中東アフリカ関連

露メディア、イランの首都近郊で発生した大爆発はF-35による攻撃

露メディアは6日、テヘラン近郊のミサイル製造施設を攻撃した所属不明のF-35は、イランの防空システムが最も手薄だったアゼルバイジャンとの国境から侵入したと報じている。

参考:Иран начал экстренное развёртывание ЗРК С-75 на границе с Азербайджаном после удара неизвестных F-35. Видео

イランの首都近郊での大爆発は所属不明のF-35による攻撃か?

先月末、イランの首都近郊にある軍事施設区域で宇宙から観測されるほどの大きな爆発が発生、当局は工業ガスタンクが爆発したと発表したが、多くの海外メディアは地下に設置されたミサイル製造施設が何者かの攻撃を受けて爆発したと報じており、最も有力視されているのはイスラエル空軍のF-35Iによる攻撃だ。

しかし、これを裏付ける物証や情報は何も確認されていないため飽くまで仮説でしかなかったが、徐々に当時の攻撃について情報が伝わってきた。

露メディアは6日、テヘラン近郊のミサイル製造施設を攻撃した所属不明のF-35は、イランの防空システムが最も手薄だったアゼルバイジャンとの国境から侵入したと報じており、これを裏付けるものとしてイランがアゼルバイジャンとの国境沿いに防空システムを緊急配備するため「S-75M(SA-2ガイドライン)」を輸送していることが確認(ネット上に輸送シーンを捉えた動画がアップされた)されている。

旧ソ連製のS-75は1950年代後半に配備が始まり、1960年5月に米国の高高度偵察機U-2を撃墜したことで一躍有名になった防空システムだが、流石にF-35に対して効果があるのかは謎だ。ただイランのS-75Mは独自の改良が加えられており、ステルス戦闘機をリアルタイムで捕捉することが可能な特別なレーダーの支援を受けて防空戦闘を展開するため、F-35に対して一定の効果があるのかもしれない。

出典:public domain エジプト軍が運用していた旧ソ連製の防空システム「S-75」

どちらにしても、テヘラン近郊のミサイル製造施設攻撃がF-35によるものならイスラエルか米国による仕業となるのだが、もし攻撃がバレると戦争に発展しかねないリスクを背負ってまで破壊する必要性があったのかについては疑問が残るが、ロシア発の情報なので何かしらの確信があるのかもしれない。

例えばイランがウクライナ国際航空のボーイング737型機を敵航空機だと誤認して撃墜した当時、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外務大臣は「米空軍のF-35Aが少なくとも6機イラン国境付近で活動していた」と明らかにしたことがあるので、アゼルバイジャン方向からイランに侵入した所属不明のF-35の動きがロシアに筒抜けだった可能性も考えられる。

出典:Mil.ru / CC BY 4.0 OTHレーダー(Over The Horizon Radar:超水平線レーダー)「29B6 コンテナ」

ロシアは中央アジア方向からの侵入してくる航空機を監視するため、モスクワの南東約600kmに位置するモルドヴィア共和国に配備された次世代OTHレーダー(Over The Horizon Radar:超水平線レーダー)「29B6 コンテナ」を配備しており、このレーダーの作動範囲は約3,000km(高度は100kmまで)と言われているためアゼルバイジャンとイランの国境付近はロシア側の監視下に置かれているのかもしれない。

補足:OTHレーダーは一般的に使用されているレーダーとは異なり、地表面に沿って電波が伝播しやすい「地表波」や電子密度が高い電離層に反射する「上空波」などの短波帯を利用して水平線下に隠れている目標を観測することが可能だと言われている。ただしOTHレーダーは目標の位置や移動方向を観測出来てもミサイルを正確に誘導できるほどの精密さは無い。ロシアはコンテナレーダーを欧州のど真ん中に位置するロシア領(飛び地)カリーニングラードに設置する動きを見せているため、欧州諸国やNATOが警戒している。

このように、あれこれ可能性の話をすれば幾らでもロシア発の情報の信憑性を高めることが出来るが肝心の「動機」については不明なので、管理人的にはイマイチ信用できない。

追記:ロシアがイランに次世代OTHレーダー「29B6 コンテナ」で取得した所属不明のF-35の動きに関するデータを提供、それを受けてイランが防空システムを「S-75M」をアゼルバイジャンとの国境沿いに緊急配備したと露メディアが報じ始めた。

 

※アイキャッチ画像の出典:Major Ofer, Israeli Air Force / CC BY 4.0 F-35I アディール

究極の乗組員保護、ロシアの次世代主力戦車「T-14」は遠隔操作で戦闘可能前のページ

米国、日本に続きインドネシアに対して「V-22 オスプレイ」販売承認次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    各国の第4世代戦闘機を調達するエジプト空軍、今度はタイフーンを導入

    伊メディアのラ・レプブリカ紙は5月29日、イタリア政府がエジプトに対す…

  2. 中東アフリカ関連

    トルコ軍との衝突は不回避? エジプトがリビア内戦に正規軍投入を予告

    エジプトのシシ大統領は20日、テレビ演説の中で「エジプトは隣国リビアへ…

  3. 中東アフリカ関連

    爆心地は港の倉庫? レバノンの首都ベイルートで非常に大きな爆発が発生

    8月4日午後6時頃(現地時間)、レバノンの首都ベイルートで発生した大き…

  4. 中東アフリカ関連

    狙いはS-400の情報収集? ロシアが警戒するイスラエルのF-35特殊試験機

    米国のステルス戦闘機に深刻な影響を及ぼしているロシアの防空システム「S…

  5. 中東アフリカ関連

    トルコへの圧力か? ロシア、リビアに戦闘機MiG-29や戦闘爆撃機Su-24を配備

    米軍アフリカ軍(AFRICOM)司令部は26日、ロシアがリビアに戦闘機…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 7月 06日

    後にアップされてた現場写真では建物が内側から爆発してたから航空爆撃は無いと思うけどな
    破壊工作とかならまだしも
    揺さぶれたら良し、揺さぶれなくても特に損しないの精神で単に言ってみただけに1ペリカ

      • 匿名
      • 2020年 7月 06日

      最近の爆弾は目標以外の被害を抑えるために、貫通して内部から爆破するからタイプだから、そういった見た目になる。

    • 匿名
    • 2020年 7月 06日

    映画みたい

    • 匿名
    • 2020年 7月 06日

    核+ミサイルの実験場なら、爆撃の可能性もありかな?

    IAEA報告書、イラン核開発に「深刻な懸念」
    2011年11月10日
    リンク
     イランが行っているとされる活動には、核弾頭のコンピューター・モデリング、テヘラン(Tehran)近郊パルチン(Parchin)の軍事施設内の巨大実験室における爆発実験、中距離弾道ミサイル「シャハブ3(Shahab 3)」に核弾頭を搭載する研究などが含まれている

    • 匿名
    • 2020年 7月 06日

    アゼルバイジャン側は安全だから対空ミサイルはイラン、と思ってたら侵入されちゃったので、
    やっぱりイル!ってなったのかな。

      • ハヤタ
      • 2020年 7月 06日

      ミサイルは撃てば当たるというデカイ的に打ったのか
      どんなミサイルか知りたいですね

      • 匿名
      • 2020年 7月 07日

      おやぢギャグ?

    • 匿名
    • 2020年 7月 06日

    このミサイル施設は火災が起きたナタンズのウラン濃縮施設とは別?
    これがイスラエル空軍の仕業だとしたらウラン濃縮施設の方も同じっぽいな
    以前もフランスが作った原子力発電所を空爆したよなあ

    • 匿名
    • 2020年 7月 06日

    フィクションや陰謀論みたいな話ではあるけど、イスラエルなら十分にあり得る話ですね。
    イスラエルの行動力はやらねばやられるという背水の陣的感情から湧いてくるものなので容赦がない。
    牧歌的な王族支配の国では太刀打ちできないのは致し方なしですかね。
    中東で革命イランのような国が生まれてしまうのはイスラエルが強すぎるからなのかもしれません。

    • 匿名
    • 2020年 7月 06日

    F-35にのるバンカーバスターってあるのか?

      • 匿名
      • 2020年 7月 06日

      GBU-39でも約2mの鉄筋コンクリート抜けるから
      堅固な耐爆施設でなければ十分かと。

      • 匿名
      • 2020年 7月 07日

      それね、防護された地下施設を破壊できるサイズの貫通弾がステルス状態の戦闘機に積めるのかと

    • 名無し
    • 2020年 7月 06日

    ユダヤロビーが親イランであるシリアの転覆を目論むのはイスラエルから直接イランの核関連施設を航空攻撃したいからって何年も前からいわれてた。

    • 匿名
    • 2020年 7月 07日

    戦争は勘弁してくれよ‥

      • 匿名
      • 2020年 7月 08日

      せっかくの戦争なんだから楽しもう

    • 匿名
    • 2020年 7月 07日

    F-35Aがトーネード宜しく対地攻撃の為に低高度から侵入して来たら、遠距離から探知出来る防空網を有している国はそうそう無かろう。

    • 匿名
    • 2020年 7月 07日

    単なる化学薬品工場もしくは集積所の爆発だったりして。
    不適切な扱いだとこんな感じになることがあります。
    昨年中国でもでかい爆発がありましたね。
    あんな感じかも。

    • 匿名
    • 2020年 7月 07日

    中国の軍事活動には口やかましく説教をするネトウヨ達はイスラエルやアメリカには寛容なようだ。これを差別と言う

      • 匿名
      • 2020年 7月 08日

      中国もご自慢のステルス機を持っているだろ?
      これも中国の仕業じゃねーの?

    • 匿名
    • 2020年 7月 07日

    イスラエルとイランでどっちが正義かって聞かれても(笑)
    ネトウヨのくくりじゃ収まらないのが軍ヲタですから

      • 匿名
      • 2020年 7月 08日

      どっちが正義でも関係ないですよね
      戦争して日本人を楽しませてくれればそれで良いです

        • 匿名
        • 2020年 7月 11日

        このスレでいちばんバカの書き込みと認定しとく、
        関係ないでなく、どちらにも正義だの無いよ

    • 匿名
    • 2020年 7月 07日

    所属不明のF-35ってどこの誰ラエルなんだ・・・?!

      • 匿名
      • 2020年 7月 07日

      所属不明のF-22だったら…

    • 匿名
    • 2020年 7月 08日

    やっぱり兵器は使ってこそ
    日本ももっと積極的に使うべき

    • 匿名
    • 2020年 8月 07日

    法王庁の汚れ仕事やってる勤勉な代行者が集まる場所だったっけ
    バチカンの秘密に由来するから名前が秘密の園なわけだし教皇庁にでも問い合わせれば事件の背景がわかるんじゃないの
    生きてる奴の逆張りしてるだけの死者であるゴキブリAI上級国民の指人形が死んだってだけだし弔鐘もとい嘲笑を止められない頭agitator illnessのゴキブリAI上級国民の限界がレバノンにあらわれたってだけの話なんだろうしな

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  3. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  4. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  5. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
PAGE TOP