米国関連

米国、日本に続きインドネシアに対して「V-22 オスプレイ」販売承認

米国と日本しか採用してこなかった輸送機「V-22 オスプレイ」だが、3ヶ国目となる採用国にインドネシアが急浮上してきた。

参考:Indonesia – MV-22 Block C Osprey Aircraft

これまでノーマークだったインドネシアが本当に高価なオスプレイを購入するのか?

陸上自衛隊が調達した輸送機「V-22 オスプレイ」が岩国の米海兵隊基地に運ばれ、暫定的な配備先である木更津駐屯地に移動が始まり話題となっている。本機はヘリコプターのような垂直離着陸能力と固定翼のような速度と長距離飛行能力を併せ持っているのが最大の特徴でイスラエルやインド等が採用を検討しているものの、価格が高価ななので実際にV-22を採用している国は米国と日本だけだ。

出典:USMC 米海兵隊岩国基地に到着した陸上自衛隊のV-22

しかし米国務省が今月6日、インドネシア政府にFMS(対外有償軍事援助)方式で8機の「MV-22C オスプレイ」を販売(推定コスト20億ドル:約2,150億円)することを承認して議会に通知、あとは議会が承認さえすれば晴れて3ヶ国目となるオスプレイ運用国が誕生することになるのだが、これまでインドネシアがV-22に関心や導入を示唆することは全くなかったので管理人的には驚いている。

現在、インドネシアは国防費削減のため国防計画の見直しを進めており高価なV-22を購入することが出来るのか非常に怪しく、最近ではフィリピンが望んでもいない高価な攻撃ヘリAH-1Z(4.5億ドル)とAH-64E(15億ドル)の販売を一方的に承認してフィリピン側に拒否されたりと、FMS方式による販売の可能性を乱暴に運用しているので本当にV-22をインドネシアが望んでいるのか謎だ。

出典:Public Domain E-2Cホークアイ

特にインドネシアへのV-22販売承認が発表された今月6日には、イスラエル(航空燃料等約30億ドル)、フランス(E-2D約20億ドル)、リトアニア(UH-60M約3.8億ドル)、アルゼンチン(ストライカー装甲車約1億ドル)向けの販売承認も合わせて発表され、その総額は約75億ドル(約8,000億円)に達する。

実際に75億ドルもの契約がまとまるかは購入希望国との交渉で決まるのだが、秋の大統領選挙を睨んでトランプ大統領が国内の防衛産業界向けに数字を意図的に積み上げてきた可能性も否定できない。

どちらにしてインドネシア側がV-22販売承認を歓迎すれば「望んだFMS」ということになるので、その動向が注目される。

 

※アイキャッチ画像の出典:Pixabay V-22 オスプレイ

露メディア、イランの首都近郊で発生した大爆発はF-35による攻撃前のページ

九州豪雨に派遣された自衛隊による人命救助活動、累計564名を救出次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米陸軍、トマホークとSM-6を流用してロングレンジウェポン開発に着手

    米陸軍は6日、海軍が使用している艦対空ミサイル「SM-6」と巡航ミサイ…

  2. 米国関連

    墜落事故が続く米空軍、今度はF-15Cが墜落してパイロットが死亡

    在欧米空軍に所属する第48戦闘航空団のF-15Cが15日、北海上空で通…

  3. 米国関連

    削減規模は約1万人、トランプ大統領が駐独米軍の大幅削減を命じる

    ウォール・ストリート・ジャーナル紙を含む多くの海外メディアが5日、トラ…

  4. 米国関連

    米海軍がアメリカ級強襲揚陸艦4番艦を発注、米空軍は秘密予算廃止を訴える

    米海軍は4月30日、アメリカ級強襲揚陸艦4番艦(LHA-9)をハンティ…

  5. 米国関連

    イタリア企業が勝利、米海軍が次期フリゲート艦「FFG(X)」にFREMM採用を発表

    米海軍は4月30日、イタリアの防衛産業企業フィンカンティエリが提案した…

  6. 米国関連

    米空軍がF-15EXをボーイングに正式発注、プロトタイプ引渡しは2021年

    国防総省は13日、ボーイングに対し正式に戦闘機F-15EXを8機発注し…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 7月 07日

    インドネシアを仮想敵視しているオーストラリアの反応が気になる

    • 匿名
    • 2020年 7月 07日

    多島国であるインドネシアはオスプレイの用途に合っているとか言えるけど、インドネシアとオスプレイはピンとこない。

    • 匿名
    • 2020年 7月 07日

    世間でいうところの押し売りですよね、売ってやるから買えって
    これ政府レベルでやることなの

    • 七面鳥
    • 2020年 7月 07日

    インドネシアなぁ……
    最近、問題ばっかり起こしている印象しかありませんが大丈夫か?

    • 匿名
    • 2020年 7月 07日

    インドネシアが要求
    米国務省(日本だと外務省)が議会に申請ですね。 申請しただけとも言える、却下される案件も結構あります

    でもって、議会の審議には最低でも2年間ぐらいが費やされます
    (過去の実績では・・・・日本とかイギリスとかからの要求は別よ)
    なので、今すぐには販売できないですね。
    大統領選挙には影響を与えられないのでは?

    • 匿名
    • 2020年 7月 07日

    対ゲリラなら兵員輸送力に優れたオスプレイはかなり有効なんじゃないですかね

    • 匿名
    • 2020年 7月 07日

    ASEANの盟主とまでいわれる
    人口2億6500万人を抱える地域大国ですもの。
    買えない額でもないでしょ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  2. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  3. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  4. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  5. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
PAGE TOP