日本関連

日本、F-35Aに搭載する巡航ミサイル調達のため契約を97億円で締結

ノルウェーのKongsberg Defence & Aerospace AS (コングスベルグ・ディフェンス&エアロスペース)は1日、日本と巡航ミサイル「Joint Strike Missile(JSM)」を供給するための後続契約を締結したと自社のWebサイトで発表した。

参考:KONGSBERG AWARDED SECOND FOLLOW-ON JSM CONTRACT WITH JAPAN VALUED 820 MNOK

累計150億円近い契約をコングスベルグ・ディフェンスと締結した日本、ジェーンズ曰く2021年4月からJSM引き渡しが始まる

ノルウェーの「Kongsberg Defence & Aerospace AS (コングスベルグ・ディフェンス&エアロスペース)」は12月1日、F-35のウェポンベイに搭載可能な唯一の巡航ミサイル「Joint Strike Missile(JSM)」を日本に供給するための後続契約(2019年の契約と合わせると2回目)を締結したと自社のWebサイトで発表した。

コングスベルグ・ディフェンスが開発した巡航ミサイル「JSM」は元々、同社が開発した対艦ミサイル「ペンギン」の後継として開発された対艦巡航ミサイル「Naval Strike Missile(NSN)」の派生型として開発されたもので、F-35A/Cのウェポンベイ(F-35Bのウェポンベイには非対応)に収まるよう再設計され主翼は発射後に展開する方式に改められており、現在開発が行われているF-35の基本ソフトウェア「Block4」に統合される予定だ。

出典:Strak Jegan / CC BY-SA 4.0 巡航ミサイル「JSM」のモックアップ

時事通信は過去に日本はJSMを2022年3月までに取得すると報じたことがあるが、英国のジェーンズは「2021年4月から日本へのJSM引き渡しが始まる」と言っているためどちらが正しいのか不明だが、Block4へのアップグレードが始まらないとF-35AでJSMを運用することができない。

F-35のアップグレードは形状や搭載機器の変更を含むアップグレードかソフトウェアのみのアップグレードかの2つに分類され、前者なら米国のフォートワース、イタリアのカーメリ、日本の名古屋、豪州のウィリアムズタウンに設置された国際整備拠点(MRO&U)に機体を持ち込む必要があるが、Block4へのアップグレードはソフトウェア中心(約80%)なのでアップグレードの大半は部隊レベルで処理されるらしい。

補足:これまで形状や搭載機器の変更を含む大掛かりなアップグレードは1回(Block1からBlock2へのアップグレードのみ)だけで、Block2からBlock3へのアップグレードも大半が部隊レベルで処理された。因みにBlock4からは年2回(4月/10月)アップグレードデーターが配信されることになっている。

さらに基本ソフトウェアのアップグレードは提供機能毎に段階を踏んで行われるためBlock4へのアップグレードは2019年から2024年までかかる予定で、今年5月に河野防衛大臣が空自のF-35Aに「自動地面衝突回避システム(Auto GCAS)」が搭載されたと明らかにしたが、これこそがBlock4に含まれる新機能で事実上空自のF-35AはBlock4へのアップグレードが開始されている。

出典:航空自衛隊

問題はBlock4の開発が遅れている点で、本当なら2019年中に提供予定だったBlock4の新機能は全部で8つあったのに、実際に配信されたアップグレードは自動地面衝突回避システムだけで予定されていた残り7つ機能は2020年以降の提供に延期されてしまった。

米国会計検査院(GAO)が5月に発表した報告書によればBlock4で提供されるはずの新機能の配信は2024年まで完了する見込み薄く2026年以降にずれ込むだろうと指摘、Block4開発コストも開発の遅れで増加(106億ドル→121億ドル)が避けられず、これと別にALISのアップグレードや後継のODIN開発コストとして29億ドルが必要になる見積もっている。

一番厄介なのはBlock4に含まれる機能の配信スケジュールが機密指定を受けているため一切公開されていないのと、F-35ジョイント・プログラム・オフィス(JPO)に参加できるF-35出資国にしか分からないと言う点だが、出資国のノルウェーが2021年もしくは2022年に日本へJSMを引き渡すと言っているのでBlock4に含まれるJSM統合データの配信が迫っているのだろう。

因みに今回の契約額は8億2,000万ノルウェー・クローネ(約97億円)で2019年に締結した契約分も合わせると累計150億円近い契約をコングスベルグ・ディフェンスと結んでいる。

 

※アイキャッチ画像の出典:Kongsberg Defence & Aerospace AS

ロシア軍が演習を装い択後島にS-300V4配備、同地域の防空任務を引き継ぐ前のページ

カナダはファイブアイズ拡張や日本加入に消極的、協定への署名だけでは不十分次のページ

関連記事

  1. 日本関連

    日豪が「相互アクセス協定」大枠合意に6年もかかった理由

    日本の菅首相は17日、オーストラリアのモリソン首相と首脳会談を行い自衛…

  2. 日本関連

    防衛省が示した開発日程、次期戦闘機「F-3」の試作機製造は2024年から

    防衛省は7日、自民党国防議員連盟の会合で次期戦闘機「NGF(仮称F-3…

  3. 日本関連

    日本はイージスアショア代替案で迷走、米国は日本向けAN/SPY-7を37億円で発注

    日本では陸上配備型のミサイル防衛システム「イージス・アショア」の代替案…

  4. 日本関連

    日本政府がインドネシアに護衛艦の輸出を計画、競合は仏ゴーウインド級?

    時事通信は4日、日本政府がインドネシアに護衛艦の輸出を計画していると報…

  5. 日本関連

    日本、F-15J改修コストが高騰する原因は電子機器の供給不足

    日本政府は2021年度予算への戦闘機F-15J改修予算計上を見送る方針…

  6. 日本関連

    契約総額は約3,000億円、日本がインドネシアに護衛艦8隻輸出を推進中

    時事通信が日本政府がインドネシアに護衛艦の輸出を計画していると報じてい…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 12月 02日

    >時事通信は過去に日本はJSMを2022年3月までに取得すると報じたことがあるが、英国のジェーンズは「2021年4月から日本へのJSM引き渡しが始まる」と言っているため

    2021年度中に取得、ということですかね。

    1
    • 匿名
    • 2020年 12月 02日

    敵基地攻撃能力は自衛権の範疇と解釈した以上、自衛権の象徴的兵器になる巡航ミサイル

    これが無いとF−35を導入した意味も薄れる兵器

    26
    • 匿名
    • 2020年 12月 02日

    いいんだけど、遅延するほどに後から単価アップの法則は嫌よ
    言い値で買わされる取引はバカらしい

    10
    • ソソソナス
    • 2020年 12月 02日

    射程は何キロなんだろう?180キロとか200キロとか300キロ以上とか正解はどれなんだろう?

    1
      • 匿名
      • 2020年 12月 02日

      全部が正解では?
      巡行ミサイルだから、全てを低空で飛んだら180km以上
      有る程度までは高い高度を飛んで、ターゲット近くでは低空に移るなら555㎞(300海里:300nmi、345マイル:345mi)以上
      from 英語wiki

      23
    • 匿名
    • 2020年 12月 02日

    >因みにBlock4からは年2回(4月/10月)アップグレードデーターが配信されることになっている。

    Windows updateすると何もしてないのにこわれる時があるから人柱待ちするわ

    2
      • 匿名
      • 2020年 12月 02日

      JSMのデザインは先端にある斜めのセンサー窓(?)を含めて全体的にSFアニメ風でなかなかよろしい。

      1
    • 匿名
    • 2020年 12月 02日

    何発くらい調達するんだろうね
    少ないと心もとないな

    2
    • 匿名
    • 2020年 12月 02日

    国内では「ウェポンベイに収まる対艦/対地ミサイル」開発の話ってありましたっけ?

      • 匿名
      • 2020年 12月 02日

      そもそも日本にはF-35に国産兵器を統合する権限が無いので、当然開発予定も無い
      JNAAMは、F-35共同開発国である英国と組んで、F-35に統合される予定のミーティアの改良としたので統合出来た

      5
        • 匿名
        • 2020年 12月 03日

        なんでF-35限定、単独開発限定なんですか。

    • にわかミリオタ
    • 2020年 12月 02日

    日本も、同じようなのを開発していなかったっけ?
    たしかイギリスのミーティアだったかなぁ。

    2
      • 匿名
      • 2020年 12月 02日

      あれは空対空ミサイルなんで別の話かと

      7
        • にわかミリオタ
        • 2020年 12月 02日

        あぁ、そうか。
        空対空ミサイルでしたね。ありがとうございました。

        1
      • 匿名
      • 2020年 12月 03日

      大型の空対艦ミサイルは開発中:ASM-3(改)
      (F-35Aのウェポン・ベイには入らない)
      ASM-3は開発済みだけど配備はされず、
      射程距離を200㎞から400km以上に延ばすのがASM-3(改)
      P-1/F-2に搭載?

      地対艦・島嶼(しょ)防衛用高速滑空弾の開発とは別

      3
        • 匿名
        • 2020年 12月 04日

        P-1に積むのは下にも出てる17式派生の以前写真も出てた馬鹿デカい長射程ミサイル。
        ASM-3改は「ASM-3と同等の弾体規模を維持する」と言ってるんで、アレとは別になるかと。
        リンク

          • 匿名
          • 2020年 12月 04日

          両方でしょう。
          長い射程のASM-3改をP-1に搭載しない手はないし、
          統合できるのは勝手にいじれるF-2とP-1-だけ

          1
    • 匿名
    • 2020年 12月 02日

    敵基地攻撃能力保有で議論されてたけど結局どうなったんだっけ?
    巡航ミサイル買うってことはもう自衛隊は敵基地攻撃能力持っていいってことでFAなのか?
    購入がOKなら次の目標は国産化だな
    日本ってまだ国産空対地ミサイルなかったもんな

    1
      • 匿名
      • 2020年 12月 02日

      JSMは「F-35のウェポンベイに収まる唯一の対艦ミサイル」でもあるので、
      対艦用途で買ったんだよー、と言えなくはないです。

      4
      • 匿名
      • 2020年 12月 02日

      >敵基地攻撃能力保有で議論されてたけど結局どうなったんだっけ?

      安倍前首相が辞任する前に年内に方策を示すって談話を出したけど選挙のために結論は先送りだってさ
      公明党への配慮らしい
      リンク
      リンク

      • 匿名
      • 2020年 12月 02日

      JSMはASM-3改と大差ない射程から見てスタンドオフ攻撃を意識した対艦用途ですね。
      島嶼部奪還戦での対地攻撃任務も視野においてるとは思います。

      2
      • 匿名
      • 2020年 12月 02日

      少なくとも17式艦対艦誘導弾は海岸に配備された地上目標を攻撃可能なので、それの哨戒機発射型である哨戒機用新空対艦誘導弾も同様の対地攻撃能力が有るかと
      問題は、17式と同様の対地攻撃能力が何時国産対艦ミサイルに実装されたのか? 実装時期次第では、93式空対艦誘導弾(B)にも対地攻撃能力が有るかも?

      2
    • 匿名
    • 2020年 12月 02日

    B61 Mod 12の500Ktも購入しよう。

    2
      • 匿名
      • 2020年 12月 02日

      それ核爆弾じゃねぇか!!

      5
      • 匿名
      • 2020年 12月 02日

      ???「おっ、また我が国の真珠湾を奇襲する準備を始めたぞ。」

      2
        • 匿名
        • 2020年 12月 02日

        アメ兄貴許して。何でもしますから

        3
          • 匿名
          • 2020年 12月 03日

          ん?今何でもするって言ったよね?

          1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  2. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  3. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  4. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  5. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
PAGE TOP