
            • 2021年 10月 28日

            嘘こけw
            煽りコメントしてるだけだろ、穴の人

            7
              • 匿名
              • 2021年 10月 29日

              穴の人って何?

              2
                • 匿名
                • 2021年 10月 29日

                調べてもBL関連しか出てこない…

                1
        • 匿名
        • 2021年 10月 28日

        未だ技術的には失敗と確定したわけでは無いので、なんとか完成して貰いたい。

         営業的には大赤字不可避なんで、どうすんだろね。

        1
      • 匿名
      • 2021年 10月 27日

      技術がないと言い値で買わされると言いながら国産じゃなくていいというのはちょっと…
      技術開発した後は国産化も目指さないと防衛産業は滅んでいくばかり

      10
        • 匿名
        • 2021年 10月 27日

        国産化しなくてもいいじゃないですか、ひとまるの砲身は自前でも作れたけど結局輸入してる。
        問題は費用対効果ですよ。
        自分でも作れるんだからぼったくるなよってことですよ。

        1
          • 匿名
          • 2021年 10月 27日

          それ、90式の話だよ。
          10式はちゃんと日本製鋼製の砲を使ってるよ。

          16
          • 匿名
          • 2021年 10月 27日

          輸入してるって一体どこで聞いたのだろう。
          一部ラインメタルと共通の設計ってだけか。

          8
          • 匿名
          • 2021年 10月 27日

          それ90式や

          6
          • 匿名
          • 2021年 10月 27日

          10式の戦車砲は開発も製造も日本製鋼製ですよ。
          補給を考えて90式のラインメタル砲弾も撃てるようにしたんで、焼尽薬莢関連のパテント料を払ってるだけ。

          10
      • 匿名
      • 2021年 10月 27日

      某航空雑誌立ち読みしたらドローンの見通し線外での運用が可能になる法改正が来年の後半になるってあったから国内の無人機開発が活性化するのは来年以降なんでは?

      3
      • 匿名
      • 2021年 10月 28日

      どうしてるんだつたっら概算要求でも読んでからそれを土台に話せば?

      2
        • 匿名
        • 2021年 10月 29日

        概算要求の無人機関連の開発費いくらか知ってる?

        1
    • 匿名
    • 2021年 10月 27日

    ステルスというより無人機だからこそ全翼機では
    全翼機って操縦難しそうだし

    3
      • 匿名
      • 2021年 10月 27日

      B-2「………」

      4
      • 匿名
      • 2021年 10月 27日

      ノースロップ・グラマン「えーとですね、フライ・バイ・ワイヤというものがありましてですね」

      3
      • 匿名
      • 2021年 10月 27日

      F117の開発チームはコンピュータ制御なら机でも飛ばしてみせると豪語したそうです^_^

      5
    • 匿名
    • 2021年 10月 27日

    ホルテン兄弟とジャックノースロップが夢見た時代が来るぞ!

    5
    • 匿名
    • 2021年 10月 27日

    F-3(仮称)と平行して作るとか言ってるし、F-3の仕様やらなんやらが本決まりした頃には、無人機の仕様も多少はでてくるんちゃう?
    自衛隊は大体周りのやってることについてく事が多いし。多分、新しい概念を作ったはいいけど明後日の方向だった・・・みたいなのが嫌なんじゃないかなぁ・・・?
    「とりあえず、みんなこの方向性なのね。じゃあその方向でいこうか」みたいなのが自衛隊な感じする。
    ・・・一概に悪いってわけじゃないけど、まぁ出遅れるのは必然だし、何より見てる此方からすればつまらないよねw

    3
      • 匿名
      • 2021年 10月 27日

      いやというか、軌道修正できるほどの予算がない
      堅実路線で行くしかない

      6
      • 匿名
      • 2021年 10月 28日

      各国の動向とか将来戦の予測とか調査研究はやってるんだよね。
      研究はしてても防衛大綱に反映されるとかGOがかからないと予算も人員も確保出来ないし研究開発はなかなか進捗しない。
      米軍の打ち出す方向性で国情にマッチするものは倣うてな傾向はある。

      5
    • 匿名
    • 2021年 10月 27日

    ここでする話題じゃないとは思うけど、
    航空自衛隊が、F-2やF-15のパイロットをイタリアへ派遣して、M346による機種転換訓練をするらしい
    おそらくF-35のコースになるんだろう

    試験的な取り組みらしいけど、かなりの大ニュースだと思う
    ここで取り扱わない理由はよくわからないけど、近々行われるであろう新練習機導入に影響を与えるのは確実

    5
      • 匿名
      • 2021年 10月 27日

      おーたしかにそれは大ニュースだ!
      T-7Aと乗り比べすんのかね?

      1
      • 匿名
      • 2021年 10月 28日

      関係者かい?
      ソースが見当たらないが、ここでしていい話なのか?

      1
      • 匿名
      • 2021年 10月 28日

      リンク先の記事を見たけど27日の発表じゃん。

      ここで取り扱わない理由はよくわからないけどって要らん一言だろ。

      管理人は日中殆どパソコンの前にいないと書いてるのに27日に報じられた内容をどうやって記事にするんだ?

      ここで取り扱わない理由はよくわからないなんて書くと自分が知っていること自慢したいだけと言われても仕方ないぞ。もしそうでなければ管理人の都合も考えてやれよ。

      6
        • 匿名
        • 2021年 10月 28日

        発表は26日
        公式のフェイスブックにも書いてたぐらいだし、丸一日経っても更新がないのはここにしては遅いなって思っただけ
        気を遣わせたならごめんね

        1
    • 匿名
    • 2021年 10月 28日

    インドは敵に囲まれているからね。次の戦争は総力戦にもなりかねないから、
    無人(爆撃)機のR&Dは、インド軍にとって優先度が高いんでしょう。
    日本に必要な打撃力は、爆撃機より中距離ミサイルでしょう。
    日本にもSSGNは欲しい。日本も敵に囲まれているからね。

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  2. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  3. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  4. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
PAGE TOP