中東アフリカ関連

国連機関と援助団体が停戦を要請、双方の攻撃を「恐ろしいもの」「非道」と非難

18の国連機関と主要な援助団体の代表は「もう十分だ。戦いを今すぐ止めなければならない」と共同声明を発表、ハマスによる10月7日の攻撃を「恐ろしいもの」と、イスラエルによるガザ地区の民間人殺害も「非道」であると非難した。

参考:“Enough is enough”: UN agencies and aid groups call for ceasefire in rare joint statement
参考:Far-right minister: Nuking Gaza is an option, population should ‘go to Ireland or deserts’
参考:Netanyahu wanted to fire far-right minister; caved under Ben Gvir’s opposition — TV
参考:Ministers said to dismiss PM’s sanction on minister as meaningless
参考:IDF releases new intel detailing Hamas use of Gaza hospitals for terror

相手の方が悪いから自分達の行為は正当化されるという理屈は通じなくなっている

18の国連機関と主要な援助団体の代表は5日「イスラエルとハマスに人道的停戦を求める異例の共同声明」を発表し、この声明の中で「(戦闘が開始されてから)もう30日にもなる。もう十分だ。これを今すぐ止めなければならない」と述べ、ハマスによる10月7日の攻撃を「恐ろしいもの」と、イスラエルによるガザ地区の民間人殺害も「非道」であると非難した。

出典:Al Araby/CC BY-SA 3.0 DEED

さらに「10月7日以降の空爆で9,700人以上(パレスチナ保健省の情報に基づく)が死亡した。住民全体が包囲され攻撃を受けている。生きるために必要なものへのアクセスが拒否され、自宅、避難所、病院、モスクなどが攻撃を受けており、このような状況は容認できない」「10月7日以降、ガザ地区では国連パレスチナ難民救済事業機関の職員88名を含む多数の援助関係者が殺害された。これは単一の紛争における国連関係者の死亡者数として過去最多だ」と述べたが、イスラエル側に戦いを止める気はなくネタニヤフ政権の閣僚からは「核兵器使用」に関する発言まで飛び出す始末だ。

アミハイ・エリヤフ文化遺産相は5日「ガザに対する核兵器使用はオプションの1つだ。ナチスに人道援助を渡すことはない。ガザに(ハマスと)無関係な民間人など存在しない」「ガザに住むパレスチナ人はアイルランドから砂漠に行くべきで、パレスチナやハマスの旗を振るものは地球上に存在すべきではない」と発言したが、文化遺産相は戦時中の意志決定を行う安全保障メンバーの一員ではなく、ハマスとの戦いを主導する戦時内閣にも影響力を持っていない。

しかしエリヤフ文化遺産相の発言は直ぐに国際社会からの非難を集め、ネタニヤフ首相も直ぐに「現実とかけ離れている」と文化遺産相の発言を否定して閣議への出席停止を命じたが、現地メディアは「ネタニヤフ首相は文化遺産相の罷免を望んでいたもののベン・グヴィル国家安全保障(公共治安省を改称した組織)相の反対に折れた。匿名の閣僚も『この処分はジョークだ。どうせ閣議なんて殆ど行われてない』と述べた」と報じており、ユダヤの力党のグヴィル党首に配慮しながら国「際的な非難を交わすポーズ」として無意味な「閣議への出席停止」を命じたのだろう。

因みにエリヤフ文化遺産相は「核兵器使用に関する発言は比喩的なものだった」と弁解しているが、イスラエルは核兵器の保有を公式に認めておらず、ガザ地区に対する核兵器使用は人道的な災害をもたらすため厳しい非難の声に晒されている。

出典:Google Map 管理人作成(クリックで拡大可能)

イスラエル国防軍はハマスが病院を軍事利用している証拠として「シェイク・ハマド病院の敷地内ある地下施設への入り口を映した映像」「ハマスの戦闘員が病院からイスラエル軍に発砲する様子」を公開。

さらにハガリ報道官は「インドネシア病院の地下にあるトンネル網や病院から数十メートル離れた場所にあるロケット発射装置の存在を把握している」「インドネシア病院自体が地下施設を隠すため建設された」と主張し、ハマスが利用する病院は正当な軍事目標だと示唆した。

正面からイスラエル軍に対抗できないハマスにとって民間人を人間の盾に利用するもの、病院や学校を軍事利用するのも非対称戦の一環だが、これを無視して攻撃を続けるイスラエル軍も民間人を容赦なく殺害しており、双方とも国際的なイメージは最悪だ。

もはや「相手の方が悪いから自分達の行為は正当化される」という理屈は通じなくなっており、これ以上の犠牲を防ぐため人道的な停戦が必要とされている。

せめて子供が戦争の犠牲になるのだけはどうにかしないと、、、

関連記事:イスラエル軍が国連の学校を砲撃か、トルコはイスラエルの戦争犯罪を提訴
関連記事:国連のグテーレス事務総長、イスラエル軍の救急車攻撃に恐怖を感じる
関連記事:イスラエル軍が人口密集地で救急車を攻撃、ハマスが使用していたと主張
関連記事:ネタニヤフ首相、人質解放が含まれないハマスとの人道的停戦を拒否
関連記事:イスラエル軍がガザ包囲の完了を発表、短時間の人道的停戦を検討中
関連記事:人道的危機に直面するガザ、ユニセフは子供の死傷者数が1万人を突破したと発表
関連記事:難民キャンプへの空爆、イスラエル軍は南へ逃げるよう警告したと攻撃を擁護
関連記事:イスラエル軍が人質1名の救出に成功、地上部隊はベイトゥ・ハノウンに到達
関連記事:ガザ地区侵攻、イスラエル軍の戦車が北部と南部を結ぶ幹線道路を遮断
関連記事:ハマスとの戦い、イスラエル軍の装甲部隊がガザ北部の海岸沿いを南下
関連記事:ハマスとの戦い、イスラエル軍がガザ地区内で国旗を掲げる映像が登場
関連記事:イスラエルは地上侵攻の規模を拡大、ハマスは全パレスチナ人捕虜の解放を要求
関連記事:イスラエル軍が二夜連続で限定的な地上侵攻、ハマスは病院の地下に拠点を保持

 

※アイキャッチ画像の出典:Palestinian News & Information Agency (Wafa) in contract with APAimages

ドニエプル川の戦い、ウクライナ軍は上陸した左岸陣地を現在も維持前のページ

ザリッチネの悲劇、第128山岳強襲旅団がロシア軍に100倍の復讐を約束次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    TB3やMQ-9B STOLに対抗?イスラエルも空母対応の無人航空機を開発中

    ファンボロー航空ショーに参加したイスラエル航空宇宙産業は19日、クイー…

  2. 中東アフリカ関連

    イスラエル軍がガザ地区への限定的な地上侵攻を実施、本格侵攻は流動的

    イスラエル国防軍は26日「歩兵部隊と戦車によるガザ地区への限定的な地上…

  3. 中東アフリカ関連

    弾道ミサイルで攻撃されたパキスタン、イランへの報復攻撃を開始

    イランのイスラム革命防衛隊は「テロ組織の施設や拠点がある」と主張してシ…

  4. 中東アフリカ関連

    国益を見極めるイスラエル、防空システムのウクライナ提供はロシア次第

    ウクライナのゼレンスキー大統領は「イスラエルが誰と共に歩むのか決める時…

コメント

    • 名無し
    • 2023年 11月 06日

    イスラエルのやり方が非道だとしても、ハマスがそれを上回るとしかいえないな。

    せめて、人質を解放して時間を稼いでるうちに、現地民間人の退避や保護を進めればどうか・・
    手を下してるのはイスラエル側だが、どちらも民間人の事など考慮しておらず酷すぎる

    20
      • 名無し
      • 2023年 11月 06日

      退避も保護もさせるつもりないじゃねえかイスラエルはよ

      54
      • かませ
      • 2023年 11月 06日

      ほんとそれ
      こうなるくらいなら人質をちびちび解放して時間稼ぎをしながらハマスが全力で民間人を退避させて欲しかった。絶対しないだろうけども
      正直ハマスとイスラエルはどちらかが消滅するまで終わらない絶滅戦争的な状況にあると思うけどせめて関係ない子供や一般人は死なんで欲しい

      15
        •  
        • 2023年 11月 07日

        ハマスは避難させないどころか車列を攻撃してイスラエルの指定した避難路を封鎖したみたいなもんだから期待しても無駄でしょうね。
        絶対オレの盾になって死ねだろうから。

        12
      • nednir
      • 2023年 11月 06日

      イスラエルのやり方もたいがいですよ。ガザ市を包囲して物資を遮断してインフラを破壊してるのは、衛生状態が悪化して感染症が起きるのを待っているも同然です。ハマスが隠している食料備蓄や燃料備蓄があるだろうからといって許されることではないです。

      25
        • 名無し
        • 2023年 11月 07日

        そのとおりですね。
        もともと、ネタニヤフ首相も含めた極右のやり方は酷いし、大儀はパレスチナにあると考える人が多いと思います。わたしもそうですし、今もそれはかわりません。
        ただし、ハマスはそれを失っており、口ではハマスが対象と言いながら積極的ではないにしても一纏めに片づけるくらいのやり方は非道と罵られるべきでしょう。

        7
    • 匿名
    • 2023年 11月 06日

    サウジアラビアがハマス組織攻めているように、ガザに関われば日本も酷い目にあう。イスラエル全面支持した欧米のせい。小国の日本はかかわるべきでない。

    25
    • ahoge
    • 2023年 11月 06日

    体がかわいそうなくらい痩せてる……グリーフケアもできないの辛いわ。
    ハマスに殺されたイスラエル人は立派に送ってやれただろうに。
    パレスチナ側の遺族はこういった点でも不満を抱き、長い年月の中で後悔と共に憎しみを育てるってわけだ。

    憎悪とは論理ではなく、どこまでも感情の問題だ。
    これがわかってないで圧倒的に非対称な状態を是としている限り平和は永遠に訪れないだろう。
    墓場の平和を除けば、だが。

    21
    • 朴秀
    • 2023年 11月 06日

    イスラエルはハマスと同レベル
    仮にも西側なら西側らしい振る舞いをしろや
    これじゃマジでナチス・イスラエルだ

    あと、核兵器発言は問題になってもパレスチナ人を人間扱いしないのはイスラエル的にはセーフなのか
    なんか考えが透けて見えるな

    33
    •  
    • 2023年 11月 06日

    今日もロシアを批難する傍ら屁理屈を並べながらパレスチナ人の虐殺を正当化する国士様たちなのであった

    31
    • ぱんぱーす
    • 2023年 11月 06日

    幼い子供の遺体の写真はかなり堪えますね……。
    こう言った犠牲を厭わず攻撃を繰り返してるのは、ちょっと過激化、先鋭化が行き過ぎてないかと思います。
    テロに対する報復として同じように恐怖と暴力で対処したのでは他国に大義を示せません。

    13
      • 匿名
      • 2023年 11月 07日

      う~ん、太古の昔から女も子供も年寄りも別なく殺されるのが戦争だと思う…
      ロシアは兵士以外は自国市民に犠牲を出さないけどねっ

      2
    • リック
    • 2023年 11月 06日

    >現地メディアは「ネタニヤフ首相は文化遺産相の罷免を望んでいたもののベン・グヴィル国家安全保障(公共治安省を改称した組織)相の反対に折れた。
    >匿名の閣僚も『この処分はジョークだ。どうせ閣議なんて殆ど行われてない』と述べた」と報じており、ユダヤの力党のグヴィル党首に配慮しながら国際的な非難を交わすポーズ」として無意味な「閣議への出席停止」を命じたのだろう。

    こんな頭のおかしい発言をした閣僚がいつまでたっても解任されないのはおかしいと思ったら…
    イスラエルの病根は想像以上に根深いようですね

    17
    • たむごん
    • 2023年 11月 06日

    日本が出来る事は特に何もないですし、双方どちらに肩入れしてもメリットないですからね。
    歴史的に、特別な関りもないので、外交的にも関わらないのが正解と思います。

    イスラエルの攻撃は、テロ組織を相手にしていると言っても悲惨なものですね。
    核兵器の使用を仄めかすのは、さすがにドン引きしてしまいます(核兵器は最強ということですね)。

    国連組織は、病院や学校(国連運営)の近辺に、軍事施設やトンネル出入り口があるのであれば一定の責任を負う事になります。
    ハマスと何らかの取り決めを行ってきたのか、本当に誰も確認するものはいなかったのか、国連は責任を持って調査する必要があるでしょうね(国連や援助組織も、なあなあでやってきた責任があります)。

    管理人様の仰る通り、双方の評判は最低まで落ちていますね。

    15
    • 58式素人
    • 2023年 11月 06日

    ”ガザに(ハマスと)無関係な民間人など存在しない”
    今のガザ地区政府はハマス(56.1%)とファタハ(34.1%)の挙国一致内閣です。
    上の言葉の内容はそうしたことと思います。合計で90.2%ですから。
    今行われているのは、ガザ地区政府にとって、対イスラエルの全面戦争であり、
    ガザ地区政府は住民に対し”楯となる”ことを命令しているのでしょう。
    ガザ地区政府は、住民を破滅に導くつもりかな。そう見えます。
    今の様子では、ファタハはハマスに殉じるつもりなのでしょうか。
    アッバース議長はこの戦争の後、居場所がなくなるのでは。

    8
      • kitty
      • 2023年 11月 07日

      >今のガザ地区政府はハマス(56.1%)とファタハ(34.1%)の挙国一致内閣です。

      これを持って「パレスチナも悪いんですよ」とか言う人がチラホラここでも見られるんですが、4年任期の選挙が2006年を最後に選挙なんて行われていません。
      それだけ時間が経てば、今のパレスチナ市民がハマスを本当に支持しているかどうかなどわかったもんじゃありませんよ。
      ひどいレトリックだと思います。

      2
        • 58式素人
        • 2023年 11月 07日

        日本外務省のパレスティナ概況を読むと。
        ”現在のPLCは定員132名。半数が選挙区制で、残りの半数が比例代表制で選出され、アジーズ・ドウェイク議長を初めとするハマス系議員74 名(56.1%)、ファタハ系議員45名(34.1%)等から構成されているが、ハマスによるガザ地区掌握以降、会合を開けない状態が続いている。”
        とあります。
        想像するに、会合を開く必要がない、と思っているのでは。
        その結果、ガザ地区の先行きを固定していると考えられるのでは?。
        何かを改善するならば、ここからでは?。
        日本のことを考えれば、転機は、東条内閣の総辞職からだったと思っています。

    • 名無し
    • 2023年 11月 06日

    ヨルダン川西岸の入植とかの経緯を考えると、ハマス掃討は口実で約束の地から異教徒を駆逐するのが本命なんだろうね
    明らかに戦略目標じゃない建物にもありったけの無誘導爆弾を叩き込んでるし、ネタニヤフとお友達のカハネ主義者にとって、ガザの200万人はすべて「ハマス」なんだろう
    サダムとやってることは一緒だけど中東唯一の民主主義国家なので正義はイスラエルにあります。はい。

    16
    • 匿名
    • 2023年 11月 06日

    民主主義国家・イスラエル万歳!!!(白目)

    7
    • けい2020
    • 2023年 11月 06日

    いままで国連も国際社会もハマスに入れ込みすぎて、イスラエルを基本非難してないわけで
    それでの要請を聞く動機がイスラエルに全くないでしょう

    事はイスラエルの生存のための必要性になってるので、外部からの善悪とか論理的・人道的は意味が全くない
    (どんなに非難されようが、国家総意が必要なことを必要なだけやるだけ)
    ユダヤ人種じゃなくて、ユダヤ教の教えを見ればユダヤ教徒以外はそもそも敵

    片方のハマス連合幹部としては、ガザ住民を犠牲にしてイスラエルを非難させて政治的勝利が目的でしょうが
    こちらはユダヤ教をきちんと理解できてないからこんな戦略を取ったんでしょう

    7
      • けい2020
      • 2023年 11月 07日

      文意が伝わらないので訂正

      >いままで国連も国際社会もハマスに入れ込みすぎて、イスラエルを基本非難してないわけで

      いままで国連も国際社会もハマスに入れ込みすぎて、イスラエルを基本非難のみですし

      3
      • kitty
      • 2023年 11月 07日

      因果が逆でしょう。
      イスラエルが、国連のかなりイスラエルに譲歩していた感のある仲介すらガン無視してたから、非難されていたわけで。

      4
    • poc
    • 2023年 11月 07日

    民間人の犠牲を厭わないイスラエルと民間人を盾にするハマス

    どちらの方も持ちたくないし、正直どちらにも関わりたくない

    18
      •  
      • 2023年 11月 07日

      それが1番まともに見える。
      大義もヘッタクレもない仁義なき戦いに外野が参戦しても火傷をするだけ。
      自分たちの住んでる地域の問題でもない。
      ハマスは正義だとかテロリスト大好きな人の考えは理解できない。

      14
        •  
        • 2023年 11月 07日

        イスラエルは正義だとかジェノサイド大好きな人の考えは理解できない。

        4
    • グレープフルーツ
    • 2023年 11月 07日

    パレスチナ人の子供犠牲者は悲劇。人口支持基盤がイスラエルに依存する立場であるパレスチナ人の無計画で統制不可能な人口増加もまた自ら被害者を増やす一因にもなっていて人間の業の深さを感じる。
    救済援助は必要であるが、援助によって生み育てられる悲劇の再生産も見ていて辛い。
    パレスチナはイスラエルによる檻の中だが、イスラエルもまたアラブ国家に囲まれた檻の中。
    なるようにしかならないか。
    ハマスは卑劣でイスラエルは残酷に感じるが、双方の歴史的背景に同情心を持ちながら、どちらの支持者にも関係者にもなりたく無いが、無関与は双方からの憎悪の対象となる辛さ。

    7
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  2. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  5. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
PAGE TOP