中東アフリカ関連

将来が不透明なイラク空軍のF-16IQ、JF-17に続きラファール購入を示唆

イラクは2021年末にクウェートに対する賠償金(524億ドル/約6兆円)の支払いを終えたため軍の立て直しに着手しており、イラク軍はJF-17の調達に続き「ラファール購入を検討中だ」と発言、満足に運用できないF-16IQを見放すのかもしれない。

参考:Iraqi Air Force seeks to include Rafale fighter jets to its fleet
参考:Iraqi Air Force Seeks to Enhance Fleet with Rafale Fighter Jets

イラクに食い込むフランス、JF-17の調達に続きラファールも購入か?

イラク戦争後に再建されたイラク空軍は2014年までに米国製のF-16IQ×34機(C/DBlock52相当で単座26機+複座8機)を取得してISISとの戦いに投入されていたが、2020年末にイラクのニュースを専門に取り扱うIraq Oil Reportは「空軍のF-16IQはもはや満足に飛行できる状態にない」と報じて注目を集めた。

出典:Public Domain

Iraq Oil Reportは「イラク空軍が保有するF-16IQの平均稼働率は20%を切っており安全リスクの懸念なく飛ばせる機体は7機しかなく、飛行できない機体から供給されたパーツによる共食い整備で辛うじて飛行状態が維持されている」と指摘、さらに別のメディアは「34機中10機は完全に飛行できない状態で保管されており、何とか飛べる機体もレーダーやアビオニクスが機能を停止しているため、西側基準で言えば飛行停止状態と同じ」と述べており、この状態を引き起こしている原因は資金不足とメンテナンス支援を請け負っているロッキード・マーティンが治安悪化を理由にイラクから引き上げてしまったことにある。

原油価格に左右されるイラクの国家予算が減ると国防支出が削減され高価な米国製兵器の維持を難しくさせており、すでにイラクはF-16IQとM1A1エイブラムスを維持するための資金として米国から27億ドルの融資を受けている状況だが、資金不足はイラク空軍の日常的な活動にも影響を及ぼしていてパイロットは訓練時間が削減されたため戦闘任務や夜間飛行など特定任務の資格を喪失、さらに通常4人で構成されるF-16IQの地上支援要員は1人に減らされ飛行後のF-16IQを固定することすら困難で整備車輌との衝突事故を招いたらしい。

出典:Fars Media Corporation / CC BY 4.0

この最悪な状況に止めを刺したと言われているのがカタイブ・ヒズボラのソレイマニ司令官殺害によるイラク国内の治安悪化で、メンテナンス支援を請け負っていたロッキード・マーティンは2020年1月に安全確保が確保できないため請負企業をイラクから引き上げさせ、治安状況が落ち着いた同年7月に「イラクとの契約を守る」という理由で請負企業を戻し始めたがバイデン大統領がイラク駐留米軍の完全撤退(大使館などを警備する部隊やイラク軍を指導する要員は引き続き駐留)を実行に移したため再びロッキード・マーティンが撤退するだろうと噂されている。

資金問題は賠償金の支払いを終えたたため改善した可能性が高いものの「F-16IQの運用状態」が改善したのか不明で、アル・ジュブリ国防相は昨年「パキスタンから航空機を調達するための契約を締結した」と明かし、現地メディアも「正式な契約締結は来月イスラマバードで行われ、JF-17を12機購入するために6億6,400万ドルを投資する」と報じていたが、イラク軍司令部の報道官は23日「フランスからラファールを購入することを検討中だ」と述べた。

出典:Italian Army/CC BY 2.5

高度な防空システムの調達でもフランス提案のSAMP/Tを選択(ロシアがS-400を韓国が天弓2を提案)しており、イラクはJF-17やラファールを導入してF-16IQとSu-25を更新(もしくはF-16IQ、JF-17、ラファールの同時運用)するつもりなのかもしれない。

因みに米ディフェンスメディアは最近「ロシア製航空機のスペアパーツ入手が困難になったためF-16IQが再評価されている」と報じていたが、、、

関連記事:F-16IQに見切りをつけたイラク空軍、パキスタンからJF-17BlockIIIを購入
関連記事:フランス、競合したロシアと韓国を破ってイラクからSAMP/Tを受注
関連記事:イラクの首都で大規模な衝突が発生、もはやバクダット市内は交戦地域

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air Force photo by Staff Sgt. Alexander Cook

ポーランド、巡航ミサイルを搭載する新型潜水艦の調達手続きを年内に開始前のページ

マレーシア政府がFA-50二次調達を承認、発注数は18機から36機に増加次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    イスラエル軍が人質1名の救出に成功、地上部隊はベイトゥ・ハノウンに到達

    イスラエル軍は地上作戦の過程で人質1名の救出に成功、ベイトゥ・ハノウン…

  2. 中東アフリカ関連

    イスラエルはイラン人科学者殺害を予見? 報復対応を軍に事前指示

    イスラエル政府の高官が最近、米軍によるイラン攻撃に備えるようイスラエル…

  3. 中東アフリカ関連

    イスラエルとハマスの戦い、6日間の戦いで1万人以上の死傷者が発生

    イスラエル国防軍は「長期戦を見据えてハマス側がロケット弾の発射量を抑制…

  4. 中東アフリカ関連

    パトリオットやFD-2000を保有するモロッコ、Barak-8調達をイスラエルと協議中

    モロッコは国交を樹立したイスラエルとBarak-8調達に関する協議を進…

  5. 中東アフリカ関連

    ガザの病院爆発、イスラエルはイスラム聖戦のロケット弾が落下したと主張

    17日夜にガザ地区のアル・アハリ病院で爆発が発生、ハマス側は「イスラエ…

  6. 中東アフリカ関連

    イスラエル、UAEへのF-35A販売に同意する見返りとしてF-22を要求か?

    イスラエルはアラブ首長国連邦へのF-35A販売を認める代わりにF-22…

コメント

    • ウルフリック
    • 2023年 5月 25日

    これらイラクのF16が迂回してウクライナに出回ったりして

    10
    • 花束
    • 2023年 5月 25日

    いっそ米国が買い戻してウクライナに供与すれば喜びそうですね、、と思ったらF-16IQは射程10㎞程度のAIM-7しか積んでないんですね。容易に再改修できるのかもしれませんが。
    東からは戦車ののモンキーモデル、西からは戦闘機のモンキーモデルを押し付けられるイラクは中々気の毒ですね。

    17
      • 匿名希望係
      • 2023年 5月 25日

      多分売却してないだけだと思う>AIM-120

      8
    • 匿名希望係
    • 2023年 5月 25日

    米軍的に売れる機体がないだろうしねぇ
    それこそどこかにF-5の近代化仕様とか作った方が良いのかもね。

    3
      • 戦略眼
      • 2023年 5月 25日

      F-16A/B仕様の方がましだろう。

      1
        • 匿名希望係
        • 2023年 5月 25日

        イラクが維持できるならね。

        2
    • 58式素人
    • 2023年 5月 25日

    適当なことを言うと。インドと提携したらと思います。
    ロシア製航空機の部品が手に入りそうな気がします。
    古くて良いなら、ロシア製戦闘機も。
    米国製の航空機の運用が難しいなら、一段下げて、テジャスなどにしたら。
    同じイスラム国のパキスタンに怒られるかもですが。

    1
    • 鼻毛
    • 2023年 5月 25日

    ウクライナにもおいそれと戦闘機供与したら同じような運用状態になっちゃうから腰が重いんでしょうね
    治安状況はウクライナのほうが絶対やばいんで、重整備はポーランドあたりでやるしかないか

    4
    • ASDF
    • 2023年 5月 25日

    請負企業が撤退したから運用困難か
    アフガニスタン政府軍がタリバンに敗れる流れと同じだな

    • 朴秀
    • 2023年 5月 25日

    今時スパローのみって
    とんでもないゴミを押し付けられていて草
    敗戦国は辛いな

    アメリカが引き取ってウクライナに回すのが良さそう
    ウクライナもスパローじゃ困るだろうけどな

    1
      • 匿名希望係
      • 2023年 5月 25日

      MIGやフランカーでも使える関係でスパローの方がましかもよ

      1
    • ブルーピーコック
    • 2023年 5月 25日

    原因である治安悪化はソレイマニ暗殺後にイランからの天然ガスの輸入ストップによる生活費の高騰なので、マッチポンプ過ぎてアメリカへの不信感高止まりだわな。そりゃアメリカ以外の選択肢をとりたくなる。

    んで候補国のフランスと中国は、両国ともにプラントなどの石油関連事業でイラクとの関係を深めてるというね。過度に中国依存したくないとされるイラクだけど、サウジアラビアやUAEが許されてるならと中国の戦闘機輸入するかもしれない。戦車も以前に69式戦車を輸入して使ってたぐらいだからそっちの採用もあるかな。

      • ブルーピーコック
      • 2023年 5月 25日

      訂正∶JF-17の調達先は中国ではなくパキスタンなのを勘違いしてました。パキスタンがJF-17の共同開発国だという認識が無いからこんな間違いをしてしまう。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  2. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  3. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  4. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  5. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
PAGE TOP