中東アフリカ関連

イスラエルはイラン人科学者殺害を予見? 報復対応を軍に事前指示

イスラエル政府の高官が最近、米軍によるイラン攻撃に備えるようイスラエル国防軍に指示したと米メディアが報じて注目を集めている。

参考: Israeli military prepares for possibility Trump will strike Iran

トランプ大統領が辞任前に大きなギャンブルに出ることを予測していたイスラエル

米メディア「AXIOS」によれば先週、トランプ大統領はイランの濃縮ウランの備蓄が増加傾向にあるという国際原子力機関(IAEA)の報告書を受け取り、イランの軍事施設に対して攻撃を行うことを真剣に検討したがペンス副大統領やポンペオ国務長官などが「リスクが高い」と警告、トランプ大統領も米軍による直接攻撃はリスクが高いと考え「他の手段」について検討を行っていると報じている。

果たして「他の手段(核開発で中心的な役割を担ってきたモフセン・ファクリザデ氏の殺害だった可能性もある)」とは何なのか今のところ不明だが、イスラエル政府の高官は25日以前の段階で「来年1月20日に予定されているバイデン氏の大統領就任式までが非常に不安定」という理由から米軍によるイラン攻撃に備えるようイスラエル国防軍に指示したらしい。

これは仮に米軍によるイラン攻撃が行われると関与を疑われイランによる直接報復、シリア、ガザ、レバノンを通じた代理報復が行われる可能性をイスラエルが考慮しているという意味だ。

出典:Tasnim News Agency / CC BY 4.0 イランの弾道ミサイル

イランの首都テヘラン近郊で27日、同国の核開発を主導してきた科学者モフセン・ファクリザデ氏が何者かに襲撃され殺害された事件についてイラン当局は「イスラエルの関与を示す重大な痕跡がある」と主張しており、イラン革命防衛隊はイスラエルへの報復を宣言している。

参考:イラン核科学者暗殺か 外相「イスラエルが関与」

今のところファクリザデ氏殺害が誰の仕業なのかは不明だが、トランプ大統領がイラン攻撃検討の根拠に挙げた「イラン核開発」に関連した科学者の殺害、予想通りイランの怒りの矛先がイスラエルに向かっていることを考慮すると、これが米軍の直接攻撃に変わる「他の手段」なのかもしれない。

もしファクリザデ氏殺害に米国が関与しているのならトランプ大統領が辞任前に大きなギャンブルに出たと言えるだろう。

そのためイランの報復内容によっては大規模な軍事的衝突に発展する可能性を秘めており、暫くイランを中心とした地域から目が離せない。

 

※アイキャッチ画像の出典:イスラエル空軍 / CC BY 4.0

韓国、最大54km先を攻撃可能な155mm射程延長弾「K315」の開発が完了前のページ

防衛省が総コスト不明なままF-15J改修予算を計上、財務省が懸念次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    なぜパトリオットでは駄目なのか?サウジアラビアが防空強化に「韓国製」を選んだ理由

    サウジアラビアの石油施設への攻撃は、無人機と巡航ミサイルによって引き起…

  2. 中東アフリカ関連

    各国の第4世代戦闘機を調達するエジプト空軍、今度はタイフーンを導入

    伊メディアのラ・レプブリカ紙は5月29日、イタリア政府がエジプトに対す…

  3. 中東アフリカ関連

    ドバイ航空ショー、躍進するUAEの防衛産業企業「EDGE」が発表したUAVに注目が集まる

    アラブ首長国連邦を代表する防衛産業企業「EDGE」はドバイ航空ショーの…

  4. 中東アフリカ関連

    イスラエル軍は物資不足、兵士らは装備や物資の供給をボランティアに依存

    イスラエル軍は予備役30万人分の基本装備や消耗品を賄えておらず、開戦か…

  5. 中東アフリカ関連

    イラン、アルメニア支援のため戦車200輌を含む部隊を国境沿いに派遣

    イランはナゴルノ・カラバフ地域を巡るアルメニアとアゼルバイジャンの戦い…

  6. 中東アフリカ関連

    実用レベルのレーザー兵器が遂に実用化! イスラエル、レーザーベースの迎撃システム発表

    イスラエルの国防省は8日、同国が開発した防空システム「アイアンドーム」…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 11月 28日

    真相はわかんないけど、仮にアメリカの仕業でもイランは必ずイスラエルにとばっちりを喰らわすからw
    それで踏ん切りのつかないアメリカに先んじてイスラエルが直接暗殺の手を下しても少しもおかしくない
    まあ、実は自分の仕業とは表だって言えないしね

    1
    • X委員会委員長
    • 2020年 11月 28日

    モサドのキドンとかいう暗殺部隊じゃなかったのか?

    4
    • 匿名
    • 2020年 11月 28日

    へえー殺害前にそれを予見してたんだそーなんだ
    イスラエル政府高官は優秀なんだねー

      • 匿名
      • 2020年 11月 28日

      超越神力で予知したらしい。

      • 匿名
      • 2020年 11月 28日

      トランプ政権とイスラエルの関係からいって非公式に動きを察知していて不思議は無いかと。
      それを隠れ蓑にイスラエルが実行した可能性は無きにしも非ず。

      8
    • 匿名
    • 2020年 11月 28日

    自分とこでやるんだから予見もへったくれもないのでは

    12
    • 匿名
    • 2020年 11月 28日

    トランプ大統領がギャンプルをするなら、
    選挙人による投票日(12月14日だっけ?)前でしょうねえ

    4
      • 匿名
      • 2020年 11月 29日

      >ギャンプル
      全然本筋と関係なくて申し訳ないんだが、どう入力してたらそんな誤字の仕方するの?

      2
        • 匿名
        • 2020年 11月 29日

        キーボード落として複数のキーが外れて、付け直すときにぱ所間違えたんじゃない。

        • 匿名
        • 2020年 11月 29日

        かな入力ではないか

        1
        • 匿名
        • 2020年 11月 30日

        スマホかタブレットからの投稿でしょうね。

    • 匿名
    • 2020年 11月 28日

    スパイの役割は敵以外についても見張ることだし
    多分イスラエルは何か怪しい動きをするものが自分の監視対象の周囲に現れたので
    何かが起こることを推測したのでは

    で暗殺されて周囲を洗い出したらイスラエルのスパイがいた痕跡が発見されて
    イランはイスラエルに激怒と

    • 匿名
    • 2020年 11月 28日

    バイデン政権に移行する前にイランとの関係を悪化させようとしている、と言うニュースがエスパー解任の頃に流れてたけどそれ関連かな?イスラエル自身が企んだことをアメリカでカバーして告示しているかもしれないけど

      • 匿名
      • 2020年 11月 29日

      それとこのブログでも紹介されていたけど、イスラエルのネタニヤフ首相は先日、ドイツから購入したドルフィン2級潜水艦の同型艦がエジプトに輸出される際、国防省や国防軍に相談なく独断でドイツに対して輸出を許可した疑惑で調査対象にされていると報じられていたから、そのタイミングでの今回の事件は何かきな臭い物を感じるんだよね

      2
    • 匿名
    • 2020年 11月 28日

    うちもこんくらいできたらなぁ……

    9
      • 匿名
      • 2020年 11月 28日

      中○や北×鮮の大量破壊兵器技術者や、対日有害活動に関与した工作員とかを、事故にでも見せかけて始末できたら良いのに。

      4
        • 匿名
        • 2020年 11月 29日

        一応日本でも対馬でやったと思しき例はある。まああれは韓国が舐めた真似した報復だと思うけど。

    • ウスチノーフ
    • 2020年 11月 28日

    モサドだと思います。

    • 匿名
    • 2020年 11月 29日

    普通に考えてイスラエルでしょ
    前科がありすぎる

    3
      • 匿名
      • 2020年 11月 29日

      功績と言いなさい(笑

      5
    • 匿名
    • 2020年 11月 29日

    厳密に言えば犯罪なんだから
    国家テロルとは立場の違いに過ぎない

    • 匿名
    • 2020年 11月 30日

    直接原子炉や遠心分離工場をミサイル攻撃するよりはるかにリスクも被害も小さいのだから、イスラエルがやってもおかしくはない。
    対立する国同士の国際政治とはそういうもの。
    中国もBLMやANTIFAやバイデン陣営を裏から支援してアメリカの混乱を狙っている、アメリカもウイグルやチベットのテロ組織に武器と資金を供給するべきだと思っている、中東でやったように。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  2. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  3. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  4. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  5. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
PAGE TOP